【攻殻機動隊プレイバック】笑い男事件を一から最後まで時系列でまとめてみた

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第1期のメインシナリオである笑い男事件。

非常に複雑な事件をまるっとアニメをおさらいしつつも詳しく解説します!

2019年 笑い男事件の始まり

電脳硬化症

出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp

攻殻機動隊の世界では脳をデジタルデバイスかする電脳技術が一般的なものになり、誰もが電脳化,するようになった世界。

そんな中で現在の世界が抱えている不治の病”HIV”と同じように、電脳化した部位が硬化する謎の病気「電脳硬化症」が発見され問題視される。

”電脳硬化症” 唯一の特効薬 ”村井ワクチン”

出典:http://stat.ameba.jp

発症後の根本的な治療法が見つかっていなかったため21世紀の不治の病と呼ばれた”電脳硬化症”やがて医学博士の村井千歳によって「村井ワクチン」が発明される。が、村井ワクチンは完全なる偶然の産物でありなぜ効くのかは不明であった。

マイクロマシン治療法

当時の医師会はマイクロマシン治療法も推進派が多数を占めており、村井ワクチンを容認。すると今後のマイクロマシンの開発・発展に影響が出るとの懸念があった。さらには厚生省の理事である今来栖尚(いまくるすひさし)の村井に対する嫉妬心も重なって表向きは効果が不明である村井ワクチンは不認可とされてしまう。

セラノゲノミクス社

今来栖が村井ワクチンを不認可にしたちょうどその頃”セラノゲノミクス社”は電脳硬化症に対する治療法としてマイクロマシン治療法を申請していた。薬事審議会はこれを認可することの決定したが、マイクロマシン治療法には治療効果は殆ど無い。

マイクロマシンインダストリアル社

マイクロマシン治療法が認可されたその後、今来栖が理事を務めるマイクロマシンインダストリアル社のマイクロマシンも治療効果が殆ど無いのにもかかわらず認可されている。同社はこれによって1兆円ほどの利益を上げている。

*セラノ社は申請より3ヶ月、MMインダストリアル社は1ヶ月で認可を受けておりどちらも異例の速さである

2021年 村井ワクチン再認可

村井博士死去 及び 不認可解除

2月。村井博士死去。享年68歳のことであった。

同年4月。不認可になったはずの村井ワクチンが突然、特定して医者有償実験薬として認可される。これにより村井ワクチンは、薬事審議会の認可した人にだけ有償で接種されるようになるが、これは一般には非公開であり表向きは誰も使っていないことになっている。

今来栖の陰謀

今来栖も電脳硬化症を発症してこのワクチンの接種するが、おそらくこれは今来栖が自分の認可したというわけではなく、単純に金儲けのための認可だったのではないだろうか。

*2030の段階で、いつから接種しているのかという質問に対して『随分前から』と答えている。

瀬良野宛の脅迫

出典:http://image.space.rakuten.co.jp

同年、セラノゲノミクス社、社長であるアーネスト瀬良野(せらの)は、マイクロマシン治療法の無効性と村井ワクチンのことをネタにした脅迫メールを受けている。

この3年後、2024年に起きる瀬良野誘拐事件は、このメールがきっかけになっており、このメールを送った本人こそ笑い男のオリジナルとも言える人物なのだ。

2024年 第1次笑い男事件

アオイ

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

草薙素子曰く、超特A級ハッカーと謳われるアオイという青年。

ネット徘徊中に、3年前の瀬良野脅迫メールを偶然見つける。マイクロマシン医療のの裏側に隠された真実を知ったアオイは正義感にかれれ、真実を白日のもとに晒すことを決意。

瀬良野誘拐事件

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

2024年2月2日金曜日、アオイは瀬良野の電脳をハックして誘拐すると、すべてを世間に公開することを要求する。

アオイは、事件以前にも何度か犯行予告を行っているが、瀬良野側がまともに取り合わなかったために実力行使に出たと思われる。

出典:https://encrypted-tbn1.gstatic.com

同年2月3日土曜日、誘拐から2日目。要求に頑なに応じようとしない瀬良野に腹を立てたアオイは、生中継をしていたテレビカメラの前で瀬良野に銃を突き付け、今この場で真実を語ることを要求。しかし計画は失敗に終わり、アオイは表舞台から姿を消すことになる。

これが第一次笑い男事件の一連の流れである。

笑い男~The Laughing Man~

出典:http://i1.gensun.org

笑い男事件の名前の由来は、アオイが犯行の際に顔を隠すためにテレビカメラや周囲にいた人々、監視カメラまでもハッキングし、自分の顔が映る箇所全てに笑い顔のマークをリアルタイムで上書きをしていたから「笑い男」と呼ばれるようになる。これは周りの人々が言い出した名称であり、アオイ自信が名乗ったわけではない。

