【続編】僕だけがいない街の完結後を描くスピンオフ小説が制作決定!【僕街】

最終回を迎える『僕だけがいない街』ですが、アニメもしっかり最後まで作ってくれる大盤振る舞い!更にその後を描くスピンオフが制作決定するとのことで、気になる情報を一緒に見てきましょう。

3行まとめ

僕街その後を描いた
   小説が制作決定!

3月28日刊行
   価格は1000円(税抜)

ネットの反応は
    絶対買う!の声多数  

気になる発売日

出典:http://animeanime.jp

その後を描くスピンオフ小説『僕だけがいない街 Another Record』が3月28日に『KADOKAWA』から刊行される。

3月に発売日されると言う事は、アニメの最終回と合わせてくれると言うとても粋な配慮で涙が出そうです。
そして3月に映画の公開も予定されている時期だなので、この3月に全力を尽くしてるのが分かります。

これでさらに小説の刊行と言う追い打ちをかけ、全国を僕街一色にする計画ですね!この上なく大盛り上がるに違いないです。 

概要とあらすじ【ネタバレ注意】

出典:http://www.animeranking.net

〔作家・舞台背景〕

気になる作家さんはニトロプラス所属の作家・一肇

(『小説版 魔法少女まどか☆マギカ』 、『桜ish―推定魔法少女―』)が描いていて、文芸カドカワ」の2015年11月号より現在連載中のスピンオフ小説です。
舞台背景は主人公の藤沼悟が、児童連続誘拐殺人事件の真犯人を突き止めた後の話となっており、今作スピンオフの主人公は小林賢也となっています。

〔あらすじ〕

犯人に一審で死刑判決が下されていたが、発見された手記により責任能力が認められないとして一転無罪となる。
だが犯人は無罪を勝ち取った弁護士をなぜか罷免し、国選弁護人として若き弁護士・小林賢也が新たに選ばれる。悟の親友であり、自身も事件の当事者でもある賢也は、手記を通じて犯人の不可解な内面に迫っていくのであった・・・

著者の一肇は探偵ものを得意とし、原作の世界観をより深みに入り込めるストーリーになる事に違いないです。
単行本では「文芸カドカワ」での連載は勿論のこと、さらに書き下ろしまで収録されるという大盤振る舞いである!ページ数は全232ページなっており、価格は1000円(税抜)を予定されている。

今すぐ予約だあああああ(宣伝乙)!

ネットの反応