【刀剣乱舞】内番での各キャラのセリフとキャラ同士の会話セリフまとめ!

刀剣乱舞中でも重要なシステムのひとつ、内番。刀剣男士個々のセリフ、ゆかりのある刀たちの会話をまとめました。

戦場とは違った表情をうかがえる内番

内番とは、刀剣乱舞内でのシステムのひとつ。二人一組になって馬当番や畑当番を刀剣男士自身が行い、ステータスを上げることができます。自らが人の身になることさえ驚きなのに、まさか刀が馬を世話し、畑を耕す日が来るとは。そんな彼らの驚き、戸惑いに満ちた内番のセリフをまとめていきます。要ネタバレ注意なので心してご覧ください。刀帳順に、1行目が内番開始、2行目が終了時のセリフです。

三日月宗近

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「ははは。かわいいやつめ」
「馬に好かれて困る」

天下五剣と名高く、審神者内でも難民が現れるほど人望(?)の厚い三日月宗近。その美しさは馬にも通じるのかもしれません。

畑仕事

「ふむ、畑仕事か。で、この道具はどう使う?」
「畑というものは難しいものだな」

とても刀らしいセリフですよね。あの三日月宗近が農具を手にしていると思うと、なんだか不思議な心地です。

手合せ

「まあ、俺の負けでもいいんだが」
「まあまあの腕だったな」

この風格漂う物言いも、彼ならば様になります。

小狐丸

出典:http://www.famitsu.com

馬当番

「馬だけにばかに……、いや、ばかしてやりましょう」
「最近の馬は無視を覚えておりますな」

うまいこと言ったと思っているんでしょうか。見た目は若くても、ダジャレ好きの雰囲気から本来の年齢(?)が垣間見えます。

畑当番

「油揚げの元のもとを育てまするか」
「いい大豆になりそうです」

大豆一択なところは狐の性なのですかね。

手合せ

「狐と踊れ」
「爽快な気分だ」

正直口説いているのかと思ってました。戦好きなところは他の刀と変わりないようです。

石切丸

出典:http://www.famitsu.com

馬当番

「武器が祭事を行うというのも大概だけれど、馬当番とはねえ」
「馬の健康祈願でもしておくかい?」

神刀ならではのこのセリフ。ぜひしてもらいたいものですね。

畑当番
「せっかくだから、豊作祈願の祈祷を行っておこうか」
「あとは天気次第。……ああ、こういう時こそ祈祷か?」

何かと祈祷を勧めてくださる石切丸ですが、祈祷とはそんなに大安売りしていいのでしょうか……。

手合せ
「こちらはいくさから離れていたわけで、お手柔らかに」
「武器の本分を思い出さないとねえ」

神社暮らしが長いと自分でも言われていますが、実戦での活躍は凄まじいです。

岩融

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「よーしよしよし、怖がることはないぞ!」
「ふう、馬に恐れられぬようにするだけでも一苦労だな」

薙刀ゆえ大きな身体の彼では、馬にも怖がられてしまうようです。

畑仕事

「力仕事か!任せてもらおう!」
「刈り入れ時が楽しみだのう!」

岩融の人(ではない)の良さが出ているセリフですね。

手合せ

「さあ、胸を貸してやろう!どーんと攻めてこい!」
「がははは!良い時間を過ごしたな!」

面倒見の良さそうな性格がうかがえます。

出典:http://pbs.twimg.com

今剣

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「はいはい、どうどう」
「うまのきげんをとるのはとくいなんですよ」

開始セリフだけ聞くとすごく投げやりなのかと思いましたが、得意こそのセリフだったんですね。馬当番を嫌がる大きい刀たちもいるというのに……。

畑当番

「はたけいじりー?ちょっとめんどうだなあ……」
「じみちなしごとはにがてなんですよう」

馬当番と打って変わって、畑ではこのセリフ。

手合せ

「ふふふ、きょうはあなたがあそびあいてですね!」
「ふふふ!たのしいおにごっこでした!」

手合わせを遊びと思ってしまうほどの手練のようです。

にっかり青江

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬は大きいよねぇ。……体のことだよ?」
「馬を怖がらせる趣味はないんだけどねぇ」

体以外の何が大きいというのでしょうか。審神者の純粋さが試されます。

畑当番

「こういうことは、置物連中にやらせたほうがいいんじゃないかい?」
「あーあ、手に豆ができてしまったよ」

さんざん刀を握るというのに、戦と畑では豆もなにか違いがあるのですかね。

手合せ

「……さぁ。僕に身を委ねてくれ」
「あぁ。悪くはなかったよ」

……どうしてこの刀はこう、含みをもたせたがるのか。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

鳴狐

出典:https://twitter.com

馬当番

「「ううむ……わたくし、他の獣とは相性がよろしくないもので……」」
「「わたくしめは何もしておりませぬが、鳴狐は頑張りましたぞ!」」

ここでも話すのはお供の狐さん。無言で頑張る鳴狐に誉をおくりたいです。

畑当番

「「わたくしめも手伝えればよいのですが、しょせんわたくしめは農具持てぬ狐」」
「「収穫時が楽しみでございますなあ!」」

雑草抜いたりするくらいならできなくもなさそうですよ。

手合せ

「「さあ、お手柔らかにお願いいたしましょう!」」
「「いやあ、いい汗をかきました!わたくしではなく鳴狐が」」

手合わせ中も鳴狐の肩に乗り続けるお供さんの筋肉に驚きです。

一期一振

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「ははは。馬当番か」
「馬にもいろいろいるもんだ……」

刀の身では知りえなかった何かを学んだ様子。

畑当番

「兵糧攻めされてはたまらんからなぁ」
「これで、備蓄は足りるでしょう」

彼の弟たちによる兵糧攻めかも分かりません。

手合せ

「お手合わせ、お願い申し上げる」
「いい汗をかきました」

皇室御物の品格が漂うセリフですね。

鯰尾籐四郎

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬糞は嫌いな、やつになげるー」
「馬糞集めてきました。え、いらない?」

