【特集】日本マンガ大賞2016のノミネート作品をご紹介!\t

とうとう今年もやってきました!日本マンガ大賞!1月の半ばに発表された、ノミネート作品のご紹介。あなたの注目作品はありましたか?

日本マンガ大賞って?

出典:http://soz.matchupp.com

「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」そんな気持ちが形になって、この賞は始まりました。

出典:http://www.mangataisho.com

2008年にできた、書店員を中心とし、さまざまな職種の有志が選考及び実行委員を務めるマンガ賞のことです。運営は、マンガ大賞実行委員会。

選考対象は、該当する年の1月1日から12月31日までに出版された単行本のうちで、最大巻数が8巻までの作品です。

過去受賞作品

出典:https://twitter.com

2015年  『かくかくしかじか』東村アキコ
2014年  『乙嫁語り』森薫
2013年  『海街diary』吉田秋生
2012年  『銀の匙 Silver Spoon』 荒川弘
2011年  『3月のライオン』羽海野チカ
2010年  『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
2009年  『ちはやふる』末次由紀
2008年  『岳』石塚真一

大賞受賞作の殆どは映像化のオファーがくるなど、その影響力絶大なようです。たしかにアニメ化だけではなく実写化された人気作がずらりと。

惜しくも大賞は逃した作品でも、『僕だけがいない街』『昭和元禄 落語心中』のように、今期のアニメ作品もノミネート作として顔を出しています。

また、条件さえ合えば何度でもノミネートされるのも特徴。『海街diary』は2008年以来5回のノミネートを経て大賞を受賞しました!

その年の者の心を掴む作品が知りたいなら、間違いなくこの賞を調べるのが一番ともいえるのではないでしょうか。

2016年 日本マンガ大賞ノミネート作発表

出典:http://www.mangataisho.com

1/1の、「マンガ大賞2016、今年もやります!」の一言から。今年の選考はスタートしました。

そして、1/18に、1次選考を通過した、得票数10位までのノミネート作品が公表されました!今年は同率順位を含めて計11作品が顔を揃えています。

今年上がった作品数はなんと、226タイトル。選考員は96人。そんな中勝ち抜いてきた、「今年の顔」を紹介します!

①『岡崎に捧ぐ』  山本さほ

出典:http://www.amazon.co.jp

「ブロスコミックアワード 2015」の大賞受賞や、「このマンガがすごい! 2016」のランクインもした作品です。元々はWEBサイト「note」で掲載されていたものだとか。

少し昔が懐かしくなる、そんな小さな女の子たちの友情が描かれたエッセイ。思わず笑みがこぼれること、あるあると呟いてしまうこと間違いなし。

②『恋は雨上がりのように』 眉月じゅん

出典:http://www.amazon.co.jp

恋愛コミックなら間違いなくコレ。17歳の女子高生と、45歳のおじさんの恋物語。

バイト先の店長への恋心だなんて、なんだか微笑ましい、第一印象ではそんなイメージを抱いてしまいそうな作品です。

ただ、読み進めていくと、その落ち着きを伴った甘酸っぱさが、恋を応援したくなる気持ちが、コミックのページを捲る手を止めさせてくれないって気づきます。

③『ゴールデンカムイ』  野田サトル

出典:http://www.amazon.co.jp

舞台は北海道、日露戦争の終わりに。日本の歴史を題材にした作品の一つです。北海道に秘められた金塊を巡る元軍人の物語。

北海道の過去をリアルに盛り込んだ、登場人物の魅力あり、文化の発見もあり。話題沸騰中のオススメの歴史漫画です。

④『ダンジョン飯』  九井諒子

出典:http://www.amazon.co.jp

「そうだ、モンスターを食べよう」 お腹を空かせた冒険者には、目の前にいるモンスターが食糧に見えてきて。食べてしまえばいいじゃないかという思考に。

狩りながら、食べる!RPGでよく見かけてきたモンスターたちが調理される、斬新すぎるグルメ漫画。グルメ好きRPG好きも必見です。

⑤『東京タラレバ娘』 東村アキコ

出典:http://www.amazon.co.jp

もはや常連と言ってもいい、東村アキコさんの作品です!「タラレバばかり言ってたら」そんな夢見た女子たちの物語。

甘い言葉に身を寄せて、自分たちをも甘えてきた、そんな女性にとっては心が痛くて仕方がなくなる作品。読んでみタラそんな気持ちになれます!

女子たちよ、幸あれ!

⑥『とんかつDJアゲ太郎』  イーピャオ/小山ゆうじろう

出典:http://www.amazon.co.jp

そもそもとんかつDJって何。そんな疑問が浮かぶタイトル。その正体は、「とんかつもフロアもアゲられる男になりたい!」という想いから。

修行に身を置きながらも、DJとしての活動も進めていく主人公。これはギャグ漫画?それとも音楽系漫画?融合された笑いたっぷりの作品です。

⑦『波よ聞いてくれ』  沙村広明

出典:http://www.amazon.co.jp

舞台は札幌。知り合ったラジオ局員によって自分の失恋トークをラジオで流されてしまった主人公は、あれよあれよという間にラジオ業界に呼ばれることに。

ラジオパーソナリティーとされてしまった彼女の「話の面白さ」が魅力的。きっと、ラジオが聞きたくなる作品です。

⑧『百万畳ラビリンス』 たかみち

出典:http://www.amazon.co.jp

ここは脱出できない迷路?不思議空間に身を置いてしまった凸凹コンビが謎を解いていくミステリーファンタジー。

誰もが傑作と口を揃える作品。離れたくなくなる、そんな異世界に。一緒に迷い込んでみては、いかがですか。

⑨『BLUE GIANT』 石塚真一

出典:http://www.amazon.co.jp

あの、『岳』を描いた石塚真一氏の最新作!

JAZZに心を揺さぶられた少年のお話。楽譜が読めない、それくらいの知識であった少年が、世界最高のジャズプレイヤーを目指すまで。

音が躍るように織りなすジャズが、紙の向こうから聞こえてきそうな。握り締めた拳と共に、応援したくなってしまう作品です。

⑩『僕だけがいない街』 三部けい

出典:http://www.amazon.co.jp

今期のアニメでも注目度トップクラス!連続誘拐殺人事件で殺された少女を巡る主人公のタイムリープ能力を扱ったサスペンスもの。

謎が謎を呼ぶとはこのこと。奇妙な緊張感が、絶対に癖になる。結末が想像できない、今一番追いかけたい作品でしょう。

⑪『町田くんの世界』  安藤ゆき

出典:http://www.amazon.co.jp

きっと、天性の人ったらし。特に「突出して何ができる」というわけではない主人公。ただ、彼はとにかく人を愛します。

そんな彼だから、みんなどうしても惹きつけられてしまうんです。読んでみればわかります。あなたもきっと惹きつけられてる。

おわりに

以上がノミネート作品です!二次選考の結果は、3/29(火)の授賞式をもって発表とのこと。結果が楽しみですね!