【SHIROBAKO】主要キャラクターの声優・キャストをまとめてみた!

「アニメーション業界の今が、ここにある。」をキャッチコピーとしたアニメ「SHIROBAKO」の主人公を中心とした主要キャラクターのキャストを経歴、人物を交えながらまとめていきます!

「SHIROBAKO」とは?

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

上山高校アニメーション同好会の宮森あおい、安原絵麻、坂木しずか、藤堂美沙、今井みどりの5人は、いつかもう一度、共に商業アニメーションを作ろうと「ドーナツの誓い」を立てた。

その2年半後、アニメーション制作会社「武蔵野アニメーション」に就職したあおいは、同社7年ぶりとなる元請け作品『えくそだすっ!』に制作進行として携わることとなり、忙しい日々を過ごしていた。しかし、慣れてきた仕事に慢心するあおいを嘲笑うかのように、次々トラブルが発生する。足りない原画、過労で倒れるスタッフ、こだわりから仕事を増やす監督、社内で対立する2D班と3D班、上がってこない絵コンテ、抜けていくスタッフ。それらのトラブルと向き合いながら、あおいは多くの仲間、先輩に助けられながら、様々な人と出会い、成長していくのだった。

かつて高校の同好会で一緒に作品を作った仲間達もまた、悩みや挫折を抱え、向き合いながら過ごしていた。アニメーターの絵麻は原画マンとしての壁に苦悩し、声優を目指すしずかは役に手が届かず涙を飲む。3Dクリエイターを目指す美沙は現在の自分の居場所の先に理想を見出すことが出来ず、脚本家を目指すみどりは夢に向かって進み続けるあおいたちの姿に焦りを感じ始めていた。彼女達も、各々が先輩や仲間に支えられることで活路を見出し、「あの日の約束」という目標を目指して日々を歩んでいた。

出典:https://ja.wikipedia.org

花咲くいろは』に続く「働く女の子シリーズ」第2弾にあたるアニメでキャッチコピーとして「アニメーション業界の今が、ここにある。」という一文が使われているくらいかなりリアルに作られたアニメになっています。

アニメのタイトルである「SHIROBAKO」も制作会社が納品する白い箱に入ったビデオテープを指す映像業界用語になっています。

その白箱の完成を目指して、日々奮闘するアニメ業界の日常を、5人の夢追う若い女性を中心に描いた群像劇になっています。

リアルなアニメ業界を表現するためか、実在するアニメスタッフをモデルとしたキャラクターも多く登場します。

そんなアニメの主要登場人物5人に声をあてている声優さん5人をキャラクター、声優さんの画像と共に紹介していきます。

宮森 あおい(みやもり あおい)

出典:https://www.google.co.jp

「SHIROBAKO」の主人公です。作中の職場では「みゃーもり」と呼ばれることが多いですね。「みやもり」って意外と言いづらいからかもしれませんね(笑)高校時代の友人には「おいちゃん」と呼ばれていましたね。

再放送されていた「山はりねずみアンデスチャッキー」が好きで、これをきっかけとしてアニメーション制作を意識します。

作中では入社一年目に「えくそだすっ!」の制作として関わり、次の作品「第三飛行少女隊」時にはスタッフの離脱というきっかけがあったものの、制作デスクとしてアニメ制作に関わっていきます。

アニメ制作への心意気は人一番で、そのアニメ制作への姿勢は他のアニメスタッフを動かすほどです。入社一年目の新人ながらも一生懸命に働き、現場で活躍している姿に勇気をもらえるキャラクターになっていますね。

担当声優: 木村 珠莉(きむら じゅり)

出典:https://www.google.co.jp

木村 珠莉(きむら じゅり、6月7日 – )は、日本の女性声優。俳協ボイスアクターズスタジオ卒業。東京俳優生活協同組合所属。

福岡県出身、身長150.5cm

2010年俳協ボイスアクターズスタジオへ入所(第38期生)大阪14期生、翌2011年同事務所の所属となる[1]。

医療機器の取扱説明ビデオや株の商品説明ビデオなど、企業内向けビデオを中心にナレーションを務める[2][3]。

2014年、『SHIROBAKO』の主役・宮森あおい役に抜擢される[4]。初めてのキャラクターソングのみだけでなく、番組の企画にて同人アニメ制作も行なう。

出典:https://ja.wikipedia.org

「SHIROBAKO」への出演当時は新人で宮森あおい役で初めての主演だったらしいです。新人声優さんとは思えない演技でしたよね(笑)

もともとナレーター志望で声優業界に入ってきたらしく「SHIROBAKO」に出演したことがきっかけでアニメで芝居していくことを決意したそうです。

宮森あおいの持っている2つのぬいぐるみのロロミムジーの声もやっていたそうです。いろんな声を使い分けることのできる声優さんですね。

2013、2014年の出演作品は少なかったものの「SHIROBAKO」への出演を皮切りに2015年にはアニメ、ゲームで20個以上の作品に出演なさっています。

今はまだ脇役が多いですがこれからもっと輝きそうな声優さんですね!

