倫理違反?非常識?個性婚のまとめ【僕のヒーローアカデミア】

僕のヒーローアカデミアに登場する個性婚の概要についてまとめました。轟焦凍を巡る重要な言葉。それが『個性婚』だ。それは、轟家の内部崩壊を招き、母を、轟自身を追い込んだ。『個性婚』とは一体、何なのだろうか。

『個性』は遺伝する

出典:data:image/jpeg;base64,/9j

世界の総人口の8割が『個性』を持つと言われる現在。『個性』は、両親の影響を強く受ける。大抵が、どちらかの『個性』を継ぐか、もしくは複合的な『個性』が発現する。出久のように、両親が『個性』持ちで、子に『個性』が発現しないのは珍しいタイプだ。(1巻・1話参照)

『個性』はほとんどが先天性

出典:http://blog-imgs-44-origin.fc2.com

『個性』を手に入れるには、後天的な物もある。オールマイトのワン・フォー・オールは、「『個性』を譲渡する『個性』」だ。受け継ぐごとに強くなっていくぞ。しかし、このようなケースは極まれで、基本は先天的な物になる。

個性婚

エンデヴァーの世代は、第四世代と呼ばれている。それ以前、第二・第三世代で問題になったのが、個性婚だ。個性婚とは、強い『個性』を子に継がせるための結婚。より強力な個性を受け継がせるためだけに優れた配偶者を選ぶため、政略結婚と近い形だと言える。

蝕まれた轟家

出典:https://encrypted-tbn3.gstatic.com

エンデヴァーの息子である轟は、母の氷、エンデヴァーの炎を受け継いでいる。エンデヴァーは、自身がオールマイトに勝てない劣等感から、オールマイトを超えるヒーローを作るためだけに轟焦凍を生まれさせた。その執着心は常軌を逸しており、それは轟の母を追い込んだ。結果、母は精神の病を患い、轟自身も次第に追い込まれていく。そのため、轟は父であるエンデヴァーに強い憎しみを抱いている。

強い『個性』を生み出すために

出典:http://soz.matchupp.com

浮かれているのはエンデヴァーだけ。周りは誰も幸せではない。轟家ほどこじれた家庭もそうそうないだろうが、「倫理観の欠落」「前時代的発想」という轟の言葉には頷ける。(4巻・31話参照)