これ以上叫ぶと声枯れちゃうエレンの声優、梶裕貴の魅力を分析してみた【進撃の巨人】

大人気漫画「進撃の巨人」主人公のエレン・イエーガー。そんなエレンを演じているのは、実力派若手声優の梶裕貴さんです。この記事では、そんな梶さんの魅力や、他の出演作品を紹介します!

そもそもエレン・イエーガーって誰?

社会現象となった大人気漫画「進撃の巨人」

出典:http://www.wallpapers-door.com

世界累計発行部数5000万分を超え、社会現象となっている大人気漫画「進撃の巨人」。アニメ化・実写映画化など数々のメディアミックスが展開され、アニメ2期も公式決定している、今乗りに乗っている作品です!

人食い巨人が蔓延る世界で、調査兵団は自由を手に入れるため、巨人に挑んで行くというストーリー。

そして、そんな「進撃の巨人」の主人公の少年がエレン・イエーガーなんです!

エレンのプロフィール

出典:http://fbny.xsrv.jp

身長・170cm
体重・63kg
年齢・15歳
出身地・ウォール・マリア南端シガンシナ区
誕生日・3月30日
アニメ版CV・梶裕貴
実写版キャスト・三浦春馬

性格はぶっきらぼうで猪突猛進。良くも悪くも勢いで突っ走りやすい。非常に正義感が強いが、かなりキレやすい。生意気な反面、自分の意思を曲げずに通せる強さも持っており、ただプライドが高いというわけでもない。

しかし、そのあまりの正義感の強さから自分自身を省みずに行動することも多くあり、同期からは「死に急ぎ野郎」というあだ名がついている。

その正義感は狂気じみている程に強く、9歳当時に初対面であったミカサを襲おうとしている人攫いを見て、全くの躊躇なくめった刺しにし殺したこともあった。リヴァイには「誰にも止められない化け物」とすら言われている。

容姿はアルミン曰く「目つきが凶悪で悪人面」。

エレンの生い立ち

出典:http://matome.naver.jp

幼少期のエレンは、家族や、両親を失ったミカサと共にシガンシナ区で平和に育っていた。いつからか、友人であったアルミンから壁の外の話を聞き、「いつか壁の外を探検する」という夢を持つようになり、その手段として壁の外で巨人と戦う「調査兵団」への入団を夢見ていた。

しかし、エレンが10歳になった時、超大型巨人の襲来によって100年間の平和が破られ、母のカルラが目の前で巨人に喰われて亡くなった。それをきっかけにエレンは「巨人を一匹残らず駆逐する」ことを誓う。

まだ10歳であったエレンには、無事だった地域に避難すると劣悪な環境での労働が待っていた。そこを生き延びたエレンは12歳になり、ついに訓練兵団への入団を果たす。そして3年間の訓練期間を経て、15歳になったエレンはついに調査兵団へ入団した。

こうして、エレンの巨人への挑戦が始まった。
http://youtu.be/w8l2GuXxMAcエレンのカッコいいシーン。

そんなエレンの声優、梶裕貴さんってどんな人?

出典:http://matome.naver.jp

上記の通り、かなり複雑なエレンの生い立ち。そんな難しい役柄を見事に演じきり、一躍注目された新人声優がこの梶裕貴さんなんです!

そんな梶さんが一体どんな人なのか、ご紹介します!

梶裕貴さんのプロフィール

出典:https://mobile.twitter.com

VIMS所属の男性声優・歌手。

誕生日・1985年9月3日(30歳)
身長・170cm
出身地・東京都、埼玉県坂戸市育ち
血液型・O型
あだ名・ゆうたん、梶きゅん

2004年デビュー。中性的な優しい声が特徴で、少年や青年役を務めることが多い。そのため主人公を演じることが多い。若手ながら実力派で、「声優アワード」にて第7回と第8回の二年連続で主演男優賞を獲得した唯一の声優。2011年から声優としての仕事が増え始め、2012年には歌手デビューを果たした。

