死神代行!黒崎一護の魅力を徹底解剖【ブリーチ】

見た目はまるで不良、しかし実態は義に厚く、心優しき兄貴。ブリーチの主人公、死神代行・黒崎一護。今回そのブリーチにおける黒崎一護(くろさき いちご)の魅力について迫ります。

黒崎一護の概要

プロフィール

出典:http://file.arion03.blog.shinobi.jp

身長174cm、体重61kg、血液型AO、誕生日7月15日の15歳。死神代行消失篇からは身長181cm、体重66kg、17歳に。CVは森田成一さん(幼少期は松岡由貴さん)。

髪は地毛で、眼つきの鋭さから因縁をつけられることが多く、それらの対処をしていたら更に悪名が広まり、不良扱いされるように。

しかし、本人は親につけられた「護」という名前を大事にしており、友情に厚く家族思いの心優しい性格だ。

出典:https://www.google.co.jp

悪評が悪評を呼ぶ悪循環。その一方で、少しでも真面目にみられるために、勉学に勤しんでいる

ただし名前を覚えるのが苦手だったり、喧嘩っ早い、口が悪いせいで少しも意味を成していないジャンプの主人公なんて大体が脳筋だから問題ない。

作中での活躍

出典:https://www.google.co.jp

一般人と比べて、頭抜けた霊感の持ち主で、普通の人間には見えないはずの死神が見える。それが災いして、虚との戦闘に巻き込まれてしまう。

虚の襲撃から一護の家族を庇って重傷を負ったルキアから霊力を託され、死神代行として虚たちと戦い始めることに。

出典:https://www.google.co.jp

仕方なかったとはいえ、ルキアによる死神としての力の譲渡は重罪。連れ戻しに来た朽木白哉になす術無く敗北するが、そこはジャンプの主人公、浦原喜助の助力により特訓で新たな力・始解を習得。

その力で、(本領を発揮できなかったとはいえ)隊長の剣八、副隊長の恋次を打破。

出典:https://www.google.co.jp

更に浦原の友人でもある夜一らの協力を得て、卍解を取得し白哉を倒し、藍染の謀略で処刑されかけたルキアを救出。

加えて仮面の軍勢・平子の協力で虚化をものにし、強力な破面たちを次々と討つ。

後に通常ではありえない速度での成長は、父が元死神で隊長であったことによる潜在的な霊力量ゆえだと判明。

父の訓練で、実質作中で2番目の霊圧を誇る藍染を倒すことにすら成功した。

出典:https://www.google.co.jp

最後の月牙の影響で一時霊力を失うが、銀城たちXCUTIONによって完現術を取得し、更に霊力を高める。

銀城の目的は完成した一護の完現術を奪うことであり、再び力を失うことになるが、かつて時に敵として時に仲間として戦った隊長たちの協力で死神として完全復活。銀城を倒す。

そして、過去最強の敵ユーハバッハとの戦いで卍解を破壊されるが、零番隊の王悦によって「真の斬月」を会得。

その際に、母が滅却師であったこと、生まれる時に母が虚に憑かれていたために虚化できたことが判明。大体が才能と誰かの助けのおかげで、常に受け身であるとか言ってはいけない。

黒崎一護の魅力①ジャンプの主人公のテンプレだがそれが良い!

出典:https://www.google.co.jp

決して悪い意味ではない。ジャンプのモットーと言えば、友情・努力・勝利である。

実に義に厚い男・一護は、不良のレッテルを貼られながら、友人が多い。気づけば敵も仲間に。昨日の敵は今日の友。女子からも好かれまくり。なんてリア充だ!

また、最近のジャンプにありがちな親が優秀なサラブレッドなのはともかく、修行シーンが割としっかり描かれており、それを活かして勝利する様などは実にジャンプのモットーに忠実

黒崎一護の魅力②家族想い・友人想いの熱血漢

出典:https://www.google.co.jp

何か一つのものを護り通せるように」一護と名づけられた。その名に恥じぬように生き、家族と友を大事にしている。

一護が、虚化した織姫の兄と戦うシーン、「…兄貴ってのが…どうして一番最初に生まれてくるか知ってるか…?後から生まれてくる…弟や妹を守るためだ!!」というセリフは間違いなく名言。

家族を救ってくれたルキアへの恩に報いるために命をかけてでも救いに行くなど、これぞ主人公、熱い漢だ!

黒崎一護の魅力③けれどそれほど強くない

出典:https://www.google.co.jp

登場した3大勢力、死神・滅却師・虚のサラブレッド、更に完現術で霊力大幅アップ。でも、ただの高校生が何百年と生きてる死神とまともに戦って勝てるわけない(笑)

よくよく考えてみると……まともに倒した本気の強敵はグリムジョーくらいか。大概、浦原マジック仲間の助太刀でどうにかなるのがブリーチ。

主人公なのにネタキャラ扱いが進む一護。でも大丈夫。読者が求めてるのはそんな一護!……のはず!

最後に

出典:http://anime.sub.jp

いかがだったでしょうか?ジャンプの中でも特に主人公らしさ全開で、本当に名言が多い一護。でもこの世界は常識人ではなく、オサレ最強。オサレな一護に乞うご期待!