【ワンピース】ボア・ハンコックの妄想、ツンデレ、カッコいいシーン50選+α【ルフィの嫁】

ルフィの前ではデレっ放しの妄想女子でも、世界一の美貌と王下七武海の実力を発揮して、ルフィに尽くしまくるハンコック。ラブ妄想てんこ盛りの喜怒哀楽からかっこいい姿まで、ハンコックの魅力満載のシーン50を厳選してまとめました。

ルフィとの出会い アマゾンリリー

そして、そなた達の船の積み荷も・・・全て欲しい

ハンコックは王下七武海として、白ひげ海賊団との戦争が予想される“ 火拳のエース”処刑の場に召集を受けます。承諾の返答はしますが、応じるつもりはまったくありません。

業を煮やした海軍本部は、中将モモンガを迎えに出します。モモンガを迎えたハンコックは表情ひとつ変えず、「返答は嘘だ」と言い放ちます。

出典:http://onepieceforever1.blog73.fc2.com

美貌の海賊女帝ボア・ハンコックの初登場シーンです!ハンコックが、たった一言「欲しい」と言うだけで、積荷を貢ごうとする海兵たち。その美貌高飛車な態度に、男も女もハンコックの前にひれ伏します!

そうよ、わらわが美しいから!!!

出典:http://mangadget.net

「わらわが何をしようとも、子猫を蹴っても・・・そなたの耳を引きちぎっても・・・人を殺めても・・・世界中がそれを許してくれる!!・・なぜなら、そうよ、わらわが美しいから!!!」

ハンコックは“王下七武海”でありながら、海軍の命令に従ったことがありません。美しさゆえにすべてを許されるハンコック。ハンコックの能力は“メロメロの実”!その魅力ですべての人間をにしてきました。

“メロメロ”“甘風(メロウ)”!!!

どうしても召集に応じないなら、“王下七武海”の称号を剥奪すると脅すモモンガ。「どちらも嫌だ」というハンコックが“メロメロの実”の能力を使うと、ハンコックに見惚れていた海兵たちが次々と石化していきます!

好きにしろ

出典:http://mangadget.net

モモンガは自分の体に短剣を突き立て、その痛みで石化をまぬがれました。残った自分ひとりでも諦めずに、ギリギリまで待つ」というモモンガを、ハンコックは冷たく突き放します。

・・・でも、わらわコワイ・・・

海軍本部から迎えが来ていることを知ったニョン婆が、アマゾンリリーの平和のために戦争に行くべきだと意見しにやってきました。あっさり、ハンコックに翻弄されてしまいます。

モモンガに向き合ったときの冷徹な表情から、一転して子犬のような手弱女(たおやめ)ぶり!男女問わず、効果バツグンです!

なぜなら・・・そうよ、わらわが美しいから!

出典:http://nagira38.blog136.fc2.com

協定破りで国が滅びようとも、意に沿わないことをするつもりはないと言うハンコック。傲慢さえも魅力の一部です。全てのものを見下しすぎて逆に見上げてしまうポーズ、大好きです!

・・・・・・!??男・・・!?

出典:http://stat.ameba.jp

城内から完全に人払いして、ハンコックが湯あみを楽しんでいると、浴場に人影が!しかも、女が島にいるはずのない!!バーソロミュー・くまに飛ばされて女が島にやってきましたルフィ

キノコ中毒で死にかけたところを、護国の兵士マーガレットらに助けられ、アマゾンリリーに入りこんでいたのです。

!!!見たな

出典:http://mangadget.net

背中の紋章に見られたハンコックは激怒します。全裸のハンコックがいるのに、紋章だけを気にかけていたルフィは、紳士なのか、間抜けなのか?

ここに居合わせたのがサンジだったら、間違いなく、大浴場は血の海になっていたでしょう!

背中を・・・見られた・・・!!!

出典:http://mangadget.net

背中の紋章を隠し通すため、三姉妹の背には“ゴルゴンの目”があり、それを見ると石化するという大嘘をついて、湯あみのときには城内から人払いをしていたのです。それほどまでに守りたかった秘密を見られ、恐怖にも似た動揺をみせます。

たとえ死んでも見られたくないものじゃ・・・!!!