企業脅迫事件への発展

瀬良野はアオイから開放されたあと、誘拐直後に会社に対して身代金要求があったことを知る。警察は笑い男(アオイ)だと断定。身代金誘拐犯として操作を開始する。瀬良野はアオイと対峙した時の印象から、身代金を要求したのはアオイではないと考える。が、余計な証言からマイクロマシン治療の裏側がバレるのを恐れ、警察には黙ることを決め込んだ。

出典:http://d.hatena.ne.jp

その後犯人はマイクロマシン製造ラインに殺人ウイルスを混入するという手口で、セラノ社を引き続き脅迫。マイクロマシン製造が滞り、セラノ社の株価に下がり始めると、まるでそれが目的であった日のように脅迫はやんだ。

犯行は一社にとどまらず・・・

その後、犯人は同様の手口を使ってマイクロマシン製造メーカー六社を次々と脅迫。各社の株価は、セラノ社同様急落することになる。

犯行が3ヶ月ほど続いたあと、被害メーカーに関して政府が公的資金導入を決定し、被害メーカーの株価は回復する。犯人はこの際。株の空売りなどで多額の利益を上げたものと思われる。

一連の事件の真相は。

株価が戻り始めた頃、瀬良野のもとに薬島厚生大臣の施設後援会会員を名乗る男が訪れ、企業脅迫を止めることが出来る人物を知っているから事態収束の暁には献金してほしいと申し出る。献金の金額は公的資金の額と脅迫で要求された額を合わせたものであった。つまり身代金要求をはじめとする一連の企業脅迫は、薬島を中心とした組織による犯行だったということだ。

企業脅迫事件の裏側

この計画は突発的に起こったものではなく、実際はアオイの犯行をキッカケに生まれたものではないだろうか。

もし、関係のないところであった計画だとしたらアオイの存在と関係なく実行に写していたはずだ。用意していたところに、たまたまアオイの犯行が会ったというのも都合が良すぎる。

脅迫犯の動き

おそらくは、アオイの犯行予告を知った警察の関係者が薬島に報告。犯行予告の内容から、誘拐犯の目的が身代金でなくマイクロマシン治療の真相公開だとわかったために、大胆にも実行犯になりすまして身代金を要求。その後、瀬良野開放によって身代金の入手が不可能になると、殺人ウイルス混入による脅迫という方法に切り替えた、といったところだろうか。

笑い男事件の影響

犯罪に似つかわしくない笑い男のポップなマークは、一部のサブカルチャーや若者に人気となった。また社会の裏を暴こうとする笑い男の行動は共感を呼び、ハッカーとしての一流の手腕や、犯行が生放送で中継されたという話題性もあって、笑い男は若者を中心に英雄視されるようになる。

その後は次々と起こる企業脅迫に加え、机を並べてビルの屋上に笑い男のマークを描くなど連鎖的に多数の模倣犯が出現。社会現象になった。

『耳と目を閉じ、口をつぐんだ人間になろうと考えたんだ』

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

マークの周囲には英語で

「I thought what I’d pretend I was one of those deaf-mutes」
  (耳と目を閉じ、口をつぐんだ人間になろうと考えたんだ)

これはJ.Dサリンジャーの作品「ライ麦畑でつかまえて」の一節である。マークはポールというデザイナーの作品だと言われているがこの文字に関してはアオイがつけてものであろう。

2030年 第2次笑い男事件

トグサの同僚の死

出典:http://blog-imgs-68.fc2.com

笑い男事件から6年。警視庁の笑い男事件特捜部捜査員ヤマグチは、上層部の不審な動きを察知。かつての同僚であった公安9課の捜査員トグサに相談を持ちかけるが、トグサにある直前に謎の事故死で他界してしまう。

インターセプター

出典:http://blog-imgs-68.fc2.com

調査に乗りだしたトグサは、ヤマグチが生前残したファイルから、警視庁の上層部が捜査員に対して違法にインターセプターを仕掛けていた事実を突き止める。

*インターセプター(視聴覚素子)。仕掛けた人間の資格情報を傍受することが出来るマイクロマシン。

インターセプターとセラノゲノミクス社

インターセプターが仕掛けられた理由は、操作情報を集めるためというのが表向きの理由だが、輸入元がセラノゲノミクス社であることから、警視庁とセラノの間に癒着があったためと思われる。警視総監の大堂義一は、見返りとしてセラノの本社があるオランダに別荘を用意させている。

