早見沙織が演じたアニメキャラをまとめてみた

今や若手声優陣の中で大人気の早見沙織さん。毎クール作品で彼女の名前を見ないことはほぼありあせん。そんな彼女がこれまでに演じたキャラをまとめてみました。

早見沙織とは?

早見沙織のプロフィール


名前:早見 沙織(はやみ さおり)

愛称:はやみん、みさお

出身地:東京都

生年月日:1991年5月29日(24歳)※2016年2月現在

血液型:AB型

身長:164cm

職業:声優、歌手

事務所:アイムエンタープライズ


小学校4年生の時に「声優」の存在を知り、そこから志すことに。2004年には中学生ながらに日本ナレーション演技研究所のジュニアクラスに入所。その後、2006年にアイムエンタープライズのオーディションに合格し、現在に至る。

ドラマCDの「こはるびより」にて初仕事、更には2007年にTVアニメ「桃華月憚(とうかげったん)」にて主人公の川壁桃花役にてアニメデビュー。透明感のある特徴的な声で精霊(セキレイ)、天使(そらのおとしもの)、巫女(我が家のお稲荷さま。)等の神秘的なキャラクターを演じる事が多い。

また、幼少期より歌う事が大好きでその歌唱力にも定評があり声優デビュー時より数多くの主題歌やキャラクターソングを担当。2015年に「やさしい希望(赤髪の白雪姫OPテーマ)」にて待望のアーティストデビューも果たす。




主な出演作品

『セキレイ』結

出典:http://prcm.jp

161cm、48kg、本作のヒロイン。No.88。佐橋皆人が最初に羽化させたセキレイ。活発系の美少女で体格はどちらかと言うと華奢ながら作品中NO.2の巨乳の持ち主。

性格は明朗快活で天然ボケ。さらに負けず嫌い。自称・拳系(近接格闘系)のセキレイで、華奢な身体に似合わぬ怪力、機動力、スタミナの持ち主(月海曰く「体力バカ」)。

セキレイということを差し引いてもものすごい大飯喰らいで、唯一作れる料理のカレーライスはその基本が特盛のため、皆人にとって彼女の食事はややトラウマと化している。

『そらのおとしもの』イカロス

ある日突然空から降ってきた未確認生物で、戦略エンジェロイドタイプα(アルファ)「Ikaros」。身長162cm、体重48kg。スリーサイズはB88・W57・H85。

白い天使のような翼を持つ少女の姿をしている。地上に落ちた直後に智樹のことを「私の鳥籠(マイマスター)」として鎖で結ばれて以降、智樹のことを「マスター」と呼ぶ。

出会った頃は記憶と思考にプロテクトがかけられていたため、「愛玩用」エンジェロイドを名乗り、感情が希薄で人形のような少女であった。しかし、その正体は「空の女王(ウラヌス・クイーン)」と恐れられたエンジェロイドで、シナプスに封印されていたが、ダイダロスの手によって解放され智樹のもとへ落された。

『物語シリーズ』斧乃木余接

出典:http://dorara6220.blog.fc2.com

影縫余弦に付き従う憑藻神の童女。オレンジ色のドロストブラウスとティアードスカートという出で立ち。一人称は「僕」で登場初期は「僕は決め顔でそう言った」という台詞を語尾につける特徴的な話し方をしていた。(後にこの話し方は止めている。)

普通の人間ではなく、人間の死体をベースにした一種の付喪神である。人差し指をハンマーの如く巨大化させたり、驚異的な跳躍を行うなどの自身の体を爆発的に肥大化させる「アンリミテッド・ルールブック」という技を使う。

