【暗殺教室】アヘってもかわいい茅野カエデのかわいいシーン&セリフ30選

暗殺教室における圧倒的ヒロイン茅野カエデちゃん。表情豊かにかわいい笑顔からアヘ顔まで我々を興奮させてくれます。そんな茅野カエデちゃんのこれまでのかわいいシーンやセリフを集めました!僕にも「滅ッ!」ってしてほしいです。

正体を隠していたころの茅野

出典:http://livedoor.blogimg.jp

1.「烏間さん、こんにちは」

この烏間視点の角度で見る茅野ちゃんのなんと尊く儚いものか。

朗らかな笑顔とこの小柄な体から発せられるまばゆい輝きに目がくらみそうになる。

「烏間さん、こんにちは」というシンプルながらもあいさつという高ポイントなよくできる女子というところが演技だとしても萌えざるを得ない。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

2.脱巨乳のプラカード

落ちつけ緑!!巨乳の話は今していないぞ!!!

皆が授業に対して勉強にならないなどと文句を言っていて大変に学生らしく健全であるのに対しこの暗殺者はなんということだろうか。

個人的私怨でビッチ先生への抗議をしているのである。

一体どこからそのボードを出したのか。

元からいつかのために準備していたのか。

そう考えると可愛すぎてなんでも許せそうだ。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

3.髪の毛を下している茅野

散々超次元髪型だと言われ、かくいう私も何だこの髪型わけ分からんおもしれぇくらいには思っていたがここでその髪型をありのままに晒した茅野。

若干ウェーブがかったこのセミロングは前髪のパッツンとの相性が二重丸である。

そしてこのシーンでは下している髪型に加え風呂上がりの浴衣姿という点もポイントが高い。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

4.「水着は体のラインがはっきりでるし」

”貧乳は国宝だ、ステータスだ”

そう声高らかに宣言しよう。

このシーンにおける大事なポイントは二つある。

まず茅野自身が(幼児)体系を気にしているという発言の可愛さである。胸がないと自称する女子を可愛いと思わない輩がいるだろうか、いや、いない。

二つ目にスク水という点である。

しかもこのスク水は我々萌え豚への媚売りなどではなくリアルな中学生ありがちのスク水の形なのだ。

だがそれがいい。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

5.修学旅行前の茅野

この笑顔が演技なのか素なのかはわかりかねるがこの修学旅行へのワクワク顔は何にも勝る可愛さである。

小柄故に渚と並んでも女の子らしく小さく見えるというのが大変によろしい。100点満点である。

後々考えると忙しい芸能生活の中で友達との修学旅行を心の底では楽しんでいたのでは?と思うと涙が止まらない。

出典:http://www.2animx.com

6.水の妖精

心の清らかなものかもしくは性格の悪い泳げない女の前にしか現れない伝説の魚子。

腹ちらしつつもリアルな魚を意識したちょっとキモイ部分があるこの服は逆に何かソソるものがある。

かつここでの重要ポイントは赤白(色を勝手に妄想するが)浮き輪をつけていることが茅野みを感じる萌え要素となっている。

出典:http://blog-imgs-76.fc2.com

7.「ぷるんぷるんの刃だったら他にも色々持ってるから」

茅野覚醒後に注目されたこのシーン。

伏線としてもレベルが高いがここは萌え目線で考えたい。

ウィンクである。ウィンクとは殺傷能力の高い武器である。それに加えかつ頬染というスラッシュ三本で完成する付加価値が我々を興奮させる。

なんたることかと思いながら目線を斜め下に移動してほしい。

ご覧いただけたであろうか・・・

二の腕である。この夏服半袖シャツから除く二の腕知チラリズムは最早夏の風物詩といっても過言ではない。

出典:https://blog.so-net.ne.jp

8.「(プリンを暗殺に使うのは)やっぱだめだー!!!!」

伝説の茅野可愛い回であるプリンの時間(茅野の時間)における茅野のセリフ。

巨大プリンを作るための苦労を思い出しプリンへの想いが止まらず爆発させることが嫌になってしまった茅野はつい心の声があふれ出す。

泣きながら「ダメだ!!」と叫ぶ姿は甘党の茅野そのものであり、触手のせいで甘党だろうが何だろうがこの時の茅野は最高にかわいい、そう胸を張って言えます。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

9.「巨乳なのに惚れざるを得ない・・・」

私怨で「脱巨乳」のボードを掲げるほど巨乳に対して恨みを持つ茅野。

そんな茅野がクラスメイトの矢田に対して素直に尊敬の念を抱くがその茅野が可愛くてしょうがない。

おそらく胸を凝視しているのであろうが同性の巨乳を見てよだれを垂らし「巨乳なのに惚れざるを得ない・・・」とつぶやくその姿は貧乳界屈指の名シーンであり最上級の可愛さを誇る。

出典:http://trend36kei.info

10.茅野の時間でのイラスト

突如この世に現れたスウィーツ戦士茅野カエデ。

煽り文の通り爆誕したのである。そのcuteな姿は誕生の衝撃で宇宙が一つ生成されるレベルである。

スウィーツという言葉だけでも女子力1000%なのにそこにさらにリボンとフリルのついたメイド服風のミニスカ衣装にボーダーニーソという破壊力抜群の姿に目が釘付けになる。

