【ノラガミ】アニメ2期までのあらすじ・ストーリーをまとめてみた

勢いが止まらない!!人気アニメ・ノラガミについて調べてみたのであらすじや魅力を思う存分楽しむといいぞ!!

http://youtu.be/LAJwLJF6qUs

ジャージ男が神様?!

デリバリーゴッド・夜トでーす!

黒いジャージ・ボロっボロのスカーフ(オシャレのつもりだがヨダレかけと言われている)をつけた"自称"神様の夜ト。
街中の至るところに電話番号を書き込み依頼なら何でも引き受ける"デリバリーゴッド"で生計を立てている

料金はなんと!!お賽銭(5円)という激安価格!!
依頼のため「ウエサマ(猫)」を探していたところ車が突進してきてひよりに助けられるが・・・ひよりは轢かれてしまう。
軽症で済んだが、無意識に霊体になってしまう変な体質になってしまったひよりは、夜トに治してもらうため一緒に行動するようになる。

神が使う武器・・・「神器」

ひよりを助けようにも夜トには武器となる神器がいない(序盤にフラれた)

その事を知ったひよりは自ら夜トの神器を探しにいくが、神器すらわかっておらず妖を連れてきてしまう。

夜トは慌ててひよりを引っ張って逃げるが妖は追いかけてくる。神器がいなければ妖を斬ることすら出来ない。
そんな中ひとつの小さな雪のような霊体が見えた。「あれだ!」夜トはすかさず傍に行き神器に召し上げた。
還る場もなく
逝くこともままならない
おまえに
留まる場を与える
我が名は夜ト

諱を握りて
ここに留めん
仮名を以て
我が僕とす
名は訓いて
器は音に
我が命にて
神器となさん
名は雪(ゆき)
器(き)は雪(せつ)
来い雪器!
神器となった霊体は鋭い刃となった。そして妖に立ち向かう夜ト。
豊葦原中国
荒びたらせぬ
彼のものよ
我 夜ト神
来り降り
雪器を以て
砕き伏せ
草々の障り穢れを打ち払わん!
斬!
言葉と共に向けられた刃により妖は消えた。神器・雪音は14歳という若さで亡くなった少年の霊体。ここから3人の物語が始まる。

深まっていく絆

雪音の反抗期

神器・雪音を見つけた夜トだが、お社を持たず天神さまのお社で寝泊りし、ご飯もまともに食べられない。

心配したひよりが家に連れて帰り世話をする。夜がこわい雪音と共に一緒に寝てあげるが、雪音は14歳の男の子。下心で触ろうとしてしまう。
そのとき夜トが突然出てきて「俺とお前は繋がってるから悪いことすると俺の身体が刺される」と説教。
そんなことまったく気にしていない雪音は人の目に留まらない事を利用し、スケボーやお金を盗んだり、窓ガラスを割って歩いたり、荒れ狂ってしまう。
その事が原因で夜トは刺されすぎて堕ちてしまい、雪音は妖に成り果てようとしていた。

慌てたひよりは夜トの知り合いの貧乏神・小福に助けを求める。2人を助けるために神器を3人集め禊を行い、夜トの本音とひよりの励ましにより雪音は更生する。

この後の雪音の成長っぷりがすごいです。夜トのほうが子供になってしまいました。小福の元でバイトしたり・・・ひよりに勉強を習ったり・・・。

夜トのもう1人の神器

夜トが幼い頃、初めての神器を手に入れた。元は父の神器で、不特定多数の神様の裏の神器として動いている白装束をつけたおかっぱの女の子だ。

女の子の名前はたくさんあるが、夜トがつけた名は緋。"野良"と呼ばれ神々に忌み嫌われている。
この子を使う時は人を斬る時。夜トの暗い過去だ。ひよりと出会い雪音を手にした夜トは人斬りを辞め、人を幸せにする神様になりたいと誓うが、それを止めようとする野良。

夜トと共に人斬りをしていた男"蠃蚌"と協力し、ひよりの記憶を奪う。
ひよりの記憶を取り戻すために蠃蚌の元に向かった夜トと雪音。接戦だったが見事勝利し、ひよりを救うのであった。
帰り道、夜トはひよりの身を案じて縁を切ろうとするが「これからも夜トと一緒に居たいんです」と言うひよりに負け、一緒にいることを誓う。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

ノラガミ-ARAGOT-(2期 )

神器の思い

5円”で依頼を受ける(自称)“デリバリーゴッド”の夜トは、“神器”の雪音、“半妖”のひよりと共に、相変わらず貧乏で最悪な生活を送っていた。

そんなある日、夜トは妖を斬り伏せた現場で一枚の“”を見つける。

一方、夜トの天敵である“最強武神”の毘沙門は、抱える神器の数を増やし続けていた。身体への負担を心配する兆麻。それでも“死霊”を見捨てることの出来ない毘沙門は……

初めてのお友達

雪音に初めてのお友達ができた。桜の木を一生懸命育てている男の子だ。だが、その子は毘沙門の神器であり、妖に殺されてしまう。

夜ト神の禊を行った事が毘沙門にバレて追放されてしまった兆麻。夜ト達と共に行動をするが、毘沙門の神器の一人(裏切り者)にひよりと一緒に監禁されてしまう。

毘沙門の仕業と思った夜トは高天原に乗り込み戦う。毘沙門の神器のほとんどが妖となり、荒れ果てていく。それを見た夜トは真犯人を見つけ、ひより達を助ける。毘沙門はけじめをつけるために自らの神器を斬った。
ギスギスな関係だが2人は和解をした。そんな中夜トが突然行方不明に。夜トの存在を忘れかけてしまうひより。恵比寿と共に黄泉にいるという事を聞き、雪音・小福・毘沙門と連れ戻しに向かう。

筆を手に持った恵比寿。術師と勘違いされ天に討伐されてしまう。「助けられなかった」皆は代替わりしてしまった小さな恵比寿に今度こそは自分の道を歩んで欲しいと願った。

道を示せ・・・雪音!!

夜トは雪音に人斬りをしていた過去を告げた。「もうあぁゆう事はしたくない」夜トの本音だ。

そこに野良がやってくる。「父様が褒めてくれるよ?帰ろう」と。夜トはもう人斬りはしない、人を幸せする神様になりたい、と心を決め、野良を神器から放つ。
その覚悟を見届けた雪音とひよりは人を幸せにする神様になれるよう共に歩むと約束した。

人々に平和と幸せを。これからは人ではなく妖を斬り続け、壊す神から守る神になっていく。

最後に・・・

ここまでの長文にお付き合い頂き、本当にありがとうございました!

【ノラガミ】の魅力や世界観が伝わりましたでしょうか??"自称"デリバリーゴッドのだらしない神様の夜ト。それを支える"神器"の雪音と"半妖"のひより。3人の活躍が見どころです。今回はあらすじをわかりやすいよう大きなストーリーにまとめましたが、一つ一つの世界観に魅力があり、生活感のある回はとても楽しく鑑賞できます。

それぞれの心情などを考察しながら、見直してみるのも楽しみの1つとしてオススメです♪それでは!