紋章を見られたからには殺すと言うハンコック。その表情は青ざめ、怒りというよりは恐怖にひきつっています。それだけ、紋章の秘密が三姉妹に重くのしかかっているのです。

見たもの全て・・・!!墓場へ持ってゆけ!!

出典:http://onesoku.com

秘密を知ったルフィを石化してしまおうと、繰り出した必殺技“メロメロ甘風(メロウ)”!なぜか、全く効果がありません。双方ともに意味不明の状態から、再びチャレンジ!・・・・結果は同じでした。

ハンコックに見惚れていないルフィには“メロメロの実”の能力が効かないのです。

わらわの・・・湯浴みの姿を見ても何ら心が動じておらぬのか!?

自分の魅力が通用しない人間がいることにショックを受けるハンコック。紋章を見られたことと同じくらい、メンタル的に深刻なダメージです。

そうよ、わらわが美しいから!!!

ルフィを“闘技台”に引き出し、“ヘビヘビの実”の能力者の二人の妹、サンダーソニアマリーゴールドと戦わせ、“武々”で決着をつけることに。

マーガレットらを石化したことを非難するルフィに、「自分は何をしても許される」と言い切ります。他の人間には通用した決めゼリフですが、ルフィには・・・・。

おまえむかつくな (ガビン)

出典:http://www.maniado.jp

自分を助けてくれたマーガレットを石化した、ハンコックの身勝手な言動に、ルフィは完全に腹を立てます。すべての男をひれ伏させてきたハンコックにとって、衝撃的な驚きです。

わらわの虜にならぬ男などおる筈がない・・・。あの男の存在にわらわは耐えきれぬ!!!

メロメロの実の能力も魅力も通用しないルフィの存在に、ハンコックを支える自信は根底から覆されてしまいます。あまりの衝撃に気が遠くなります。

はあっ・・・、もうイヤん

「黙ってろ バカヤロウ」

高みの見物で、「口程にもないとは、この男の事。失笑じゃ」と嘲笑ったハンコックに、マーガレットのことで怒り心頭のルフィは怒鳴りかえします。頭ごなしに怒鳴られるなんて、女帝としてはありえないのです。

一刻も早くその男の息の根を止めよ!!!もう二度と汚い口がきけぬ様に!!!

出典:http://zoro.blog.jp

ことごとく思い通りにならないルフィに、ますます激怒するハンコック。得意の見下しすぎるポーズで、妹たちにルフィを殺すよう命じます。

わらわと同じ・・・「覇王色」を

出典:http://wakatake.zashiki.com

サンダーソニアとマリーゴールドがマーガレットたちの石像を破壊しようとしたことに、さらに激怒したルフィは、無意識覇王色の覇気を発します。

ただの小僧と見くびっていたルフィが、自分と同じ、百万人に一人と言われる覇王色の資質に持つことに驚きます。

「武々」は終わりじゃ!!!

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

ルフィに尻尾を結ばれ、闘技台の溝に落ちそうになるサンダーソニアとマリーゴールド。溝のふちにつかまって、必死で落下を防ぐサンダーソニアの背にルフィがよじ登っていきます。

ルフィは背中の紋章が見えないよう、覆いかぶさったのです!「死んでも見られたくない」と言ったハンコックの気持ちを汲んで、闘いの真っ最中に、傷ついた心守ろうとするルフィの優しさ!

ハンコックの眼からが落ちます。

どちらか一つを選び 一つを切り捨てよ!!!

