尸魂界最強の死神!山本元柳斎重國の魅力を徹底解剖!【BLEACH】

自分より強い死神がいないために千年以上も総隊長を務めてきた元柳斎。そのBLEACHにおける山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)の魅力に迫っていきます!

山本元柳斎重國の概要

出典:https://www.google.co.jp

身長168cm、体重52kgで1月21日生まれ。声をあてていらっしゃるのは塚田正昭さんです。 好きなもの:和食全般 嫌いなもの:洋食 趣味:月に一度隊士達を集めて茶会を開くこと

皆さんご存じ、一番隊隊長及び護廷十三隊の総隊長です。体にはたくさんの傷が刻まれていて、数々の歴戦の中を生き抜いてきただけある威厳のある見た目をしています。

好きなものは和食で嫌いなものは洋食。趣味は月に一度隊士達を集めて茶会を開くこと年齢に似合う趣味を持っています。パッと見ただの頑固な爺さんなのでちょっとしたギャップで良いですよね(笑)

約二千年前、死神等の教育機関「死神統学院(現在の真央霊術院)」を創設したのも元柳斎で現在の尸魂界を作った張本人と言っても過言ではないほどの偉人です。

魅力その1:総隊長としての人望

出典:https://www.google.co.jp

その強さも総隊長としてみんなを引っ張っていくために必要なものとして挙げられますが、最も必要である人望も持ち合わせているのが元柳斎です

もともと総隊長としてしっかりとした自分の意志を持ち、厳格にみんなを引っ張ってきました。道を違えた仲間は容赦なく断罪することもありましたが、一護と出会うことでその姿勢も変わりました。

自身の斬魄刀の能力を敵に利用されてしまった時も、自身の体を呈して爆発を抑え込み仲間たちへの被害を食い止めることもしていました。

雀部や京楽、浮竹を我が子のように思っていたり、趣味も月に一度隊士達を集めて茶会を開くことですから隊士たちへの思いはもともとあったのでしょう。

そんな行動が隊長、その他隊士たちに信頼される所以になっているのでしょう。

魅力その2:驚くべき威力の斬魄刀

出典:https://www.google.co.jp

元柳斎の使用している斬魄刀は流刃若火(りゅうじんじゃっか)で解放と共に斬魄刀全体から巨大な炎を発する焱熱系最強最古の斬魄刀です。

第一段階の解放、始解の時点で周りが炎に包まれるほどの力を解放できます。普段は封印状態の斬魄刀を更に杖の形状に封印して携帯しています。

卍解は残火の太刀(ざんかのたち)で能力解放と同時に始解時に発していた炎が消え、刀身が焼け焦げた打ち刀に変化します。発動を続けると自身と尸魂界も滅ぼしてしまうほどの危険性を持っています

元柳斎が戦うときはだいたい敵を圧倒してしまいますよね(笑)まぁ、そんな元柳斎も亡くなってしまった訳ですが…。

あの敗北は卍解が奪われたためであって、全力をかけて負けたわけではないので未だ最強の斬魄刀と言えるでしょう。逆にあの時、卍解さえ奪われてなければ…(´・ω・`)

魅力その3:生身でも強い!

出典:https://www.google.co.jp

元柳斎の斬魄刀が強いのはもちろんなのですが、その斬魄刀は無くても生身の状態で強いのです。

その強さはワンダーワイス戦で発揮され、ワンダーワイスを圧倒しました。特に「双骨」という技はワンダーワイスの腹部を木っ端微塵にしてしまうほどの威力を見せてくれました。

自分より強い死神が現れなかったという理由もあって千年以上も総隊長を務めてきた人ですからこのくらいあたり前なのでしょうね(笑)

最後に…

出典:https://www.google.co.jp

どうだったでしょうか?総隊長なだけにチート性能なキャラですよね(笑)そんな元柳斎ももう亡くなってしまった訳ですが…。もうしかしたら何かの間違いで復活してくれるかも?そんな淡い期待をしつつ終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。