俺ガイルの名言名シーン50選【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

カテゴリーまとめはこちら:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている【俺がイル】の個性豊かなキャラたちが口にする名シーン、名言、迷言を50個集めてみました。彼らの変わりゆく心と、真っ直ぐな心から出る言葉は胸に突き刺さりますね。今作のラノベにしては珍しく、主人公とヒロインがボッチという設定のため、世間から一歩離れて物事を捕らえている場面もあります。主に悪い方面に考えていますが…。

記事にコメントするにはこちら

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (14) (ガガガ文庫)

目次

1.「青春とは嘘であり、悪である。」

凄い悲観的な見解ですね。普通は皆楽しく過ごしているのに、そこを根本から覆す言葉です。表面だけの関係を見透かしていますが、誰もがそうじゃないと思いたいですね。

2.「誰かの顔色を窺って、ご機嫌とって、連絡を欠かさず、話を合わせて、それでようやく繋ぎとめられる友情など、そんな物は友情じゃない。」

仲間外れにされたくなくて、愛想笑いしている人も多いはずですが、八幡はそれをやらない。

3.「不思議なことに優れた人間ほど生きづらいのよ、この世界は。」

自分が優れていないので何とも言えませんが、それでも雪乃下ほどの天才ならば、そう思うのでしょうね。

4.「ぼっちは平和主義者なのだ。無抵抗以前に無接触。世界史的に考えて超ガンジー。」

これを言われると少し納得してしまいます。他人に関わることのないボッチは迷惑をかけることはありません。しかしながら、周りを楽しませることもできません。

5.「彼らの仲間意識というのは相当なもので、自分の群れ意外とはあまり話さない。単独行動時に他の群れに交じろうとしない。それを考えると結構排他的であり差別的だ。」

確かに、一度グループが出来てしまうと、もうその人達としか話さなくなりますね。多分、新しく開拓するよりも今の方が楽だからでしょう。でも別々のグループの人と話してみると案外楽しかったりしますよね。排他的ではありますが、差別的ではないと思います。

6.「なぜ自分の感じている楽しさを、自分の正しさを、己一人で証明できないのか。」

仲間と共有して盛り上がっている人たちに向けて言っていますね。やっぱり誰かと繫がって意気投合したいのは分からなくもないです、趣味とか同じだと話がはずみますよね。これは初めに『面白い』と自分一人で感じなければできない行為だと思います。すでに彼れらは、独りで証明しているのですよ。

7.「みんながぼっちになれば争いも揉め事も起きないだろ」

他人に干渉しないことを言っているのですね。皆が一人なら争いは起きない…そうかもしれませんが、集団ではなくて個人での争いが増えますよね。そして両方とも見方を連れてきて、結局は今のようになってしまうと思います。

8.「特殊で何が悪い。英語でいえばスペシャルだ。なんか優れてるっぽく聞こえるだろ」

言い方の問題ですね。確かにカッコイイ!普通の人はスペシャルではありませんからね。しかしこの返しは流石。ある意味ポジティブに考えている八幡だからこそ出来る芸当です。

9.「あら、そうとも限らないでしょう。目上の人相手でなくても距離感を出すために敬語を使うことはあるかと存じますがいかがでしょうか、比企谷さん」

初対面の人でも初めは敬語で話しますよね。やはり雪乃下さんの言う通り、距離があるからですね。そこから少しづつ距離が縮めばいいのですが、2人の間には途方もない間がありそうです。

10.「最低限の努力もしない人間には才能がある人を羨む資格はないわ。成功できない人間は成功者が積み上げた努力を想像できないから成功しないのよ」

何をもって成功と呼ぶのかは分かりませんが、そこに辿り着くためには相応の努力が必要なんですよね。もちろん天才は難なく達成してしまうのでしょうが、一般人であれば、そうもいきませんから。目標に向かって進まないのは、本気じゃないことが一番の理由なんじゃないでしょうか。

11.「人とうまくやるという行為は、自分を騙し、相手を騙し、相手も騙されることを承諾し、自分も相手に騙されることを承認する、その循環連鎖でしかないのだ。」

自分の主張を抑えて、相手に受け入れてもらうのは誰にでもあることだとは思います。しかしながら、誰しもが騙しているつもりはないでしょう。遠慮はしているかもしれませんが。

12.「”みんな”が言うから”みんな”がそうするから、そうしないと”みんな”の中に入れてもらえないから。 でも、”みんな”なんて奴はいない。」

集団行動を嫌う八幡が言うと妙に納得せざるをえません。いえしかし、集団行動において、共通の何かを持っていることは前提です。だからそこに入るためには自分も共通する何かを持たなくてはいけないのです。しかし、「みんな」と「自分」を区別して生きることも必要でしょう。

