かわいすぎて入門者続出!?初心者に捧げる ゆるゆり魅力まとめ【主要カップリング網羅!】

コミック百合姫にて絶賛連載中の日常系ギャグ漫画『ゆるゆり』は、ほんのりと含んだ百合テイストが、最高の塩梅を生み出している一迅社の名作です。なもり先生はマジで百合の伝道師!!今回は、ズバリ「これだけ抑えておけば、話がもっと面白くなる」と称して、「アニメもやってるし、気になっているんだよね~」という『ゆるゆり』を布教希望者に向けた入門編をお届けしたいと思います。これを見れば、明日から貴方も『ゆるゆり』初級者、突然話題になっても大丈夫です!

「ゆるゆり」の魅力って?

百合ではない、“ゆる”百合である。

日常系ギャグ漫画であるため、

そもそものギャグ要素だけでも充分に楽しめるのは間違いありませんが、

なんといっても、毎回展開されるエピソードから、

登場する女の子の可愛さを愛でたり、キャラ同士の関係性に萌えたりするのが、

この作品の最大の魅力であり、一番の売りだと思います。

登場人物も多く、ソフト百合からガチ百合まで多彩なカップリングが楽しめます。

また、この作品は、あくまでも『“ゆる”ゆり』であって、

『“ゆり”ゆり』ではない、という点は大事だから書いておきます。(時と場合による)

この作品の良さは、「ガチの」百合ではなく、「ユルい」百合だという点です。

様々なキャラが、日常の延長線上で、

微妙な塩梅で百合を展開するから、最高なのです。

自覚のない行動であったり、一方通行の思いであったり、

日常の何気ない展開から、百合っぽい関係になるところに、

ファンは「萌え」や「可愛さ」と言ったトキメキを感じてしまうのです。

ようするに、なもり先生はマジ天才!!ということです。God of Yuri

【四天】ゆるゆり を構成する王道の四大勢力

ちなあか (ちなつ × あかり)

ごらく部の1年生コンビ。

吉川ちなつ と 赤座あかりのカップリング。

幼い頃に一度会った事ことがあり、

あかりは覚えているが、ちなつは綺麗に忘れている。\アッカリ‐ン/

百合っ気が少なく(主人公認定すら忘れられていた)あかりと、

船見結衣に一途な愛を抱く(だが京子に邪魔される)ちなつでは、

本来ならばカップリングになるような関係では無かった。

出典:http://blogs.c.yimg.jp

その2人の関係に転機が訪れたのは、アニメ一期5話。(原作:2巻21話)

結衣とのキスのシミュレーションを考えるうちに発狂したちなつが暴走し、

逃げ惑うあかりに襲いかかり、玄関で押し倒してそのままチュー。

運悪く(?)その現場を見た京子と結衣はドン引きして退散。

誤解を受けて慌てるちなつの後に残されたのは、

初めてを奪われ、光が失われた目から涙を流すあかりの姿だった。

(アッカリ‐ン……)

出典:http://livedoor.blogimg.jp

そんな不幸な事故があったものの、

本当に心の優しいあかりはこの一件でちなつを恨むこともなく、

なんだかんだ言いながらこの2人は良好な関係を築いている。

ちなつがあかりの家に泊まった時も、

寝込みを襲われるあかり…という展開もなく、

目を半開きにするほど熟睡していた。

しかし、ちなつに関しては心境の変化が見られ、

先述の事件の少し前までは、あかりの事を邪険に扱っていたが、

最近では、あかりに対する黒さや下心は薄れており、

日常的に仲良くしている様子が伺える。

(ちなつの純真な狂気に、あかりが巻き込まれる光景が増えた。)

基本的には例の悲劇(玄姦)を除けば、

百合百合なシチュエーションというのは無く、

単に同級生コンビとして、仲睦まじい光景に和むということが多い。

(何気ないスキンシップに「萌え」を感じる系)


●ちなつ×あかり(ちなあか)のゆりシーン&イラスト30選

京綾 (京子 × 綾乃)

出典:http://i.imgur.com

歳納京子と杉浦綾乃の百合カップリング。

暴走キャラ と 振り回され役 の組み合わせ。

茶道部の部室を無断占拠している問題児と

それを注意しなければならない生徒会副会長。

というのは大義名分であり、

敵対心は恋心の裏返し…ということは、誰の目からも明らか。

出典:http://blog-imgs-60.fc2.com

実際は、押しに弱く、恥ずかしくて積極的ではない

ヘタレツンデレの綾乃が、部室でのんびりしている京子に会いたくて

押しかけている一方的な百合関係である。

そんな、綾乃の直向な恋心を知ってか知らずか(間違いなく知らない)

京子は面倒見の良い綾乃に懐いており、

ことある毎に、綾乃にちょっかいを出して振り回している。

そんな無邪気な京子の様子に、満更ではない綾乃…という関係。

出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp

綾乃の親友の池田千歳はご存じの通り、

京子と綾乃のカップリングを妄想しては鼻血を出している。

(別名:千歳さんホイホイ)

