銀魂 暴かれる過去「死神篇」ストーリーまとめ

銀魂の死神篇について時系列順にまとめてみました。 これからの長編につながる大事な話なのでしっかりおさらいしましょう!!

死神との出会い

出典:http://img.yaplog.jp

死神篇は銀さんの過去を知ることができる大事な話となっています。

酔っ払いを狙った辻斬りが相次ぐかぶき町。死体の首の皮一枚だけを残して斬る手口から”死神の仕業だ”という噂がかぶき町に流れていた。人通りが無くなった夜道を一人歩く酔っ払った銀さんは首の皮一枚残すなんて自分でもできると言います。

すると路地からじゃあ介錯をしてくださいという声が・・・

ふと路地を見るとそこには死神のような者の姿が!!

仕方なく介錯をすることになった銀さん。しかし、刀が壁に刺さってしまい、刀が折れてしまいます。

苦しむ死神を見て銀さんは慌てて刀を紐でくっつけますが、振った瞬間、刀は銀さんの頭へ・・・

苦しむ死神は、なんと腸で銀さんの首を絞めにかかります(笑)

銀さんはとっさに石で死神の頭をたたきます。

そしたら、死神は動かなくなりました・・・

朝右衛門

出典:http://gintamajustdoit.up.seesaa.net

死神を万屋に連れてきてしまった銀さん。

何を思ったのか、家にある刃物という刃物で死神を解体しようとします。

その時、いきなり起き上がる死神。どうやら腸は偽物だったようです。

死神の正体、それは池田朝右衛門という女性だった。

辻斬り

出典:http://livedoor.blogimg.jp

辻斬り事件を調査する真選組。

どうやら死神事件は1週間で4件も起こっている様子。

真選組は見事な切り方から、介錯のプロの首斬り役人ではないかと考える。

そこで、登場してきたのが公儀御試御用十八代目池田夜右衛門。

いわゆる首斬り役人です。池田家は公儀で預かった罪人の首を斬る処刑執行人一族でもあり、陰では、死神とも言われている模様。

夜右衛門は、これは、首の皮が一枚繋がっているのではなく、傷口が鮮やかなため細胞が癒着しかけており、細胞すら斬られたことに気づかぬ、まさしく魂だけを抜き去る妙技。池田家に伝わる抱き首の極致。魂あらいだと言う。

つまり、犯人は池田家の人間だという。しかし、池田家でもその技を使えるのは、1人は亡くなった先代夜右衛門、もう1人はその技を継いだ夜右衛門、そして現在出奔中の朝右衛門しかいないと言う。

池田家

出典:http://livedoor.blogimg.jp

朝右衛門が処刑人と知った、万屋は彼女を見つけ出し、池田家へと連れていく。

実は、万屋は夜右衛門から警察より早く朝右衛門を見つけてほしいと依頼を受けていたのだ(池田家に行くまでに下ネタが炸裂していますがカットします)

池田家に招待され、中に入る万屋。中には、池田家が裁いてきた罪人の髑髏がびっしり!

怪しげな部屋から一刻も早く出たい万屋。

しかし、食事を勧められいただくことに。なんとメニューは首ばかり(笑)

出典:http://livedoor.blogimg.jp

そこで、夜右衛門は、池田家の歴史を語る。

夜右衛門は先代当主の実子であるが、朝右衛門は孤児であることが判明。

公儀処刑人には、より剣の腕が立つ者が選ばれ池田家当主の証、夜右衛門の名を継いでいくというシステムらしいです。

夜右衛門と朝右衛門はライバルとしてお互いに高め合っていました。

しかし、そんな時、先代夜右衛門が過去にお役目に背き、秘かに罪人の逃亡を助けていたことが発覚!!