13.「本当に怖いのは身近な人間だよ。中途半端に信頼しているから、裏切られるなんて思っちゃいない。予想外のところからくるから怖いのさ。」

この言葉は他の名言集でも取り上げられてました。一番怖いのは人間で、しかも身近にいる人たちです。でも頼りになるのもそうした人たちなんですよね。人付き合いが苦手な八幡には少々難しいかもしれません。

14.「みんな仲良くという言葉自体が元凶なのに。あれは呪いじみたお題目なのに。あれは強制するための言葉なのだ。」

そう思っているのは八幡だけだと信じたいですね。でも確かに『みんな仲良く』という言葉は、幼いころから正義として教えられます。そして、それが社会になっても無意識のうちに出てきてしまうのも事実でしょう。

15.「自分だけでは自分を肯定できないから、だから彼らは徒党を組む。」

自分だけで自分を肯定するのは、なかなか難しいもの。周りが居なければ、肯定なんてできません。

16.「なんでかわからんが連中、特に用がないのに群れてたりするからな。知ってる顔を見つけると近づかずにはいられないんだろう。」

人間が1人で生きていけないことを見透かしたような発言です。

17.「雪ノ下、叱られることは悪いことではないよ。誰かが君を見てくれている証だ。ちゃんと見ているから、いくらでもまちがえたまえ」

平塚先生、かっこいいですね!優しい大人の女性の魅力が、言動からはっきりと伝わってきますね。何度間違っても導いてくれる優しい教師です。

18.「教師も人間、大人も人間だよ。過ちを犯すことはある。自覚的であれ、無自覚的であれ、な」

間違いを認めるには無自覚ではいけませんね。先生のおっしゃる通りですが、なるべく間違えないように過ごしていければいいでしょう。

19.「みんなでやることが素晴らしくて、みんなでやることがいいことで、じゃあ、一人でやることは悪いことなのか? どうして、今まで一人でも頑張ってきていた人間が否定されなきゃいけないんだ。」

効率の問題でしょうかね。そうでなくとも一人の方が早い時はあります。どうしても周りに頼ってしまう人もいますからね。一人でできる人は無理やり大勢やらないほうがいいんじゃないかと思います。状況に応じて切り替えていくといいのですが…。

20.「誰かを助けることは、君自身が傷ついていい理由にはならないよ。……たとえ、君が痛みに慣れているのだとしてもだ。君が傷つくのを見て、痛ましく思う人間もいることにそろそろ気づくべきだ、君は」

誰かの為に犠牲になっていると、八幡の周りの人たちは思うでしょう。でも八幡の周りの人はそれを見ると傷つきますよね。八幡はもっと平塚先生の話に耳を傾けていいとお思います。さして少しは参考にしてほしいですね。

21.「今の自分が間違っていると、どうしてそんなにも簡単に受け入れられるんだ。なんで過去の自分を否定するんだ。どうして今の自分を認めてやれないんだ。なんで未来の自分なら信じることができるんだ。」

過去も今も未来も全て自分なのですから、そこに間違いなんてものはないと思います。八幡が言っているように、今と過去を認めないと未来は良い方へ動かないかもしれませんね。

22.「一人に傷を負わせてそいつを排除する。……一人はみんなのために。よくやってることだろ」

みんがやっている事というよりは、八幡がやられたことですね。

23.「仕事ってのはやめることはあっても終わることはねぇんだよ」

仕事が終わることなんて絶対にありません。しかし、途中で投げ出すことは誰でもできますね。

24.「人間は感情で動く。合理非合理にかかわらず、判断基準を感情に委ねる。それどころか一時の気分で決めたことに対して後付けで理論を構築することすらある。」

感情がないと人じゃない。でも合理的に考え無ければいけないことも多く存在します。もちろん、根底には感情があるのでしょうが。それさえも見透かすとはさすが八幡ですね。

25.「またまたぁ、本当は正解を知ってるくせに。ま、その回答もあんまり嫌いじゃないけど。正解はね、……明確な敵の存在だよ」

一致団結するには敵が必要なんですよね。不思議と分かる気がします。それこそ集団において『敵』という受け入れられない明確な目標があるのですから、団結するのは当たり前ですよね。陽乃さんが言うと、説得力ありまくりです。

26.「そう、しょうがない。誰も理解できないし、理解されたくもない。だからうまく付き合っていけないの」

海老名さんは特殊すぎるし、自分のことを貫いているからでしょう。これこそ八幡のセリフと思ったのですが、いつも集団でいる彼女の口から聞くと違和感んを覚えますね。それでも八幡と少し似たところがあるみたいです。

