サイコパスに登場するドミネーターとは?詳しく調べてみた【PSYCHO-PASS】

大人気アニメ「PSYCHO-PASS」といえば、キャラクターやストーリーも魅力的ですが、なんといってもドミネーターがかっこいいですよね!そんなドミネーターのあれこれについて徹底的に調べてみました!

PSYCHO-PASS

ストーリー

出典:http://www.zerochan.net

2112年の東京は、「シビュラシステム」が導入された監視社会となったいた。

大衆はあらゆる心理状態や性格傾向を数値化した「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼ばれる数値を「理想的な人生」の指とし、数値的な実現を目指して躍起になっていた。

その中でも犯罪に関する数値は「犯罪係数」と呼ばれ、その数値が100を超えた者はたとえ犯罪を犯していなくとも潜在犯として裁かれていた。

そんな監視社会の治安維持を担っているのが公安局。公安局刑事課の刑事たちの奮闘を描いた近未来SF作品。

ドミネーター

出典:https://gunosy.com

そんな監視社会で奮闘する刑事たちが有事の際のみに所持が許されている特殊銃がドミネーター。ドミネーターとは、英語で「支配する者」という意味です。正式名称は「携帯型心理診断・鎮圧執行システム・ドミネーター」

眼球スキャンなどによる生体認証での本人確認が行われていない場合、トリガーがロックされ発砲することはできません。現場までは専用の運搬ドローンで運ばれており、厳重な管理がされています。

通常、一般人が犯罪係数を測定するには結果を見るまでに時間がかかりますが、ドミネーターの場合は優先的に割り込み計測することが可能となっています。そのため、即時量刑・即時処刑が可能になっているのはドミネーターの特権です。

出典:http://anicobin.ldblog.jp

銃把を握っているか、本体に触れている者のみに聞こえる指向性音声と網膜表示によって状況や計測値をナビゲートされます。(征陸曰く小うるさい。)

銃を向ければ自動的に犯罪係数を計測、犯罪係数が既定値に達すればセーフティが解除されるため、使用者である監視官・執行官はトリガーを引く以外の動作は必要とされません。

音声案内では「オーバー150」「アンダー130」などという大雑把な案内のこともありますが、網膜表示では数値が表示されています。

また、ドミネーターはシビュラシステムと直接リンクしているため、シビュラシステム本体との会話に使用することも可能です。(主に朱が使用しています)

シビュラシステムへのアクセス・リンクが困難な場所ではドミネーターは使用できません。また、執行官が監視官にドミネーターを向けることは反逆行為に当たるため警告が発せられ、記録されます。(監視官によって削除することも可能)

強襲型ドミネーター

出典:http://youtu.be

2期から登場し、2期と劇場版で大活躍したのが新兵器・強襲型ドミネーター。サイズがかなり大きく、拳銃型のドミネーターに比べ、強襲型ドミネーターは狙撃銃のような形をしています。

最大の特徴は壁越しに犯罪係数を計測、また執行が可能な点。よって立てこもり事件などの時には外から犯人を執行することが可能です。

そしてデメリットは犯罪係数の測定以外が不可能な点。それにより、須郷執行官が青柳監視官を執行してしまうという事故が起こりました。

ドミネーターの変形

出典:http://anicobin.ldblog.jp

ドミネーターの最大の特徴は三段階に変形するということ。その三段階の変形と、使用された印象深いシーンを、筆者の独断と偏見で紹介します。

ノンリーサル・パラライザー

出典:http://anicobin.ldblog.jp

犯罪係数が100以上300以下の対象を確保・制圧するために適用されるのが麻酔銃である「ノンリーサル・パラライザー」

執行用に発射される光線は集中電磁波です。パラライザーの発射回数は無制限です。

印象的なパラライザーのシーン

出典:http://otanews.livedoor.biz

やはり印象的なのは1期1話の、朱が狡噛を撃つシーンですよね!まさか1話で主人公が撃たれて気絶するとは…驚きでした!

ちなみにこの時、撃たれる前に狡噛が口パクで言っていたのは「止めたければ撃ってみろ」という言葉だそう。

その言葉は、自分が佐々山を撃てず、単独行動を止められず佐々山が殺されてしまったことが起因しているのでしょうが、だからこそ自分の正義を貫くために狡噛を撃つことができた朱は、この後狡噛に一目置かれる事になったのでしょうね。

リーサル・エリミネーター

出典:https://mobile.twitter.com

対象の犯罪係数が300を超えた場合、確保したところで更生の見込みなし、又は危険人物と認定されているため、つまり殺人銃によりその場で排除されることになります。

全身の血液が沸騰し、体がぶくぶくと膨れ上がり弾け飛んで死にます。

印象的なエリミネーターのシーン

出典:http://app.m-cocolog.jp

エリミネーターといえば、2期4話のあの悲劇のシーン…。

立てこもり状態になったメンタルケア施設で、市民のために体を張った青柳監視官。しかし、ドミネーター以外の方法で犯人を攻撃したからには青柳監視官の犯罪係数も上がってしまいます

壁越しに強襲型ドミネーターを構えた須郷は「犯罪係数が高いほうを撃ちました」上司である青柳監視官をエリミネーターで撃ってしまいます…。

デストロイ・デコンポーザー

出典:http://app.m-cocolog.jp

変形の最終段階デコンポーザー(分子分解銃)。

人間以外のドローンなどからの攻撃を受けた際に自動的に脅威判定が更新され変形します。デコンポーザーが撃たれた場合、機械自体が分子レベルで分解され消失します。

印象的なデコンポーザーのシーン

出典:https://mobile.twitter.com

デコンポーザーといえば、1期16話の悲劇が思い出されますね。

ノナタワーが槙島の狙いだと分かり、狡噛、朱、縢の3人でノナタワーに突入。二手に分かれ、縢は1人で地下に向かいますが、敵を倒したその先にあったのはなんと「シビュラシステムの本体」

シビュラシステムの正体を知ってしまった縢は、デコンポーザーによって分子レベルで分解されて遺体も残らず、文字通り消されてしまいました…。

本来ならば人にはデコンポーザーは作動しませんが、シビュラシステムの正体を知った縢はシビュラシステムの脅威になりえるということだったのでしょう。

ドミネーターMAXI(マキシ)

出典:http://webnewtype.com

そして、最近話題なのがこのドミネーターMAXI。かなり複雑な造形・変形をするドミネーターを、なんとついにリアルでの表現・商品化に成功したんです!(なお、デコンポーザーはなく、パラライザーとエリミネーターの変形のみ

パラライザーモードのみで光って話すドミネーターは昨年に19800円で商品化され大人気だったのですが、なんとこちらのドミネーターMAXIは79800円。高いなーと思いきや、動画を見るとついつい欲しくなっちゃうクオリティなんです!
http://youtu.be/kPQFGq9U5Pc朱ちゃんレイヤーさんも可愛い。

ドミネーターMAXIへの声

クオリティの高さに驚く声と同じくらい、お値段に驚く声が多いようです。ファンは喉から手が出るほど欲しいですよね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回調べてみて、PSYCHO-PASSの設定の細さに改めて驚きました。ドミネーターの活躍がもっと見たいですし、是非3期が見たいですね!サイコパスを応援していきましょう!

ここまで読んで下さりありがとうございました!