ハイキュー‼物語の始まり烏野入学編のストーリーまとめ

現在大人気のジャンプ作品ハイキュー‼その物語の始まりともいえる烏野高校入学編(1~2巻)までまとめてみました!

1話「終わりと始まり」

日向が見かけた”小さな巨人”

出典:http://himado.in

物語の本当にはじまり、主人公「日向」がたまたま見かけたそのテレビ。

そこに写っていたのは「身長170㎝」という小柄で点を量産する”小さな巨人”

ここが主人公日向の始まりであり、小さな巨人は今後もハイキューにおいてのキーマンになっていきます。

「コート上の王様」―影山飛雄

出典:http://blog-imgs-64.fc2.com

中学3年、日向が初めてでた試合での対戦相手、そこにいたのが天才セッター、コート上の王様「影山飛雄」

出会いは画像の通り最悪で、日向は「俺は飛べる!」と影山に啖呵をきります。

2人にとっては今後の自分を大きく変える運命の出会いですが、2人にとっては因縁の出会いなんでしょう。

それはほんの一瞬き

出典:http://3f.ldblog.jp

啖呵をきったものの、名門北川第一中学に歯が立たない日向。

しかし、味方のトスミスをも上回るスピードで反応した日向の一撃が、影山に大きな衝撃を残します。

その一撃を打てるだけのポテンシャルを持ちながらまったく生かせていない日向。

それは影山を苛つかせるだけでした。

敗北と次への宣戦布告

出典:http://haikyu-matome.com

日向の中学最初で最後の公式試合。結果は2-0、試合時間31分で敗北。

影山に「お前は3年間何してた!」とまでいわれた日向は、帰りに見つけた影山へと宣戦布告!

影山をそれを受け止め「コートに残りたければ強くなれ!」と返します。

烏野高校入学!妥当王様!

出典:https://mangagatari.com

妥当、コート上の王様!と胸に抱いて、小さな巨人もいた烏野高校へ進学する日向。

さっそく部活へと顔を出すものの、なんとそこにいたのはコート上の王様張本人!

王様、影山は県内の強豪校には受からず、同じ烏野高校に進学していました。

1話ではこれから運命のライバルになるのか!という雰囲気の2人ですが、もはや1話終わりにはチームメイトになってしまいます。

烏野高校排球部!

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

言い争う2人の元にやってきたのは、烏野高校排球部の先輩達!

左から「菅原考支(3年―副主将)」「澤村大地(3年―主将)」「田中龍之介(2年)」

排球部のジャージを着ている3人に日向の気持ちは高まり、3人もこの時点では歓迎している様子が分かります!
ヤンキーのような田中はさておき、さすが主将・副主将の澤村・菅原の並ぶ様子はどこか絵になっていて頼もしいです。

最悪で運命の再会 第2話「烏野高校排球部 」

もう一度あそこへ行く

出典:https://mangagatari.com

落ちた強豪、飛べないカラス

かつては強豪だった烏野だが、今ではそう呼ばれていることを先輩たちに教わる2人。

しかし、主将大地はそんな1年の前で「もう飛べない烏なんていわせない」と言い切って見せます。

ここには、ある意味で新生烏野へとかける思い、そして1年生にかける期待があるからこそのセリフなんですね。

第4話「最強の味方」

日向の”勝利にしがみつく力”

出典:https://twitter.com

仲が悪い日向と影山は、先輩と3on3をやることになります。

そこで日向は、菅原に影山は最強の敵だと打ち明け、菅原はじゃあ今は「最強の味方だね」と声をかけます。

その後の練習、日向は影山からの無茶なもボールも上げて見せ、影山はそれに対してきちんとしたトスを返して答えます。

「苦しい、もう止まってしまいたい」そう思ってからの一歩。

それこそが、運動神経でも、恵まれた体格でもない、日向が持っている最強の武器なんだと思います。

1 / 5

今日のおすすめ記事