27.「得ることよりも失わないことが大事なものだってあるだろう」

二つを天秤にかけるのは難しいですよね。それこそ、明確に分かればいいのですが…。どちらも大切だと一方を失ったときに余計悲しくなりますね。でも葉山は失わないことを選んだようです。

28.「違うよ。問題を起こすなという命令と、問題を解決するよう促すことはまるで違う」

それは確かに全く違いますね。でもどちらが難しいのでしょうか?起こさないようにすることと、解決すること。しかしながら行動を起こしてしまえば、予想もしない問題が起きるのですから、解決する能力を身につけたいと思いますね。もちろん、問題を起こさないように考えるのは大切ですよ。

29.「俺も男だ。そう簡単に一度言ったことを撤回するなんて真似はできない。男に二言はないのだ。」

八幡がカッコイイ台詞を言っている!でも彼が言うとすごく捻くれて考えてしまうのはなぜでしょうか?いい事を言っているのに…。今までの性格でこう思ってしまうのですよね。多分、皆さんも同じ気持ちだと信じたいです。

30.「曖昧な言葉で話をした気になって、わかった気になって、なに一つ行動を起こさない。そんなの前に進むわけがないわ……。何も生み出さない、何も得られない、何も与えない。……ただの偽物」

これは、合同で行うクリスマスイベント会議の話です。中身のない話を進める玉縄たちに対して言っています。何やらかんやら言うのもいいけど、行動しろってことですね。

31.「一人でやっていいし、一人で出来なきゃいけない。人に迷惑をかけずに生きられて、初めて人にものを頼めるのだ。一人で生きられるようになって、初めて誰かと歩いて行く資格がある。一人で生きられるから、一人でできるから、きっと誰かと生きていける。」

まずは自分が自立できなきゃいけない。それから初めて他の人と一緒になれるんですよね。多分、八幡から言わせれば、できない人が寄り添うのはただの依存だと言いたいのでしょう。

32.「余人に理解されない幸福は閉じた幸福とも言えるからな」

閉じた幸福とはまた難しい言葉を使われる。でも本人が幸福ならばそれでいいと思います。何も他の人と分かち合う必要はないと思います。それでもやはり、分かち合うと、更に幸福になりますけどね。

33.「傷ついていたり、歪んでいたり、……あとは、捻くれていたりしても見る者が見れば、美しく思うこともある。そこにはちゃんと価値がある。……私はそういうの嫌いじゃないな」

見る人の主観によって、その価値が変わるという事でしょう。多くの人が汚いと言っても少数の人が綺麗と言いうのならば、その物には確かに価値がるのだと思いますね。平塚先生は流石としか言いようがないですね。

34.「いつも、できているつもりで、わかっているつもりでいただけだもの」

天才雪乃下でもそう思う事があるのですね。でもそれって誰にでもあります、完璧に理解なんて出来ません。それでもやはり理解しようとすることはやめてはいけないですね。その気持ちだけでも持っておくべきだと思います。

35.「一緒に傷つくのなら、それは傷ではないのかもしれないな。……破調の美、か」

平塚先生の、言葉が光りますね。見方が特殊なのかもしれませんが、そう思えると傷ついても怖くない気がしてきます。その感覚を持っていれば、何事にも挑戦できそうですよね。八幡はきついかもしれませんが。

36.「たぶん否定されることは決して悪いことではない。お前はまちがっていると、見せつけられて初めて理解できることがある。どうしようもない、中身のない全肯定なんて、それこそが一番手ひどい否定だ。たぶん、それこそが拒絶なのだ。」

本当に相手の事を思っているのならば、悪いところも良いところも真剣になって言います。ただ上辺だけで肯定して、何も言わないのは確かに拒絶と一緒かもしれません。とうよりも、相手の事をどうも思っていないのだと思います。

37.「人間、存在するだけで無自覚に誰かを傷つけるものさ。生きていても、死んでいても、ずっと傷つける。関われば傷つけるし、関わらないようにしてもそのことが傷つけるかもしれない」

38.「この時間がすべてじゃない。……でも、今しかできないこと、ここにしかないものもある。」

今出来ることをやらないのに、将来に向けて何が出来ると言うのでしょうか?大切なのは今を全力で生きることですよね。そうすれば自ずと未来でも頑張っているはずですから。

39.「仕事の進め方はいくつかあるが……。まぁ、あれだ。仕事の極意はいかに働かないかにある」

八幡らしい答えですよね。いかにしてサボるのかを考える。もはややる気ゼロですよね。力を入れるところは頑張って、抜いても良いところは少し気を緩めるのが最適だと思います。張りつめたままでは精神崩壊しますよ。

