ハンジとリヴァイの関係は結局何なの?2人の関係性の徹底考察!

微妙な距離感が気になる、リヴァイ兵長とハンジさん。デキてるのか、デキてないのか本当のところどうなのか、気になります。そこで、リヴァイ兵長をとりまく女子をチェックしつつ、ハンジさんのポジションを考察してみました!

【はじめに】リヴァイ兵長はどう思っているのか?

出典:http://pic.prepics-cdn.com

リヴァイにとって、調査兵団の女性兵士の仲で、もっとも距離が近いのはハンジであることは確実です。「クソメガネ」呼びにも、他の人に向けられない親しみがこもっていますし、こういう場面でも目線がハンジに向いているように思われます。

ハンジに対してはそれなりの好意を持っており、他の女性兵士とは別格のポジションにいると思われます。そこで、これまでに登場したリヴァイ周辺の女子をピックアップして関係性を考察していきたいと思います。

【考察1】リヴァイ周辺の女子たち

ペトラ・ラル

出典:http://shingekikyojin.net

調査兵団特別作戦班(旧リヴァイ班)所属の女性兵士。女形の巨人との戦闘で戦死しました。小柄可愛いらしいタイプのペトラは、リヴァイとは身長のバランスも良く、お似合いのカップルになりそうでした。

出典:http://mugamucyu.com

父親宛ての手紙に「リヴァイ兵長にすべてを捧げるつもりだ」と書いていた彼女は、やはりリヴァイに対して、上官以上の想いを抱いていたのだと思います。ペトラの父親から手紙の内容を聞かされたときの表情からは、

リヴァイが彼女の想いに気づいていなかったと推測できます。

出典:https://www.ptt.cc

ペトラが戦死せずに、リヴァイの傍にいることができたら、その想いは叶ったのでしょうか。今となっては誰にもわかりません。

イザベル・マグノリア ウィッグ(悔いなき選択)

出典:http://www.cosplayfu.jp

リヴァイが調査兵団に入団する前、ファーランと共につるんでいたイザベル。リヴァイを“兄貴”と慕い、男の子のような話し方でまつわりついていた子犬系女子です。

出典:https://twitter.com

振る舞いはまるで男の子ですが、中性的という感じでもなく、無邪気で可愛い女の子でした。イザベルが何者かに髪を切られて帰宅した時には(乱暴された可能性も?)、リヴァイが犯人に報復したことが示唆されています。

出典:http://shingekitoribia.com

2人の関係はあくまでも兄妹家族のような関係でした。お互いに恋愛対象として意識する機会がないまま、イザベルは調査兵団兵士として戦死を遂げました。この頃のリヴァイには、少しですが、笑顔がありました。

ミカサ・アッカーマン

出典:http://xn--u9j0iobn4l602qghwqxlvrc8teh88n.com

リヴァイとミカサの関係は、エレンを通じて始まりました。ミカサは、エレンの進退を決める兵法会議でのリヴァイの“躾”、女型の巨人にエレンを連れ去られたことを強く非難し、“躾”については報復する気まんまんでした。

出典:http://sinngeki-ch.seesaa.net

しかし、エレン奪還のために共闘し、エレンら104期の仲間と共にリヴァイの指揮下に入ってからは、リヴァイの実力を認めるようになります。その後、ケニー・アッカーマンがもたらした情報で、リヴァ
イとミカサが血縁関係にあることが判明しますが、お互いに親近感を抱くような関係にはなりそうもありません。

出典:http://heresy87.com

これもアッカーマンの家風なのでしょうか。リヴァイとミカサには、能力以上に血縁と言われれば納得する共通項があります。リヴァイとの間に何も起こらない理由は、ミカサがエレン以外の人間に興味がないことです。

ヒストリア・レイス(クリスタ)