衝撃を受けた審神者さまもいると思います、このセリフ。鯰尾籐四郎、その見た目でそんな言葉を口にするとは……。

畑当番

「畑ももう少し手をいれればなー」
「いい汗かいたー」

馬当番とは別人(刃)のようなさわやかさ。

手合せ

「手合わせかー」
「あれ、手合わせっていうのかな???」

一体どんな手合わせだったのでしょうか。

骨喰籐四郎

出典:https://twitter.com

馬当番

「馬の目は綺麗だな」
「馬は、良かった」

口数が少ない彼がこうも言ってくれると嬉しいですね。

畑当番

「畑の匂いがする奴を、知っている」
「……秀吉だ。俺はなんで、こんな事も忘れていたんだ」

焼かれてしまった記憶が蘇ったのに、切ない気持ちになってしまうセリフですね。

手合せ

「勝負しろ」
「悪くはなかった」

淡々と告げるこの感じ、素敵です。

平野籐四郎

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬当番ですか。お任せください!」
「このような感じでどうでしょうかね」

張り切る声がとても可愛らしいです。

畑当番

「兵糧の管理は大事ですから」
「たくさん収穫できるといいのですが」

一期一振に少し似たセリフなのは、やはり兄弟である所以が関わっているのやも。

手合せ

「お手合わせおねがいしますね」
「お相手、ありがとうございました」

とても丁寧な言葉遣いは皇室御物の影響でしょうか。

厚籐四郎

出典:http://news.biglobe.ne.jp

馬当番

「どうどう、大人しくしてろよー」
「ここの馬はいい馬だよなあ」

馬もそう言っていただければ嬉しいですね。

畑当番

「たまには、土いじりもいいよな」
「いい気分転換になったぜ」

あまり進んでやる者の少ない畑当番をこんなにポジティブにこなしてくれるなんて……。

手合せ

「全力で行くからな、よろしくな!」
「なかなか得意な距離にもっていけないなあ」

短刀は苦労も多いのでしょうか。

後藤籐四郎

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「こいつら背高ぇなぁ……」
「みんな元気だったぞ」

背が高くなりたいという彼ですが、馬も目標にするつもりなんですかね。

畑当番

「柄じゃないっていうか何つーか」
「ちゃんとやったぜ?どうよ?」

思わず褒めてあげたくなってしまいます。

手合せ

「うっしゃぁ、やるぜ!」
「俺の腕、見てくれた?」

気合い十分で男らしいです。

出典:http://pbs.twimg.com

前田籐四郎

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬たちも喜びます」
「怪我も病気もないようです」

いい子であることがよく分かるセリフですね。

畑当番

「ここは良い土ですね」
「よく育っています」

土にも詳しいのでしょうか。

手合せ

「全力でいきます!」
「日頃の修行が大切です」

達観したようなお言葉。

秋田籐四郎

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「お馬さんですね、任せてください」
「馬糞って牛糞よりいい肥料になるんですって」

ぜひ投げずに肥料として使っていただきたいものです。

畑当番

「畑いじりですね、いってきます!」
「いい畑って色んな虫がいるんですね」

この本丸の畑はいい畑のようですね。

手合せ

「一番お願いします!」
「いい汗かきました」

思い切り身体を動かせることは、秋田籐四郎にとって幸せなのだと思います。

博多籐四郎

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「馬はよかねえ」
「馬はよかった」

彼が言うとお金が絡んでいるように聞こえてしまうのは自分だけでしょうか……。

畑当番

「この菜を売ったら、いくらになるん」
「がんばらんと、菜は売れん!」

売るために作っているのではないと思います。

手合せ

「取って食うばーい」
「取って食われたー」

博多弁はロマンがありますね。

出典:http://pbs.twimg.com

乱籐四郎

出典:http://game-001.blog.so-net.ne.jp

馬当番

「いい子いい子」
「大きさの割にかわいいよね。馬は」

なんだか意味深にもとれます。

畑当番

「こんなの、手にまめができちゃうよ……」
「もう疲れたぁ~!」

乱籐四郎だから許されるセリフではないでしょうか。

手合せ

「ボクから攻める?それともそっちから?」
「汗でびしょ濡れになっちゃった」

刀剣男士という事を忘れそうになります。

五虎退

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「お馬さんはすきです。お馬さんごっこも好きです」
「おうまさんかわいかったです」

お馬さんごっこというのは、四つん這いになるアレのことでしょうか……。

畑当番

「僕、畑仕事には才能があると、思うんですよね」
「いい仕事が出来ました」

こればかりは!と気合を入れる五虎退、かわいらしいです。

手合せ

「わぁぁぁ、食べられる!」
「怖かった……」

戦場に出すのを躊躇ってしまいます。どちらかというと食べられるのは相手のような気もしますが。

薬研籐四郎

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬か。あいつらなめるからなぁ……」
「……顔洗ってくる」

