【ソードアート・オンライン】アニメ1期,2期の魅力を徹底解剖!【SAO】

「SAO」の略称で大人気のアニメ、ソードアート・オンライン。リアルバーチャルゲーム(ゲームの世界)から現実世界に戻れなくなったプレイヤーたち。秀逸な設定とキャラクターで大人気の作品です。今回はアニメの1期と2期、それぞれの魅力をざっくりまとめてみました!

ソードアート・オンラインのアニメについて

現在放送されているのは2期まで

出典:http://matome.naver.jp

ソードアート・オンライン(SAO)の原作は、現在第4章まで執筆されています。ちなみにアニメ化されているのは第3章までと外伝です。

第1期(全25話)→アインクラッド編、フェアリィ・ダンス編
第2期(全24話)→ファントム・バレット編、マザーズ・ロザリオ編

キリトが現在アニメ化されているところでダイブしたのは、「SAO」「ALO」「GGO」の3つのゲームです。それぞれが違った世界観で興味深いですね。

1期の魅力・見どころ

「現実に帰れない、デスゲーム」という設定

出典:http://matome.naver.jp

SAOの制作者である茅場晶彦からの、突然の「ログアウトは不可能。この世界での死は現実世界での死を意味する」という絶望的宣告

ゲームという、誰もが経験したことがあるような世界でのデス設定。命を懸けるという設定の物語は多く存在しますが、「突然ログアウトできなくなった」という設定が怖いですよね。

今の技術ではSAOのようなフルダイブMMOは存在しませんが、いずれもっと技術が発展したら…そう考えると恐ろしいです。しかし、テーマが重いほど視聴者も感情移入して見ることができますね。

近未来感が楽しい

出典:http://lightrend.com

SAOの世界では、食事をするのも着替えるのも、いちいち近未来感が漂っています。アスナに言わせると「手順が簡単すぎて面白くない」そうですが、単純に羨ましいですよね(笑)

服の着替えとかも全てボタン操作で済むなんて、羨ましい限りですよ。近未来感が好きな人はワクワクすると思います。

キリトのチートぶり

出典:http://matome.naver.jp

これは1期に限ったことではないかもしれませんが、キリトは中二臭いと言われるほどチートな設定です。βテスターとチートをかけ、「ビーター」というあだ名をキバオウからもらったくらいです(笑)

全プレイヤーの中で最速の反応速度を持ち、「黒の剣士」としてソロ攻略に勤しむキリト…最初は笑ってしまいましたが、「主人公最強設定」って見ていて楽しいですよね(笑)

アスナという良妻

出典:http://matome.naver.jp

最初こそ人見知りだったアスナですが、持ち前の戦闘技術を自信に血盟騎士団の副団長になったアスナ。キリトと徐々に関係が深まり、ついにゲームの世界で2人は結婚してしまいます。

もちろんゲームの世界だけの話でなく、現実世界に戻ってもずっと一緒に居ようという約束をしました。ゲームの世界で結婚をする人は実際居るみたいですが、SAOの場合もっとリアルですよね。

何より、このツンデレからのデレデレがたまらないアスナ。男性人気が非常に高く、「アスナは俺の嫁」という男性が後を絶ちません。女性からみても可愛くて強いので、見ていて応援したくなりますね。

キリトの迷言?名言が多い

出典:http://matome.naver.jp

以前キリトの名言をまとめていて気付いたのですが、キリトの名言は1期の方が断然多いです。しかし、キリトの名言には2種類あり…本当の名言と中二病臭い明言があります。

アインクラッド編は特に迷言が多いので、どんどん大人になっていくということでしょうか?(笑)いちいちかっこいいセリフを言うので、キリトのセリフだけでも楽しめますね(笑)

茅場晶彦との闘い

出典:http://jupitaroom.blog18.fc2.com

血盟騎士団の団長・ヒースクリフの正体は茅場晶彦でした。キリトとの決着デュエルからの、アインクラッド城崩壊はかなり見ごたえがありましたね!!