『東のエデン』森見 咲

出典:http://yuri0808.blog89.fc2.com

昭和64年1月6日生まれ。22歳。身長162cm。卒業間近の大学4年生。控えめの性格だが、時折思い切った行動を取る積極的な一面も持ち合わせている。

サークルの仲間と参加した卒業旅行の際にワシントンD、C、にてトラブルを引き起こす。そこに偶然現れた滝沢の機転で難を逃れ、一緒に日本に帰国した。

滝沢に対し「私の王子様」ではないかと当初から好意を寄せており、行動を共にすることで次第に想いを深めていく。

『えむえむぅ!』結野 嵐子

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

本作のヒロイン、太郎のクラスメイト彼のドM体質を目覚めさせた張本人。ぱっちりとした瞳に巨乳の美少女。

中学の頃、当時の恋人・吉岡からデートDVを受けたことから男性恐怖症となってしまい、男性に触れられると無意識殴る癖がある。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』新垣 あやせ

出典:http://bokete.jp

身長166cm、体重44kg、スリーサイズB80/W56/H83。桐乃の同級生親友。桐乃と同じくティーンス氏のモデルをしている。桐乃にはモデルの仕事に不慣れだった頃に助けてもらったり、また勉強を教わったりと公私共に世話になっており、憧憬に近い感情を抱いている。

オタクに対しては「犯罪者予備軍」「汚らわしくておぞましい趣味」といった強固な偏見や生理的嫌悪感を抱いている。

『魔法科高校の劣等生』司馬 深雪

出典:https://twitter.com

達也の妹で、本作のヒロインにしてもう一人の主人公。身長160cm、体重49kg。入学試験をトップの成績で合格し、新入生総代も務める。

才色兼備の具現ともいえるような、礼儀作法を崩さない一流の女子生徒である。「愛すべき欠点」とされるのが重度のブラコンであること(そのブラコンの度合いは常軌を逸するものである。)。兄への愛情を隠そうとすることなく、兄妹としては際どい関係を思わせる振る舞いも見せるが、本心か冗談か分からない部分がある。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』鶴見 知利子

出典:http://matome.naver.jp

大人っぽい性格で、趣味は読書。と同じ高校に通っている。集に追いつくために学業に励み、学年4位の成績を修めている。他人を気にしないそぶりだが、内心ではかなり気にかけている。

集とは一緒に行動することが多いため、学校では集に好意を寄せる女子達との関係はあまりよくない模様。自身も幼い頃から密かに集を想い続けているが、態度に表すことはほとんどなく、集には気づいてもらえなかった。

『山田くんと7人の魔女』白石 うらら

出典:http://www.animeranking.net

誕生日:漫画-1995年12月24日、 / 星座:山羊座 / 血液型:A型 / 身長:161cm、本作のヒロイン。私立朱雀高校2年B組。超常現象研究部部長。元入れ替わりの魔女。胸のサイズはEカップ。学年トップ学力を誇る。
キスした相手と精神を入れ替える能力」の持ち主であり、山田とキスして初めて能力が発現した。なお、本人は山田以外には能力を使いたがらず、第三者が入れ替わりを行う際は基本的に能力をコピーした山田が代行する。
自分に一途一本気な山田とは相思相愛の仲だが、山田が時に自分より他の魔女たちを救うことを優先したり、彼女たちとキスすることへの嫉妬から冷たく当たってしまったり、二人の恋は前途多難な模様。

『無彩限のファントム・ワールド』和泉 玲奈

出典:http://matomame.jp

身長157cm、血液型A型、誕生日3月3日。ホセア学院にやって来た編入生。晴彦と同学年。お嬢様のような見た目とは裏腹に大食らい。大口を開けてファントムを「食べる」ことで、ファントムを封印できる「ファントム・イーター」の能力を持つ。しかし何でも食べるというわけではなく、食べたくないものは食べたくない。また合気道を嗜んでいる。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

出典:http://atmatome.jp

一度聞き覚えてしまうと二度と忘れることのできない美声の持ち主、早見沙織さんの演じた数々の愛らしいキャラクター達は如何でしたでしょうか?まだまだ紹介したいキャラは沢山いますが今回は代表的なキャラを中心にご紹介させていただきました。

声優、歌手としてまだまだ若くますます今後の活躍が期待されますね。そんな早見沙織さんを皆様も是非ご一緒に暖かく応援していきましょう!