高校時代から声優を目指しており、演劇部に所属していた(因みに高校では生徒会長を務めており、文武両道の天才児だった。)。デビューする前に、「笑っていいとも」の「彼氏が彼女に着替えたら」というコーナーに彼女と共に女装で出演したことがあり、その時タモリさんに「声もいい」と褒められたことがあった。

仲のいい声優は、下野紘、小野大輔など。(二人とも進撃の巨人に出演している。)

そんな梶さんの性格

出典:http://person-edit.com

仕事に対してはいつも真面目でストイック。役に対してもひとつひとつ真摯に向き合っている様子がインタビューなどから伝わる。

普段は、いつもニコニコしていて温和な雰囲気。先輩からも可愛がられているが、安元洋貴曰く「腹黒で、計算された天然」。(笑)

梶さんファンの声

出典:http://sp.animate.tv

確かな演技力、甘い声、温和な人柄で、声優ファンからも大人気の梶さん。ファンの方々のTwitterの声も交えながら、梶さんの魅力を紹介していきます!
↑こちらは梶さんの演技に対する声です。エレンをはじめとして、梶さんは主人公役を演じられることが多いので、感情の機微を表す演技が多いですが、本当に聞いていて引き込まれますよね…!

好きなキャラを梶さんに演じてもらえたら、幸せですね。↑こちらも梶さんの演技に対する声です。梶さんの演技は本当に聞いていて、いい意味で鳥肌が立ちますよね…!

特にエレンは感情の振り幅が大きな役だったので、本当にド迫力でした!普段の中性的で甘い声からは想像出来ないような刺々しい演技も素敵でしたね。
↑こちらは梶さんファンの方のツイート。もう、140字に収まりきらないくらい愛が溢れていますね!(笑)梶さんがどれだけ魅力に溢れている人なのか、よくわかります。

素敵な方には素敵なファンがつくのでしょうね〜。
↑梶さんは歌手としてのソロデビューもなさっています。歌を歌っても、梶さんの持つ中性的で甘い癒しボイスで大好評のようですね!

梶さんは声で癒してくれたり、はたまた感動させてくれたり…。すごい声優さんですね!
↑こちらも梶さんファンの方のツイート。こんなに熱烈なファンに沢山愛されている梶さん、魅力的な人に違いありませんね!

梶裕貴さんの出演作品

出典:http://blog.esuteru.com

梶さんの出演作品についてまとめてみました。やはり梶さんの代表作と言えば「進撃の巨人」になりますが、それ以外もスゴいんです!

梶さんはたくさんの作品に出演されているので全ては紹介できませんが、厳選していくつかご紹介します!あなたの知っているキャラクターもきっといるはずですよ〜!

「黒執事」フィニアン役

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

大人気アニメ「黒執事」の1期に梶さんは出演されていました。

元気で素朴な少年フィニアン(通称フィニ)役として、ベテラン声優に混じっての出演でしたが、梶さんの綺麗な声ですごくキャラが立っていましたね!

「デュラララ!」遊馬崎ウォーカー役

出典:http://kousatsublog7.blog.fc2.com

梶さんが出演されていて今アツい作品といえば、やはり「デュラララ!」シリーズですよね〜!

遊馬崎ウォーカーは一風変わったオタクキャラで、梶さんの普段の甘い声からは想像がつかないような演技です。そんな梶さんの役幅の広さに驚かされるキャラクターです!

「ロウきゅーぶ!」長谷川昴 役

出典:http://matome.naver.jp

女子小学生たちのバスケに懸ける青春を描いた作品。主に男性に大人気の「ロウきゅーぶ!」ですが、女子小学生たちの監督を務める男子高校生、長谷川昴の優しい声にメロメロだった女性ファンも多いのではないでしょうか?(笑)

「まったく、小学生は最高だぜ!」など数々の名言を残した、梶さん演じる長谷川昴です。

最後に

出典:http://topicks.jp

いかがでしたでしょうか?梶さんの魅力が少しでも伝わりましたか?

2016年も進撃の巨人第2期が決定しましたし、梶さんの進撃はまだまだ止まりません!これからも、梶さんを応援していきましょう!