また、本来ならこんなデスゲームを作った茅場晶彦は「悪人」として認識されそうですが、キリト自身も認めており、視聴者も悪人とは思えません。

キリトが現実世界から帰った時、まるで見ている私たちの旅も終わったかのような不思議なすっきり感でしたね。

ALOという新しい世界

出典:http://www.4gamer.net

現実世界に戻ったキリトですが、アスナがまだ戻っていないこと、そしてALOで目撃情報があったことを知ります。トラウマになることなく、再びナーヴギアを手にしたキリト。

SAOの世界では英雄となったキリトが、今度は別のゲームでどういった戦いをするのかワクワクしましたね。しかし、「ステータスはそのまま」というかなりのチート設定でした(笑)

リーファの苦悩

出典:http://matome.naver.jp

キリトと共に旅をしたリーファですが、実は妹の直葉でした。視聴者はすぐにわかるのですが、当人たちはなかなか気づきません。

現実世界でキリトの事を好きだった直葉は「やっと別の人を好きになれた」と喜びますが、キリトが兄だと知って絶望します。健気で「こんな妹欲しい!」と大評判でしたね(笑)

オベイロンのゲスぶり

出典:http://minkara.carview.co.jp

アスナをやっと見つけたキリトですが、そこにオベイロン(須郷)が立ちふさがります。もうね、本当にこのオベイロンがゲスでクズなんですよ(笑)しかも、声優の子安さんがまた上手なんです(笑)

オベイロンのクズっぷりは凄まじくて、シリアスなシーンですが失笑してしまいましたよ(笑)そんなゲスをステータスを初期値に戻して倒すキリトはかっこいいですね!

2期の魅力・見どころ

ミステリー要素

出典:http://sao-crg.com

SAOは完璧なデスゲームで、ALOは完璧なゲーム世界でしたね。しかし、今度のGGOはログアウト可能なゲームなのに、なぜかゲームで受けた攻撃で死に至るというミステリー要素があります。

お偉いさんに頼まれたキリトは、調査の為GGOの世界にダイブすることになりました。しかし、そのステータスは初期値に戻したままのコンバートのため、前回のようなチート設定は無い…はずです(笑)

銃の世界

出典:http://animegamenet.blog.fc2.com

GGOの主な武器は銃であり、キリトも銃を用意することになります。(途中から平気で剣を使っていますが…)剣だけでなく、今度は銃の世界も楽しめるのでワクワクしました。

しかし、反射神経は相変わらずの化け物級のキリトでしたね。弾丸を斬ったり、弾丸の予測線を予測したりと相変わらずのチートでした(笑)

キリ子登場!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

キリトのアバターはどこからどう見ても女の子で、シノンが女の子だと勘違いしてくれているのを良い事に、積極的にネカマになります(笑)SAOの英雄が…ネカマに…(笑)中身はキリトですけどね!(笑)

トラウマを乗り越えるには

出典:http://matome.naver.jp

かつて現実世界で、自分や周りを守るために強盗犯を銃で撃ち殺した過去を持つシノン。シノンはキリトに「人を殺した記憶をどうやって乗り越えるのか」という質問をします。

キリトは「忘れないで考え続けることが最低限の償い」だと答えました。キリトがそんなトラウマを抱えていたとは、1期ではわかりませんでしたね。

変態すぎる新川君…

出典:http://blog.livedoor.jp

現実世界に戻ったシノンを待ち受けていたのは…友人であるはずの新川君。しかし、新川君は実はかなり危ない人で…(笑)キリトが助けに来てくれたから無事でしたが、「気持ち悪すぎる」の一言です(笑)

オベイロンといい、新川君といい、物語のクライマックスにゲスキャラが登場しますね!(笑)これがまた声優の保志さんが凄いんですけど!(笑)

絶剣・ユウキ

出典:http://sao-crg.com

2刀流でなかったにしろ、キリトですら勝つことができなかった剣士・絶剣。マザーズ・ロザリオ編の主人公格はアスナとなり、アスナの家庭環境やユウキとの出会いがメインとなります。

ユウキは実は…エイズに侵されており、その命は残りわずかでした。ソードアート・オンラインで現実の病気ネタが出ると思わなかったので、とても考えさせられましたね。

ラストは涙無しでは見られない仕上がりとなっています。

やっぱりSAOは面白い!!

Twitterの反応

https://www.youtube.com/watch?v=enRoI52wqdASAO
を見た人も、まだ見ていない人にもぜひ見て欲しいMADです。

最後に…

3期を希望!

出典:https://www.youtube.com

SAOの魅力は、「まるで自分がした体験かのように、入り込める」ところだと思います。秀逸な設定、キャラクター設定…どちらをとっても人気作品である理由がよくわかります。

まだまだ止まらないSAO人気、これからに期待しましょう!