舐められたんですね。

畑当番

「うーん、まぁ、うまいメシのためと思えば……」
「存外、楽しいものだな」

楽しかったようで何よりです。

手合せ

「うん、こうでなくっちゃな」
「うん。もう終わりか」

終わりを惜しむあたりから、戦場育ちなことがうかがえますね。

鶯丸

出典:http://game-001.blog.so-net.ne.jp

馬当番

「馬でも俺の握り飯はうまいか。そうか」
「馬にぺっ、と、された」

しょんぼりしている姿が想像できます。なぜ馬に米をあげようと考えたんですかね。

畑当番

「野良仕事は休み休みやるもんだ。つまりは俺に向いている」
「いやー、たっぷり休んだ」

多分ほとんど畑は触れられていないことでしょう。

手合せ

「どっちが上か教えてやろう」
「まさかああくるとはなあ」

負けても気にしない器の大きさがセリフに表れています。

明石国行

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬は普段何考えてるんでっしゃろなあ」
「馬はな~んも文句言わへんけど、こんなもんと違いますか」

やる気が無いという割には、馬にはきちんとする明石国行

畑当番

「自分、食べる専門が理想なんやけどなぁ……」
「えろう骨が折れましたわ。お百姓さんは偉大やなぁ」

スーパーで買える時代に生まれて良かった……。

手合せ

「やる気ないわけでは…あるけど、これは自然体の構えや。問題ないんや」
「手ぇ抜くとかえって手間が増えますからなぁ。困りましたわ」

とにかくやる気はない。勝っても。

蛍丸

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬ー うまうまうま。わー。お、こら。かむなー」
「うま、ひどかった……」

開始時と終了時のテンションの差が違いすぎませんか……。どれだけ噛まれたのですかね。

畑当番

「この辺の土、結構いい」
「これまでの当番の努力がわかるね」

当番冥利につきるものです。

手合せ

「んじゃ、戦ってみる?」
「んー。ちょっと物足りないかな」

さすがのセリフ。蛍丸は強いと数々の審神者が口にするのもうなずけます。

愛染国俊

出典:http://toulove-japan.com

馬当番

「馬当番かよー。なんて地味な……」
「あーい、おつかれっしたー!」

お祭り好きな彼には、馬当番じゃ刺激が足りないようです。

畑当番

「むー……なんで畑仕事なんだよ……」
「収穫終わったら祭りやるんだよな。な?」

ここでもやっぱり祭り

手合せ

「へへっ。オレを短刀だって舐めたら痛い目見るぜ?」
「むー。まだ一手足りねえのか……」

なんだかこう……少年漫画のような何かを感じます。

蜻蛉切

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬を疎かにして、いくさに勝てはしないからな」
「よしよし、いくさでも活躍してもらうぞ」

たくさんの武勲があるだからこそのセリフですね。

畑当番

「三河では武士もよく畑仕事をしていたからな」
「豊作を迎えると良いな」

蜻蛉切はすごく畑仕事が似合うと思います。体格的な意味で。

手合せ

「さあ、胸を貸そう。かかってこい!」
「有意義な時間だったな」

審神者にはとても丁寧かつ紳士的にふるまう彼ですが、男士には結構くだけた話し方をするんですね。

物吉貞宗

出典:http://touken-ranbu.com

馬当番

「馬当番ですね。お任せ下さい!」
「馬、かわいいですよね!」

馬にも幸せがやってきそう。

畑当番

「畑仕事も、お任せください!」
「大きく育つといいですねー」

なんでも二つ返事でしてくれるんですね。

手合せ

「お手柔らかに、お願いしまーす!」
「ありがとうございましたー!」

君はコンビニのお兄さんですか……。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

燭台切光忠

出典:http://tourabumatome.com

馬当番

「かっこ良く活躍するには、日頃の備えから」
「いくさの時は、協力頼むよ?」

常にカッコイイをめざす彼の志の高さがうかがえます。

畑当番

「美味しく育つといいなあ」
「収穫したら、料理してあげようか」

野菜をも虜にせんばかりのセリフ。

手合せ

「いろいろ試したいことがあるんだ。手伝ってくれるかい?」
「ありがとう。色々改良点が見つかったよ」

馬にも野菜にも、刀にも優しいです。

江雪左文字

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「生きとし生けるものに触れることは、救いですね」
「……ええ。やすらぎの時間を過ごしました」

戦ばかりの日々を憂うようなセリフに、胸が痛みますね。

畑当番

「汗水たらして、日々の糧を得る。幸せな暮らしですね」
「こういう時だけは、明日を信じることができますね」

農耕機を与えたら喜びそう。

手合せ

「……どうぞ。どこからでも打ち込んできて下さい」
「貴方の役には立ちましたか?」

強者の余裕が伝わってきます。

宗三左文字

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「僕に雑用をさせることで、歴代の主の上を行ったつもりですか?」
「……これで、終わりですか」

主を転々としてきた彼は、何か思うところがあるのでしょうか。

畑当番

「……土まみれになってしまうな……」
「ああ……空はあんなに高いんだな……」

あまり戦場に出たことのなかった歴史の分かるセリフ。

手合せ

「……ええ。いいですよ。どこからでもご随意に」
「……ご満足いただけましたか?」

少しだけ、江雪と言葉が似ていると感じるのは自分だけなんですかね。

小夜左文字

出典:http://harekaoru.blog62.fc2.com

馬当番

「……ほら。馬が僕に怯えている。動物にはわかるんだ」
「僕に、馬当番は向いてないよ」

いつか馬と分かりあえる時が来ますように。

畑当番

「飢饉は、避けたいよね……」
「……後は天候次第かな」

農業のプロのような発言。

手合せ

「手加減は苦手なんだ。ごめんね……」
「……さすがだね。ちゃんと受けきるなんて」

本気で向かう心意気、かっこいいです。

加州清光

出典:http://matome.naver.jp

馬当番
「馬の目ってかわいいよな」
「当番おわりーっと」
刀剣男士内でも上位の女子力(?)を誇る彼。かわいいものセンサーが敏感なのかもしれません。確かに馬の目はまつげが長くてかわいいですよね。