総監暗殺予告

警視庁に揺さぶりをかけるため、公安9課捜査員の草薙素子はこの情報をマスコミにリーク。それをうけた警視庁は、大堂総監自ら釈明会見を開くが、その場に同席していた刑事部長が笑い男と思われる人物にゴーストハックされる。

*ゴーストハックとは=電脳をハッキングされ、意のままに操られること。

出典:http://blog-imgs-68.fc2.com

刑事部長の口を借りた犯人は総監に対し、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『真実を語らなければあなたをこの舞台から消去しなくちゃならない』
___________________________________________

と、暗殺を示唆する発言をする。

ナナオA

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

総監暗殺予告の容疑者として9課が目をつけたのは、警視庁の特捜が笑い男事件の容疑者として目をつけていた人物、ナナオA。操作の結果、確かにナナオが笑い男であることを裏付ける証拠が多数出てきたが、これらを分析した結果、すべて巧妙に作られたニセの記憶であることが発覚。

この情報操作は、厚生労働省より発行された正規の書類により実行されていることから薬島が絡んでいると思われる。この時、薬島は連合与党幹事長になっている。

総監暗殺未遂事件

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

暗殺予告の当日、大堂の警備主任がナナオ野作った遅効性分裂型ウイルスに感染し、大堂に襲いかかるが素子らがこれを阻止する。直後に警備主任の電脳を調べて際に見慣れない攻性防壁を確認する。これはおそらくアオイ見ていたのであろう。

ナナオの死亡による事件の収束

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

事件発生直後。ナナオは警視庁の深見に口封じのため射殺されている。笑い男事件は表向きでは容疑者ナナオの死亡で幕を閉じることになる。しかし、9課の荒巻課長はは一連の事件を「警視庁による自作自演の茶番」と評価する。

犯人は本当にナナオだったのか?

ナナオの残したサーバーの中から見つかった犯行計画の中には、今回の暗殺計画はなかった。つまりナナオに罪をかぶせるために幾つかのシナリオを用意していたが、先のアオイの予告を利用してシナリオを急遽変更したことではないだろうか。

事件の被害者”大堂”のその後

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

事件後、大堂は一線を引くことになるのだが、病室で薬島と思われる人物で電話で話している際に「この際関係のある者は一線から引いたほうが・・・」と発言している。大堂も企業脅迫に関わっているのであり、警察内部にも関係者はたくさんいるということだ。

連鎖を呼ぶ暗殺未遂

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

総監の暗殺未遂の発生後、連鎖的に暗殺を企てるものが大量に発生。最終的にはナナオのウイルスが引き起こしたものだという結論に至ったが、実際には全く関係のないものであった。アオイの犯行予告に啓発されて犯行に及んだものであり、後に素子が「スタンドアローンコンプレックス(S.A.C)」と名付けた。

スタンドアローンコンプレックス

タイトルの副題にもなっている造語である。「スタンドアローン」「孤立」「コンプレックス」「複合」を意味する。つまり、個々の意識がネットなどを通じて集団の意識へと変化することを意味する。今回では多くの模倣者を生み出した。

S.A.Cに影響された者達

アオイは瀬良野誘拐の犯行動機について

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『ボクだけがたまたま知り得た情報の確認と伝播を自分の使命と錯覚し奔走した』
___________________________________________

と語っているが、彼もまたS.A.Cにかかっている。彼自信も電脳硬化症に対する恐怖感があったために余計に共感したのであろう。

タチコマ

出典:http://www.4cast.co.jp

公安9課のメンバーの一員である多脚戦車『タチコマ』。AIによる自立行動を行い9課のメンバーのサポートをする。機械的ながらもしゃべることも出来るうえ、ボディ・ランゲージやジェスチャーなども駆使してコミュニケーションを取ろうとする。

タチコマの自我の取得

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

タチコマは随時、他のタチコマと並列化しおり最終的に並列化しているはずのタチコマはそれぞれが自我を獲得した。素子は情報の並列化の果てに個を取り戻す可能性は「好奇心」でないかと答えており、タチコマを見ての事だった。

笑い男、再び

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

法務省管轄の授産施設内部より、厚生省のデータベースに対して大規模なハッキングが行われた。これは施設に入所しているアオイの仕業だが、実際にはほかの入所者を利用したか、共謀した可能性が高い。

トグサの極秘潜入

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

トグサは捜査のために授産施設に潜入し、調査しようとした矢先、所長に潜入がバレてアームスーツを着た職員と所長に襲われるが、これはアオイが作り出した擬似記憶である。これ以外にも、トグサの入所後すぐにブランコがひとりでに動き出すなど不可解な描写があるが、もしかしたら施設に入る前から記憶に手が加えられた可能性がある。

