ドリブルがチビの生きる道!宮城リョータの名言・名シーン50選【スラムダンク】

スラムダンクの宮城リョータの名シーン・名セリフ。名言を厳選してまとめてみました。湘北の誇る神奈川No.1ガード、切り込み隊長といえばこの人!天才的なドリブルは特に湘北を支えてきました!

お前ら 1年か?

宮城リョータ、登場シーン!正直、最初はどこのチンピラかと思ったものです。にしても、この目つきの悪さったら。どうみてもただものではないことが確かです。

宮城…宮城リョータだ

この、小さなコマに写るアヤちゃんのきりっとした表情と、少し顔つきが柔らかくなったリョータの、なんとなく対照的なところが好きな場面。

ジツは相手にされてないとか?

ド直球。本当に口が達者だな、と思います。口ゲンカは朝飯前。自分より年上であろうとなんだろうとズバッと言ってしまうところは湘北高校バスケ部に必須です!(笑)

アヤちゃん!!!!なにそいつはぁっ!!?

この表情の変わりっぷり!(笑)あんなにいかつかった彼も、アヤちゃんが男と歩いてるところを見るとまさかの大泣き!ギャップがなかなか酷い…(笑)

てめえっ!

そして花道をぶん殴る。自分より大きかろうと物怖じなんかしません。アヤちゃんに近づくものは誰であろうと鉄拳制裁

ただいま

入院生活を終え、バスケ部に戻ってきたリョータ。彼もまた、湘北バスケ部にとっては必要不可欠な存在です。本当に、おかえりなさい。

身長だけでバスケができると思うなよ 赤頭

自分より大きな花道。しかし彼の技術を前に、花道はその身長を武器に戦うことすらできません。身長がなくても、バスケはできる!

宮城リョータ ただ今戻りました ご迷惑をおかけしました

意外といったら失礼かもしれませんが、礼儀をしっかりとわきまえているリョータ。彼は問題児の多いバスケ部スタメンの中でもかなり常識人だと思うんです。

えっ♡アヤちゃん!?

アヤちゃんは最優先事項。アヤちゃんの名前を出されたらいやでも反応してしまいます。もう、本当に大好きなんだなあと、微笑ましさすら感じてしまいますよね。

フラれるかもよ

えげつない台詞をぶん投げる花道。たぶん、それは言ってはならない言葉でした。ほら、リョータがこんなに切ない涙を流してしまって…(笑)

もうホレてたよ…速攻で入部した バスケに命かけることに決めた

オレがチームを強くして…試合に勝って… それで彼女が笑ってくれれば最高さ

大好きな女の子のためにスポーツを頑張るっていうのも、なんだか青春ぽくって好きです。そんな素敵な女の子が、彼らにとってのエネルギー。もっと頑張れ。

今日もやるぜ花道!!

いつのまにそんなに仲良くなったし。つい先日までは喧嘩ばかりだった二人は意気投合した模様。校に悩む者同士。男の友情が芽生えたのです。

また入院するわけにはいかない 頼むからひきあげさせてくれ三井サン

今必要なのは、バスケの練習をすること。そして、アヤちゃんの笑顔を生み出すこと。そのためには、もう入院なんて。感情に身を任せない姿がその必死さを表します。

ここは大切な場所なんだ

この、湘北高校体育館が。バスケ部という場所が。「大切」という言葉がこんなにくすぐったくて、愛らしいものだとは。そんな場所を守りたいと思うリョータも素敵。

はあああっ!!!

暴力沙汰は避けようと、冷静に、穏便に、話し合いで済ませようとしたリョータ。しかし、アヤちゃんが殴られたのを見て、そんなことは全て忘れてしまったようです。

これも、愛の一つ。

てめーの罪はこんなもんじゃ消えねーぞ!!

これぞ、「キレる」という状態です。アヤちゃんを傷つけるということは万死に値すること。それだけは決して許されないのです。お、恐ろしい…。

オレをやりたいんならオレにこい!!!面倒くせーことしなくても勝負してやるぞ!!!ああ!?ビビってんのか三井!!