公儀に知れれば池田家はお取り潰しを免れなかったため、池田家は極秘に先代を処罰しました。その介錯を務めたのが朝右衛門です。

しかし、先代の死はいずれ公儀に知れてしまいます。その為朝右衛門は人知れず家を出ていきました。朝右衛門は、先代の死の真相を闇に葬るため謀反による主人殺しという汚名、血に染まった死神の仮面を被る道を選んだのです。

夜右衛門の名を守るためにしたのだという夜右衛門。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

銀さんはそこで、朝右衛門が掟を被ったのは、主人殺しの罪だけじゃなく、由緒正しい公儀処刑人の一族から辻斬りなんて出すわけにはいかなかったからだ。と言う。

朝右衛門は辻斬り犯として疑われているが、実は犯人は夜右衛門で、夜右衛門を守るためにしていたということが判明。

夜右衛門は、先代が逃がしていた罪人を殺していたのだ。(本来は斬首刑だった人です)

そんな話をなぜ銀さんに言ったのか・・・

この話をすればあなたは私に協力するか辻斬りに遭い首を落とすしかないでしょうと夜右衛門は言い、とある紙を広げる。

その紙は先代夜右衛門が逃がした罪人の一覧表だった。

その紙には、「坂田銀時」の名が!!

処刑

出典:http://livedoor.blogimg.jp

先代は罪人を救った罪で死んでいき、そして朝右衛門は先代の汚名を闇に葬るため自ら裏切り者となり追われる身となった。

池田家に救われた命なら池田家のために使ってもよいだろうという夜右衛門。

夜右衛門の依頼は「朝右衛門を守る」ということだった。

真選組では、辻斬り犯がすでに処刑されたとの報告が・・・

下手人の身柄は真選組でなく見廻組に引き渡され、厳正なる審判の末即日打ち首が決定。検視役の確認もとれており、確かに辻斬りの下手人・池田朝右衛門の首であるとの書類が!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

しかし、朝右衛門はまだ死んでいなかった。

池田家は見廻組や検視役に手をまわし、朝右衛門の死を偽装したのだ。

処刑された死体は公儀処刑人たる御試御用のものになるらしく、その死体を運ぶ船に紛れて朝右衛門を逃がすという作戦らしい・・・

一方、銀さんの罪が気になる新八・神楽。

銀さんの過去のせいで犯罪の片棒を担いだりなど、わからないことが多すぎて2人は混乱気味に。

嫁の貰い手がなくなりそうとつぶやく神楽。

その時、「だったら俺がもらってやろうか?3食飯付き質素だが静かな生活を送れるマイホームも用意してるぜ…格子付きの」との声が(これ名言ですねwww)

なんと、土方と沖田が船にやってきました。

先代夜右衛門

出典:http://livedoor.blogimg.jp

「どれだけ罪人の首を斬ろうとも人を人として救う心を失ってはいけない」それが先代公儀処刑人 池田夜右衛門の教えでした。

処刑の際に使う魂あらいという技はその精神の顕れ、首を地に落とし汚さぬよう命だけをさらい謹んでその魂を送るという意味が・・・

師は本当に死ななければならないような罪を犯した罪人だったのか?父は鬼だったのか?

と疑問を持つ朝右衛門。

そんな朝右衛門に「法が正義だとするならば間違いねえ鬼だよ。俺のようなやつをシャバにほうるようなやつだからな」という銀さん。

人間ってやつは人の作った法以外にも守らなきゃならない。自分の法を持っているものだ。先代はそいつだけは犯してはいない。人を人として敬う処刑人の信念だけは曲げていない。悪事であるのか善事であるのか鬼であるのか人であるのか知ってはいない。ただいいやつだった。朝右衛門とよく似た不器用なバカだった。と先代を語る銀さん。

過去に助けてもらったからこそ分かるんですね。

真実

出典:http://livedoor.blogimg.jp

銀さんと朝右衛門がいるところに新八・神楽・土方・沖田がやってきます。

朝右衛門を探す真選組から必死で誤魔化す万屋。

しかし、土方がホラーが苦手すぎてギャグな展開に(笑)

