ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの能力についてまとめてみた【ジョジョ】

ジョジョの奇妙な冒険の能力の中でもトップレベルの能力を誇る。ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム。

5部「黄金の風」のなかでも、短い出番のなかで、非常に印象に残ったスタンド。

そんなゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの能力をまとめてみた。

ゴールデクスペリエンスとは?

出典:http://blog-imgs-43.fc2.com

ゴールドエクスペリエンスとはジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」に登場するスタンドである。

【破壊力 – C / スピード – A / 射程距離 – E(2m) / 持続力 – D / 精密動作性 – C / 成長性 – A】

テントウムシがモチーフの近距離型のスタンドである。

さらにはなくなった部分を再生させるといった回復能力ももっており 5部の主人公メンバーの中では回復役として活躍していた。

その能力とは?

出典:http://jojo.matomeno.net

触れたものに命を授け、そこから生物や植物といった生命を生み出す能力。

その場に適した生命しか生み出すことはできない(水のない場所で魚を生み出すことはできない)

ラッシュ時の掛け声は「無駄無駄無駄無駄無駄」


初期設定

出典:http://nicoviewer.net

序盤の能力は命あるものにさらに命を加えると過剰になった生命力が暴走してしまい
ものの見方が非常にゆっくりに見えてしまう。 この攻撃を受けたブチャラティはゆっくりとダメージを受け
それ以上の痛みを感じる

という能力だった

しかし、話が進むにつれてその能力はあまり使われることはなかった

スタンドの持ち主 ジョルノジョバーナ

出典:https://twitter.com

ジョルノ・ジョバーナ(日本名:  汐華初流乃(しおばなはるの) ) ジョジョの奇妙な冒険第5部の主人公

1985年4月16日生まれの15歳

身長:172cm

血液型:AB型

好きな音楽:ジェフベック

好きな物語:レ・ミゼラブル

好きな食べ物:チョコレート、プリン、タコのサラダ

嫌いな食べ物:鶏肉

第1部と第3部でラスボスを誇ったDIOの実の息子であり、母は日本人女性。
(DIOの首から下はジョナサンジョースターの体なので実際はDIOとジョナサンジョースターの息子…?)

幼いころは義理の父により虐待を受けさらには周りの子供からもイジメを受けていたのだが


ある日名も知らないギャングの命を(無自覚のスタンド能力によって)助けたことによってジョルノの生活は一変する

その男は恩を返すと約束し義父や子供たちからジョルノを守ってくれた。

そして、彼はその男を尊敬し「ギャングスター」に憧れることになった

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムとは?

出典:http://minkara.carview.co.jp

【破壊力 – なし / スピード – なし / 射程距離 – なし / 持続力 – なし / 精密動作性 – なし / 成長性 – なし】 
すべての能力が測定不能。 つまり底知れぬ能力を持っているということなのだ。

作中最強と謳われているゴールド・エクスペリエンス・レクイエム

その能力とは

出典:http://ks.c.yimg.jp

ゴールドエクスペリエンスが「矢」に貫かれたことによって覚醒した。

「すべてをゼロにする」といったようの能力であり、まさにチート

この能力によってジョルノが受けた攻撃は受ける前に戻される。ジョルノは感覚的にこの能力を理解しているが
なにがあったかはジョルノ自身もよくわからない。

レクイエム状態はスタンド自体が自我を持っており喋れるようになる。

さらにはこの能力を受けたものはどこにも向かうことはなく永遠に真実へたどり着けることができなくなる。

5部のラスボス ディアボロ

出典:http://www.jojobestbout.com

ディアボロは「過去」を非常に憎む人物である。彼は自分の正体を探るものには容赦はしない。

性格は冷酷無比。邪魔なものは躊躇なく殺すように部下に命令していた。 過去を憎むことで生きてきたディアボロは
実の娘「トリッシュ」までも殺そうと企む。

しかし、その計画によってジョルノとブチャラティのチームによって頓挫してしまう。が…

スタンド能力

出典:http://jojo.matomeno.net

彼のスタンド名は「キングクリムゾン」

【破壊力-A スピード-A 射程距離-E 持続力-E 精密動作性-? 成長性-?】

数秒間、時間を消し飛ばすことが来できる能力を持つ

キングクリムゾンが消し飛ばした時間の中をディアボロは自由に動ける。

そして、彼が消した時間の過程最終的な結果となる。

キングクリムゾンのおでこにもう一つ顔がついている。これもスタンドなのだが、名前を「エピタフ」という。

このスタンドは未来を予知することができ、覆すことはできない。

彼は自分を「帝王」と呼んでいるのだがその名に恥じぬ最強の能力であるといえる。

彼はこの過程を飛ばす能力によって自分の歩んできた過程をも消し去ってきた。

このスタンド能力を使うことによって自分の過去を捨て去ってきたのだ。

まさにディアボロ自身の人生を具現化したようなスタンドであるので非常にかれにはピッタリなスタンドであると思われる。

ジョルノの覚醒 ディアボロの運命。

出典:http://sheilabirlings.blog33.fc2.com

ジョジョの奇妙な冒険では主人公とラスボスの能力が対比していることがある。

4部の「ダイアモンドは砕けない」で、主人公の東方仗助のスタンド「クレイジーダイアモンド」は物体を直したり回復させたりすることができる能力である。

対して吉良喜彰はあらゆる物体を爆発物に変えて爆発させることができる。

再生vs爆破というお互いにとって都合の悪い存在がお互いの天敵であり、対比の対象となっている。

出典:http://ridersonthestorm.naturum.ne.jp

第5部では、ジョルノの最初の能力は物体に生命を与えるという能力で対するディアボロは過程をすっ飛ばして自分の都合のいいような結果を残す。
あまり、対比してないように見受けられるが

ゴールドエクスペリエンスレクイエムになって能力が変わったことでディアボロとジョルノのスタンドは対比するようになった。

ディアボロは

「恐怖はまさしく過去からや ってくる」 と発言するくらい自分の過去を完全に消し去りたいと願っている。

そして、その願望がスタンドとなり過程を消し去る能力を持つことになった

そして、ジョルノのゴールド・エクスペリエンスレクイエム・は終わりがないのが終わりとジョルノが説明していた。

ジョルノはゴールド・エクスペリエンス・レクイエムでディアボロにとどめを刺すが、それによってディアボロは無限に終わることのない死を繰り貸すことになる

つまりこれまでの生きてきた過程を消し去ってきたディアボロは最後に自分が死ぬ過程を永遠と繰り返すという最後を迎えてしまうということなのだ。
つまりゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの終わりがないのが終わりという説明は

「死ぬまでの過程を永遠とループする」という非常に恐ろしい能力なのだ。

Twitterの反応

最後に

いかがだったでしょうか? 正直ジョジョ5部全般の能力はとても理解することが困難なことがよくあります。

なかでもゴールド・エクスペリエンス・レクイエムとキングクリムゾンの能力は初見では理解しづらかったです(笑)

しかし、その能力を自分で考えて理解することもジョジョの奇妙な冒険という漫画の魅力の一つなのかもしれません