【タカヒロ×田中ロミオ】冬アニメ『少女たちは荒野を目指す』の見どころはココだ!

これは、美少女ゲームで勝利を勝ち取るために奔走する少年少女たちの奮闘記――1月から放送開始の2016年冬アニメ『少女たちは荒野を目指す』に関して、「これってどういう作品なの?」や「見どころは何処?」などの素朴な疑問を解決するべく、今作の魅力をばっちりとご紹介します!

『少女たちは荒野を目指す』 とは?

2016年 タカヒロプロジェクト 第一弾

出典:http://gs.dengeki.com

人気美少女ゲームメーカー『みなとそふと』の代表であり、人気シナリオライター兼、企画プロデュサーであるタカヒロが2014年に発表した『タカヒロⅣプロジェクト』の第一弾。同プロジェクトの3作品とは異なり、情報を秘匿にしながら制作されていた。


【タカヒロⅣプロジェクト】
自身が関わる作品が2014年に集中して稼働することから、コンテンツ間で相互協力・連携を強めていくことを目的とした4つの作品のこと。
第1弾:少女たちは荒野を目指す
第2弾:アカメが斬る!
第3弾:鷲尾須美は勇者である
第4弾:結城友奈は勇者である

⇒ タカヒロⅣプロジェクト 公式サイトへ


美少女ゲーム制作をテーマにした青春アドベンチャーゲーム。
略称は「しょこめざ」(しょうじょたちはうやをめざす)

ゲームに関しては2016年3月に発売を予定しているが、
それに先駆けて1月よりTVアニメ版が放送されることが決定した。

タイトル関して、その由来については
人生という名の荒野を切り開いていくという意味が込められている。

また本作に関しては、タカヒロはシナリオに参加しておらず、企画として参加。

シナリオは、田中ロミオに一任している。

スタッフ/キャスト

【キャスト】
北条文太郎 : 山下誠一郎
黒田砂雪 : 千菅春香
小早川夕夏 : 花澤香菜
安東テルハ : 明坂聡美
結城うぐいす : 佐藤聡美
甲斐亜登夢 : 豊永利行

【スタッフ & 制作】
原作 : タカヒロ(みなとそふと)
原作シナリオ : 田中ロミオ
キャラクター原案 : 松竜

監督 : 佐藤卓哉
⇒ 『STEINS;GATE』 『selector  WIXOSS シリーズ』
シリーズ構成 : 綾奈ゆにこ
制作会社 : project No.9
⇒ 『ロウきゅーぶ!』 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』

ストーリー/あらすじ

荒野とは


神奈川県に存在する風光明媚な街 『金沢百景。金沢百景にある学園の生徒である主人公:北条文太郎には、「将来何になりたい」と呼べる明確な夢を持っていなかった

「北条くん、私と一緒に『ゲーム』を作らない?」
将来に対するに対する不安と、わずかな焦燥感を覚えながらも、友達と賑やかな日々を過ごしていたある日、以前から気になっていた異性のクラスメイト 黒田砂雪 から、「美少女ゲームを制作し発売するから、手伝って欲しい」と協力を依頼される

砂雪は、文太郎が演劇部のために書いたノリのいい脚本を見て、彼をシナリオライターにスカウトしに来たのであった。
「この世の中で富と名声に至る絹の道……それは、『美少女ゲーム』よ。」
美少女ゲームについて全くの素人である文太郎は、砂雪の突拍子も無い話に困惑する。しかし、実現と成功に向けてのビジョンと力を持つ砂雪に協力する事になる。

問題児だらけの人材の中で、果たしてゲームは作り、売り、そして何かを得られるのか。
果てしなき荒野に、若者たちは歩を進める――。

二部構成の物語

今作では、二部構成の物語で構成されていることが発表されています。

【第一部】

部活内でゲームを作るまでの話。学園内での出来事が中心となり、青春感が強めのストーリー
【第二部】

社会人になってからの話。ヒロインキャラのルートによっては、ゲーム会社で働いたりする

アニメにおいて

ゲームの作品概要で 「少女たちは荒野を目指す」 は二部構成のゲームシステムと紹介していますが、
来年1月からのTVアニメで放映される部分は、一部を基にしたものまでとなります。
二部はゲームでお楽しみ頂ければと。
(※一部と二部の間は、時間が少し飛びますので一部まででも、ひとつの物語として終わっています)
アニメとゲーム、違う部分もありますが、それぞれ愛される作品になればと思います。

