泡沫の天才美少年!日番谷冬獅郎の魅力を徹底解剖【ブリーチ】

護廷十三隊にて最年少で隊長になった天才児・十番隊隊長日番谷冬獅郎。今回そのブリーチにおける日番谷冬獅郎(ひつがやとうしろう)の魅力について迫ります。

日番谷冬獅郎の概要

出典:http://blesol.net

身長133cm、体重28kg、誕生日は12月20日。CVは朴露美さん。

護廷十三隊十番隊隊長で、最年少で隊長になった天才少年。年齢の割に霊圧が高く、頭も切れる超有望株。同じく隊長(のちに総隊長)の享楽からは「日番谷隊長は天才」、「あと100年もしたら追い抜かれてしまう」と称されるほど。

西流魂街一地区「潤林安」の出身で、同郷の雛森とは幼馴染。姉弟のように育ってきた。潤林安の中でも霊圧は飛びぬけており、十番隊副隊長の松本乱菊とたまたま出会った際に、霊圧をコントロール出来ていないこと、このままではいずれ一緒に暮らす祖母を死に追いやってしまうことを指摘され、死神となることを決意。

作中では藍染の野望にいち早く気づくなど、重要な役割を果たすことも。

隊長として

出典:http://weekly.ascii.jp

かつて黒崎一心(当時は志波一心)が十番隊隊長を務めていた時には、日番谷は三席だった。しかし、その時からすでに隊長の器と一心からは目されていた。

乱菊は隊長向きの性格ではないとされ、一心が護廷十三隊を去った後には、乱菊を追い抜く形で隊長に昇進。しかし、常にともに行動するなど、乱菊とは良きパートナーとしての関係が続いている

最年少での隊長昇格であるため、部下たちには日番谷より若い隊士も多い。それでいて尚も十番隊の中で反発が起こらないのは、誰もが日番谷を認めているから。その指揮能力は疑いようもなく、カリスマ性は高いと言えよう。

斬魄刀『氷輪丸(ひょうりんまる)』

出典:https://c1.staticflickr.com

氷雪系最強とされる斬魄刀。刀身に触れたものを凍てつかせる能力が付与される。解放時には、氷の竜が宙を舞う。解号は「霜天に坐せ『氷輪丸』」。

天相従臨(てんそうじゅうりん)と呼ばれる天候を支配する力を持ち、約三里の距離の天候を操る。また、霊圧に触れた空気中の水分を凍らせる力を持ち、氷を自在に生み出すことができる。

本人曰く、隊長の中でも卍解との差が少ない斬魄刀であるが、氷輪丸自体が強力かつローリスクの斬魄刀であり、何かしら弱点を抱く他の斬魄刀に比べると、非常に優れたバランスの能力である。

卍解『大紅蓮氷輪丸(だいぐれんひょうりんまる)』

出典:http://img.laughy.jp

日番谷自身が竜を纏い、背中から氷の羽が生えた形態をとる。能力は、始解をそのまま強力にしたもので、操る氷の量とその範囲が爆発的に増大する

刀身以外は、すべてが空気中の水分によって生み出されたもの。したがって、弾数が無限であるのと同義であると言える。作中では「千年氷牢(せんねんひょうろう)」「氷天百華葬(ひょうてんひゃっかそう)」など、空気中の水分を凍らせることで相手の自由を奪い凍死させる技を披露した。

ただし、問題点も存在する。日番谷自身が、(自覚してはいるが)未熟であり、未だ卍解を制御しきれていないため、タイムリミットが存在する。背にある氷の花弁が、そのタイムリミットを表している。

日番谷(不幸)伝説

出典:http://thefunnel-jp.s3.amazonaws.com

彼は天才ではあるが、大成するにはまだ年数を重ねる必要がある。享楽の「あと100年もしたら追い抜かれてしまう」という言葉や卍解の未完成具合は、裏を返せば隊長格の中でも霊圧が低い方だということを表している。

そんな彼は、若さゆえに激情にかられることがあり、藍染様からは煽られ続け、鏡花水月の催眠で愛する雛森を刺してしまい、せっかく大技で相手を封じ込めてもさらに強力な他者の介入で技を破られるなど、勝率はさほど高くない。

特訓をし、見えざる帝国(ヴァイデンライヒ)の一員を打ち破る活躍すら見せるものの、相打ちとなった挙句に敵に回収されゾンビ化させられ、無敗伝説を持つマユリ様に救われる(強制的に活動停止させられる)など、扱いは悪くなる一方。作中では「あと100年」なんてことはないので、永遠のかませ犬。これがアニメで映画の中心人物に据えられ、人気投票でも上位に入るキャラクターだと誰が思うだろうか!

日番谷の苦難はまだまだ続く!