畑仕事
「俺、汚れる仕事いやなんだよねー」

「当番終わったよー。つーかーれーたー」

畑仕事はかわいくないようです。でも、一生懸命土をいじる加州清光、自分はすてきだと思います。

手合せ
「いいねいいね、訓練大好き」
「訓練は楽しいんだけどなー」

さすが刀様といいましょうか、やはり戦いはお好きな様子。訓練は、とはどのような意味をもつのでしょう。

大和守安定

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬とは縁がなかったからなー」
「知ってる?馬って目がきらきらなんだよ」

一生懸命伝えてくれる姿に、胸が温かくなりますね。

畑当番

「畑か。田舎を思い出すよ」
「これで一緒の奴が好みの相手だったら……なんでもない」

一体何を言いかけたのか、気になるところです。

手合せ

「おお、殺してやるよ!子猫ちゃん!」
「血が沸いた」

他の内番との違いにかなり驚きますが、出陣している時は結構こんな感じですよね。

歌仙兼定

出典:http://matome.naver.jp

「……僕の主は何を考えているんだ……」
「このことは、絶対に忘れないぞ……」

に重きをおいている歌仙兼定にとって、馬当番は酷だったのでしょうか。ここまで嫌がられるような何かが厩の中で起こったのかもしれません。

畑当番

「僕はね。料理を作るのは得意だが、これは僕の仕事ではないだろう……!」
「まったく、着物が台無しだ……」

これも雅度は低かったようです。

手合せ

「僕は文系なんでね。お手柔らかに」
「すまないね。文系故に、力任せに攻めてしまったよ」

それは文系と言っていいのか、甚だ疑問です。

和泉守兼定

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「はあ?馬当番?どういうことだよそれ」
「馬の野郎、俺をなめてんじゃねーのか?」

彼の活躍したころは、もう馬に触れる機会もないので仕方もないですね。

畑当番

「前の主は農家出身だったけどさあ。さすがにこれはどうなんだよ」
「やることはやった。これで文句はねーだろ」

前の主である土方歳三の影響がかなり表れている和泉守兼定ですが、畑はダメなようです。

手合せ

「手合わせじゃ、実戦殺法使えねえからなあ。どーしよっかな」
「やっぱりさー、目つぶしやら組み打ちやら入れないと、練習にならなくね?」

使われたら困ります。

陸奥守吉行

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「がははは、刀が馬当番!まっこと斬新ぜよ!」
「いやはや、笑うた笑うた!」

やはり刀が人間のように生活するのは不思議なようですね。彼のようにみんな楽しんでやってくれればいいのに……。

畑当番

「そうそう、刀が農具の代わりをしたらいかんという法はないきに」
「ふうー、まっこと充実した時間をすごしたぜよ」

前の主の影響か、新しい経験をすることに前向きです。

手合せ

「今更やっとうの稽古をしても仕方がないがか?」
「いや参った、降参じゃ。がははは!」

やっとう=剣術。自らが刀であるから、ということかもしれません。

山姥切国広

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「……ははは。雑用結構。これで山姥切と比較する奴もいなくなるだろ」
「俺にはこれがお似合いさ…… 」

馬当番でこんなに切ない気持ちになるとは……。けれど、文句を言わずに仕事をする山姥切国広の姿に心打たれる審神者も多いのでは?

畑当番
「泥にまみれていれば、山姥切と比べるなんてできないだろ……」
「はは、これで綺麗だなんていう奴はいなくなる」

自分を憂う様子に儚さを感じるセリフです。

手合せ

「俺なんかが相手で悪かったな」
「あんたのためになったんならいいけどな」

彼の優しさが垣間見えますね。

山伏国広

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「任されよ!雑事もまた、修行である!」
「カカカカカ!馬は素直であるなあ!」

修行と言えば、馬を嫌がる他の刀たちも当番をしてくれるでしょうか……。

畑当番

「大地を耕し自然の息吹を感じる、実に結構!」
「自然の偉大さを感じたのである!」

畑にここまで壮大な感想を言ってくれるのはあなただけです。

手合せ

「さあ、修行を開始しようぞ!」
「いい汗をかいた!拙僧の筋肉も喜んでいる!」

審神者のどなたか、彼が一日に筋肉という言葉を何回使うか数えてみてください。

堀川国広

出典:http://toukenyurumato.blog.jp

馬当番

「こういう雑事は僕の担当かな?」
「こっちが変なことしない限り、馬はおとなしくしてくれるんだよね」

こういうセリフから、彼はなんでもそつなくこなす刀なのだろうか、と想像が膨らみます。

畑当番

「今日は畑仕事だね。頑張ろう!」
「ふう、おつかれさまー」

さわやかな空気が漂います。

手合せ

「お手合わせ、お願いしまーす」
「兼さんは変な癖ついちゃってるから、こういう機会はありがたいね」

彼と和泉守兼定の絆の深さを感じる言葉です。

蜂須賀虎徹

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「……こういうことは、贋作にでもやらせたらどうだ」
「ひどい目にあった……」

真作のプライドが馬当番を許さないのでしょうか。そして一体馬と何があったのでしょうか。

畑当番

「虎徹の真作をつかまえて、やらせることがそれか?」
「適材適所、ってものがあるだろうに」

確かに彼の内番着は、畑仕事に向いていないですね。

手合せ

「有意義な時間を過ごせるといいね」
「ありがとう。より、鋭くなれた気がするよ」

贋作真作に厳しい彼ですが、他の刀には優しいのですね。

浦島虎徹

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「おー、よしよし。大人しくしててくれよ?」
「馬だって、ちゃんと俺達の言いたいことはわかってくれるんだよ」

さすが、肩にカメさん乗せているだけはあります。

畑当番

「えっほ、えっほ。がんばるぞー!」
「ふー。おつかれさまでしたー」

亀吉、すごいバランス。

手合せ

「あんまり痛くない感じでお願いしまっす」
「あんまり痛くない感じで、っていったじゃないかー!」

予防注射かな?

