海南に光る期待の星!清田信長の魅力を徹底解剖【スラムダンク】

常勝海南大付属のスタメンの座を奪ったのはなんと1年生!自称No.ルーキーを豪語するのは彼。今回はそのスラムダンクにおける清田信長(きよたのぶなが)の魅力について迫ります。

清田信長の概要

プロフィール

出典:https://pbs.twimg.com

海南大付属1年  身長:178cm 体重:65kg CV:森川智之

背番号:10 ポジション:シューティングガード バッシュ:リーボック

1年にして、海南のスタメンの座を獲得した自称「ゴールデンルーキー」(「No.1ルーキー」や「ルーキーセンセーション」とも。)

また、作中で最も低身長のスラムダンカーでも。なんと、殆どのシュートがダンクシュート。そのシュートはあの魚住の上からも決められるほどと、高いジャンプ力。

背番号や流川への意識など、何かと花道との類似点があるのも特徴の一つ。互いに「赤毛猿」「野猿」と呼び合うほどの仲。

性格は目立ちたがり屋で、多少礼儀知らずな一面も。しかし、目上の人には礼儀正しい。仲間を侮辱されると本気で怒ります。口癖は「かっかっか」という笑い。

作品中の活躍

湘北戦では開始すぐにダンクシュートを決めるという活躍っぷり。「ダンクを決める気分」について花道に尋ねながらも自身が決められるという。

一発で試合の流れを決めたシュート。そして、花道との戦いの火蓋を切ったようにも見えるシュート。流川との戦いにおいては、調子づいた流川を前に差も見られました。

花道と流川という2人のルーキー、そして夢を歩むゴリを前に、悔しさを貯めていたようにも思われた湘北戦。

後半はディフェンスへ専念しながらも、全18得点という好成績を前にも、彼は満足していなかったように思われます。続く陵南戦においてはその存在感を大きく示した。自身より20cmもこう慎重な魚住を超えてダンクシュートを決めるなど、チームを活気づかせます。

お調子者の一面が強いものの、その実力と引きの強さは確かであることがうかがえました。

清田信長の魅力① ここぞで決める、ミラクルプレイ!

湘北戦での後ろ向きダンクシュートももちろんのこと、やはり彼の目玉と言えば陵南戦でのダンクシュートと言えるでしょう。口だけではないのが彼。

数々の実力者たちを前に、シュートは必ずしも入るわけではありません。現に、彼のシュートは作中で何度も叩き落とされています。しかし、彼の魅力は「ここぞ」で決めること。

ミラクルといえるようなシーンであれ、敵の言葉を失わせ、味方を鼓舞できるようシュートできるところは海南のスタメンに選抜されたが故かもしれません。

口だけではない、No.1ルーキーが決める痺れるシュートは最高に魅力的と言えるでしょう!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

湘北戦で、海南の勝利に貢献したのもこの男。「ツメだけな」の台詞には、彼の勝利への執念が見られます。ギリギリの戦いでも諦めないその姿が。

清田信長の魅力② 自信の強さに溢れるルーキー

ゴールデンルーキー」 を自称するだけあって、さすがの自信。ここまでくるとむしろ潔くて好感が持てるほどです。花道と同じ類。

湘北戦時にも海南の最強さを「No.1ルーキー 清田信長が入ったからだ!!」と、得意げに叫んでみたりと。

個人的には「いつまでも牧さんに頼ってばかりいられるかァ!!」と、自身が次の主軸であるような発言交じりの言葉も好きだったりします。

強さを豪語するだけではなく、それを示すために勝利に、ゴールにこだわる姿勢を見せるその姿が。自信満々に発言した後に、本当にかっこよくシュートを決めてしまうその姿が。

最強ルーキー感に溢れていて好きです。花道とはまた違ったこの自信家を沢山の人に愛してほしいと思えます。チームメイトを大切に想い、海南に誇りを持つ清田。自信家な面が強いものの、目上の人への尊敬の念を絶やすことがないところも魅力的です。

牧が現れた際に、試合中にもかかわらず、老け顔を指摘するという失礼な発言を、花道がした際にはこの慌てよう。彼にとっては考えられないような言いぐさなのでしょうか。

似た者同士の2人ですが、この点では大きく異なることがわかります。花道はさん付で呼ぶこと少ないし。先輩の活躍に対してはいつでも尊敬の気持ちを伝えることと、その姿を鼓舞することは忘れません。湘北戦での神や宮さんへの発言から伺われます。

チームメイト一人一人の長所を見つけ、向き合い、尊敬する姿勢があるからこそ、お調子者でいても先輩に愛されているのかもしれません。

事実、牧や神と共にいるシーンが見られることも多く、その仲の良さが垣間見えます。

おわりに

出典:http://p.twpl.jp

海南に現れたスーパールーキー!花道とどことなく似ている清田信長の刺激的なプレーには痺れますね!