降御(降谷×御幸)の画像イラストをまとめてみた!【ダイヤのA】

野球漫画『ダイヤのA』の降御は降谷暁×御幸一也のカップリングです。バッテリーを組み、ともにいる時間が多い二人。先輩後輩。怪物君と降谷をからかう御幸にニヤニヤした人も多いのでは?今回はそんな二人の画像を集めてみました。

降御とは?

出典:https://www.google.co.jp

野球漫画『ダイヤのA』の降御は降谷暁×御幸一也のカップリングです。降谷は御幸に球を受けてもらうために北海道から遠く東京の学校を受けました。この時点でもう執着心が半端ない!

二人はバッテリーを組み、ともにいる時間が多いですよね。降谷は御幸に対し、かなり積極的。自分の球を受けてくださいと最初から猛烈アピールし、沢村と御幸が一緒にご飯を食べている際はわざと間に割り込みました。

普段は無口で自らコミュニケーションを取るタイプでないのにこの行動…これはいろいろ勘ぐりますね。そして御幸が怪我をした際もいち早く気づき、病院に行くことを勧めました。御幸のことをよくみているからこそですよね。

北海道では自分の球を受けるものがいなくて孤独だった降谷を救ったのは、御幸です。降谷→御幸感が強いですが、御幸は降谷に甘いところがありますし、どんなことをしても許してくれそうな感じが。もし降谷が好意を伝えてもまんざらでないと思いますね。そこからほだされ始まる愛…素敵です。

降御のすばらしい画像の数々

あたためあってるバカップル

出典:https://www.google.co.jp

まるでミヤ○屋のような情報番組ですね。そこでインタビューを受けたカップルが降谷と御幸です。どんどうと手をつないでいちゃいちゃをたくさんの人たちに晒しています。「離せ」「…」「はい、無視」のやりとりが面白い(笑)

嫌がる御幸に対して、降谷は恥ずかしがらず、御幸の手を握りこんでます。これはまだ付きなってないのでしょうか。御幸が恥ずかしがっているだけなのか、降谷の行動に困惑しているだけなのか。どちらにしろおいしいです。このやりとりをみたらそりゃ「死ねオラ」と言いたくなるのもわかりますね(笑)

身長差がステキ

出典:https://www.google.co.jp

冬仕様の二人。二人の服装がかっこいいですね。降御の素晴らしい点って年下が年上よりも身長が高い点なんですよね。ちなみに降谷は183cm、御幸は179cmです。4cm差、素敵です。降谷が御幸を愛おしそうにのぞき込んで、こちらが恥ずかしくなりますね。

注目する点は御幸の腰に手を添えている降谷です。このあと降谷は御幸をグッと抱き寄せるのことが想像できますね。冬でも二人でいればポカポカです。

なにこれかわいい

出典:https://www.google.co.jp

ハムスターになった二人。これはかわいい!ぜひ飼って観察したいですね。御幸ハムスターにわかりやすく好意を示す降谷ハムスター。スリスリされてうっとうしそうにしている御幸ハムスターとの温度差が面白いですね。

お前は本当に仕方ないな

しょうがないなと降谷のほっぺを手で挟んで笑う御幸。作者のコメントに全面的に同意ですね。降御は降谷のまっすぐでたまに天然を発揮し、そんな降谷を仕方ないなといいながら、許してしまう御幸。そんな関係がいいですね。

御幸ってなんだかんだで世話焼きですよね。降谷は御幸に世話をされたり、構われるのが好きですよね。この二人の相性の良さ、これは恋に落ちますわ。

誕生日は特別

御幸の誕生日の度にケーキをつくる降谷。決してうまくはないのに、自分のために必死に頑張る姿をみてお腹を壊しても食べる上に美味しいという御幸。がんばる降谷もそれを見守る御幸も本当に可愛いですね。

幸せな感じが伝わってきます。いつまでも二人で誕生日を祝うのでしょう。

おちつけ(笑)

御幸がいつもの軽口でトイレに行く際に「つわり」と言います。もちろん倉持は御幸の冗談を笑いながら流すのですが、後ろで聞いていた降谷は真面目に受け取り、立ち上がります。

降谷に冗談は通じませんね(笑)本気で「先輩が妊娠!!」と思っていそうです。こういったピュアなところが降谷の可愛いところですよね。

先輩…濡れますよ

出典:https://www.google.co.jp

雨が急に降ったみたいで、自分の上着に自分も入れようとする降谷。じゃないのがポイントですね。これだとぴったり引っ付けますし、正直雨は防げないと思いますが、そんなことは関係ないのでしょう。

おわりに

出典:https://www.google.co.jp

降御のイラストは見ているだけで微笑ましく、こちらも心がポカポカしてくるものばかりでした。

バッテリーだからだけでなく、二人はお互いいなくてはならない存在で大切な存在だと思います。もし、今回での降御にはまってしまった人ようこそ降御沼へ!

これからも二人を応援していきましょうね。