次のヒット作はこれだ!全国書店員が選ぶマンガランキング2016が発表!

次のトレンドはこの漫画!?書店員が選んだおすすめコミックトップ10が発表されました!筆者も気になるこの10冊をご紹介します!

「全国書店員が選んだおすすめコミック」とは?

本のプロ、書店員にアンケートを取り、お勧めしたいマンガをランキングにした物

出典:http://www.honyaclub.com

日本出版販売株式会社が、全国の書店員にアンケートを取り、

「発刊が5巻以下のコミックで、お客様におすすめしたいマンガ」

をランキングしたものです。

日ごろから本に触れる機会の多い書店員がおすすめするコミックということで、全国のマンガ好きにも注目されているランキングです。

「マンガ大賞」や、「この漫画がすごい」に比べて知名度は低い物の、まだメディア露出の少ないコアな漫画が紹介されているという事で、毎年玄人好みのマンガが紹介されているランキングです。

過去には、「もやしもん(石川雅之)」「黒執事(枢やな)」「黒子のバスケ(藤巻忠俊)」「バクマン。(小畑健/大場つぐみ)」「進撃の巨人(諫山 創)」などなど、今やメディア化されている作品も多くランクインしているので、今回も今年のトレンドとなる作品が受賞している可能性も十分あります。

今回も気になる作品が多数ランクインしているので、紹介していきたいと思います!

10位 『応天の門』

平安時代版「相棒」!?千年前の日本を舞台にしたクライムサスペンス!

出典:http://arten.exblog.jp

第10位

応天の門

作者:灰原薬

出版社:新潮社

[概要]
時は、鬼やあやかし物が信じられてきた平安時代。クールな頭脳派の菅原道真と、ダンディな色男在原業平のコンビが、京の町で起こる事件に切り込むクライムサスペンス。

怪事件を、鬼やあやかしの仕業で片づけられていた時代に、この凸凹コンビが切り込む!

[感想]
本作は、ただ単に平安時代を舞台にしただけでなく、実際の時代背景を元にしたテイスティングの本格歴史物としても楽しめる作品です。

平安時代を舞台に、実際に見たものを書いたかのようなリアリティと、無骨なサスペンスが楽しめる作品です。

第9位 『高嶺と花』

玉の輿女子高生!?異色の「お見合いから始まる」ラブコメディ!

出典:http://www.neowing.co.jp

第9位
高嶺と花

作者:師走ゆき
出版社:白泉社

[概要]
元気で気の強い華の女子高生、「野々村 花」が、ひょんなことから財閥の御曹司「才原 高嶺」とお見合いする事に!しかし高圧的で口の悪い高嶺にブチ切れ!お見合い会場を飛び出す花だったが・・・。

高嶺「お前を気に入った。」

強引に連れまわされているうちに花の気持ちも次第に変わっていく・・・。

[感想]
オーソドックスな少女マンガに見えて、意外と笑えるドタバタラブコメディ。

キュンキュンしながらガッツリ笑えておすすめです!

第8位 『ヲタクに恋は難しい』

俺「読んでたら執筆進まねぇ・・・。」

出典:https://www.youtube.com


第8位
ヲタクに恋は難しい
作者ふじた
出版社:一迅社

[概要]
隠れ腐女子「成海」と、重度のオタクの「宏嵩」の不器用でモドカシイ恋を描いたヲタク系ラブコメ!

[感想]
俺「ピクシブで公開されてるやん、ちょっと読んでみよ。」

俺「(アマゾンで一巻購入)」

今回のトップ10の中で、一番のおすすめです。

各話完結で読みやすく、明るく楽しいラブコメディ。女性向けですが、きっと男性も楽しめる作品です。

第7位 『ゴールデンカムイ』

埋蔵金を中心に、ぐいぐい引き込まれるバイオレンスアクション!

出典:http://evacore.info

第7位
ゴールデンカムイ
作者:野田サトル
出版社:集英社

[概要]
日露戦争で鬼神のごとく戦果を挙げた「杉元佐一」は、気に入らない上官を半殺しにしてしまい、軍を退役。砂金を求めて北海道へ移り住む。

そこでアイヌの埋蔵金伝説を耳にし、一攫千金を狙うのだが・・・。

[感想]
何と言ってもいろいろリアル!

日露戦争の惨状のグロテスクさ、キャラクターの顔から伝わるリアルな感情。うまそうなメシ!

冒頭はバトルロワイヤルを思わせるバイオレンスな作品なのかと思いきや、結構笑える部分も多い印象。

ザ青年漫画の本作。オススメです!

第6位 「orange」

未来の自分から行動指示の手紙がきたら、あなたならどうする?

出典:http://matome.naver.jp

第6位
orange
作者:高野苺
出版社:双葉社

[概要]
高校二年生の菜穂に、ある日「10年後の自分」から未来を予想する手紙が届く。

今日遅刻する事、転校生が来ること。その彼を好きになる事。

菜穂はその手紙を元に後悔しない未来を掴めるのか?

