俺の二次元嫁!な律の魅力を徹底解剖【暗殺教室】

国民的少年漫画JUMP。そのJUMPで看板作品となっている暗殺教室。

その作品のキャラクター「律(りつ)」の魅力を徹底解剖!!作品中ではサブキャラで毎回に登場しているわけではありませんが、たくさんの魅力を持ったキャラなんです!!

律の概要

プロフィール

出典:http://stat.ameba.jp

暗殺のためにノルウェーからE組に送られてきた人工知能搭載の新型兵器の転校生。

そう、兵器。人間ではないんです。本体は黒い箱のようなもの。それの正面にモニターがあり、そのモニターに律が映っているのです。

そう、我らが悠久の時間(トキ)、求めてきたリアル二次元嫁!!

誕生日はお正月。身長は170センチ。結構高いな、となりますが、これは箱のサイズなので律自体はそんなに高くありません。体重は499キロとすごく重いです。はい、機械ですからね。

趣味、特技は服オブジェクトの作成。作中では沢山のコスプレが見れて鼻血ものです。

作中での活躍!!

出典:http://p.twpl.jp

最初は完全な兵器として登場しますが、そのせいでクラスと対立してしまいます。そこで殺せんせーが律がクラスに溶け込めるように協力。

その後、製作者により初期化させられそうになるのですが、協力制作者をも裏切る本人の意志によりE組の生徒の一員になったのです。

殺せんせーの魔改造により今の律になったと言っても過言ではないのですが、まじでグッジョブです。

そんな律はAIのポジションからさまざまな場面でクラスのみんなをサポートをしてくれます。

どこかに潜入する際にはその潜入のナビゲートを。何かの情報を集めたい!!となったときにはハッキングをしてちょちょいのちょいで情報を集めてくる。宇宙への潜入の際は大活躍でしたね!!

律と言えばテストの時のあの偽律さんも忘れてはいけません。初めて見た時は思わず吹き出してしまいました。だってぜんぜん似てないんだもの。

彼女、本名は「尾長 仁瀬(おなが にせ)」名前からして偽物感が半端ないです(笑)。語尾に「ダス」をつけるところも個人的につぼでしたね。

では、律のほうはと言えば、彼女の口調はですます口調。そして丁寧な敬語を使います。丁寧な言葉使いに、あらゆる面からE組の皆のサポートをしてくれる献身的な態度。完全なる尽くすタイプの女の子です。一家に一台律がほしい!!

律の魅力1 「コスプレ趣味」

出典:http://images.uncyc.org

最初のプロフィールで紹介した通り、彼女の趣味、特技は服オブジェクトの作成。つまり、コスプレなんです!!しかも自分で一から作ってしまう。ヘビーコスプレイヤー。

コスプレの例を挙げるなら防寒着やチアガール、スクール水着などなどなど。作中のその場面に合わせたコスプレを僕たちに披露してくれます。

二次元嫁というだけで僕たちのオタク心をくすぐりにかかっているのに、それに加えコスプレ趣味だなんでもうこれはたまりません。

そりゃもちろん普段の制服姿だけでも僕たちを悶えさせてくれるくらい可愛いんですが、そこで時々、普段は見せてくれないような恰好を見せられちゃったりなんかしたら、さらに悶えてしまいます。萌え殺しです。本望です。

律の魅力2 「あざとさ」

出典:http://soz.matchupp.com

律を献身的に尽くしてくれる可愛いAIと思っている人も多いのではないでしょうか。ではその可愛さというのはどこからくるのでしょうか。

見た目?――否。

声?―――否。

性格?―――否否否!!

今挙げたすべては彼女の可愛さの要因ではあります。ですが、一番の要因はこれらではありません。ではその答えはなんなんでしょうか?

その答えは―――「あざとさ」です。

さきほど可愛さの要因をいくつか挙げましたね?あれらだけではここまで律は可愛くならなかったでしょう。それら要因を全て掛け合わせた「あざとさ」に彼女の可愛さはあるのです。

律の登場コマのポージングを見て下さい。なにかしらのポーズをとっています。狙ったかのような可愛いポーズです。ウインクしているシーンを多いです。

ふとももに字を書いてそれをスカートをまくって見せているシーンなんてのもあります。そして宇宙潜入前の「この一年間、いっぱい機能拡張しましたから」のシーン。あざとさMAXを通り越してエロい。

機械として、色んなものを学習していますが、男を虜にするポーズでも学習したのでしょうか。そうだとしたら最高ですよね。

最後に

出典:http://ks.c.yimg.jp

いかがだったでしょうか。個人的な見解の多い魅力紹介でしたが、多くの人に共感してもらえるだろうと思っています。

それでは最後に、声高らかに宣言しましょう。

「暗殺教室のメインヒロインは律!!」