花澤香菜が演じたゲームのキャラをまとめてみた

現在最も勢いのある声優として名高い花澤香菜さんは、アニメやゲーム問わず様々な作品でご活躍されています。花澤香菜さんといえば思い浮かぶキャラクターが沢山いると思いますが、今回は、ゲーム作品のキャラに絞って、彼女の担当したキャラクターをご紹介していきたいと思います。

花澤香菜さんとは

出典:https://www.google.co.jp

花澤香菜さんとは、皆さんご存知でしょうが、現在最も人気の声優。様々なアニメ、ゲーム作品のキャラクターを演じ、声優だけではなく歌手やタレント業なども行っています。

元々は子役だった彼女は、2003年に初めて声優としてデビューし、本格的に声優として活動し始めたのは2007年から。

その後声優として一気に知名度を上げ、現在も数々の作品のキャラクターを演じています。

愛称は「ざーさん」 声の特徴は、美しく澄んだ声質と言われ、それが人気の理由だと言われているそう。

人気声優と言ってもただの人気の一言では表せられないほど数々の作品に引っ張りだこで、本当に様々な作品に登場しています。

一部アニメファンからは「また(ヒロインが)ざーさんか!!」と言われるほどで、彼らにとっては少々食傷気味なのかもしれません。

それがまさに彼女の人気さを表していると言えるでしょう。

花澤香菜さんが演じたゲームキャラクター

「STEINS;GATE」 椎名まゆり

出典:https://www.google.co.jp

彼女の担当した数々のキャラクターでも、ゲームキャラならまずはこの、椎名まゆりをイメージする方が多いんじゃないでしょうか。

5pb(現在はMAGES.)から発売されたアドベンチャーゲーム。後にアニメ化もされ一時代を築いた「STEINS;GATE」のヒロイン。

機関に追われるマッドサイエンティスト鳳凰院凶真……と言う脳内設定の大学生、主人公岡部倫太郎「通称オカリン」の人質……と言う中二病気分が抜けない主人公オカリンを支える優しい少女。

椎名まゆりは、岡部倫太郎が借りているタダ同然のビルの一室を研究機関、未来ガジェット研究所とし、そのメンバー(通称ラボメン)である彼女は、

岡部倫太郎、友人の橋田至、そして椎名まゆりの三人で毎日のように集まっては、二人のくだらない発明を自身の趣味であるコスプレ衣装の裁縫をしながら見守り、彼らの日常を支えています。

一人称は「まゆしぃ」口癖は、「トゥットゥルー!」と陽気に話しかけ、オカリン、ダル君など、ラボメン達を自分が呼びやすいようにニックネームを付けて呼んでいます。

「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」 マリー

出典:http://utsuyama27.com

個人的には花澤香菜さんが演じたゲームキャラクターで一番好きなのはマリーちゃんです!

彼女は記憶を無くし、自分が何者であるかわからないまま彷徨っていた所、訪れる者に不思議なチカラを与え、その力で成すことをサポートする「ベルベットルーム」にたどり着き、住人であるマーガレットにマリーと名付けられる。

両親が海外に出張へ行ったことで、警察官である叔父、堂島遼太郎の元に預けられることとなった主人公(アニメでは鳴上悠)と出会い、彼の町で起こる奇妙な連続殺人事件を捜査する「自称特別捜査隊」のメンバーとともに、事件の捜査と、彼女の記憶を取り戻すための手がかりを探していきます。

子供のような性格で、誰に対しても無愛想に振る舞う彼女は、感情的になると「ばかきらいさいてー」などと、罵倒の羅列を棒読みのように放つのが彼女の個性。

自身の心を詩にしたポエムを書くと言う隠れた趣味があり、その内容はハッキリ言ってイタい。本人はそれを隠しているつもりでも、ゲームの進行と共に書いたポエムが見つかってしまい、あまりの恥ずかしさに主人公に対して必死に迫るのが、連続殺人事件と言う暗いテーマの癒やしで、その可愛さはペルソナ4の中でも随一です!

ちなみにそのポエムは花澤香菜さんのフルボイスで読まれ、内容はもちろん花澤香菜さんの秀逸な演技も合わさって、破壊力は抜群です。


マリーのポエム!

「神次元ゲイムネプテューヌV」プルルート

出典:https://www.google.co.jp

最後はネプテューヌシリーズから、プルルートちゃんのご紹介です!

彼女は別次元にあるもう一つのプラネテューヌを治める守護女神。見た目の通りほんわかとした天然な性格で、誰に対しても優しく、めったに怒らないが、一度怒らせてしまうとおっとりと性格が豹変し女神としての姿「アイリスハート」となり、収集がつかないほどの事態を起こす。

裁縫(ぬいぐるみ作り)が得意で、戦闘でも縫いぐるみとして使ったり、仲間になった者のぬいぐるみを自作したりと、可愛らしい女神です。

しかし、怒らせて女神化してしまった状態では、敵味方問わずいたぶることが大好きなサディストへと豹変し、武器の蛇腹剣を片手に相手にトラウマを与える。

出典:http://stat.ameba.jp

Twitterの反応

最後に……

今回は声優、花澤香菜さんについて、そして花澤香菜さんの演じたキャラクターのご紹介をさせていただきました。

本当はもっともっとご紹介していきたいところですが、如何せん花澤香菜さんのキャラクターが多すぎて、とても紹介しきれませんでした……。

まだまだ人気絶頂の彼女はこれから更に出演作品を増やしていくのでしょう。

それでは皆さん「トゥットゥルー!」