長曽祢虎徹

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「…はあ。馬当番?」
「ううん。これでいいのか?」

全然ピンときていない様子。仕方ないですよね。

畑当番

「力仕事なら任せてもらおうか」
「ふう、これで一段落か?」

馬当番とは打って変わって頼もしいです。あの逞しい筋肉美、憧れます。

手合せ

「綺麗な剣術とはいかないが、お手合わせ願おう」
「大変ためになった。感謝する」

現時点でも彼より古い刀が顕現されていますから、きっと学ぶことも多いのでしょうね。

髭切

出典:http://tourabumatome.com

馬当番
「大丈夫だって、たてがみ斬ったりしないから」
「うんうん、いいこいいこ」

鬣(たてがみ)切。髭とちょっと似てますね。

畑当番

「あははは、千年も刀やってるけど…畑当番は初めてだな」
「……ふむ。これを極めると、次の名前が雑草切とかになったり?」

逆に畑当番してたら驚きますから。

手合せ

「どれどれ、先輩が胸を貸してあげようか」
「長生きしてると、後輩の成長が楽しみなんだよね」

長く生きた刀こそのセリフですね。

膝丸

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「我々兄弟に妙な仕事を振らないでもらいたいな……」
「馬屋丸……馬飼丸…………」

なにかトラウマスイッチを押された様子。

畑当番

「今の俺を源氏の連中が見たら、卒倒するんじゃないか?」
「まさか源氏の宝重が農具やってるとは、誰も思うまい」

髭切はそうでもなかったですが、膝丸は内番が好きではなさそうですね。

手合せ

「長く生きている分、教えられることもあるだろう」
「これで、あやかしにも対応できるのではないか?」

今のところ対あやかし戦というのは実装されておりません。

大倶利伽羅

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「俺の馬は俺が担当する。当然だ」
「……なんで他のやつの馬まで……」

そう言いつつも世話してくれたんでしょうね。

畑当番

「……くそっ。どうしてこんなことを……」
「……終わったぞ」

畑仕事とは、そんなに屈辱的なことなのでしょうか……。

手合せ

「慣れ合うつもりはない」
「慣れ合うつもりはないが、手を抜いたつもりもないぞ」

やるべきことはきちんとやる刀なのだなあ。彼の人気が高いのも分かる気がします。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

へし切長谷部

出典:http://game-001.blog.so-net.ne.jp

馬当番

「主の命とあらば、馬当番であろうとも……」
「馬の相手など容易いな」

審神者が命じなければやらないのでしょうか。馬当番は好きではなさそうです。

畑当番

「主の命とあらば、畑仕事であろうとも…」
「収穫後は、料理も命じられるのかな?」

審神者のためならものすごいごはんをつくりそう。

手合せ

「手加減しろ、とは言われていなかったからなあ?」
「主の配下として、今後も共に頑張ろうじゃないか」

やはりここでも、なんですね。

不動行光

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「…ひっく!俺もついに馬当番に身をやつすかぁ」
「もういいや~馬小屋で寝てしまえ」

馬当番をまるで墓場のように……。

畑当番

「土まみれ泥まみれになっても、誰も見向きもしちゃくれないんだろぉ?」
「あ~……空が高い……」

審神者はあなたをほっとかないと思います。

手合せ

「ダメ刀が今更何をって?」
「あ~こんなもんだよ……ひっく」

彼の心の靄が晴れる日はくるのでしょうか。

出典:http://pbs.twimg.com

獅子王

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「いくら美味そうでもかみついたりしねえって」
「馬の世話、じっちゃん好きだったなあ」

彼のは生きているのでしょうか。美味しそうとは一体……。

畑当番

「畑ぇ?んなことより、ひと狩りいこうぜー」
「どろどろ……」

太刀ですしね。

手合せ

「訓練なー」
「まあまあじゃねぇの?」

実戦の方がテンションが高い気がします。

出典:http://pbs.twimg.com

同田貫正国

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「馬の世話ぁ?俺の主は武器をなんだと思ってんだ」
「…まぁ、馬はいくさで使うしな」

きちんと世話してくれてなによりです。

畑当番

「俺は美術品じゃねーけど、農具でもねーっての!」
「これでいいんだろ?仕事はちゃんとやるよ」

美術品として扱われるのを嫌がる同田貫正国ですが、農作業も楽しんではいなさそう。

手合せ

「生半可やってっと、怪我するぜ?」
「ははっ!実戦ほどじゃないが、いい気分だぜ!」

とても楽しそうな雰囲気が目に見えます。

鶴丸国永

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「こりゃ驚いた。刀が馬当番かよ」
「いやいや、驚いた驚いた……」

馬に何かされたのでしょうか。

畑当番

「ははは。刀に畑仕事させるなんてねえ。たしかにこれは驚きだわな」
「次はなんだ?どんなトンチキな仕事をさせる気だ?」

とてもトンチキなんて言葉を使う風貌ではないのに。

手合せ

「互いに好きに打ち込んだほうがためになるだろ?」
「ああ、これで奇襲されてもビビらずにいられるだろ?」

奇襲したのでしょうか。手合せで。

太郎太刀

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「……まいりました。動物は大きなものを恐れるんですよね……」
「とりあえず、やれることはやりました、が」

