シージョセのおすすめ小説(SS)まとめ【ジョジョ】

シージョセとは『ジョジョの奇妙な冒険 第2部』の波紋戦士シーザーとジョセフのカップリングです。兄弟弟子であり、親友。そんな二人の関係に萌えた人も多いのでは?今回は二人のオススメ小説を集めてみました☆

シージョセとは

出典:https://www.google.co.jp

『ジョジョの奇妙な冒険 2部』でのシーザー・A・ツェペリ×ジョセフ・ジョースターのカップリング。第一印象は互いに最悪、しかし物語が進むにつれどんどん近づいていく二人の距離にドキドキした人が多数!?

シーザーの真面目でおせっかい、だけど女好きな性格と普段はふざけているのに切れ者なジョセフの相性は抜群で、1か月という短い間しか一緒にいなかったはずなのに長年一緒にいたように仲良くなりました。

兄弟弟子であり、親友だった二人の関係はシーザーの死亡により、悲しい結末を迎えてしまいます。シーザーは死ぬ間際までジョセフのことを考えていましたよね。ジョセフの「シーザー!!」という叫び声は切なくて涙があふれます。

せつないシージョセも好き!!それでもそんなせつないシージョセをどうにかして幸せにしたい!と思ったファンの方々は、転生ネタ、もしシーザーが生きていたらなどいろんなパロディの小説を書いてくださっています。

今回は切ないシージョセ、幸せなシージョセ、青春するシージョセなどオススメのものを集めてみました。

シージョセ(現パロ)

題名:エウレーカ!(わかった!)

出典:https://www.google.co.jp

ハートが目に見えるものという面白い設定の現パロでかわいらしいシージョセ小説。ジョセフのハートが欲しいシーザーと、ハートを捨てちゃうジョセフの両片思いです。

▼▼SS作品はコチラ▼▼

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3659934

題名:リア充爆発した

出典:https://www.google.co.jp

こちらジョセフが女体化しているので注意が必要です。高三シーザー×高一ジョセフのはた迷惑カップルのお話です。なかなか振り向いてくれないシーザーに賭けにでるジョセフ。

シーザーはジョセフにそろそろプロポーズかと思っていたのに、俺以外に好きな男がいるだとと激オコ!なんだかんだでラブラブで幸せなお話です。

▼▼SS作品はコチラ▼▼
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6136428

題名:テキーラ・キッスをもう一度

出典:https://www.google.co.jp

ジョジョは公式で女装をしているキャラですよね。その女装の出来は195cmの筋肉ムキムキ大男がしているのですから、そりゃひどいものです。このお話の女装ジョセフ=テキーラはお店で悩み相談が評判のおかまちゃん。

迷える子羊シーザーがテキーラに悩みを相談していくうちに…という話です。

▼▼SS作品はコチラ▼▼

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5204860

題名:僕たちの××に捧ぐ

出典:https://www.google.co.jp

こちらシリーズものになっていて読みごたえがあります。「戦いが終わったら一緒に暮らす」という約束をしたにも関わらず死んでしまったシーザー。転生した二人はまた会うことができましたが、ジョセフは覚えているのにシーザーには記憶がないというところから物語が進みます。

今度こそ一緒に幸せになれると思ったら…というせつないお話です。読んだら切ない気持ちになりながら、満足感に満たされること間違いなしです。

▼▼SS作品はコチラ▼▼
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2806109

シージョセ(原作軸)

題名:杜王町、お盆の話。

出典:https://www.google.co.jp

4部の時間軸で3部と2部のキャラクターがでます。杜王町、夏祭りで行方不明者続出、再び町を訪れる承太郎とジョセフ。ジョセフが、不思議な経験に出くわして若返り、シーザーと再会するお話。

とても切なくジョセフはやっぱりシーザーのことを何年たっても忘れられないんだなと涙が出てくる作品です。

▼▼SS作品はコチラ▼▼
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4224248

題名:ネバーセイ・ネバークライ

出典:https://www.google.co.jp

修行中のジョセフがエリナにあてたシーザーについての手紙と、それが辿った顛末についてのお話です。こんな手紙のやりとりがあったのでしょうか。エリナも返事を書くときにいろいろ悩んだのでしょう。

やっぱりシージョセってシーザーが死んでしまうからこそ切なく、悲しいお話になってしまうんですよね。

▼▼SS作品はコチラ▼▼

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2345460

おわりに

出典:https://www.google.co.jp

ここに集めたのはほんの一部なので、まだまだ素晴らしいSSがたくさんあります。今回はまってしまった方はどうぞ探してみてくださいね。