巴マミの声優、水橋かおりが演じた有名キャラまとめ【まどマギ】

水橋かおりさんといえば、巴マミ!と最近の方はそうイメージする方が多いかもれませんが、そんなことはありません!あんなキャラや、こんなキャラまで!と言うような昔から様々なキャラクターを演じているベテラン声優の一人です!今回はそんな水橋かおりさんの演じたキャラクターをまとめていきたいと思います!

巴マミとは

出典:http://image.search.yahoo.co.jp

巴マミといえば、魔法少女まどか☆マギカに登場する、願いを叶えて魔法の力を与えるキュウべぇと契約した魔法少女の一人。魔法少女としての経験が長く、見滝原一帯を縄張りに活動している先輩魔法少女。

その実力は登場する他の魔法少女よりも群を抜き、絶好調の状態なら時間を操る能力を持った暁美ほむらでさえ翻弄されるほどの実力を持つが、人一倍感受性が高く、孤独に戦ってきた巴マミは、魔法少女の悲しさを誰よりも知っている。

戦闘では主にマスケット銃を使い、魔女との戦いでは次から次へと銃を召喚しながら戦い、劇場版での暁美ほむらとの戦いでは、ほむらの銃弾の雨を全て相殺した。

その華麗さと、先輩らしい振る舞いや容姿に心を奪われたファンも多く、同作品の中で特に人気の高いキャラクター。

マミさんとほむらちゃんの迫力ある一騎打ち!

水橋かおりとは

出典:https://www.google.co.jp

1974年に生まれ、小さな頃から本のセリフを読むことが好きで、国語の授業では本読みになると妙に張り切る生徒だったそうです。中学生の時に声優という職業を知った彼女は、将来は「絶対に声優か、アニメーターになる」と声優という職業になるということに強い意志を持っていたそうです。

デビュー作は、ドラマCD「ワルキューレの伝説 外伝 ローザの冒険 」。2001年から始まったNHKのアニメ「カスミン」の主人公。春野カスミ役を演じ、一気に知名度を得ました。

さきほどご紹介した巴マミのような少女から、少年キャラまで様々なキャラクターを演じ、アニメやゲームが好きな方は必ずどこかで聞いたことがある、著名な声優の一人です。

演じたキャラクター

「魔界戦記ディスガイア」ラハール

出典:https://www.google.co.jp

個人的に、水橋かおりさんといえばこのキャラです!!ソフトメーカー日本一が贈る史上最強のやりこみゲーム。魔界戦記ディスガイアシリーズの初代主人公。

魔王クリチェフスコイと人間との間に生まれたハーフの悪魔。性格はわがままで、愛や正義といった言葉と、ムチムチした女性が大嫌い。

見た目は子供のようですが、そこはやはり魔王の子で、年齢は1300歳を超えています。天使見習いのフロンと、大勢のプリニーを従える家来エトナとともに、父クリチェフスコイのの跡目を継ぎ、偉大な魔王になるために、元気に魔界を旅します。



「ゼルダの伝説 時のオカリナ」ナビィ

出典:https://www.google.co.jp

今となっては有名かもしれませんが、ニンテンドー64で発売された屈指の神ゲー。ゼルダの伝説時のオカリナの主人公リンクとともに旅をする妖精「ナビィ」の声も、水橋かおりさんが担当しました!

ハイラル城から遠く離れた、コキリの森と呼ばれる小さな村で、デクの木サマと共に暮らす一族の妖精ナビィは、ある日妖精ナシと虐められていた少年と共に度に出ることとなります。

冒険では立ちはだかる敵の弱点や戦い方を教えてくれたり、独自システム「Z注目」の目印となったりしてくれたりと、主人公の冒険をサポートしてくれます。

ゼルダの伝説シリーズではサポートキャラクターが多く登場しますが、その中でも人気が高く、知名度も一番高いといえるでしょう。

事あるごとにヘイ!リッスン!と陽気に話しかけてくれる彼女は、過酷な冒険の中の癒やしと言えますが、海外での評判はあまり良くないのが玉に瑕。

「カスミン」春野カスミ

出典:http://ord.yahoo.co.jp

水橋かおりさんのちメイドを一気に上げた、NHKの人気アニメ「カスミン」の主人公。

科学者の両親を持つ小学四年生の女の子。両親が研究のため、アフリカへ行ってしまった事を期に、霞家での下宿生活が始まります。頑張りやで負けず嫌いな彼女は、どんな時でも「こんじょだ、こんじょ!」と気合を入れて頑張っています。

家事仕事が得意な彼女は、特に料理が得意で、その腕前はプロ並だと言われるほど。

Twitterの反応は……。

最後に

今回は魔法少女まどか☆マギカのキャラクター、巴マミさんと、担当する声優水橋かおりさんの演じたキャラクターについてご紹介させていただきました。

個人的にも大好きな声優なので、もっと詳しくご紹介していきたいところですが、今回はここまで!それでは皆さん、「はぁーっはっはっは!」