出典:http://zoro.blog.jp

ハンコックは、ルフィの優しさ懐の深さを感じながらも、信じきることができません。マーガレットたちの石化を解くか、船で島を出ることをとるかの二者択一でルフィを試します。
迷うことなく、マーガレットたちを助けることを選択し、敵対していたハンコックに心から感謝するルフィの姿に、ハンコックは驚愕します。

相変わらず・・・無礼な反応じゃ

出典:http://yakatabekan.com

カーテンの奥には、ルフィにすべてを打ち明けることを決心したハンコックがいました。胸を露わにした姿にも全く動じないことに軽く腹は立てますが、ルフィが普通の男とは違うことに気づきはじめたようです。

ルフィは、食事を期待していたんですよね。ちょっと暴れたからお腹すいたんでしょうね。

背に隠された秘密を明かす

紋章について話そうとするハンコックの表情には緊張が表れています。裸になるよりも、背中を見せることに強い抵抗を感じているんですね。それだけ、辛く重たい過去なんです。

ハンコックは、ルフィに背中の紋章を見せ、「どこで見たものか」と問いかけます。ルフィが見たのは魚人族のハチの額にあるものでした。ハチの額にあったという、“タイヨウの海賊”の紋章の由来をルフィに説明します。

まだ、そんな大バカ者が・・・この世界におったのか

出典:http://mangadget.net

ルフィが天竜人に手をあげたことを知り、“フィッシャー・タイガー”のように天竜人に逆らう気概を持つ男がいたことに感動するハンコック。ハンコックにとって、今は亡き“フィッシャー・タイガー”は恩人であり、英雄でした。

ハンコックの告白  三姉妹の過去

「わらわ達、三姉妹は・・・その昔・・・「世界貴族」の奴隷だった」

ニョン婆に諭されたハンコックは、隠し通してきた自分たち姉妹の辛く、悲しい過去をルフィに打ち明けます。何者も恐れない海賊女帝の素顔は、心の傷を癒しきれない少女だったのです。
「何の希望も見出せず・・・死ぬことばかり考えていた・・・!!!」

ハンコックが12歳の時、三姉妹は九蛇の海賊船からさらわれ、天竜人の奴隷として売り飛ばされます。生まれてはじめて見た“男”恐怖の塊だったと言います。辛い記憶は、今でも姉妹を責めさいなんでいます。

全裸のハンコックには動じないルフィも、三姉妹の慟哭には激しく動揺し、必死で労わろうとします。
「そなたがソニアの背中を庇ってくれなければ、わらわ達はもう・・この島には、おれぬ所であった」

ハンコックが思い出すのも辛い過去を打ち明けたのは、自分たちの傷を守ってくれたルフィへの感謝救いを求める心でした。奴隷だった過去を知られたら、島にいられなくなると思いこみ、恐れる姉妹の心が不憫でなりません。

わらわ達は一切のスキも見せぬ!!!もう誰からも支配されとうないっ

出典:http://www.maniado.jp

秘密を知られて支配されることを恐れ、誰にも気を許すことができなくなっていたハンコック。海賊女帝という武装し、自分と妹たちを守るために必死で戦い続けていたのです。

そなたは・・・!!奴隷であったわらわを・・・・・・・・・蔑むか?

ハンコックは、ニョン婆以外の誰かに、自分たちの過去が蔑まずに受け入れられることを心から望んでいたのです。ルフィの器の大きさが、ハンコックの心を救いました。

ニョン婆につらくあたっていたのではなく、親子ゲンカみたいなものだったんですね!ニョン婆は、ハンコックが心を閉ざして感情を見せないことを、心配しながら見守っていたんです。

そなたを気に入ったぞ!!目的地を言え!!船を貸そう

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

ルフィを心から信頼するようになったハンコックは、ルフィのもうひとつの願いを叶えると申し出ます。英雄“フィッシャー・タイガー”以来の信頼できる男です。

ハァ・・・ハァ・・・苦しい・・・・・・!!!

出典:http://uraziro.blog50.fc2.com

明日の出発を前に宴会を楽しんでいたルフィは、エースが囚われ、まもなく処刑されることを知り、目的地を変更して、エースの元に連れて行ってくれるよう頼みに行きます。

その頃、ハンコックは原因不明の急病に倒れていました。アマゾン・リリー皇帝としての死に至る病、“恋”におちてしまったのです!ニョン婆をはじめ、歴代の皇帝たちは恋した男を追って、国を離れて行ったのです。

そなたが、それを望むなら、わらわは どこへでもゆきます

出典:https://twitter.com

ルフィの望みを叶えるために、“世界政府”の召集に応じる必要があると知っても、ハンコックは迷わず承諾します。国が亡びることになっても戦争には行かないとを拒んでいましたが、ルフィのためなら即決です!

