青キジの声優、子安武人が演じた有名キャラまとめ【ワンピース】

皆さんご存知のアニメ『ワンピース』で青キジの声優としておなじみの子安武人。今回は子安のこれまでに演じてこられたキャラクターをご紹介します!!

プロフィール

子安武人

出典:http://laughy.jp

1967年5月5日。48歳。神奈川県横浜市出身。

中学時代は学校にも行かないで映画ばかり見ていたそうです。そんな時偶然に見た『さよなら銀河鉄道999』の中で名もない兵士達が鉄郎を999に乗せて見送るシーンに感動して、高校卒業後に声優を目指すきっかけに。

その後、1988年の『どんどんドメルとロン』で声優デビューして、89年の『天空戦記シュラト』夜叉王ガイ役で初のレギュラーを獲得しています。

人気アニメ『ボボボーボ・ボーボボ』に出演した際には共演していた小野坂昌也さんや太田真一郎さん、原作者の澤井啓夫さんと放送中から交流があって食事に行くほど仲が良いそうです。

また緑川光さんとも親交があって『ファンクラブ会員の第一号』と自称ではありますが語られたりもしています。

主な出演作をご紹介

『機動戦士ガンダムSEED』ムウ・ラ・フラガ

出典:http://matome.naver.jp

地球連合軍に所属するエース級パイロットで階級は大佐。資産家であるアル・ダ・フラガの長男として生まれ、両親を亡くし入隊、そしてパイロットになっています。

見た目は軽そうに見えますが、持ち前の器用さから『エンデュミオンの鷹』と呼ばれていて、「不可能を可能にする男」という台詞が印象的です。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ネオ・ロアノーク

出典:http://syumibanzai.blog.fc2.com

ガンダムにはいつも重要な役として『仮面の男』が出てきます。SEEDではこちら、地球連合軍のファントムペイン指揮官のネオ・ロアノークです。

その仮面の下の正体はヤキン・ドゥーエ戦で戦死したと思われていた、ムウ・ラ・フラガでした。なんでも重症を負っていたところを救助されて『記憶操作』で新たな人格を植え付けられてということ。

ちなみにこのネオの人格からはムウのようなチャラさは無くなっていたように私は感じました。

『銀魂』高杉晋助

出典:http://anipla.net

鬼兵隊のトップを務めていて、銀時坂本達と共に攘夷戦争を戦い生き抜いたひとりでもあります。また「攘夷志士の中で最も過激で最も危険な男」と呼ばれています。

左目は包帯、派手な着物、そしてこの不敵な笑みでまさに『悪のカリスマ』といったところです。ですが、読者からの人気は高くて10周年企画でのオールキャラ総選挙では見事に3位を獲得しています。

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』DIO

出典:http://www.animate.tv

第一部では『人間』ディオ・ブランドー、第二部では『吸血鬼』ディオ、そして第三部の本作は『頭はディオで肉体はジョナサン、しかもスタンド能力に目覚めた』DIOとして登場しています。

高い頭脳綺麗な容姿で周りを次々と悪の道へ誘っていくというのが印象的で、エジプトへやってきた承太郎達と激しい戦いを繰り広げました。「WRYYYYYYYYYYーッ!!」といる名言も残しています。

第三部のDIO対承太郎のラストバトルの様子です。

『BLEACH』ペッシェ・ガティーシェ

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

ネルやドンドチャッカと無限追跡ごっこや石田を呼ぶときに『一護』と間違えるなどお笑い芸人的な要素が多いキャラクターです。

ですが、正体は昔エスパーダだったネリエル(ネル)の従属官でノイトラに仮面を壊されて子供の姿になったネルをドンドチャッカと2人でずっと守っていました。

『戦国BASARA』猿飛佐助

出典:http://waggin-tail.cocolog-nifty.com

真田幸村を支える真田十勇士の一人で補佐役を務めています。とても軽い感じの性格で上杉謙信の部下のかすがにはナンパのような口調で話しかけたりしています。

『食戟のソーマ』堂島銀

出典:https://www.ptt.cc

遠月学園の第69期卒業生で現在は『遠月リゾート』総料理長兼取締役会役員を務めています。在学中には遠月十傑評議会第一席など…

お堅い肩書きのオンパレードですが、要はエリート中のエリートという事です。

『アルスラーン戦記』ギスカール

出典:http://www.xn--p8ja1d9cb8mc.jp

イノケンティス七世の弟でルシタニアの事実上の最高権力者で、面倒ばかりかける兄を押しのけて『いつか王位に就くこと』を野望としています。

Twitterの反応

最後に

いかかでしたでしょうか。

能力が高いがチャラそうなキャラから死線をくぐってきた武士、吸血鬼になってまで生きる悪のカリスマなど、どれも個性的で作品を盛り上げてくれるキャラクターばかりでしたね。

今後もその魅力溢れる声で数々の役を演じていかれるでしょう。