トグサの証明

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

この後、痕跡を残さずに施設から姿を消す。トグサはアオイと思わしき少年を見つけたため、9課のメンバーに似顔絵を書いてみせる。何度書いてもそこに出来上がるのは笑い男のマークであった。

トグサの確信

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

授産施設にいたアオイこそが本物の笑い男だと感じたトグサは、彼の狙いが容易に改ざんできる電子機器ではなく、物理的な紙媒体だと睨んだ調査を開始。厚生省の書類倉庫から村井ワクチン接種者リストがなくなっていることを突き止める。これはアオイが清掃員をゴーストハックして盗みだしたものである。

ひまわりの会

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

このリストが今来栖の名義で大手企業や政府機関に関する個人レベルでの告発や裁判をサポートしているNPO団体「ひまわりの会」に届けられる。もちろん、アオイが送ったものである。

ひまわりの会がこれを元に世間に事実を明るみにすることを期待してのことであろう。

突然の襲撃

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

トグサがひまわりの会事務所を訪れた際に、リストにある今来栖の名前のを確認。しかし、麻薬取締局(麻取)強制介入班の襲撃を受け、その場に居合わせた職員を全員殺害。トグサも重症を負う。そしてトグサの記憶から今来栖の存在を知った9課は今来栖の確保に乗り出す。

今来栖への疑い

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

接種者リストが今来栖から送られたものだと知ると麻取の局長”新見”は今来栖に疑いをかける。

身の危険を感じた今来栖はホテルに身を隠すがアオイの真実の公表を迫られると、薬島に助けを求めるために電話をしてしまう。薬島は事実の公表を恐れ今来栖殺害を新見に命じる。

今来栖の死

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

電話を傍受して今来栖の確保に向かうが、麻取との先頭の末、素子は義体交換を余儀なくされるほどの重傷を負い、今来栖も殺害されてしまう。この時に、バトーはアオイから接種者リストのオリジナルをもらう。その後、新見は逮捕されるが留置所内で電脳自殺を図り、記憶が欠落。

これによって彼の証言には司法能力がなくなってしまう。

アオイと素子

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

義体交換のために病院に行った素子は麻取の残党に襲われてしまう。寸でのところでアオイに助けられて、「これからボクが仕出かす最後の挑戦を黙って見てて欲しいと」と願い出る。もし失敗した場合は事件の全貌を公開して欲しいと、自分の記憶を素子に差し出す。

6年前の再現

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

素子はアオイの情報を利用して笑い男になりすまし、6年前のアオイと同じ手口で瀬良野を誘拐。瀬良野から薬島との関係を聞き出すことに成功する。しかし、瀬良野のことを監視していた薬島たちが9課をマスコミにリークした。

9課指名手配

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

笑い男に化けた素子がテレビに流されると、瀬良野誘拐事件への関与の可能性や、過去の武力活動をネタに、9課は危険な武力集団として報道される。

その自体を未然に察知した荒巻課長は総理に掛け合い9課再建のために9課を一度解散する。

特殊部隊「海坊主」の襲撃

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

海自とつながりがある薬島は海自の非公式の特殊部隊「海坊主」に9課を襲撃させる。1度は逃げ出したメンバーだが、海坊主の追跡により全員逮捕される。なお。逮捕の前に、イシカワパズは薬島に関する情報のリークに成功している。これにより世論の薬島逮捕の流れを作り出すことに成功した。

第2次笑い男事件から3ヶ月後

9課壊滅

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

事実的に9課は壊滅し、トグサのみ釈放され家での無期限待機を命じられる。その後、薬島は不正が暴かれたとしても議員辞職すらしないかもしれないと思ったトグサは銃を手に取り薬島の残る党本部に向かう。

9課再建

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

犯行直前にバトーに呼び止められ9課が裏で再建されていることを知る。トグサの行動に至る経緯は

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『僕だけがたまたま知り得た情報の確認と伝播を自身の使命と錯覚し奔走した』
___________________________________________

というアオイの犯行動機そのままであり、笑い男化しと言える。

アオイと9課

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

薬島逮捕後、荒巻はアオイを9課のメンバーにスカウトするが、「野球が下手ですから」と断られる。アオイはチームプレイが苦手ということなのであろう。

こうして長く続いた笑い男事件の幕は閉じた。

最後に

出典:http://blog.ivory-store.com

いかがでしたでしょうか。

一度アニメを見ただけでは理解しにくい笑い男事件。時系列順に見ると深く利権に絡みついた事件だったと思います。

これを見たあとはもう一度見返すと「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」という作品の理解が深まるかもしれませんね。