安原 絵麻(やすはら えま)

出典:https://www.google.co.jp

武蔵野アニメーション所属のアニメーターさん。本人は自信なさげにしていますが、キャリア1年半で原画担当へ昇格しているあたりすごいアニメーターさんです。

真面目で几帳面な性格は原画を描くときにも出ていて、評価されています。その反面、内向的な部分があってスランプに陥っても他人に頼ったりしない傾向がある。

『第三飛行少女隊』制作時には動画から原画マンに昇格した久乃木の教育係となり、コミュニケーションが苦手な久乃木のフォローをしたり、技術的な指導を行っていました。

内向的な久乃木が絵麻を頼ったのは、絵麻が真面目で優しい人だと理解したからなのでしょうね。

担当声優:佳村 はるか(よしむら はるか)

出典:https://www.google.co.jp

日本ナレーション演技研究所出身で、『Anime-tv』にリポーターとして出演していた[4]。2009年4月1日よりアイムエンタープライズに所属[6]。

2012年8月8日、ソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』で登場人物の1人である「城ヶ崎美嘉」として、CDシングル「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 009 城ヶ崎美嘉」を日本コロムビアよりリリース[7]。2012年8月20日付のオリコン週間ランキングで最高13位を記録した[8][9]。

以降はラジオ番組『デレラジ』においてもパーソナリティとしてレギュラー出演を果たす[10]。2013年3月には日本ナレーション演技研究所の養成所を卒業した[11]。

出典:https://ja.wikipedia.org

佳村はるかさんも「SHIROBAKO」に出演していた当時は新人と呼べるような経歴だったようです。ソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』で登場人物の1人である「城ヶ崎美嘉」として、CDをリリースしており、そのCDは オリコン週間ランキングで最高13位を記録しました。

ただの新人さんではないことが分かりますよね(笑)本人は歌うことに苦手意識を持っていたようですが、そんな苦手意識も無くなってきているようです。

「SHIROBAKO」でもEDなんかで歌っていましたね。

歌以外のお芝居でも新人さんとは思えないほど上手でした!これからも期待の声優さんですね!

坂木 しずか(さかき しずか)

出典:https://www.google.co.jp

高校時代の仲間たちの中の声優さん枠。まだ声優業で生計を立てられるほど収入を得られていないため居酒屋でバイトしながら立派な声優になれるように頑張っていました。

ガヤの仕事がきたときは、やる気が空回りして悪目立ちしてしまっているシーンがありましたね(笑)それも彼女の声優業へのやる気の現れでしょうかね。

「第三飛行少女隊」のオーディションの時には木下監督に良い評価を受けていたものの、応募したキャラクターには選出されなかったが、後の追加キャラクターに合う声であると判断されそのキャラクターに抜擢されました。

あおいとしずかがスタジオで会うシーンは感動でしたね。

千菅 春香(ちすが はるか)

出典:https://www.google.co.jp

高校時代にテレビアニメ『マクロスF』を観ていたのがきっかけで[5]、2012年に「マクロスシリーズ」の30周年を記念する「ミス・マクロス30コンテスト」のシンガー・ウィング(歌手部門)に応募し、3000通を超える応募者の中からグランプリを獲得した[4]。『マクロスF』の歌姫であるシェリル・ノームに共感を抱いており、オーディションではシェリルの「妖精」を歌った[3]。

2013年2月、ゲームソフト『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』の主題歌を担当してファーストシングル「プラネット・クレイドル/ワンダーリング」をリリース。また、同作のヒロインの1人であるミーナ・フォルテ役で声優デビューも果たした。

2013年7月より新パーソナリティとして参加したラジオ、『夜中メイクが気になったから』にて「すがやん」[6]というあだ名がつけられた。尚、所属レーベルのフライングドッグ関係者からは「ちっすー」[7]、所属事務所のダンデライオン関係者からは「はるっぴ」[8]と呼ばれている。メインパーソナリティとして出演していたラジオ「ソウルイーターノット!NOTりラジオ!」においては「はるちゃん」[9]と呼ばれていた。また子供の頃は「はるぴー」[10]と呼ばれていたとリリースイベントで語っている。

2013年11月、オーディションでアニメの役としては初めて『SHIROBAKO』の坂木しずか役を射止める[11](放映開始は2014年10月)。

出典:https://ja.wikipedia.org

千菅 春香さんも「SHIROBAKO」に出演当時は新人声優とよべる経歴だったようです。坂木しずかも新人声優ということで、いろいろな意味ではまり役でしたね(笑)

「SHIROBAKO」で初の主要キャラクターへの起用だったようですが、すごく演技が上手だったように感じます。「下手な演技」が上手というとよくわからない感じですが、緊張している感じやから回っている感じが出ていてすごく良い演技だったと思います。

この業界に入るきっかけとなったマクロスの歌手部門のコンテストではグランプリを獲得するなど歌唱力もあるということでこれからもマルチに活躍していきそうですね!