さっきと打って変わって、荒い言葉で呼び捨てのリョータ。その怒りの具合がうかがえます。強気に挑発するその姿がアヤちゃんへの想いの強さも語っています。

いちばん 過去に こだわってんのは アンタだろ… 

出典:https://pbs.twimg.com

ミッチーの確信をついた台詞。こんなに鋭くて、残酷で、正しい、そんなものを見つけ出してしまいました。ミッチーを動かしたのは、リョータでもあったと思うんです。

さあ もう一本だ!!

コート上でのリョータは天才的なガード。そのボール運びも天下一品。またしても、心強い味方がバスケ部に。こうして湘北高校は全国への道を歩み出しました。

ビッ

指さす先にいるのは翔陽の藤真。まるで、「そろそろ出てこいよ、お前」と挑発的に誘い出しているような。 翔陽は藤真が出てからが本番。

ムキになりやすいリョータだからこその行動です。

そいつを倒して俺がトップになる!

アヤちゃんにいいところを見せてほしいものです。ちょっと調子に乗っているくらいがリョータにはちょうどいい、アヤちゃんの言うとおりだと思います。この二人結構相性がいいと思うんですけどね。

もちろんすよ 負けんのは1回で十分だ

負けを引きずらないところはさすが。経験を重ねてきただけあります。にしても、この台詞、言葉の選び方がどことなくリョータっぽくて好きです。

悔しさを押しこめている、その感じが。

任してアヤちゃん

彼女を全国に連れていって欲しいものです。やっぱりリョータはアヤちゃんとの絡みが最高だと思うんです。もう負けないと誓ったリョータ。小柄な彼ですが、それでもやっぱり頼もしい!

バカヤロウ!!

油断して相手チームの越野にボールを取られた花道を、フォロー。追いつくスピードもさすがですが、このジャンプ力も見事です。

飛び蹴りが得意というのが伏線だったとは…(笑)

わかってるよ…そうせかすな

きちんと相手の思っているところをくみ取りながらも、冷静に判断できるからこそ、ガードとして活躍しているのかもしれません。アクセル全開の後輩もしっかりとコントロール!

このミスマッチを使わない手はねぇ!!

結構策士なところもあるリョータ。(アヤちゃんが先生であれば)勉強もそこそこできるあたり、頭の回転が早いのでしょう。将来は監督とかの道もアリ?

いずれ神奈川No.1ガードと呼ばせてみせる 今はただのグッドプレーヤーですけどね

大言壮語を吐くのは湘北高校バスケ部の伝統なのかと疑いたくなります。彼も同じく。しかし、きちんと有言実行してくるあたり、ただのほら吹きではありません。

オレならいつでもブロックできると思ったかい?

リョータの名言の中でもトップクラスでグッときたのがこの台詞です。背が低いからと言ってなめてかかると大怪我しますよ!あの仙道をも驚かせる強さ。

ダンナ 全国に行けるぜ

希望的観測ではなく、それは確信に。ずっとずっとゴリが夢見ていた、誰よりも強く思い続けていた全国への道がそこに。

陵南にとどめを刺したのはリョータだったのではないでしょうか。

今お前の倒すべき相手はほかにいる 全国の強豪どもだよ

口ではなんとでもいえた花道も、実力の差を実感すると流石に落ち込みます。そんな花道に温かい言葉をかけてあげるリョータ。優しさが身に沁みます。

切符買っとけよ。明日帰るんだろ?

挑発には挑発を。売られた喧嘩はしっかりと返す。なんとも言葉巧みで、爽快な一言です。とっととそんなやつらは帰してしまってほしいものです。

あのバカ面…明日はブッつぶしてやるからな…

どうしてリョータって入浴シーンが2回もあるのでしょう。サ、サービスシーン…?何はともあれ明日の勝利を誓うリョータ。読者の分まで頑張ってほしいものです。

ぴたっ

喧嘩は喧嘩でも、拳を叩きつける喧嘩はもう終わりました。冷静になって、しっかりと。返すのは得点だと気付くリョータ。もう子供ではありません。

えっ 何?

