【アニメ】サイコパス2期のストーリーと魅力を徹底解剖!【PSYCHO-PASS】

サイコパス1での槙島事件から数年。社会は落ち着いてきたものの、一つの革命がそれを壊そうとする・・

サイコパス2の概要

出典:http://cough.cocolog-nifty.com

槙島事件から一年半後、爆破事件が発生する。常守監視官率いる捜査官達は事件の解明にあたるが、その途中犯人を追跡していた二係の酒々井監視官が不可解な状況で姿を消す。

現場には血で書かれた「WC?」のメッセージが残されていた。また爆破事件の犯人を確保したが、拘置期間中に犯人の犯罪係数が執行対象基準以下に下がるという異例な事態になる。

犯人は逃亡を図り殺処分されるが最後に述べた「カムイ」という人物。また社会を揺るがす人間が現れようとしている・・

時間軸は槙島事件後!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

世間を震わせた「免罪体質者」槙島聖護の事件は、一人の執行官が殺害したことにより終わり社会は落ち着きを取り戻そうとした。。槙島事件から一年半後の話です。

そして社会の根幹であるシビュラシステムを崩壊させる新たなる人物が登場しようとする・・監視官の常守朱は再び戦うことになる。

主人公の成長!

出典:https://public.dm2301.livefilestore.com

本作の主人公である常守朱。サイコパス一期では新米捜査官として登場。彼女は登場当初、初々しさがありましたが二期では目つきが鋭くしっかりとした捜査官に成長

またシビュラシステムの真の姿を知るものとして社会の根幹なる物と犯罪者と板挟みになりながら懸命に捜査する姿は見所です

新しい捜査官

出典:http://tamenal.com

前作では槙島事件により縢くん、とっつぁんが殉職した・・その穴を埋めるため新たに加わったメンバー。雛河(ひなかわ)、東金(とうがね)、霜月(しもつき)の3人。

霜月は、降格した宜野座の代わりの監視官でかつて槙島事件で関わった一人。また他のメンバーも何かしらの秘めた過去を抱いている。。

ミステリアスな執行官、東金

出典:http://areasw.sakura.ne.jp

元セラピストで模範的な執行官である東金朔夜。執行官としては珍しく事件に際しドミネーターを多用しない。

口で説得する手段も使う変わった執行官。身長・体重・タバコの銘柄等もサイコパス一期で行方不明のある捜査官と同じらしい。

しかし、彼の経歴を探ると周りの捜査官の不審な死がちらつく。ストーリーを追うごとに彼の仮面が徐徐に剥がれていく・・

過激な描写が多い

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

サイコパス一期からより過激な描写が多くなったサイコパス2。ドミネーターによる裁きも増え人間の非道さも激しくなります。

だが、その残酷さは人間の醜さと利己的な動機から来る残虐さをメッセージとして伝えるもの。

これを見たあなたは色相にごませずに済むであろうか?

謎の人物 カムイ

出典:http://psycho-pass.com

サイコパス2で出てくる敵役鹿矛囲桐斗(かむい きりと)。免罪体質の槙島と違い、シビュラシステムやまた社会に住む一般人の一人としても認識されない透明人間とも言える人物。

彼の目的はビュラシステムに敵意を抱き、社会と人々を「クリアにしたい」というもの。酒水監視官を連れ去るカムイ。彼を追っていく内にある航空機事故に辿り着く。。

シビュラシステムの存在意義

出典:http://teo.cocolog-nifty.com

サイコパスの話の中心が人間の心理を数値化し人々がより充実した幸福な人生を送れるよう支援するシステムのシビュラシステム。

人間の健康状態や職業適正の判断を決めるだけでなく、犯罪における善悪の基準もシビュラシステムが数値化する。

そして犯罪係数が基準以上に達した者は、潜在犯として隔離されるかまたドミネーターによって裁かれます。

完全にシステムに正義までも委ねられた社会。一期ではそれに槙島を始めとする犯罪者が不満を持ち、殺人などの罪を犯しました。

そして、シビュラシステムを根本から否定する存在が二期から登場します。その人物が鹿矛囲桐斗 (かむいきりと)です。

新人監視官との軋轢

出典:http://e-shota.com

常守監視官の部下として登場する霜月美佳監視官。霜月は本作1期で起こった女子校での王陵璃華子による猟奇殺人事件で初登場した女性。

シビュラシステムを絶対的正義と信じており、シビュラシステムに反する思考や行動を起こす常守朱に反抗的な態度を常にとる。また弥生以外の執行官を見下している。

霜月と常守の対照的な正義の違い。またこの監視官がシビュラシステムのシステムの真実を知ったらどうなるか?

宜野座の成長!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

サイコパス一期でも登場した宜野座。槙島事件後は、自分の父親が亡くなったり自らの色相が濁り監視官から執行官に降格してしまうしまうなど悲しみの連続・・
だが、父親との最期の和解で二期から大きな変化が!例えば、メガネを外したり義手の装備をした。髪を切ったりトレンチコートの色がベージュに変化した。

性格も別人の様に変わり常守にガミガミ言ったりコウガミを含む執行官を見下すようなことはしなくなった。むしろ霜月監視官にガミガミ言われる立場になった笑 

また監視官の気が済むまで調査につきあったり ドローン戦で後輩を助ける等いい先輩になりました。

謎の財団 東金財団

出典:https://pbs.twimg.com

二期の一連の事件のリーダー格であるカムイ。カムイの正体は、東金財団という財団に大きく関わっている。実は東金財団という名前はある執行官の名前と被っている。

カムイだけでないもう一つの黒幕が隠れつつある。

正義の行方

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

常守監視官が所属する公安局は、シビュラシステムから与えられたドミネーターを駆使して犯罪者を社会の安全のために断罪してきた。

一期では「公安局対犯罪者」という構図が多く、犯罪者は現行のシステムにたいする「異議申し立て」という色彩の強いものでした。

工場でのイジメ殺人も、アバターのっとり犯もサイボーグの人間狩りもすべて社会システムから弾かれた不満だったり、システムへの懐疑が犯行の動機になっていました。

しかし、二期では公安局によるドミネーターを使った無差別殺戮などが行われます。それは執行官達という市民を守る側の手によって行われるのです。

自らの判断をシビュラシステムに委ねてしまった人々。人々がより良い生活を送れるようにする一つのシステムの支配力が二期から顕著になります。

何が間違っていて何が正しいかが個人にとって不明確になった社会。常守朱は、カムイの事件をどう見てどのように進むのでしょうか・・?

最後に

出典:http://news.mynavi.jp

サイコパスの続編となるサイコパス2。この話では、様々な勢力が陰で動きだし常守朱の周りに次々と事件が発生します。

コウガミから受け継いだ刑事魂を持ち自身の正義感を持って成長した常守朱の活躍を見逃せません