そこで沖田がやつらの手に渡る前に下手人を捜し出さなきゃいけないと言う。

なんと沖田は全てを知っていたのだ!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

猛将と呼ばれた一橋斉冬公を大敗に追い込んだ姉古原の戦いに加わっていた者達。

今でこそ一橋は幕閣を乗っ取る勢いだが戦いにより長きに亘って権力から遠退いた時代が続いた。

戦争後あの戦いに参加した志士たちはその大半が一族郎党に至るまで粛清の憂き目に遭った。

だが女子供まで容赦なく消される惨状を嘆きこれを救おうとする手があった。

それが首斬り役人先代池田夜右衛門。

しかし、なぜ夜右衛門は殺され、助けられていた人達が殺されているのか・・・

つまり…次期将軍を噂される一橋喜々に取り入るため、夜右衛門は銀さんと朝右衛門の首と先代夜右衛門の首を売ったのだ。

戦闘

出典:http://livedoor.blogimg.jp

そこに、池田家の人間が・・・

池田家は、朝右衛門にそいつら(万屋&真選組)を殺せという。

戸惑う朝右衛門は、何を戸惑うことがある。親の首を斬った朝右衛門の剣はとっくに汚れている。と言われる。

それにキレる銀さん!

「俺の首が今つながってんのはバカな首斬り役人のおかげだ。ならこの首をくれてやるのもあいつと同じバカな首斬り役人がいい」という銀さん。名言です!

そこで、銀さんは「斬らなきゃならねえ罪を前にしても、まだそうしててめえ自身に刃を向け続けるのか!んなもんに剣を使ってる暇があんなら腹に刃が突き立とうが、はらわたぶら下がろうがその剣を杖にしてでも前に進んでみやがれ!夜右衛門の首でも俺の首でもいい。眼前の敵をその剣で斬り伏せてみやがれ!それが本当に護るべき公儀処刑人の矜持じゃねえのか!」と朝右衛門を一喝!!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

朝右衛門はそこで、先代夜右衛門の言葉を思い出す。

「人を人に還すことができるのは人の首を斬る鬼ではない。人の魂を奪う死神でもない。人の罪を斬りその魂を救う人だけだ」

朝右衛門は刀を抜き、敵の血を流さずに一掃!!流石です!!

銀さんを斬らなかった朝右衛門。銀さんを助けた先代は間違っていないと微笑みます。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

そこに夜右衛門がやって来ます。池田家を裏切ったことを残念に思う夜右衛門。

そんな夜右衛門に裏切り者は夜右衛門だ。その名を汚すことは許さない。と朝右衛門は一喝!!

朝右衛門は夜右衛門に刀を向け、心中を決意。

夜右衛門に切りかかる朝右衛門ですが、足場を崩され、なんとか捕まる朝右衛門。

身動きもとれず、目の前には刀を持つ夜右衛門が・・・

坂田銀時

出典:http://livedoor.blogimg.jp

刀を振りかざす夜右衛門を銀さんが止めます。

朝右衛門を助けようとする銀さん。その時、1発の銃声が!

朝右衛門の目の前には血をにじませた銀さんが・・・

そこで、夜右衛門が銀さんの過去を語ります。

銀さんは、朝右衛門の本当の父親を殺した罪人。朝右衛門の本当の親の敵がここにいると・・・

10年前攘夷志士だった朝右衛門の親は攘夷戦争で戦死し、孤児となった朝右衛門は先代に拾われた。そう聞かされていたはずだが事実は違うとのこと。朝右衛門の父親は銀さんと同じく戦を生き残りました。しかし戦後、一橋による残党狩りが始まるや己の保身のためかつての仲間を裏切りその家族まで潜伏先を密告。一橋の粛清に手を貸したのです。しかし用済みになった彼もまた消される運命にありました。そこで、朝右衛門の父親は娘である朝右衛門を犠牲にしようとします。そこに現れたのが、銀さん。朝右衛門の父親と自分の首を犠牲に他の人を守ります。そして、先代は銀さんを生かし朝右衛門の父親の首を斬りました。先代が朝右衛門を引き取ったのはその罪悪感からだったのか。いずれにせよ先代と銀さんは朝右衛門に討たれて然るべき敵なのだという。

朝右衛門

出典:http://livedoor.blogimg.jp

朝右衛門の過去・・・

幼い朝右衛門は、当時捕まっていた銀さんのもとを訪れます。

どうしてこんな所に入れられてるの?と銀さんに話しかける朝右衛門。

朝右衛門は、先代からかわいそうな女の子を護ってあげた人だという話を聞いていました。無言の銀さんに朝右衛門は、いつか自分が立派な処刑人になったら銀さんの首を斬ってあげると約束します。

