【ワンピース】バギーの声優、千葉繁が演じた有名キャラまとめ

元祖アドリブ王!?あんな役こんな役、あんなナレーションやこんなナレーション!あなたも絶対どこかで聞いている大御所声優の千葉繁さんの演じた役をピックアップしました!

名前は知らずとも声はしってる!大御所声優千葉繁さん

元祖声優界のアドリブ王!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

ワンピースのバギーの声、きっとみなさんもどこかで聞いたことあるなぁと思いましたよね。

バギー役を担当しているのが大御所千葉繁さん

芸歴四十年以上の大ベテランです。

大ベテランといっても、非常になじみやすい明るいキャラクターと謎のアドリブ力(?)で大人気の声優です。

そんな千葉繁さんの有名なキャラをご紹介していきましょう!

幽☆遊☆白書「桑原和真」

出典:http://都市伝説japan.com

言わずと知れた人気アニメ「幽☆遊☆白書」、桑原和真役もこの千葉繁さん。

僕の中では千葉繁さんといえばこれ!一番のはまり役だと思います。

ちなみに千葉繁さん演じる桑原は、キャラクターソングが10曲出ており千葉繁さんの歌声も堪能できるキャラクターの一つです。

ドラゴンボール「ピラフ、ラディッツ」

出典:http://matome.naver.jp

ワンピース、幽☆遊☆白書に続きこれまた週刊少年ジャンプから、ドラゴンボールの「ピラフ」役、「ラディッツ」役。

小悪党のギャグキャラと、殺戮もものともしない悪役の両極にあるキャラクターを一つの作品の中で演じています。

兼ね役といえば、名探偵コナンの「高木渉」と「小島元太」、魔女の宅急便の「キキ」と「ウルスラ(絵描きのお姉さん)」など掛け合いが楽しみの一つでもありますが、残念ながらラディッツとピラフの絡みはありませんでした。

出典:https://twitter.com

独特なアドリブで有名な千葉繁さんも、割とシリアスな役どころであったラディッツにはアドリブは入れられなかったそうな。

「超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズ」

これぞアドリブ王の神髄!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

https://www.youtube.com/watch?v=pv296H9OblY
超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズでは、敵の大将「メガトロン」役を演じています。

この超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズは、カナダ制作(アメリカ放映)のアニメーションに日本人の声優がアドリブふんだんに吹き替えを行った大人気CGアニメです。

原作のストーリは割とシリアスだったそうですが日本版ではそこにギャグを盛り込んだもんだからもうてんやわんや。

しかしそれが受けて大人気アニメーションとなりました。僕も大好きです。

その礎となっているのが千葉繁さんが演じるメガトロン。

敵の親玉で部下も簡単に攻撃する極悪非道のキャラクターなのに千葉繁さんの手にかかって秋葉原とエビチャーハンを愛する謎のキャラクターに仕上がってしまったのですが、このアニメ7割方アドリブで成立しているのでそれで成り立ってしまっているのです。

次回予告でも千葉繁節がさく裂、そのせいでシリーズ通して次回予告はアドリブの雨あられになってしまったそうな。

ビーストウォーズを語らせたら止まらないわたくし筆者ですが、今回はビーストウォーズの紹介記事ではなく千葉繁さんの記事ですのでビーストウォーズに関してはこの辺で。

機動警察パトレイバー「斯波繁夫」

まさかの声優からキャラクターへの逆輸入

出典:http://matome.naver.jp

機動警察パトレイバーでは、「斯波繁夫(シバシゲオ)」役を演じています。

というか、斯波繁夫が千葉繁を演じています(?)

というのもこの斯波繁夫、パトレイバーの監督を務めた押井守氏が千葉繁さんを大変気に入っており、千葉繁さんをモデルにしたキャラクターとして斯波繁夫をパトレイバーに登場させたのです。

そして更に逆輸入として、実写版パトレイバーでは千葉繁さんが俳優として斯波繁夫を演じています。

もはや斯波繁夫が千葉繁を表しているのか、千葉繁が斯波繁夫を表しているのかわからない状態なのです。

出典:http://www.oricon.co.jp

実写版のシバさん。

もはや本物。というか本物(千葉繁)を目指した本物(シバシゲオ)が本物(千葉繁)を演じているというもう何を言いたいかわからなくなるぐらいミラクルな状態なのである。。

北斗の拳「次回予告」

毛細血管なんか気にしない!気迫の次回予告


北斗の拳ではモブの「モヒカン」役を務めています。

様々な死に様を見せてくれるのは有名ですね。

ただ今回特筆すべきは「次回予告」

北斗の拳の次回予告も千葉繁さんが勤めているのですが、まことに血管によくないテンションで予告をしているのです。

次回予告を担当した当初は普通の次回予告だったのですが、回をがさねるごとにテンションが徐々に上昇。

最終的には断末魔のようになってしまったのです。

御年62歳の千葉繁さん。北斗の拳はパチンコでもリメイクされているのでまたナレーションを担当されるのあれば血圧に気を付けてほしいところです。

Twitterの反応

最後に

いかがでしたでしょうか?

筆者的には千葉繁といえばビーストウォーズのメガトロン。

悪の帝王的なキャラクターなので、決して声が合っているわけではないのですが見事に繁ワールドに引き込まれてしまいました。

子安武人さん、藤原啓治さんとの掛け合いも必見!

千葉繁さんの魅力たっぷりの作品ですので、みなさんもビーストウォーズで千葉繁さんの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか?