ブリーチの原点に振り返る!!虚(ホロウ)の設定用語まとめ

千年血戦以来、ブリーチの物語の中で存在が忘れ去られつつある虚。それの存在をもう一度解説したいと思います

虚とは

出典:http://vignette4.wikia.nocookie.net

堕ちた魂。生者・死者の区別無く襲い、魂を食らう。虚の胸の孔は中心(こころ)を失くし、本能の塊となったしるし。白い仮面は剥き出しになった本能を外界から守るための盾。虚になる瞬間に一度霧散し、他の場所で虚として再構成される。

死神とはこの虚の駆除が主な仕事です。虚は死神が持つ斬魄刀によって斬られることで尸魂界(ソウル・ソサエティ)へと送られます。ちなみに虚には色々と種類があります

虚(フィッシュボーン)

出典:http://vignette4.wikia.nocookie.net

魚のような顔の虚。黒崎家を襲撃して一護を食おうとした。黒崎一護の死神代行としての最初の敵。前は魚として生きていたのだろうか?

虚(アシッドワイヤー)

出典:http://neoapo.com

織姫のお兄さんの霊が虚化したもの。妹への思いが殺意に変わり織姫を襲っていたが、正気を取り戻し自分から倒されにいった。

大虚(メノスグランテ)

出典:http://ks.c.yimg.jp

虚にも食物連鎖のような階級社会が存在し、弱い虚を次々と喰らっていって大きくなったのが大虚。これに近づくまで数百の虚を喰らってきたらしい。

大虚には三つの種類が存在し、ギリアン、中級大虚、最上級大虚に分けられます

最下級大虚 ギリアン

出典:http://www.geocities.jp

大虚の中での最下層であり、人間で例えるならば雑兵。数も多く全て同じ姿(頭から黒い布状のものをすっぽりかぶり、鼻の部分がとがった仮面をつけている)をしている。

尸魂界で一般的に大虚として教本などに載せられているタイプである。

中級大虚(アジューカス)

出典:http://blogs.c.yimg.jp

強い自我を持ったギリアンの個体が他のギリアンを喰らい続けることで進化した大虚。 ギリアンと比べると、体は並の虚ほどにまで小さくなったが、戦闘力はギリアンの数倍であり知能も高い。

一体一体姿が異なり、通常の虚よりも更に動植物に近い形状をしている。グリムジョー・ジャガージャックの回想に登場した何体かのアジューカスはみな仮面と同じ白い甲殻に覆われていた。

アジューカスとしての形態を維持するには同じアジューカスを捕食し続ける必要があり、一度ギリアンに退化すると永遠にアジューカスに戻れなくなる。

かつて虚であり巨大化したグランドフィッシャーも中級に位置するのでしょう。

虚閃(セロ)

出典:http://vignette3.wikia.nocookie.net

大虚が放つ収束された霊力の閃光。いわゆる破壊光線。 このセロはもはや技の一つとして定番になっている笑

破面(アランカル)

出典:http://blesol.net

虚の最高進化形態。化け物から人間に近い変貌をとげ、死神の隊長格と同等の力を持つ。彼らは知能があり、思考もでき感情も持っている。

そして破面のさらに上が十刀と呼ばれる戦闘集団で、彼らは一護達と激しい戦闘を繰り出すことになる

虚圏(ウェコムンド)

出典:http://www.kawami.url.tw

現世と尸魂界の狭間に存在する世界で虚たちの世界。常に夜であり薄暗い。また辺り一面は砂漠しかない 。虚達はここに潜んでいたが千年血戦編でクインシー達に占領された。