やはり怖がられてしまったのでしょうか。それでもやれることはやってくださる優しさに感謝ですね。

畑当番

「私に豊穣の力はないのですけれど……」
「単純に力仕事だけをするというのも、たまには良いですね」

いい気分転換になったようで。

手合せ

「さあ、来なさい。私はここですよ」
「この経験、お役に立ちましたか?」

太郎太刀は大きすぎてどこにいるのかわからないのでしょうか……。

次郎太刀

出典:http://matome.naver.jp

馬当番

「だはは~。馬も酒、飲むかい?飲ませちゃ駄目だよねえ!きゃははは」
「な~んか馬に嫌われてる?体がでかいからかなぁ」

しょっぱなから酔っておられます。

畑当番

「えっほ、えっほ。まだ、飲んじゃ駄目~?」
「ぷはぁ~!一仕事終わったあとの酒は最高だね!」

酒で喉は潤わないというのに……。

手合せ

「身体を動かして、ちょっと酒を抜こうかなぁ」
「うん。いい感じに抜けた!だから飲む!」

ぬ、抜いた意味!酒が切れてる時がない!

日本号

出典:http://xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

馬当番

「おいおい、正三位に馬当番させようってか?」
「やれやれ、酒でも飲まねえとやってられないな」

ここにも酒好きが……。

畑当番

「歴史上、正三位に畑仕事させたのはこれが初めてじゃねえか?」
「いくさと違うから、変な凝り方しそうだなあ」

おそらく全ての刀剣男士がそうかと。

手合せ

「よし。どーんとかかってこいや」
「いいねえ。飲みながら反省会でもするか?」

短刀などは誘ってはダメ……と思いましたが、皆さまもうご長寿の域を超えていますよね。

御手杵

出典:http://www.famitsu.com

馬当番

「馬当番?うえー……?」
「馬のやつ、絶対俺を槍だと思ってないよな……」

槍が世話してくれるとは思ってもいないでしょうね……。

畑当番

「だーかーらー、俺は刺すしかできないから、耕すとか、無理だって!」
「乗せられるままに畑耕しちまった……槍とは一体……」

耕せたんですね。

手合せ

「手合わせ頼む。俺の鋭さが鈍らないようにさ」
「ああ。助かった。まだまだ俺は鈍ってないって実感できたよ」

馬当番の時とは別人(?)です。

特定の組み合わせで聞くことができる会話

出典:https://twitter.com

内番を任命する際の組み合わせによっては、特別な会話を聞くことができます。ここからは、そんな特別な内番セリフをまとめていきます。複数の人数にセリフが重複する場合のみ、一部を省略してあります。

加州清光と大和守安定

出典:https://www.youtube.com

馬当番

加州清光「実際のところ、馬ってどうよ?」
大和守安定「僕たちの時代だと、もう鎧着て馬乗っての合戦じゃなかったしね」
加州清光「まあ、馬は目がかわいいよな」
大和守安定「それは同意」

同じ主どうし、気が合うところもあるのですね。

畑当番

加州清光「任せちゃっていい?俺、汚れる仕事嫌いだしー」
大和守安定「こら、さぼるんじゃない」
加州清光「うー。つーかーれーたー」
大和守安定「はいはい、おつかれさん」

仲が良いからこそ、お互い素でいられる。そんな心地よさを感じます。

手合せ

大和守安定「今日の相手はおまえか」
加州清光「鏡見て素振りしてろって感じになるんじゃない?これ」
加州清光「やっぱりお互いに、あの人の癖抜け切らないよねー」
大和守安定「だからこそ、剣技の至らないところを探しやすいんだけどね」

そこまで似ているとは!一度見てみたいものです。

和泉守兼定と堀川国広

出典:http://tohken.gamerch.com

馬当番

和泉守兼定「国広ー、任せちゃっていいかー?」
堀川国広「わかったよ兼さん!……と言いたいのはやまやまなんだけれど……」
和泉守兼定「くそっ、裏切ったな国広!監視しやがって!」
堀川国広「ごめんねー、兼さん。主さんから見張るよう言われちゃっててさ」

ナイス審神者です。

畑当番

和泉守兼定「やっぱりこういうのおかしくねえか?なんで刀が畑仕事なんか……」
堀川国広「はいはい、くさらないくさらない」
和泉守兼定「ふん、終わったぜ。これで文句ねーだろ」
堀川国広「うんうん。えらいえらい」

これじゃあどっちが助手なのか……。

手合せ
和泉守兼定「正道を学ぶのも大事っちゃあ大事か」
堀川国広「兼さんが何やら難しい顔をしている……」
和泉守兼定「正道を修めた上での邪道か。そりゃそーだ」
堀川国広「到達したようだ……」

和泉守兼定が漢字をたくさん使うとなんだか怖いです。自分だけでしょうか。

鯰尾籐四郎と骨喰籐四郎

出典:https://www.youtube.com

畑当番

骨喰籐四郎「もしや、元薙刀を……」
鯰尾籐四郎「鎌か何かと勘違いしているんじゃ……」
骨喰籐四郎「だが、畑いじりは」
鯰尾籐四郎「俺たち、好きだな!」

骨喰籐四郎が楽しそうにしているのを見ると、心が温かくなります。鯰尾籐四郎と出会えてよかった。

手合せ

鯰尾籐四郎「勝手知ったる者同士、ってのも悪くないね」
骨喰籐四郎「やろう、兄弟」
鯰尾籐四郎「たーのしかった!」
骨喰籐四郎「満足だ」

ふたりとも他の刀剣とは全然違う反応です。

一期一振と籐四郎兄弟

出典:http://tohken.gamerch.com

手合せ

開始
一期一振「日々の鍛練、頑張っているかな」
鯰尾籐四郎「勝手知ったる者同士、ってのも悪くないね」
骨喰籐四郎「やろう兄弟」
平野籐四郎「いち兄、よろしくお願いします!」
厚籐四郎「おわ、いちにいとだ!」
前田籐四郎「いち兄、お願いします!」
後藤籐四郎「いち兄、手合せ頼む!」
秋田籐四郎「はい!いち兄、手合せお願いします!」
博多籐四郎「いち兄チェックが来たばい!」
乱籐四郎「お手柔らかに、お願いね?」
五虎退「いち兄からは、にげられないぃ……」
薬研籐四郎「よし来た。誰が相手だ?」