どうしたと言うのじゃ、わらわは!!ルフィの頼みに逆らえる気がせぬ・・・!!!

出典:http://blog.hangame.co.jp

美貌“メロメロの実”の力で、人に尽くさせるばかりだったハンコックが、をして、大切な人の力になれる喜びを知った瞬間です。

ハンコックと・・・・・・呼んで下さいまし

出典:http://benchpress.blog.shinobi.jp

ハンコックを「蛇女」と呼ぶルフィに腹を立てることもなく、頬を染めてお願いする表情が可愛らしいです!!ルフィだからしかたないですが、あの表情をみて何とも思わないのが異常!

出典:http://pbs.twimg.com

インペルダウン潜入 パーフェクトなる“内助の功”!

一度で覚えよ・・・薄馬鹿者。  そなたらなど、死んでも構わぬ

服の中にルフィを隠して海軍の船に乗りこんだハンコックは、ルフィの食糧を調達するため、海兵に一食100kg一日5食を用意しろと命じます。
「そなたらなど、死んでも構わぬ」

「自分たちの食糧がなくなる」という海兵たちの訴えをバッサリ切り捨てます。ルフィのためとは言え、自分で食べると言い張るのがおかしいです。

【妄想】ルフィ・・・・・・さァ・・・たんと食すのじゃ?

出典:http://takecy.blog60.fc2.com

調達した食糧をルフィに食べさせてあげるラブラブ妄想は、残念ながら実現しませんでした。色気なんて逆さに振っても出てこないルフィが、食べ物を前にしてそんなことする訳がありません。

ぶ・・・・・・!!ぶへ―くった、くった!!

出典:http://111156.blog134.fc2.com

密航者である立場なんておかまいなしに大声を出す、ルフィのフォローも大変です。そもそも、一食100kg一日5食と言った時点であやしまれなかったら、海兵は大バカです!・・・・大バカだったみたいですけど。ルフィのためなら何でもできちゃうハンコック。カワイイです。

何じゃ、ざわざわと・・・耳障りな者達じゃ。石にして構わぬか・・・・・・?

いよいよ、ルフィを服の下に隠してインペルダウンに乗りこみます。ルフィ以外の男で利用価値がない時には、これまで以上に、冷たく素っ気ない女帝っぷりです。

このギャップ、激しく要素です!

【妄想】もはや今生に・・・くいはなし・・・これが・・両想い

さすがにインペルダウンの守りは固く、能力を封じる海楼石の手錠ボディチェックが待っていました。ハンコックはここでルフィを逃がすため、全員を石化させます。
恋の奴隷になっていても、ハンコックの状況判断や危機対応能力は少しも衰えていません。こんなに頼りになるパートナーはどこを探してもいませんよ!

「そなたは強いが」とルフィを立てつつ、暴れないよう言い聞かせるのも、小娘には真似できない芸当です。さすが、大人の女です!

出典:http://zoro.blog.jp

ルフィには“暴れない”約束なんて守れるはずはありませんが、素直に約束してます。ここまで尽くしてくれたハンコックに本当に感謝してますし、心配してくれているのもわかってるんですよね。

“蛇女”(いけすかない女)→“ハンモック”(知り合い)→“ハンコック”(友だち)

初めて正しく呼んでもらえたハンコックは妄想全開ですが、ルフィの中ではこれくらいの位置づけかなと(笑)。でも、ルフィにとって“友だち”というのは、その人のために命をかけて戦える存在ですから!

【妄想】“愛してる”と言われた・・・・・・・・・!!!