出典:http://minatosoft.com

2部構成の作品という事で、気になるアニメ化に際しての内容ですが、アニメでは第一部の学生時代のみを描くようです。
内容的にも、青春色の強い方に絞った方が、描きやすい上に内容を掘り下げることが出来ますよね。

キャラクター紹介

俺に、ゲームのシナリオなんて書けんのか・・・

出典:http://minatosoft.com

北条文太郎 (ほうじょうぶんたろう)シナリオ
CV:山下誠一郎


「マーケティング研究会」シナリオ担当。本作の主人公
偏見を持たず、まっすぐで陽気な性格。
ノリがよく、お人好しなため、マーケティング研究会のムードメーカー的存在。

友人のヘルプなどで、様々な業種のアルバイトを経験したりと、色々な事に触れてはいるが、「自分の夢」と言えるものを見いだせず、将来への不安を感じている。
そんなある日、演劇部の脚本を書いたことがきっかけで、砂雪からのスカウトを受けることとなり、美少女ゲームのシナリオを書くことになる。

私についてくれば大丈夫よ。

出典:http://minatosoft.com

黒田砂雪(くろださゆき)プロデュサー
CV:千菅春香


「マーケティング研究会」プロデュサー担当。

怜悧な美貌を持つ主人公の同級生。

人を近寄らせないミステリアスな雰囲気の存在であるが、実は幼い頃から家族の影響で、よくゲームをプレイしており、ゲーム・漫画・アニメが大好き

頭の回転が速い理論派の企画者で、ロジックに基づいて売れるゲームを提案する。

世界中のみんなを好きになりたいな!

出典:http://minatosoft.com

小早川夕夏(こばやかわゆうか)ボイス
CV:花澤香菜


「マーケティング研究会」ボイス担当。文太郎や亜登夢の幼馴染

子供の頃から、「役者になりたい」という夢を持っていたが、「目指すだけ時間の無駄」「普通に生きろ」と親や周囲に反対され続けて来たが、演劇の世界に没頭してきた情熱家

幼いころから磨いてきた演劇の腕は折り紙つきで、48の声色を持つ」と言われるほどの実力を持つ。将来は有名になって、自分の才能を否定した親や友人達を見返してやりたいと思っている。

こ、これでいいのでしょうか…!?

出典:http://minatosoft.com

結城うぐいす(こばやかわゆうか)原画・着色
CV:佐藤 聡美


「マーケティング研究会」原画・着色担当。 学園の1年生。
人前で字を書くだけでも緊張してしまうくらい、臆病で内気な性格。

小さい頃から絵を書くのが好きで、イラストサイトに絵を投稿したりしているのであるが、
人目を必要以上に気にするため、自分の絵を批評されるのは苦手意識がある。

人の言うことを素直に聞く純粋な子であるが絵に関する事には頑固になる一面がある。

何処かに良いカップリングいないかねぇ~

出典:http://minatosoft.com

安東テルハ(あんどうてるは)プログラム・スクリプト
CV:明坂 聡美


「マーケティング研究会」プログラム・スクリプト担当。
学園の2年生。声優とBLカップリング妄想が大好きな、重度の腐女子

社交的でサバサバした性格で、ズバズバと物事を言う。
東京のメイド喫茶でこっそりアルバイトをしている。
性格上、黒田砂雪が苦手だが、砂雪もテルハのことが苦手に感じている。

何か燃えるようなことがしたいんだ

出典:http://minatosoft.com

甲斐亜登夢(かいあとむ)進行管理
CV:豊永 利行


「マーケティング研究会」進行管理

文太郎の親友。人見知りするタイプで、文太郎と同じく将来に不安を抱いていたが、文太郎と砂雪が始めたゲーム制作に興味を持ち、協力するようになる。

本人は「器用貧乏」だというが、何でもソツなくこなせるため、各作業のフォローを行う
我が強く暴走しがちなメンバーが多い中では、貴重なツッコミ役。

今作の注目点

仲間の絆

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

ストーリーの展開に関しても非常に気になる所は勿論ですが、ポイントとしてはタカヒロ作品のテーマともいえる仲間との絆というキーワードだと思います。
タカヒロ作品でアニメといえば、最近はやはり「ゆゆゆ」こと結城友奈は勇者であるが挙がりますが、「ゆゆゆ」も勇者部の5人の絆と友情が物語の根幹として存在していました。
『少女たちは荒野を目指す』においても、「ゲーム制作」ということでチームワークが要求されるジャンルということで、その辺りを注目するポイントになるのではないかと思います。