怒りを抑えた結果の返し(笑)しらじらしいにも程がありますが、思わず笑ってしまいました。この様子にはアヤちゃんも一安心です。

さいならっ!

躍動感にあふれるシーン。彼の速さが伝わってきます。散々背の低さを馬鹿にされてきましたが、その特徴を生かした戦い方もあるということは相手も肝に銘じるべきです。

いいから跳べよ ヘタクソ!!

花道の武器であるダンクシュートを活かした、ナイスパス。この後にあんあ悲劇が待ち構えているとは、さすがのリョータも想像できなかったことでしょう…(笑)

いーよな素人は…

無知であることの幸せ、ここにあり。山王という大きな敵の強さがわかってしまえば、自信も小さくなっていくものです。あのリョータが怖気づく、珍しい場面。

オレに分がある…!!

しっかりと安西先生の口車に乗せられるリョータは単純です(笑)しかし、彼の実力を信じているのは本当なのだと思います。

実力をすべて出し切って戦ってほしい、そんな願いを。

野郎ナメんなコラッ!!

ここでも見せてくるスピード。口調といい、プレーといい、普段通り力がしっかりと出せていることがわかります。山王相手にも伝わるその実力。

さすがは神奈川No.1ガード!

イッ

これが彼の言っていたサイン。顔芸なんか試合中に見る余裕あるのか…?という疑問も多少残りますが、何の問題もなかったようです。さすがはこの二人の仲。

神奈川No.1ガード宮城リョータをナメんな おまえらっ!!!

ただのグッドプレイヤーも今では湘北を、全国という舞台で支える最高のガードに。こういうところを叶えてくれるあたりが、心惹かれるプレイヤーなのだと思います。

湘北の切り込み隊長ですよ………!!

当然かのように、リョータの肩に手を置く安西先生。いつの時も、ボールを運び、湘北を支えていたのはリョータでした。彼なしではありえなかった全国。

湘北の切り込み隊長と共に、山王から勝利を奪いに行きます。

No.1ガード

アヤちゃんの素敵マネージャーっぷりが、もう。こんなことされたら誰だって惚れてしまうに決まってるじゃないですか。いつもの何倍もの力が出せそうな。

特にリョータには効果倍増な、魔法です。

スピードなら…No.1ガードはこの宮城リョータ――――だぴょん!

本当、自由自在にボールを操っているようにしか見えません。その速さは誰にも負けず、扱いにも長けている、湘北が誇る最高のガード――――だぴょん!

しっかりしろォ!! 流れは自分たちでもってくるもんだろうがよ!!

自身でも切り込みに行け、そして仲間も上手く動かすことのできるリョータ。そうです、彼はいつだって受け身ではなかった。日常生活にもつながる名言ですね。

インテンションファール

ファールを獲得したリョータ。ファインプレーに加えて、フリースローも決めます。「決して得意ではない」の言葉が感動をそっと促している、そんな気がするんです。

ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!

リョータの名言といえば真っ先に出てくる台詞。ドリブルでは負けないという強い気持ちを持ち、しっかりと実力を蓄えてきたリョータだからこその言葉です。

低いドリブル

「チビ」を味方につけて。こんな低いドリブル、誰が取れるのでしょうか。弱点をされがちなものも、強みに変えてしまう彼は、素晴らしいとしか形容しようがありません。

行くぞ流川っ!!

ギリギリまで気を保って、戦いに挑んできたのでしょう。本当に、顔つきが、真剣で、迫力に満ちていて。思わず見入ってしまって、読んでいる間は気が付かなかったほど。

オレが新キャプテンの宮城リョータだ!!

ゴリの引退後は、やはりこの人。リョータがキャプテンって、どんなバスケ部になるのでしょう!常識もあり、戦略も練れる彼なら、きっといいキャプテンに。

何より、アヤちゃんがいれば暴走もしないでしょうし、安心です!(笑)