40.「親しいつもりでも聞けないことはたくさんある。」

ありますね。聞いていいのか分からない事だらけですよ。それでも聞きたいときはちゃんと確認しましょう。もっとも、八幡にそんな相手がいるのかどうか不思議ですが。いたとしても、遠慮なく聴いてくるでしょうね。

41.「誰かに合わせて答えを出してしまうと、うまくいかなかったときに必ずその誰かのせいにしてしまう。人生の戦犯捜しに躍起になる。人の答えに合わせると決めたのは自分のくせに、その他人を恨みに思う。妥協と欺瞞に満ちた態度はきっと不誠実だ。」

42.「将来のすべてを今決める必要はないよ。その気になれば編入も転部も仮面浪人もありだ。転職だってあるしな。これは数ある選択の機会の一つでしかない」

平塚先生はいいことを言いますね。今全て決まるわけじゃないんですよ。でも世間は許さないでしょうね、一度レールから外れてしまえば、戻るのが難しい社会ですから、それにそのことを良しとしない空気もあります。ここは素直に、今決めておけと言うべきかもしれません。

43.「的を射た否定だけが、きっと本当の理解で、冷たい無関心こそは優しさだと思うから。」

始めの言葉は理解できますが、後者は少し分かりかねますね。無関心が優しさであることは思いつきませんでしたね。それにしても、八幡の言葉にはブレが無くて、聞いてい妙に頷いてしまいます。

44.「衆愚という言葉があるように、人は群れを為すほどにその愚かさを増す。その中に放り込まれればいかに突出した人間も、否、突出した者こそ数的暴力によって塗り潰されるだろう。」

出る杭は打たれると言いますか。確かに人が群れると、何人かは不真面目になるようです。でもそこで優秀な人が平均化されるのはあまり喜ばしい事ではないですね。八幡の集団嫌いがここでもはっきりと伺える言葉です。

45.「…私は近しい人が理解してくれているならそれだけで構わないから」

大勢の人が分かっていなくても、ちゃんと理解している人がいるのならそれでいいのです。後は無視しちゃいましょう。分からない人は分かろうともしないと思います。ですが、雪乃下さんならば周りは簡単に理解してくれそうですが。

46.「それしか選びようがなかったものを選んでも、それを自分の選択とはいわないだろ」

それは自分の選択ではないですね。そうならないためにも何か出来ることはあると思います。しかし、実際は自分で選ぶことが出来ない選択なんて山ほどあると思いますよ。

47.「興味があることなら趣味にしますよ。好きなことを仕事になんて、人生そのものが辛くなりそうだし」

仕事は嫌な物、趣味は好きなもの。だからこそ好きなものを嫌いにならないようにしているのでしょうね。ですがたまに趣味で楽しみながら仕事している人もいますよね。その人は趣味に真剣なのだと思います。理想の生き方ですね。

48.「無理に聞いて、自分の望まない答えが返ってきてしまったら。そう考えるだけで言葉に詰まってしまう瞬間はきっとある。」

そんなもの無理やり聞く必要はないんですよ、そして自分の望まない答えが返ってきたときの心の準備もしておく必要がありまね。しかし、本当に聞く必要があったからこそ訪ねたんではないでしょうか?

49.「いてもいなくてもいいって楽だし、誰も困らせてないだろ。世の中、いるだけで雰囲気悪くする奴とかいるし」

たしかに楽ですが、いなくていい、と言われると少し悲しくなりますね。それは八幡が一番知っている事じゃないでしょうか?でも本物を求めている八幡にとっては、他人の考えなどどうでもいいのでしょう。

50.「思春期の監視社会において、学校は牢獄そのもの。人気者たちは常に衆目にさらされ、その他大勢は頼まれてもいないのに、善意や興味本位から監視を始める。そして、時に罰すら与えるのだ。」

八幡の僻みですね。でも人気者の辛さや苦しさを客観的に見ているのだと思います。学校という狭い居場所を監獄とはさすがに言えませんが。それでも大勢の外から見ているからこそ気が付くのでしょうね。

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」名言まとめ

いかがでしたでしょうか?「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」には、こいつら本当に高校生かよと思うほどの名言がたくさん出てきますね。自分が高校生の頃にはこんな言葉出てきたためしがありません。アニメでも、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の名言がたくさん飛び出すのが楽しみですね!

記事にコメントするにはこちら