終了
一期一振「はい、よくできました」
鯰尾籐四郎「たーのしかった!」
骨喰籐四郎「満足だ」
平野籐四郎「ありがとうございます。至らぬ点が見つかりました」
厚籐四郎「むー、もっと強くなる!」
前田籐四郎「ありがとうございます。精進します」
後藤籐四郎「くっそ、まだまだだな……」
秋田籐四郎「えへへ。ありがとうございました!」
博多籐四郎「はー、気が抜けん……」
乱籐四郎「ボク、うまく出来たかな?」
五虎退「あれ?いつもより、出来た気がします……!」
薬研「うん、もう一本頼む!」

普段はあまり目にすることが出来ない、兄弟同士のやりとりです。

後藤籐四郎と厚籐四郎、乱籐四郎、薬研籐四郎

出典:http://www.myhostingmall.com

手合せ

開始
後藤籐四郎「よーし、かかってこい!」
厚籐四郎「全力で行くからな、よろしくな!」
乱籐四郎「ボクから攻める?それともそっちから?」
薬研籐四郎「うん、こうでなくっちゃな」
終了
後藤籐四郎「そう来たか」
厚籐四郎「なかなか得意な距離にもってけないなあ」
乱籐四郎「汗でびしょ濡れになっちゃった」
薬研籐四郎「うん。もう終わりか」

通常の手合せの時とは違う後藤籐四郎のセリフが聞ける組み合わせです。

後藤籐四郎と平野籐四郎、前田籐四郎、秋田籐四郎、博多籐四郎、五虎退

手合せ

開始
後藤籐四郎「よーし、かかってきな!」
平野籐四郎「お手合わせおねがいしますね」
前田籐四郎「全力でいきます!」
秋田籐四郎「一番お願いします!」
博多籐四郎「取って食うばーい」
五虎退「わぁぁぁ、食べられる!」
終了
後藤籐四郎「いい感じだな!」
平野籐四郎「お相手、ありがとうございました」
前田籐四郎「日頃の修行が大切です。」
秋田籐四郎「いい汗かきました」
博多籐四郎「取って食われたー」
五虎退「怖かった……」

後藤籐四郎の面倒見の良さが分かります。

加州清光と和泉守兼定

出典:https://www.q-movie.com

手合せ

加州清光「今日は楽しい道場剣術っと」
和泉守兼定「よーし、今日くらいは綺麗な剣術を心がけるか」
加州清光「ちょっとー、途中から何でもありに切り替えるってずるくない?」
和泉守兼定「悪い悪い、お前相手だとつい熱くなっちまってさあ」

新撰組の刀は仲がいいですね。

加州清光と陸奥守吉行

手合せ

加州清光「さーて、今日の訓練相手はあんたか」
陸奥守吉行「がはは、お手柔らかに頼むぜよ!」
加州清光「なーにがお手柔らかに、だ。本気だしやがって。これだから維新側の刀はさー」
陸奥守吉行「いやいや、元の主の遺恨は関係ないろ?」

元は対立する主どうしの刀ですが、今は同じ目的の下にいるんですよね……。

加州清光と長曽祢虎徹

手合せ

長曽祢虎徹「最近さぼってないか、抜き打ち考査だ」
加州清光「あれー?そういうこといっちゃう?」

長曽祢虎徹「なるほど。荒々しくもさえた剣。相変わらずだ」
加州清光「当然でしょ。切れない刀が愛されるもんか」

まるで持ち主同士の会話のよう。

大和守安定と和泉守兼定

出典:https://twitter.com

手合せ

和泉守兼定「その羽織が泣かねぇようにな」
大和守安定「そう煽らなくても、見事に突いてあげるよ」
和泉守兼定「ふんふん……。悪くねーな」
大和守安定「そのままお返しするよ」

同じ羽織を着る刀剣どうし。

大和守安定と陸奥守吉行

手合せ

陸奥守吉行「むっ?その構えは……?」
大和守安定「北辰一刀流。たまにはこっちの鍛錬もしないとね」
陸奥守吉行「いやぁ楽しかった。がはは、たまにはこういうのもええのう!」
大和守安定「普段剣技を否定している割にはなかなか」

北辰一刀流は、坂本龍馬も学んだとされる剣術ですね。

大和守安定と長曽祢虎徹

手合せ

長曽祢虎徹「さて、腕が落ちていないか見てやろう」
大和守安定「それはこっちの台詞かな」
大和守安定「参ったな。想像以上に手が読まれてる」

長曽祢虎徹「元の主のこともあるが、お前は虎徹に作風が似ているからな」

長曽祢虎徹になら、大和守安定も遠慮なく手合せできそう。

和泉守兼定と陸奥守吉行

出典:http://tohken.gamerch.com

手合せ

和泉守兼定「オレもお前も邪道剣法。仲良くやろうじゃねーか」
陸奥守吉行「えっ!?わしゃ、そんなふうに思われちょったがか?」
和泉守兼定「うん……?予想以上に綺麗な剣筋……?」
陸奥守吉行「銃を使えん状況やったら、普通に剣術使うに決まっちゅうやんか」