朝右衛門は銀さんに自分が立派な処刑人になるまで絶対死んじゃダメだ。と言いました。

その時の男が銀さんと分かった朝右衛門。

朝右衛門は刀を振りかざします。

その時、朝右衛門の首に刀の筋が・・・

夜右衛門は罪人の子に罪を裁く権利はないと朝右衛門を斬ります。

しかし、刀を握りしゃべる朝右衛門。驚く夜右衛門ですが、なんと夜右衛門の刀は折られていました。

朝右衛門が銀さんを斬ろうとしたのは演技で、朝右衛門の刀を銀さんがとることで、夜右衛門の攻撃を回避したのです。

夜右衛門

出典:http://livedoor.blogimg.jp

夜右衛門が幼い頃・・・

夜右衛門の名を受け継ぐ為に日々訓練をし続けていた夜右衛門。

魂あらいを取得した夜右衛門は、これで次の夜右衛門は自分だと思います。

しかし、先代にお前は人の罪を斬れないと夜右衛門を否定します。

先代は、朝右衛門を次期夜右衛門にすると言います。

それに、怒りを隠せなかった夜右衛門。

そこで、ある男に2人の夜右衛門を消せばいいと促されます。

夜右衛門を斬る銀さん

夜右衛門は、先代を殺した瞬間に自分の刀は既に折れたいてのだと言って倒れます。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

一方・・・

沖田は死体を武器に使い敵を攻撃!土方に関しては自ら海に飛び込んだり(マヨネーズラインを探しに)と大暴れ!!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

夜右衛門は、朝右衛門と銀さんを助けるために味方を攻撃!

私は父を裁いてでも父が築いた公儀処刑人の家を護ろうとした

お前は私を裁いてでも父の公儀処刑人の魂を護ろうとした

だがその剣、愛した剣はともに同じ。それだけです

夜右衛門は2人を逃がし、1人残ります。

そこにある男がやって来ます。

この男が夜右衛門を壊した本人・・・一橋喜々でした・・・

喜々は裏切った夜右衛門を斬首

そして、喜々の陰には高杉の姿も・・・

結末

出典:http://livedoor.blogimg.jp

その後・・・

夜右衛門の死体は見つからず、一橋に始末されたと見て間違いないとの結論に至った。

家を護るためとはいえ先代夜右衛門の首を斬りその子まで手にかけた以上、池田家の姓を名のる資格はないのだという朝右衛門。

そこで、公儀処刑人池田朝右衛門の最後のお役目務めが・・・

出典:http://livedoor.blogimg.jp

囚人となった万屋3人組

沖田が同行し、処刑所に運ばれます。

喜々が裏で糸を引いていましたが、証拠がない以上何もできません。

なので、全てを丸く収めるためにと万屋が犠牲に・・・

朝右衛門と万屋の首があれば満足するだろうという沖田。

沖田の話によると、朝右衛門は自害したとのこと・・・

銀さんは止めなかったことで沖田を責めます。

沖田は、朝右衛門を殺したのは銀さんだと言います。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

処刑所につくとそこには土方が。

かつて公儀処刑人池田夜右衛門はある大罪人を逃がした。

ならばその責を負い大罪人の首を斬るのもまた…公儀処刑人池田夜右衛門の役目・・・

万屋の前に現れたのは、夜右衛門を受け継いだ朝右衛門でした。

朝右衛門は万屋にお礼を言い、死神はもう死んだと言います。

土方・沖田は朝右衛門は自害、万屋は処刑されたということにしてその場を去ります。

イケメンですね(笑)

出典:http://livedoor.blogimg.jp

夜右衛門は今までつけていた髑髏の仮面と万屋の手錠を斬り、もうここに罪人はいないと言います。

銀さんが思い出していたのは、昔のこと

罪を犯し鬼と成り果てた人間を人へと還すことができるのは人だけだ。だから俺にお前を斬る資格はないと言っていた先代・夜右衛門

そして、幼い朝右衛門と交わした約束・・・

自分も少しはマシになったかと歩いていく銀さん

乳首はしっかりと斬られていました(笑)