本人曰く

『歳納さんが攻めやな。せやけど、これ以上やとウチの体が持たへんかも・・・』

千歳の妄想が、「ゆるゆり」における数少ないガチ百合要素だったりする。


●京子×綾乃(綾京)のゆりシーン&イラスト30選

結京 (結衣 × 京子)

出典:http://ks.c.yimg.jp

ごらく部の2年生組、船見結衣 と 歳納京子 のカップリング。

暴走キャラ と ツッコミ役の組み合わせ。

かまってほしくて、いつも暴走してボケる京子と、

「やれやれ」という感じで見守りながら冷静に突っ込む結衣。

という光景は、ごらく部の日常風景。

(結衣をガチで好きな、ちなつからは嫉妬の対象。)

幼なじみであり、

一人暮らしの結衣の家に、京子が遊びに行ったり、泊まることも多い。

出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp

京子が結衣に頼りっぱなし、という光景をよく見るが、

実は、結衣が京子に依存している部分も多かったりする。

1期11話(原作3巻)において、

頭を打って優等生キャラになってしまった京子が、

ごらく部を解散しようと言った時に、これまでの日常を思い出しながら、

「迷惑ばっかりかけるし非常識だし自己中だ、でも私は元の京子がいい!」

溢れる涙を抑えずに、気丈な結衣が泣きながら訴えるシーンは、

間違いなく神回確定だった。


実は、原作では元に戻そうと、結衣が目を光らせながら

バールのようなもので殴りかかろうと荒ぶるギャグシーンなのだが、

アニメ版では貴重なシリアスシーンに変更と同時に、オチも大幅に変更され、

やたらぬるぬる動く作画と共に多くの視聴者を感動させた。

この件も含めて、京子にとってもそれは同じではあるが、

結衣にとって京子は、幼馴染という関係以上に特別な存在である。

頻繁に結衣の家に遊びに行くが、本人曰く

「結衣の家にはまだ住んでないよ?」

子供の頃の二人の性格は、現在とはまったく異なっており、

京子は、今の「明るく社交的な性格」とは

考えられないほど「気弱で泣き虫な女の子」で、

結衣は「寡黙でクールな少女」とは正反対の、

「活発で男勝りの女の子」であったため、

当時の京子にとって、結衣は王子様のような存在だった。

もうお前ら、結婚してしまえ。


●ゆい×京子(結京)のゆりシーン&イラスト30選

さくひま ⇔ ひまさく (櫻子 × 向日葵)

出典:http://livedoor.blogimg.jp

大室櫻子 と 古谷向日葵 のカップリング。

幼馴染であり、幼稚園の頃から全て同じクラスの腐れ縁であり、

生徒会副(福)会長の座を争うライバル同士。 百合夫婦。

二人は喧嘩している場面が多いが、

間柄はむしろ互いに信頼し合っている正反対のものであり、

「喧嘩するほど仲が良い」 を体現した関係というのが適切。

如何なるときでも、二人で一緒にいる場面が多い。

(喧嘩と見せかけて、イチャついているだけ。)

この2人の関係は、作品初期と現在でかなり変化している。

原作初期は、「次期副会長の座を狙うライバル」という設定が強く、

似たもの同士だからこそ……という印象が強かった。

しかし話が進むにつれて、

櫻子が、「脳天気なおバカキャラ」

向日葵が「まじめなしっかり者」という違いが表れ、

「からかったり駄々をこねたりする櫻子を、

向日葵が時にはきついツッコミを入れてたしなめる。」

という、現在のような関係が形成されて始め、

これと同時に、人物面でも変化が見られており、

櫻子は、精神的にもどんどん子供っぽくなり、

向日葵は、胸だけでなく性格も大人びたものに変わっている。

出典:http://25.media.tumblr.com

櫻子の向日葵への依存度はとても高く、

向日葵がちなつに、マフラー作り方を教えていたため、

しばらく相手にしてもらえなかっただけで、

焼きもちを焼いて、かんしゃくを起こしてしまうほど。

(櫻子は自覚できない程度であるが、向日葵を意識している。)

本人たちは忘れているが小さい頃に結婚届を書いた仲である。

出典:http://blog-imgs-42-origin.fc2.com

カップリングの呼称に関して、

さくひま / ひまさくと二通りの呼び名があるが、

順序に意味を持たせておらず、どちらが語呂がよいか程度である。

公式のデュエット名も「さくひま*ひまさく」である。

(二人のジャケットが繋がるギミック付き。)


●櫻子×ひまわり(さくひま&ひまさく)ゆりシーン&イラスト30選

【新時代】可能性の先駆者たち

京さく (京子 × 向日葵)

歳納京子 と 大室櫻子 の組み合わせ。

ゆりゆり元気組コンビ。「一番手を組んではいけない二人」

似た者同士であり、実際に驚くほど意見がよく合う。

(ただし勉強の成績は例外)