出典:https://www.rankingshare.jp

クリスタにとってはリヴァイは雲の上の存在で、ヒストリア(クリスタ)がレイス家の一員であることが発覚するまでは、関係らしい関係はありませんでした。リヴァイの方でもハンジ同様、顔と名前が一致していなかったのではないでしょうか

出典:http://kyoumoe.doorblog.jp

ヒストリアを新女王として即位させる作戦も、普通に考えれば、ヒストリアへの伝達は上官であるリヴァイの役割です。リヴァイは「俺の班には言い忘れていた」と言っていますが、動揺を避けるために、意図的伏せていたに違いありません。
リヴァイの手荒な説得で作戦に同意したヒストリアは女王として即位し、リーヴス会長の奨めにしたがって、リヴァイに“仕返し”します。リヴァイとヒストリアが、恋愛関係になる可能性はほとんど皆無ですが、雲の上の人から手が届く仲間にはなれるかもしれません。

ハンジ・ゾエ

出典:https://twitter.com

調査兵団分隊長。男性か女性かという論争が起こるほど中性的なルックスの持ち主。巨人の身体の謎を解き明かすことにマニアック探究心を持ち、しばしば理性を失って暴走します。ハッキリ言って変人ですが、非常に頭の切れる女性です。

出典:http://ishiharasatomi-fan.pink

社会性コミュニケーション能力も高く、リヴァイと共にエルヴィンを支えてきました。リヴァイにとっては、エルヴィンやミケに次いで付き合いが長い、気心の知れた間柄で、もっとも近しいと言って良いでしょう。

出典:http://monhau.blog.fc2.com

リヴァイとの信頼関係という点ではハンジを超える女性はおらず、エルヴィンを支える両腕として堅いパートナーシップがあります。

【考察2】リヴァイの生い立ちと恋愛観

リヴァイに恋愛感情はあるのか

出典:http://kubomasa.com

ここまでの考察を根底から覆すような問題提起ですが、実際にリヴァイの言動から恋愛に対する関心を感じる場面は、残念ながら皆無です。

あのエルヴィンでさえ、ナイル・トークの妻となった女性にしていたとを告白しているのに、リヴァイには浮いた話ひとつ、出てこないのです。

別に女嫌いということはなく、男女問わず、いつでも公平に接しています。公平すぎて、か弱い系女子の代表格であるヒストリアにも、一切の手加減なしだった訳ですが。

リヴァイの生い立ち 

娼婦だった母と客の間に生まれたリヴァイは、母の死後は伯父であるケニーにひきとられますが、それまでは母と共に娼館の一室で育ちました。母が仕事をしている間は、外に出されたりしていたのでしょう。

そういう幼少期の環境が、リヴァイの恋愛観に影響している可能性はあります。リヴァイが恋愛に興味を示さないのも、その辺りに理由があるのかもしれません。

考察のまとめ

出典:https://twitter.com

この考察であらためて感じたのは、調査兵団女子レベルの高さです!そんな恵まれた環境にいながら、恋愛に対して積極的とは言い難いリヴァイ。

女性的な魅力をアピールするタイプと恋に落ちるより、家族や仕事上のパートナーのような距離感から、いつのまにか恋愛に発展するような関係が自然なのかなとも思います。

リヴァイをとりまく女子たちはそれぞれに可愛いですが、リヴァイのパートナーにふさわしいのは、やはりハンジを措いて他にはいないと思います。

出典:http://www.logsoku.com

以上から、ハンジをリヴァイの“恋人候補”と結論づけさせていただきます。知的で、精神的にもバランスがとれているハンジなら、リヴァイの神経質な部分を上手に包みこんでくれる気がします。

リヴァイは、その常人離れした強さゆえ、仲間を失う経験ばかりが積み重なっていきます。リヴァイに幸せが訪れることを心から祈っています。期待してます。ハンジさん!そして、絶対に、リヴァイより先に死なないでくださいね!

リヴァイとハンジの勇姿が見られます!

Twiiterの反応

出典:http://pbs.twimg.com