湘北を支えるシックスマン!木暮公延の魅力を徹底解剖【スラムダンク】

湘北高校バスケ部副主将は「いざという時」に頼れるシックスマン。ただのアメ担当ではありません。今回はそのスラムダンクにおける木暮公延(こぐれきみのぶ)の魅力について迫ります。

木暮公延の概要

プロフィール

出典:http://i637.photobucket.com

湘北高校3年生 身長:178cm 体重:62kg 誕生日:7月12日 CV:田中秀幸
背番号:5 ポジション:スモールフォワード

湘北高校バスケ部副主将。「湘北バスケ部名物アメとムチ」 のアメ担当をしている。赤木とは中学時代からの友人であり、共にバスケを続けてきた仲間でもあります。

温厚な性格であり、問題児の多い湘北バスケ部の調整役や宥め役を。しかし、怒るときはかなり真剣であり、三井のバスケ部襲撃事件の際にはその姿が見られました。

作中の湘北の試合には全て出場しており、ベンチ層の薄いと言われる湘北高校の頼れるシックスマン的な役割を果たしています。

作中の活躍

元々は体力をつけるためにバスケを始めた木暮。バスケに面白みを感じられなかった彼も、段々と魅力に取りつかれ、中3の引退間際には「バスケットが好きなんだ…」と。

花道や流川の入部、そして宮城や三井の復帰を機に彼がスタメンとして活躍する機会は減る。それでも彼はバスケを愛し、部の支えとなり続けることを選びます。スタメンの体力が尽きた際や怪我を負った際に出場することが増えた木暮。彼も元々はポイントゲッター。こうして作中では小さいコマながらも描写され続けます。

彼なしに湘北の勝利はあり得なかったと言えるでしょう。彼の名場面といって真っ先に思いつくのは陵南戦。田岡監督の考える湘北の弱点の一つである「ベンチ層が弱い」を覆したのは彼でした。

苦しい場面、彼は大きく流れを変えるきっかけとなる3Pシュートを決める。ずっと、何があっても頑張り続けたその努力は、彼を裏切らなかったと、わかります。

個人的にこの木暮の姿は涙なしには見られませんでした。

木暮公延の魅力① 周りに気を配る副部長

出典:https://natukashi.com

問題児の多いバスケ部を支える副部長。花道のあの性格にもいち早く順応し、宥め役として活躍する一人に。赤木と共にバスケ部をやめなかった数少ない部員でもあります。

手のかかる問題児たち。時には宥め、時にはサポートをし。その苦労は計り知れないものだっただろうと感じられます。

出典:data:image/jpeg;base64,/9j

温和なだけが彼ではありません。理不尽なものには真っ直ぐに異を唱えます。三井の行動に怒りを覚えた際には、怖気づかずに対面しました。

例え殴られてもそれは変わらず。「大人になれよ…三井…!!」なんて高校生が言う台詞でしょうか。相手がだれであろうと、しっかりと自分の意見を伝えることもできます。

だから、彼は頼りになる副部長なんだろうと思います。

木暮公延の魅力② 3年間頑張ってきた男

その風貌や性格から、どうしても頼りになるという印象が抱きづらい木暮。しかし、彼は確実に湘北高校バスケ部の縁の下の力持ちと言えるでしょう。

全ての湘北戦に出場している木暮。ベンチ層が薄いと嘆かれる中で、突出した能力が見受けられずとも、安定した動きでそれを補います。

期待は、されていなかったのかもしれません。とにかく安定している彼は。しかし、彼もポイントゲッターとして湘北高校に貢献していました。大量の異端児が入部するまでは。

人の支えになるだけではなく、自身の努力も怠らなかったのが木暮という男です。才能や天才と呼ばれる人が多い中で、こんなにもかっこよく輝けるメガネ君。

やはり、彼は「いざという時」に頼れるシックスマン。

おわりに

湘北高校のアメ担当は、安定した甘さだけではありません。時々ピリッとくるような、そんなカッコよさ付きだと分かります!