出典:http://zoro.blog.jp

インペルダウンの連中の石化を解くと何事もなかったように、ハンコックはエースの元へと案内されます。柱の陰に身を潜めたルフィが口パクで、ハンコックに礼を言っています。

出典:http://mangadget.net

ルフィの口パクは「あ・り・が・と・う」。ハンコックの妄想は「あ・い・し・て・る」!確かに似ていなくはないですよねー。
歓喜のあまり、失神しそうになるハンコック(あくまで、彼女の妄想ですが)。意図したものではありませんが、潜入中のルフィには良いサポートになっています。ナイス妄想!

用はない・・・一目見ておきたかっただけじゃ・・・わらわも参加する“戦争”の引鉄となる男を

出典:http://zoro.blog.jp

エースジンベエが囚われている牢を訪れたハンコック。「何の用だ」と問うエースに、「顔を見たかっただけだ」と答えます。インペルダウンに入る口実として適当に考えたのでしょうが、ハンコックが言うと、何かカッコいいです!

インペルダウンの所長マゼランが、ハンコックの姿を見て騒ぎ出した囚人たちを処罰しに行った隙に、ルフィが助けに来ていることをエースに伝えます。

ほんのわずかの会話で、叱られてもエースを助けだしたいというルフィの想いが、エースにきっちり伝わりました。メチャクチャいい女です!

マリンフォード頂上戦争 強力バックアップ

ルフィ・・・・・・・・!!そなたよくぞ無事で・・・・・・!!!

出典:http://monohibi.blog83.fc2.com

マリンフォードに姿を現したルフィを見て、安堵するハンコック。ルフィは、ハンコックとの約束なんてこれっぽっちも守っていませんが、ルフィが無事でいてくれればハンコックは幸せなんです。

生かしてはおかぬ、こんなに怒りを覚えた事はない!!!そなたを切りキザんで獣のエサにしてやる

出典:http://blog.livedoor.jp

ルフィは、スモーキーモクモクの実の能力と海楼石の十手で追い詰められます。それを見たハンコックは王下七武海の立場をかなぐり捨て、大激怒します!

海賊女帝の人生マキシマムの怒り!“覇気”全開でスモーキーを威圧します!

はい(また・・・ハンコックと呼んでくれた・・・・・・・・・!!)

出典:http://tweez.net

名前を呼ばれるだけで幸せになれちゃう、ピュアなハンコック。色気より、冒険食い気のルフィとはお似合いなのかもしれません。

【妄想】これが噂に聞く・・・・・・・・!!結婚・・・・・・!!?

海軍の目を盗んで、ハンコックは手に入れておいたエースの手錠の鍵を、ルフィに手渡します。感激したルフィはハンコックに飛びついて抱きしめます!
開けっ広げすぎる感謝のハグ、真っ赤になるハンコック。手柄顔を見せずに、ルフィに早く行け」とすすめます。こんな尽くし方をする女子にはフツーに惚れますよね。

出典:https://twitter.com

妄想はついに結婚へ! 子供みたいなハグされただけで、真っ赤になるって、ルフィに対してどこまで奥手ですか!剛速球ノーコンピッチャーみたいな人です(笑)

不届き者!!控えよ!!ここはわらわが通さぬ!!

ルフィをエースの元に急がせ、スモーキーら海兵の前に立ちふさがります。ルフィが苦戦したスモーキーも簡単にあしらいます。“王下七武海”の名は伊達ではありません。

しかも、ルフィ以外の男に対する見くだし方に磨きがかかっているようです。

(また名前を)

出典:http://monohibi.blog83.fc2.com

ルフィだって、ハンコックの献身的なサポートには心から感謝しています。残念ながら、「世話になった」とか「ありがてえな」とかにとどまっていますが。とりあえず、名前を呼ばれるだけで、無上の幸せを感じるハンコックでした。

お前達に名を呼ばれとうない!!

出典:http://111156.blog134.fc2.com

バーソロミューくまのレーザーから、身を挺してルフィをかばったハンコック。「どけ」と言われたついでに、くまが名を呼んだことが気に入りません。

出典:http://onesoku.com

せっかくルフィに呼ばれた余韻にひたっていたのに、気分が台無しです。このくまとは別人ですが、くまがルフィを女が島に飛ばしてくれたから二人は出会えたんです!実は、結びの神ですよ。

お前に一つ教えてやろう・・・ “恋はいつでもハリケーン”なのじゃ!!!