ろくでもないことで意気投合するため、周囲からは警戒されている。

しかしながら、お互いに面倒見が良かったり

(京子は友達想い、櫻子は姉妹想い。)

実際のイメージとは異なる一面を見せてくれる組み合わせ。

どちらかと言えば、師弟関係に近いとも言える。

池田姉妹 (千歳 × 千鶴)

一卵性の双子。池田千歳 と 池田千鶴の組み合わせ。

外見はそっくりだが、

千歳は、目が青色でタレ目、性格は穏やか。

千鶴は、目が緑色で吊り目、性格はツンとしている。

という違いがある。

また共通点としては、

「メガネを外して百合妄想をする」という癖があり、

千歳が鼻血(というより出血)に対して、よだれを垂らす。

妄想の内容に関しても、

千歳は、直接的な描写(キスや性行為など)が多く、

千鶴は、逆にそういう描写は少ないという違いがある。

(『ゆるゆり』の数少ない百合要素。)

千歳は綾乃とよく行動を共にするため、

姉妹のエピソードは少ない傾向にあるが、

3期9話にて、過去のエピソードなどが描かれ、

千鶴が非常に甘えん坊である一面がピックアップされたりと、

最近持ち上げられている組み合わせである。

綾ちと (綾乃 × 千歳)

杉浦綾乃 と 池田千歳 の仲良しカップリング。

生徒会副会長を務める綾乃と、

彼女を支える千歳はセットで登場することが多い。

2人の出会いは七森中に入ったばかりの頃。

人見知りが激しく、ひとりぼっちだった綾乃に、

千歳が声を掛けたことがきっかけらしい。

出典:data:image/jpeg;base64,/9j

お互いに「一番大切な親友」と思っていることは間違いなく、

両者の間には特別な絆で結ばれている。


千歳は、基本的に相手を「○○さん」と苗字で呼ぶが、

綾乃だけは「綾乃ちゃん」と呼んでおり、

綾乃も、一緒にお風呂に入ったりするなど、親密な間柄である。

千歳の双子の妹・池田千鶴は、

姉と綾乃がくっつくことを強く望んでおり、

眼鏡を外して妄想を起こしてはよだれをこぼしている。

(通称:千鶴ホイホイ)

出典:data:image/jpeg;base64,/9j

しかし実際のところ、千鶴の妄想の中だけの話ではなく、

千歳が綾乃に対して、親友とは異なる特別な感情を抱いている節がある。

千歳は、綾乃と京子の関係を推しており、

二人の展開を妄想しては鼻血を流して興奮しているが、

それは単に、「カップリング中毒だから」という事ではなく、

「綾乃ちゃんが、心の底から幸せになってくれること」を

千歳自身が心から望んでいるためである。

しかし、それは同時に「綾乃のことが好きだからこそ」という、

自己犠牲の裏返しの恋と捉えることもできる。

結ちな (結衣 × ちなつ)

※画像はあくまでも、ちなつの妄想です。

船見結衣 と 吉川ちなつのカップリング。

京子の熱烈アタックから守ってくれた結衣に

一目ぼれをしてしまった ちなつ。

その結果、ちなつから結衣への熱烈アタックの日々が始まる事に。

一方の結衣は、ちなつの想いに

気づいているような様子ではあるが、関係にあまり進展はない。

(ただ本人も結構まんざらではない様子)

・・・はずであったが、

最近は気にかけることが徐々に多くなってきているほか、

原作11巻(3期7話)では、2人きりでお泊りしたりと、

ほんの少しずつではあるが、進展を確認できる。

出典:http://2zqce9wkap6jy3idv4hg-gcdn.sova.bz

本来、【結衣←ちなつ】なので、

「結ちな」ではなく「ちな結」と表記されるべきであるが、

「結ちな」と表記されるのは、

結衣のかっこよさ故か、単に語呂の良さなのか…。

(ちなつは、攻められたいような描写がある。)

幼少期の頃に2人は実は会っているが、

その時は京子を泣かせた喧嘩相手としてだった。

現在は、結衣にメロメロな ちなつが、

結衣に喧嘩をふっかけているというのは中々珍しく、

ちなつ自身も、その少女が自分だと気づかずに散々罵倒している。

【一帝】唯一なる特異点

物言わぬ生徒会長 松本りせ

出典:https://40.media.tumblr.com

15歳の中学3年生。

作中唯一の3年生キャラであり、七森中の生徒会長。

やや赤みがかった黒髪のロングストレートヘアが特徴。

最年長者にあたるのだが、身長は146cmと

作中の中学生メンバー内で最も低い。

(2番目は149cmのちなつ)。

西垣先生の様々な実験に付き合わされ、

ことある毎に、一緒に爆発しているがまんざらでもない様子。

ほとんど聞き取れないほどの小声で喋るため、

セリフが全て「……」で表現されるが、

西垣先生には言っていることが分かっている。

アニメ3期8話で、彼女が主役のエピソードがあり、

一切の台詞なしの効果音だけで話が進む展開であったにも関わらず、

その小動物のような可愛さに、視聴者は歓喜した。