湘北バスケ部を作り上げたのはこの男!赤木剛憲の魅力を徹底解剖【スラムダンク】

湘北高校バスケ部主将!その風貌はゴリラ扱いされるほどの威圧感を発揮します!今回そのスラムダンクにおける赤木剛憲(あかぎたけのり)]の魅力について迫ります。

赤木剛憲の概要

プロフィール

出典:http://120.116.48.4

湘北高校3年生 身長:197cm(高校1年次は193cm) 体重:93kg (高校1年次は88kg) 誕生日:5月10日

背番号:4→10→8→4 ポジション:センター バッシュ:コンバースコンクエスト PRO-HI

湘北高校バスケ部主将。ヒロインである赤木晴子の兄でもある。その風貌から「ゴリラ」的扱いを受け、度々「ゴリ」や「ゴリラダンク」と呼ばれる。

バスケを心の底から愛しており、小学生の頃からずっと全国制覇の夢を持ち続けている。本人の実力は確かなものの、チームメイトに恵まれず、埋もれた逸材とされていた。

非常に真面目な性格であり、周りからの信頼も厚い。しかし、特にバスケのこととなると、熱い性格が表に出ることも。併せ持つ二つの性格が彼を主将らしくしている。

作品中の活躍

「全国制覇が私の夢です」と、スカウトマンに答えた赤木。この夢は彼が小学生の頃から抱き続けているものだった。しかし、現実はそう上手くいかない。

チームメイトに恵まれ続けなかった赤木は、埋もれた才能として、一部の人から評価は得ていました。しかし、それまで。表舞台に立つことはなく、夢も叶わずにいました。一人、二人…と入部してくる「問題児」たち。ようやくメンバーにも恵まれ、湘北にも「全国」の二文字が見られるようになりました。そこで迎えた海南戦。

赤木が1年の頃からずっと想像していた、IH出場をかけて戦う試合、相手チームとして立っていたのは海南でした。現実となったその試合、赤木の気合の入れ方は別格でした。途中で交代せざるを得ない状況になった赤木は掴みかけた夢が断たれそうなその現実を前に、打ちひしがれます。しかし、それで諦める男ではありません。

テーピングを施し、痛みに耐え、リバウンドを、シュートを決め続ける赤木。結果は敗北となってしまいましたが、その姿は感動ものです。陵南を制し、ようやく全国への切符を手に入れた赤木の目には涙が。今までの不遇を思い返すと、ようやく結ばれた夢を前にこらえきれなかったことがわかります。

数えきれないほどの活躍を残す赤木ですが、彼の注目すべき点と言えば、その活躍の報われ方だと思うんです。

赤木剛憲の魅力① 自分にも他人にも厳しい姿

出典:https://pbs.twimg.com

その厳しさ故にバスケ部に入部してもやめてしまう部員が多かったのも事実ですが、夢を諦めない人間が残ったのもまた事実。彼の魅力はやはりその厳しさが生んだと思うんです。

自分を律し続けて作ったその実力を活かす機会はなかなか得られなかったものの、得てしまえばこちらのもの。努力しないと報われることはないを体現しているような。

出典:http://mangadget.net

初心者としてバスケを始めた花道に対してもしかり。彼の挑戦に対しては本気で挑み、練習をさぼれば本気で叱ります。しかし、理不尽な厳しさはそこにはありません。

本当に必要なことは何かを見極め、熱意を持って教え込む。だからこそ花道は成長していくことができ、赤木は仲間を手にすることが出来たのではないでしょうか。

「厳しい練習になることは覚悟しとけ!!」と叫ぶ、厳しすぎるほどに厳しいその姿勢が、今の湘北を生み出したと言っても過言ではありません。

赤木剛憲の魅力② 主役ではないかもしれないけれど

仲間を手に入れても、全てが順調にいくわけではありません。神奈川でトップクラスのセンターと謳われた彼も、全国で格上の存在と対峙します。

必死で練習して得たものも、報われない。そんな現実に、必死に積み上げてきたものが消えそうなほどの恐怖に対面した時、普通はどう思うのでしょう。

彼は思い直します。バスケはチーム戦だと。河田を前に「奴の方が上だとしても…湘北は負けんぞ」と仲間を信じる赤木は、湘北の支柱としてチームを支えることを選びます。

彼は、主役にはなれないのかもしれません。それでも思わず鳥肌が立ってしまうほどのかっこよさがあります。それが湘北高校バスケ部主将です。

赤木剛憲の魅力③ バスケにかける想いと夢

彼の夢への想いは、絶対に作中で一番だと思っています。叶えるために一心に取り組む姿勢には惹かれてしまいますが、やはり、この夢にかける姿には羨ましさすら感じます。

少しずつ、少しずつ、夢の実現が見えてくる場面には思わず感情移入します。この熱い気持ちこそが、湘北高校のガソリンにもなっているのかもしれません。夢の全国を前には思わず震えも。湘北の支柱的存在である赤木が緊張するという珍しい光景が見られるなんて。それほどまでに夢への思いは強かったのでしょう。

彼も人間なんだなと思える場面。※決してゴリラと間違えていたわけではありません。夢と現実と、その間でもがき続けた赤木。辛いことも多くあったでしょう。目を背けたくなることも多かったでしょう。それでも諦めずに見続けた夢が。

自分より格上の相手とあたっても、負けじと喰らい付き、噛みつくことができるその姿も、その夢への気持ちがあってこそのものだったのでしょうか。

これほどまでに一心に思い、努力し続けていたのなら、もしかしたら報われるのかなと、自分も頑張りたくなります。

おわりに

出典:http://pic.pimg.tw

厳しくあり続けた男が夢に向かっていく物語。それがスラムダンクの中には存在します。湘北の魂を作り上げた赤木という男はいかがでしたでしょうか?