藤堂 美沙(とうどう みさ)

出典:https://www.google.co.jp

高校時代の仲間たちの中の3Dクリエイター。3DCGの専門学校を卒業し、CG制作会社スーパーメディア・クリエイションズに入社していましたが、その会社ではホイールのCGの仕事しか請け負っておらず、自分の方向性とは違うと感じ、退社した。

後に、スタジオカナブンへ移籍し武蔵野アニメーションから請け負った「第三飛行少女隊」の制作に携わりました。

一度退職をしてはいるものの、その会社の上司からは成長を認められていました。アニメーターを目指した絵麻よりも自分の方が絵が下手だと思い3DCGの業界に方向転換をしたが、結局、画力は必要だということを実感し努力し続けていましたね。

担当声優:髙野 麻美(たかの あさみ)

出典:https://www.google.co.jp

10月25日生まれ、東京都出身。日本ナレーション演技研究所を経て、現事務所に所属。事務所の同期に木野双葉、洲崎綾がいる。

趣味・スポーツはライブ観戦、散歩、弓道、水泳。特技は弓道。所持資格は弓道初段。

ニックネームは「あっさむ」。

2014年に『SHIROBAKO』の藤堂美沙役で初めてメインキャラクターを担当する。

ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』で宮本フレデリカを演じる。

出典:http://dic.nicovideo.jp

主要キャラクターへの起用は「SHIROBAKO」が初めてのようですが、2011年くらいから声優としてのお仕事はしていらっしゃったようです。

こなしてきたお仕事は少なくてもかなり演技がお上手でした。

今井みどり役の大和田仁美さんと仲がいいご様子です。「SHIROBAKO」のメンバーは仲がいいみたいですね。

魅力のある声優さんですからこれからも活躍してほしいですね!

今井 みどり(いまい みどり)

出典:https://www.google.co.jp

高校自体の仲間の中で脚本家を目指す現役大学生です。「っす」という語尾が特徴的なキャラクターですよね。

好奇心旺盛で、資料を集めてまとめたりするのが得意なよう。脚本家になる方法が分からず、悩んでいたが、あおいのディーゼル車の資料集めを手伝う過程で監督の目に止まり、以後「ディーゼルさん」と呼ばれるようになりました。

「第三飛行少女隊」の制作時にも戦闘機の資料を集めレポートとしてまとめたものが評価され、アルバイト待遇で設定制作として採用されました。

ライターの舞茸に弟子入りすることは断られていますが、課題を出してもらうことで脚本家という夢に近づいていきます。

大和田 仁美(おおわだ ひとみ)

出典:https://www.google.co.jp

大学卒業後は就職し、同時に総合学園ヒューマンアカデミーの夜間・週末講座を受講。1年後に青二プロダクション(ジュニア)所属となる[2]。

2013年秋に行われた『SHIROBAKO』の主要キャラクター、宮森あおい・安原絵麻・坂木しずか役のオーディション[3]に挑戦するも、この時点では受からなかった。1年後に同作の「同級生役が決まった」との連絡を受け、最初は参加できることがただうれしかったが、台本で今井みどり役が5番目に掲載されていることと最初にPVの収録を行った現場で「これは主要キャラクターなんだ」との確信を持ったと語っている

出典:https://ja.wikipedia.org

2013年の「SHIROBAKO」のオーディション時はまだ脇役の多い声優さんだったようですが、「SHIROBAKO」では立派に務めていらっしゃいましたね。

大学卒業後に就職しつつ養成所に行くところからは努力する姿勢が感じられますよね。

2014年は脇役としての配役が多かったものの、2015年は名前のある役に配役されていて成長を感じます。

もっと他のアニメでも主要なキャラクターとしてお芝居している大和田さんを見たいですね!

SHIROBAKO声優を応援する人たち

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に…

出典:https://www.google.co.jp

「SHIROBAKO」の主要キャラクター自体、業界に入ったばかりの若者というのが前提にあるので、配役も新人声優さんにこだわったのでしょうかね。新人声優さんという先入観が無くても立派で上手な演技でした。

アイマスなんかでもこの5人の中から多数活躍しているらしいのでこれから先も彼女たちの動向に注目ですね。

余談ですがSHIROBAKOを見るとEDのクレジットの声優さんの欄とか制作陣の欄とか気にするようになりますよね(笑)

またSHIROBAKO声優の5人が共演する場面ができたら、またそれがSHIROBAKO2期であったらドラマチックですよね(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました!