ジョジョ5部の名言・名シーン10選!【ジョジョの奇妙な冒険】

超個性的なキャラたちのひしめく「ジョジョ」シリーズのなかでも濃ゆいイケメンキャラが多いのが5部!彼らの繰り広げた熱い群青劇を名言とともに振り返ってみましょう!

①「このジョルノ・ジョバァーナには、夢がある」


JC49巻より、ジョルノの台詞

出典:http://jojotheworld.com

まずは5部の主人公、ジョルノが自分のギャングスターになるという自分の夢を語る名台詞。作中に数回出てくる台詞であり、ジョルノ・ジョバァーナといえばこの台詞!という人も多いのではないでしょうか。

15歳という若さながら3部の承太郎にも負けず劣らずクールな主人公であるジョルノですが、自らの夢や仲間たちとの友情に関しては熱い一面を持っています。

②「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!」

JC55巻よりジョルノの台詞

出典:http://jojotheworld.com

再びジョルノの名台詞。ミスタとの共闘時、絶体絶命のピンチのときにジョルノが語った「覚悟」は、決して生きるのを諦めて命を投げ出すという意味ではありませんでした。

この言葉を聞いたミスタは心を動かされますが、多くの読者もミスタとともに心をゆさぶられたのではないでしょうか。

③「覚悟はいいか?俺はできてる」

JC53巻よりブチャラティの台詞

出典:http://jojotheworld.com

『任務は遂行する』『部下も守る』「両方」やらなくっちゃあならないってのが、「幹部」のつらいところだな。 という前置きが入ってからの台詞。②のジョルノに続きブチャラティの「覚悟」です。

カリスマ性のあるリーダーながら誰よりも優しいブチャラティ。何を言ってもかっこいいですが、この台詞はとくに痺れます。

④「アリーヴェデルチ!(さよならだ)」

JC53巻よりブチャラティの台詞

出典:http://jojotheworld.com

ブチャラティのスタンド、スティッキー・フィンガーズのラッシュ時の台詞。アリアリアリアリ…という掛け声とともに繰り出される無数の拳を浴びた対象はジッパーでばらばらになってしまいます。

ナランチャのエアロスミスのボラボラボラボラ…とともに一度見たら忘れられない名台詞です。

⑤「ブチャラティィィィィィィィィ、行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォ――ッ!!」

JC56巻よりナランチャの台詞

出典:walhaou.blog.fc2.com

チーム・ブチャラティのなかでひときわ見た目も精神も幼いナランチャ。信頼するブチャラティの命令なしでは自分のことを決められなかった彼がはじめて「自分の意思で」ブチャラティたち仲間とともに危険な旅に出ることを決意したときの名台詞。

信じる人に見捨てられたトリッシュに自らを重ねながら下手くそなクロールで一生懸命に仲間たちのボートを追いかける姿には涙がこみ上げてきます。

⑥「大切なのは、『真実に向かおうとする意志』だと思っている」

JC59巻よりアバッキオの元同僚の警官の台詞

出典:taokasu.blog114.fc2.com

死に際したアバッキオがかつて自分の汚職が原因で命を落とした同僚と対話するシーンの同僚の台詞。なんでも中途半端に終わってしまうと自分の人生を嘆くアバッキオを、結果よりもそこに辿り着こうとする意思が尊いのだと優しく説きます。

ほかに比べるとインパクトでは劣るかもしれませんが、日常での心の支えにもなるような、5部のなかでも1,2を争う名シーンではないでしょうか。

⑦「『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」

JC53巻よりプロシュートの台詞

出典:http://jojotheworld.com

登場したコマ数こそ多くないものの、ファンの間では4部の虹村形兆、6部のエルメェス=コステロとともに「ジョジョ三大兄貴」とされ人気のある敵キャラ・プロシュートの名言です。

彼はぬるい馴れ合いや口先だけの人物を嫌い、無言実行というギャングの男らしい道を身体を張って弟分のペッシに教えています。

出典:http://pbs.twimg.com

⑧「ディ・モールト、ディ・モールト(非常に非常に)良いぞッ!」

54巻よりメローネの台詞

出典:http://blog.livedoor.jp

ブチャラティ一行の行く先に立ちふさがる個性的な敵集団・暗殺チームのなかでも変態的な言動が目立つメローネの台詞。電車内で出会った女性のかばんを突然漁り、平手打ちを食らった際にその手をぺろりと舐めたという鮮烈なシーンで用いられました。

ただの変態に見えてしまいがですが、彼のスタンド「ベイビィ・フェイス」はブチャラティとトリッシュを倒し、ジョルノも追い詰めるとなかなかの強敵っぷりでした。

出典:http://pbs.twimg.com

⑨「国語の教師か、うう…うう…うおお、おっ、おっ、オメーはよォォォォ」

JC60巻よりセッコの台詞

出典:https://twitter.com

チョコラータの元患者であるセッコがブチャラティとの戦いで後一歩で自分の言いたかった言葉を思い出せそうなところでブチャラティに先を越されてしまったときの台詞。

セッコはあまり教養がなく動物的な描かれ方をしていますが、あらゆるものを泥にしてしまうスタンド「オアシス」を用いた戦闘能力は5部でも片手の指には入る高さであるように思います。おそるべし。

⑩「人の成長は…………未熟な過去に打ち勝つことだとな…」

JC61巻ディアボロの台詞

出典:http://jojosoku.com

パッショーネのボスにして5部のラスボスであるディアボロ。彼の信念は

「永遠の絶頂に居続ける」ことであり、邪魔するものは自らの部下であっても決して許しません。

そして自らの「過去」が原因で栄華が崩れ去るのを恐れており、実子のトリッシュすらも野望のために葬り去ろうとします。これがブチャラティの逆鱗に触れ、後に彼らとの壮大な戦いの契機となりました。

最後に

出典:https://www.google.co.jp


いかがでしたでしょうか?ジョルノやブチャラティをはじめとする主人公サイドもさることながら敵キャラクターたちも非常に魅力的で、台詞を10個に絞るのが大変でした。これを機にお気に入りの台詞やシーンを読み返してみていただければ幸いです。それではアリーヴェデルチ!!