[感想]
現役女子高生でデビューした高野苺が描くリアルな高校生活に、未来から手紙が届くというSF要素が見事にマッチした青春ラブストーリー。

甘酸っぱいラブストーリーとおもいきや、読み始めよりも深く濃い内容に進んでいきます。

すでに全5巻で完結しているので、ぜひ一気読みしてほしい作品です。

第5位 『だがしかし』

世代でわかれる感想「懐かしいwww」「え、このお菓子本当にあるの?」

出典:http://blog.livedoor.jp

第5位
だがしかし
作者:コトヤマ
出版社:小学館

[概要]
駄菓子屋の一人息子、「ココノツ」は実家の駄菓子屋を継ぐことを父から迫られる。マンガ家になりたいココノツは、駄菓子屋マニアの少女、「枝垂ほたる」と出会い、次第に駄菓子の世界に引きずり込まれていく・・・。

[感想]
平成一ケタ生まれなら、300円片手に遠足のおやつに駄菓子を買った経験があるはず。

そんな懐かしの駄菓子が主人公(?)の懐古ギャグ漫画!

読んだ後にはきっと近所の駄菓子屋をぐぐっていること必至!

すでにアニメ化もしているので、アニメ版も要チェック!

あぁ、豚メン食べたくなってきた。

第4位 『恋は雨上がりのように』

これがホントの甘酸っぱい恋。

出典:http://www.shogakukan.co.jp

第4位
恋は雨上がりのように
作者:眉月じゅん
出版社:小学館

[概要]
感情を表に出さないクールな17歳、「橘アキラ」が、恋をした相手はアルバイト先のファミレスのさえない店長。

女子高生とおじさんの、まさに甘酸っぱい純愛ラブストーリー。

[感想]
こんな子いたらいいなぁというクールな美少女と、こんな上司いたなぁというおっさんがリアルに描かれています。

逆にアキラのおっさんくささが見られたり、店長の純粋な部分が見られたり。

自分の中にはないと思っていたピュアな感情が呼び起されるような作品です。

第3位 『ブラッククローバー』

ワンピースに肩を並べる大作の予感!?大規模魔法ファンタジー!

出典:http://dokujan.blog36.fc2.com

第3位
ブラッククローバー
作者:田畠 裕基
出版社:集英社

[概要]
魔法がすべてのとある世界で、貧民の捨て子として生まれた「アスタ」。

アスタには魔力が宿っていなかったが、かつて世界を魔物から救った「魔法帝」を目指していた。同じ境遇の「ユノ」は、魔法使いとして開花するが、アスタは同じとき、また別な力を身に着けていた。

二人の少年が伝説の魔法帝を目指し成長していく、魔法ファンタジー。

[感想]
ザ王道アクションファンタジー!一話を読んで「久々に王道漫画がきたか!」という感想。

今「友情・努力・勝利」を感じたいならこの作品!

今後の展開に期待です。

第2位 『はたらく細胞』

これを読めば保健体育に強くなる!?

出典:http://number333.org

第2位
はたらく細胞
作者:清水茜
出版社:講談社

[概要]
君の体もこうなっている!?

新感覚細胞擬人化!細胞たちの働く姿を描いたアクションコメディ!

[感想]
面白くて為になる!保健体育のテスト前にはこれを読め!

ゆるーい感じかと思いきや、専門用語をふんだんにもりこんだ本格細胞擬人化アクションコメディ!

絵の描き込みも非常に繊細で、一コマ一コマ楽しめる作品です。

第1位 『ダンジョン飯』

スライム食えんの!?納得の第1位はこの作品!

出典:http://otaben.blog.jp

第1位
ダンジョン飯
作者:九井諒子
出版社:KADOKAWA

[概要]
腹が減っては戦はできず!?捕えられた仲間を助ける為に、ダンジョン内で自給自足!

スライムの天日干し!?マンドレイクのオムレツ!?

異色のRPGギャグコメディが今年の大賞!

[感想]
いやー、試し読みだけでずいぶん笑えました。おなじみのあのキャラこのキャラがどんどん調理されていく。

RPG好きならきっとどハマりすること間違いなしのこの作品が、全国書店員が選んだおすすめコミック 2016第一位です!

おめでとうございます!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

気になるマンガは見つかりましたか?

実は元書店員の筆者ですが、今回かなり濃い内容のランキングだったかと思います。

なんといっても、筆者自身が一番充実した気分になっています(笑)

ネット時代のいいところで、検索すればほぼすべての作品が各コミックサイトで試し読みできます。

どの作品も面白すぎて、この記事を書くのにずいぶん時間がかかってしまいました・・・(笑)

みなさんも、興味を持った作品を是非試し読みし、気に入れば購入してみてはいかがでしょうか?