結局、ゲンスルーってどのくらい強いの?その強さを徹底考察!

ゲンスルーとは「ハンターハンター」の登場人物。



G・I(グリードアイランド)編でゲーム内でプレイヤーを狩る、爆弾魔(ボマー)としてゴンたちと対決する。

漫画では今のところG・I編でしか登場していないが、その強さはどれくらいなのか考察してみた。

爆弾魔(ボマー)・ゲンスルー

一握りの火薬(リトルフラワー)

出典:http://full.mi.mixi.jp

ゲンスルーが手でつかんだものをすべて爆発させてしまう変化形の念能力。強力だが、爆発の威力より強いオーラを手を覆う必要がある。

主に接近戦で要となる能力なので、敵は近づくのを躊躇してしまう。

その威力は絶大で主人公ゴンの右腕を爆散させる程である

命の音(カウントダウン)

時限爆弾を体に取り付けさせることができる。起爆も自由。

出典:http://bokete.jp

一つ目、相手の爆破させたい部分に触れ、「爆弾魔(ボマー)」と言う

二つ目、相手の目の前で「一握りの火薬(リトルフラワー)」 「命の音(カウントダウン)」の説明をする。

この二つの条件をクリアすると時限爆弾が具現化し、カウントダウンが発動される。

6000のカウントから始まり、ゼロになると爆発してしまう。

その威力は、一握りの火薬(リトルフラワー)の10倍。
解除方法は、発動者(ゲンスルー)体に触れ、「爆弾魔(ボマー)捕まえた」と言う。

解放(リリース) その真実は…

出典:http://www.logsoku.com

ゲンスルーには「解放(リリース)」という技がある。 

これは最初「命の音(カウントダウン)」の解除の合図だと思われていたが、実際はカウントを無視して、強制爆発させるものであり、これによって大勢のプレイヤーが爆死した。

ハンターハンターの中でももっとも残虐なシーンとして有名である。

徹底的な悪役ぶり

出典:http://huntersokuho.com

元々、雇われたプレイヤーの一人であり、スペルカードを独占し、ゲームクリアをいち早く目指す組「ハメ組」の一員であったゲンスルーは組の中で虎視眈々と裏切りの準備を進めていた。

仲間のサブ、バラとともに、爆弾魔(ボマー)の噂を教えながら、着々と命の音(カウントダウン)を全員に発動させていた。

見事に裏切は成功し、ゲンスルーは90種類以上のスペルカードを集めることができた。 

そして最後には、全員を解放してやると嘘をついて爆殺してしまう。

このことから、ゲンスルーは残忍でひどい男だが、計画性があり、非常に頭の切れるキャラだということがうかがえる

仲間内の絆

出典:https://twitter.com

ハンターハンターの世界は仲間割れや裏切りが多発する非常に穏やかではない世界だ。

そんな中、ゲンスルーはハメ組こそ裏切ったもののサブ、バラを裏切ることはしなかった。なぜなら3人は深い絆で結ばれているからだ。「これもいっつも言ってるだろ ヤバイ橋を渡る時は3人いっしょだ」

これは3人でリスクの高い作戦を実行しようとしたときにゲンスルーが放った一言である。

この発言からこの3人の深い絆が垣間見える、ゲンスルーの名言だ。3人とも負傷を負ったとき、ゲンスルーは自分よりケガがひどい仲間をを先に治療させてあげた

しかし肝心の実力の方は…?

出典:http://www.logsoku.com

ゲンスルーは登場回数が少ないためその実力を比較することが難しい。

ゲンスルーはバトルらしいバトルしたといえばゴン=フリークスと戦ったくらいである。 

ただ、G・I編のゴンの実力は最強とは言えないが、トップレベルには組み込んでいるのは事実である。

そんなゴンの右手をつぶしたゲンスルーは相当の実力者であろう。

さらには、ゴン達は対ゲンスルー戦のために作戦を練ってからの戦闘なので元の実力ならばゴンよりゲンスルーの強いのは明らかなのである。

おそらく個人的にはヒソカと同等の実力をゲンスルーは持っていると考えている
ただ、弱点の顎をけられた時の動揺はメンタルを疑うような驚きである(笑)

最後に

出典:http://prcm.jp

正直、物語の中盤ゲンスルーは弱いプレイヤーを狩っていて大ボスにしてはショボいことをやっていたが、それもまた彼が合理的にゲームをクリアさせるための手段であり、ゲンスルーらしいといえばゲンスルーらしいのである。

しかしその能力は複数の爆弾を同時に爆破かつ、時間制限までもつけられるというのは、ハンターハンターの能力の中でも十分トップクラスに入るといえるだろう。

さらに絆にも厚いその性格は、ハンターハンターの敵の中でも、稀に見れるものであり読者の印象に非常に強く残った存在である。