なおこの衣装は体のラインに沿っているところ、立ち方が片方の太ももだけチラリという部分に萌えがつまっていると断言する。萌えの宝石箱や。

出典:http://mangakansou.com

11.「(特大プリンをモニュメントとして)このまま飾るんだい!!」

特大プリンを無事完成させた茅野。

満足げな表情だがこの後全力でプリン爆破を嫌がり、校庭にモニュメントとして飾りたい欲望を語った。

腐るという常識さえも忘れてしまうほどのプリン愛と情熱に拍手を送らざるを得ないし、好きなもののために一直線になる茅野が可愛くていつでも特大プリンをプレゼントする準備はできている。とクレジットカードを握りしめる。

出典:http://i0.wp.com

12.焦る茅野

ビッチ先生による超絶舌テクに捕まった渚。

を見る茅野がどう考えても焦っておりこれが演技だとは思いたくない自分がいる。

そしてこのシーンはたとえ茅野が演技だろうが演技じゃなかろうが関係なく、渚がキスに捕まった時にこの表情をしていたというところに萌えを感じる。

基本的にずっとかわいい顔の茅野だが暗殺教室内ではかわいい子もこうして顎を外してくれるのがまた良い。こういう表情もまたソソるものがあるのだ。

出典:https://pbs.twimg.com

13.「ダメ!!美味しいものは最後に食べる派なの!!」

女子がここにいるぞ!!!!とついマンガを握りしめてしまう可愛さ。

杉野の軽いこのイチゴ欲にここまで怒るのがまた女子らしくムキになっているのがとってもかわいい。

雨の中傘をささなくてはいけない状況でありながらもスウィーツを片手に歩くことが女子力高いのかどうかは分からないが可愛い女子×スウィーツが可愛くないわけがない。

出典:http://trend36kei.info

14.表紙カラー

茅野表紙カラーである。

ご覧いただこうこのきれいな脚を。美脚そのものだ。

この茅野はどちらかというとかわいいよりも儚く美しく今まで女の子らしい可愛い茅野できていたところに突如現れたニュー茅野となっている。

これまでの茅野とは違う色気すらも感じられるこのカラーは最早国宝と言っていい。

本性を現した茅野

出典:https://blog.so-net.ne.jp

15.貴重な茅野の見下し顔

見下している顔まで可愛いという奇跡の顔。

この冷め切った目が今までの茅野とは打って変わっていてゾクゾクする。

どこはかとなく大人ぽく見えるだけでなくセミロングからロングになったことでさらに可愛さ大人っぽさが増している。

ここにこの冷め切った目線を加えることで今までの可愛いとはまた違うスパイスの効いた可愛いを堪能することができる。

なおここではブレザーの前のボタンが開いていることでセクシーさも兼ね備えている。

出典:http://hasselti.blog.so-net.ne.jp

16.「痛いのがキモチいいの!!」

当初の茅野からこのような単語が飛び出そうとは誰が想像できただろうか。これが伝説のアへ茅野の始まりである。

しかし何が茅野の素晴らしいところと言えばこんなにアへっているのに可愛いという所である。可愛い顔してアへってこのセリフというのがまたドキドキが止まらない。

出典:http://pbs.twimg.com

17.「ママが滅ッ!してあげる」

ママ・・・?ママだって・・・?

あの華奢で小柄な茅野がママ・・・?

と目を疑った人も少なくはないだろう。しかし最初の動揺もすぐに収まり”ママ”と”滅ッ!!”の言葉にバブみを感じざるを得なかったはずだ。

出典:http://manga777.com

18.「…きゃはッ。千切っちゃった。ピチピチ動いてる♡」

ここでのアへ茅野萌えポイントはまず口元にある。

口の端から唾液がこぼれているのであるこれは付加価値が大変に高い装備である。

それだけでなく頬染がよりひどくなっておりこのシーンでの茅野がかなりの興奮状態であることがわかる。つまり我々も興奮する。

ラストに語尾に♡がついているのもニクイものである。こんなに可愛い顔してこんな感じにセクシーさを出されたら感情が追い付かない。

出典:https://blog.so-net.ne.jp

19.伝説の渚とのキッス

世間を騒がせたこの一件。

ここでは顔を真っ赤にしているという最大の超ど級核爆弾が眠っている。それに加え言葉にならない叫びという所がさらにエッチさを際立たせている。中学生間の出来事とは思えない。

全身が震えているところや脚の汗など最高な部分はかなりの部分に及ぶが一番ひどい(褒めてる)のはこの渚の服を握りしめているところだろう。

出典:http://blog-imgs-72.fc2.com

20.ぐるぐる目を回す茅野

表情が一転しコミカルになる茅野

いつもの茅野だ可愛い!という感情にさらに上乗せで鼻血から目が離せない。

つまりさっきのキスで酸欠になっていたという事でそれは茅野のアレがそれでと余計なことを考えてしまう。

ここで口元の唾液があるのも細かくてとても良いしかつあれだけ殺気立っていた茅野の表情が目を回すという事で落ち着く部分にやはり可愛さを感じざるを得ない。

雪村あかり時代

出典:http://i.ytimg.com

21.姉の巨乳を羨ましがる

茅野の巨乳へのあこがれは演技ではなく素の姿だったと思うとこれまでがもっと可愛く必死に思えて愛おしさが増す。

永遠の0だっていいじゃないと言いたいがこうして巨乳へのあこがれに素直な茅野もまた可愛いという可愛いループに陥る。

出典:http://blog-imgs-73.fc2.com

22.あぐりにTシャツをあわせられた時の顔

茅野の顎外し芸である。

これも雪村あかりのころからずっとなのだとしたら茅野はかなり素のままでE組での生活を送れていたのではないだろうか。

こうして姉に絵センスのないTシャツをすすめられているのも苺を食べられそうになって向きになってい怒るのもただの同じ茅野に見えるため世界は平和だ。

1 / 2

今日のおすすめ記事