出典:http://an6080.blog.fc2.com

「協定を破るのか」と問われたハンコックは、むしろ誇らしげに言い放ちます。恋のハリケーンには逆らえない!ルフィのためなら、どんなことでもできちゃうんです

勝手に話題を逸らすなケモノの分際で!!

出典:http://blog.livedoor.jp

海軍の船に乗っていたハンコックは、海兵たちを指揮してトラファルガー・ローの潜水艦に合流します。何よりもルフィの容態を聞きたいのに、「海軍が追ってきたかと思った」などと余計なことを言う、ローの部下ベポを叱り飛ばします。サロメって、女帝陛下の愛蛇ですね。有能なコです!

わらわ達が“女ヶ島”で匿おう

出典:http://blog.livedoor.jp

海軍の先手を打って、傷ついたルフィを“女ヶ島”に連れ帰ることを決断します。ローの潜水艦ごと凪の海を渡るため、九蛇の海賊船を呼び寄せます。ベポを下僕のように使い、テキパキと指示を下すところ、かっこいいです。

ふたたび女が島へ “2年間”を見守る

本当か!!・・・はぁ・・・よかった!!すぐに会いたい!!

出典:http://monohibi.blog83.fc2.com

頂上戦争から2週間が過ぎ、アマゾンリリーに匿われたルフィがようやく目を覚ましました。ルフィの容態が気になって、食事もノドを通らず夜も眠れなかったハンコックはホッと胸をなで下ろします。

は・・・腹がすいておるじゃろう。食事を持ってきた。さァ遠慮せず・・・!!

出典:http://zoro.blog.jp

喜び勇んで会いに行っても、ハンコックは緊張のあまり、ルフィと目を合わすこともできません。ルフィのために用意させたのは山のような食料!さすが、ルフィがもっとも喜ぶことがわかっています。

ニョン婆はあきれていますが、ここまでデキる嫁は他にはいないと思います!ジンベエに「お前の為の食事ではない」と釘を刺しつつ、ちょっとは分けてくれるんですよね。

ハンコックにとって、男はルフィルフィ以外で区別されています。

「さよなら」という言葉だけは・・・言わずに去ってくれぬか

出典:http://zoro.blog.jp

旅立ちの時が近づいたルフィに、ハンコックはある願いを伝えます。海に出てしまえば、次はいつ会えるかわかりませんから、別れの言葉は不吉に思えるのかもしれません。

お願いがあると言ったハンコックに、ルフィは「結婚なら嫌だ」と言ってます。2年の間、ずうっとアピールし続けたんでしょうね。

リュックには着替えが500着とお弁当千人前・・・・

出典:http://blog.livedoor.jp

旅立ちの日、かいがいしくルフィの世話を焼く様子がすっかり板についてます。さすが姉さん女房です!ルフィにお腹いっぱい食べさせるのが、ハンコックの生き甲斐になったようです。

【妄想】また逢いたいと言われた・・・まさかこれが・・・・・・・・“プロポーズ”!?

出典:http://monohibi.blog83.fc2.com

「また逢うから「さよなら」は言わない」というルフィの言葉が、「また逢いたい」から一足飛びに「プロポーズ」です!そう言えば、ルフィは誰かと別れる時にはいつも「またな~」とか言っていますね。

実は、この二人は感性が似ているのかもしれないです。ちなみに、ルフィだってハンコックが嫌いな訳ではありませんから。恋愛回路がないだけで!ロジャーにだって、ルージュさん(エースの母)がいたんですから大丈夫!希望はあります!

ルフィ・・・今の内じゃ

出典:http://ameblo.jp

「誰じゃわらわの通り路に軍艦を置いたのは!!」

ハンコックは海軍を妨害し、ルフィと仲間たちが無事に旅立てるよう援護します。最後までルフィに尽くし、笑顔で見送ります。