刀の本質を見失いかねない……。

和泉守兼定と長曽祢虎徹

手合せ

長曽祢虎徹「実戦剣術と言えど、日々の研究が重要なんだ」
和泉守兼定「あんたなら、手加減なしで行けるな」

長曽祢虎徹「悪くないな」
和泉守兼定「実戦に使える上で華がある。これが理想よ」

かっこよくて強い!らしいですね。

陸奥守吉行と堀川国広

出典:http://www.nicovideo.jp

手合せ

堀川国広「今日はよろしくお願いしまーす」
陸奥守吉行「おお。こっちこそよろしく頼むぜよ」
堀川国広「……なるほど。本来ならここまで踏み込むと銃で撃たれる、と」
陸奥守吉行「しょうこわいちや、なんか冷静に分析されゆう……!」

勉強熱心です。確かにちょっと怖い。

長曽祢虎徹と陸奥守吉行

手合せ

長曽祢虎徹「……さて。手合せ願おうか」
陸奥守吉行「ああ。構まんぜよ」

長曽祢虎徹「剣を合わせれば自ずと相手の心中も見えてくる。お前は……」
陸奥守吉行「さて、どうかのう?心中を察したいがやったら言葉を交わしたほうがええと思うけんど」

いつもとは違う陸奥守吉行の様子が見られます。

堀川国広と長曽祢虎徹

出典:https://www.youtube.com

手合せ

長曽祢虎徹「和泉守兼定相手だとまともな訓練にならんだろうからな。おれが見てやろう」
堀川国広「はい、お願いします!」

長曽祢虎徹「そばに仲間がいる前提の癖が付いているな。手助けもいいが、程ほどにな」
堀川国広「気をつけます……」

ちょっと珍しい堀川国広が見られます。

蜂須賀虎徹と浦島虎徹

出典:http://tohken.gamerch.com

手合せ

蜂須賀虎徹「お手合わせたのむよ」
浦島虎徹「いざ!蜂須賀兄ちゃん!」
浦島虎徹「うぅ~、わかった。兄ちゃんに教わった練習メニュー、毎日やるよ」
蜂須賀虎徹「感心感心」

真作に優しい蜂須賀虎徹。

蜂須賀虎徹と長曽祢虎徹

手合せ

長曽祢虎徹「おっと、お前が相手か」
蜂須賀虎徹「……ちっ」

長曽祢虎徹「流石の腕前だな」
蜂須賀虎徹「不愉快だ」

浦島虎徹との会話とはまるで違う態度に驚きです。

浦島虎徹と長曽祢虎徹

出典:http://tourabu.blog.jp

手合せ

浦島虎徹「

長曽祢に~いちゃ~ん!」

長曽祢虎徹「おおっと。そんなところにぶら下がるな」
浦島虎徹「手加減なしなんだもんな……ぐすん」

長曽祢虎徹「はは。日々精進だ、弟よ」

とても微笑ましい光景。いつか兄弟三人、分かりあえますように。

明石国行と愛染国俊、蛍丸

出典:http://tohken.gamerch.com

手合せ

開始
愛染国俊「へへっ。オレが強いってこと、わからせてやる!」
蛍丸「じゃーん」
明石国行「はいはい、仕方ないなぁ。かかってきぃ」
終了
愛染国俊「いい汗かいたぜ!」
蛍丸「勝った勝ったまた勝った!」
明石国行「いやいや、自分、サボってなんかないで?」

やはり同じ刀派では、反応もまるで違いますね。

髭切と膝丸

出典:http://tohken.gamerch.com

手合せ

膝丸「兄者。こうして手合わせできて嬉しいぞ」
髭切「確かに。だが手加減はなしだ」
膝丸「やるな、兄者」
髭切「まだ強くなるか……」

お互いに強さを認め合っている感じがします。

膝丸と岩融

出典:http://tohken.gamerch.com

手合わせ

膝丸「どれ源氏を守るに値するか見てやろう」
岩融「足がすくむ。なんという……」
膝丸「戯言で心が動くとはまだ、未熟」
岩融「未熟で良し、それが心があるということ」

膝丸も岩融も、こんな一面があったとは。

不動行光と薬研籐四郎、宗三左文字、へし切長谷部

出典:http://tohken2ch.blog.fc2.com

手合わせ

開始
不動行光「おお?ダメ刀ボコボコにして気持ちよくなろうって?」
薬研籐四郎「うん、こうでなくっちゃな」
宗三左文字「……。いいですよ。どこからでもご随意に」
へし切長谷部「手加減しろ、とは言われていなかったからなあ?」
終了
不動行光「……ひっく。これで、満足かよ」
薬研籐四郎「うん。もう終わりか」
宗三左文字「……ご満足いただけましたか?」
へし切長谷部「主の配下として、今後も共に頑張ろうじゃないか」

へし切長谷部がすごく怖い。

最後に


内番時に流れるBGMを、スライドショーと共に聞くことが出来る動画です。内番のBGMは、他の画面では聞くことができないんですよね。内番のBGMが好きな方、あまり気にして聞いたことがなかった方、そうでない方もぜひこの機会に!いかがでしたでしょうか。刀剣男士自身のセリフ、またたくさんの掛け合いなど……。戦場とは違った彼らの姿を知ることができたと思います。このまとめで知らない一面を見ることができた!なんていう方がいたら幸いです。これからも増えていく刀剣男士によって聞ける、新しいセリフも楽しみですね。現在実装が検討されている数珠丸恒次は、一体どんな会話を聞かせてくれるのか、今から楽しみです。そのためにも、審神者の皆で力を合わせ、アプリ版刀剣乱舞の事前登録を増やしていきましょう!
それでは最後に、ここまで見て頂き、ありがとうございました!