あだち充が描いた漫画「クロスゲーム」の見どころを徹底解説!

あだち充の最高傑作とも名高いクロスゲーム!タッチであってタッチでない、ただタッチがなかったらクロスゲームもない?そんなクロスゲームの見どころを徹底解説します!

あだち充の大人気漫画「クロスゲーム」

タッチの二番煎じでしょ?と思うことなかれ

出典:http://matome.naver.jp

南を甲子園に連れてってでおなじみ「タッチ」の作者、あだち充が送る高校野球を舞台にした、スポ根漫画?いいえラブコメ漫画の

『クロスゲーム』

絵が同じなのでどうにもタッチと混同されるところですが、クロスゲームはタッチであってタッチでない。けどタッチが無かったらクロスゲームもないという似て非なるものに仕上がっています。

漫画は基本的に連載チェックして完結してから一気買いする筆者も、この作品だけは新刊の棚から買っていました。

そんクロスゲームの見どころを徹底解説していきたいと思います!

作品概要

【ストーリー】

商店街のスポーツ用品店、キタムラスポーツの一人息子「樹多村 光(コウ)」。

近所でバッティングセンター(兼喫茶店)を営む月島家とは家族ぐるみの付き合いがあった。特に次女の「月島 若葉」とは両想いで仲が良かった。

反面三女の野球少女、「月島 青葉」とはお互いいがみ合う犬猿の仲だったが、コウは陰ながら青葉のピッチングフォームに憧れ、若葉の勧めもあり一人でトレーニングを続けていた。

そんなある夏、若葉が河川事故で亡くなってしまう・・・。

野球部にこそ入部していないが、中学でも若葉との約束を胸にトレーニングだけは続けていたコウ。

高校生になり幼馴染の赤石修や中西大気と野球部に入部するも、星秀学園は野球留学生を大量に受け入れる強豪校で、一般入部や落ちこぼれの部員は「プレハブ組」として二軍扱いされる学校だった。

【概要】

あだち充お決まりの、登場人物がいきなり死んでしまうという設定。覚悟はしていましたが、今回は両想いの小学生ということもあってさすがに心に響くものがありましたね・・・。

ストーリーは二軍扱いされたコウたちが、一軍選手をやっつけるスポ根漫画、と思いきや、ストーリーが全巻通してラブストーリーで構成されていて、それを150色の色鉛筆で彩っていくのが高校野球というテーマ。

野球の専門知識なんかが無くても思いっきり味わえる、むしろ野球を知らない女性におすすめしたい漫画に仕上がっています。

キャラクター

出典:http://84ism.jp

絵こそ同じものの、キャラクターがしっかり立っている本作。

中心となるキャラクターをご紹介していこうと思います。

樹多村 光

出典:https://pbs.twimg.com

主人公、樹多村 光。

初恋の女の子を事故で亡くしてしまう悲劇の主人公。

その影響なのか、カーッと笑うシーンが少なかった。

なにかと突っかかってくる月島青葉とは犬猿の仲だが、コウ自身は青葉に恨みがあるわけでもなく結構ちょっかいかけにいく。

月島若葉

出典:http://image.wangchao.net.cn

ヒロインの月島若葉。

活発で優しい女の子。

小5の夏、コウと夏祭りへ行く約束へしたまま、プール合宿へ行った先でおぼれた子供を助けるために川へ飛び込み、そのまま亡くなってしまう。

野球には詳しくないものの、コウの才能を見抜いてトレーニングメニューを提案し、コウはそのトレーニングをずっと続けて野球部に入部する。

月島青葉

出典:http://comic-soon.shogakukan.co.jp

勝気な野球少女、月島青葉。

男にも負けない右投げの本格投手で、コウがお手本にしているのも青葉のピッチング。

姉の若葉が大好きで、コウが常に一緒にいるのに嫉妬してコウをにくたらしく思っている。

タイプの男は「160キロのストレートを投げられる男」で、部屋にはプロ野球選手の五十嵐亮太と思わしき野球選手のポスターが貼ってある。(ちなみに五十嵐投手の最速記録は158km)

クロスゲームの魅力

出典:http://matome.naver.jp

クロスゲームはタッチと並び称されることが多いですが、いわばタッチやH2など、あだち充作品のいいところどりをしたのがこのクロスゲームだと思います。

主人公と両想いのキャラが死んでしまうというタッチに似た点、キャラクターの恋心が複雑に交差するH2の要素が、クロスゲームではまた違うテイストで楽しめます。

タッチよりも野球のファクターが弱く、スポ根3割恋愛7割な印象。

17巻完結と、比較的短編なのも読みやすくいいですね。でも30巻になってもいいほど濃い内容になっています。

またギャグもキレッキレで、筆者は今でも「逆なんてことはないんだよ、地球は丸いんだから」をプライベートでもよく使います。

アニメ化もされているこの作品ですが、あだち先生が体力が続かず休載したほどの絵の迫力を、個人的にはぜひ漫画で楽しんでいただきたいと思います。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

https://www.youtube.com/watch?v=-7Qkhpt7_Rk
日本野球漫画ダービーがあればクロスゲームに単勝一万円ぶっこんでもいい!!!というほど自信があるこの作品。

野球要素が弱いというところでタッチにお株を奪われていますが、人間描写や恋愛描写は絶対にクロスゲームのほうが上だと自負しています。

アニメの「2009年最高のラブストーリー」というキャッチコピーにも負けない終始甘酸っぱい恋が楽しめる作品だと思います。

先述したとおり17巻と短編ということもあり手を出しやすい作品だと思いますので、ぜひ皆さんも一度読んでみてください。

それでは!