【脅威の画力】小畑健の画力がよくわかる画集・イラスト画像をまとめてみた

『ヒカルの碁』や『DEATH NOTE』での驚異的な画力でおなじみの小畑健さん。今回はそんな小畑さんの画集、イラストをご紹介します!!

プロフィール

小畑健

出典:http://laughy.jp

1969年2月11日。47歳。新潟県新潟市出身。漫画家&イラストレーターです。第30回手塚賞を準入選され、次原隆二さんやにわのまことさんらのアシスタントを経験されてました。

その後、土方茂という名前で『CYBORGじいちゃんG』でデビューされ1998年に『ヒカルの碁』、2003年には『DEATH NOTE』、2008年に『バクマン。』と原作者方とコンビを組んで立て続けにヒット作を描かれていてTVアニメや実写映画などにもなっています。

2005年には『義経紀』という作品でゲームのキャラクターデザインも担当されました。

編集の方からは「高校生の頃から絵が上手かった」と言われているんだとか…絵の上手い人は必ずこういうエピソードがありますね。また漫画家の森田まさのりさんとは相当親しい仲のようで「森やん」「畑やん」とお互いに呼び合っているそうですよ!

現在はジャンプスクエアにて『プラチナエンド』という作品を描かれています。
https://www.youtube.com/watch?v=F6z4nOZZ-IE
アニメ『DEATH NOTE』のオープニング曲です。この映像もとてもかっこいいものとなっています。

画集・イラスト画像のご紹介

出典:http://matome.naver.jp

まずはコチラから。『ヒカルの碁』の進藤ヒカルや塔矢アキラといった人気キャラや若手の碁打ちを描いた一枚です。

季節は紅葉赤とんぼなどで季節感も出ていて、その上キャラクターの表情も非常に豊か、オレンジ系の色もとてもマッチしていて綺麗ですね。

出典:http://matome.naver.jp

なにやら構えているヒカル、話しかけるあかりに筒井、顔を出す佐為と明るい作品ですね。背景にはと舞い散る、囲碁部がどんな雰囲気で活動しているかがよくわかる一枚になっています。

碁盤や靴、服の模様まで丁寧に描写されています。

出典:http://www.sortol.com

碁石を構える海王中囲碁部の3人と葉瀬中の3人、そしてそこを駆けるようなヒカル&佐為。背景には時計とヒカルが『これまで歩んできた道』がわかりやすく表現されていますね。

キャラクターもとても険しい表情で描かれていて緊迫感が伝わってきます。

出典:http://laughy.jp

『DEATH NOTE』に出てくる死神たちの集合したイラストです。人型や宝石が散りばめらたキャラ、インディアン風のキャラなどそれぞれが個性的でかっこいい一枚ですね。

小畑健さんにかかれば死神もこんなにユニークなってしまいます。

出典:https://www.google.co.jp

シャツ姿の月から羽のようなもの出ていてそこから死神が覗いているイラストです。勝ち誇っている月の表情と死神の不気味さがマッチしていますね。

シャツのしわと死神の質感が特に凄いなと感じました。

出典:http://stat.ameba.jp

こちらはこれまでのものとは少し雰囲気の変わった一枚です。下着姿と少しドキッとする作品で女性の骨格肉感、ピストル&服の質感など細かく表現されていますね。

また背景も洋雑誌のような雰囲気でオシャレです。

出典:http://tiffoo.com

こちらは小畑版の『赤ずきん』『ヘンゼルとグレーテル』といった感じでしょうか?お菓子の家など背景や赤ずきんの服の繊細さはいつも見事ですが、今回の作品はメルヘンチックなキャラクターの表情もとても綺麗に描かれていますね。

出典:http://matome.naver.jp

TVゲーム『義経紀』のイラストです。普段は洋服を着たキャラクターを描く事が多いイメージがある小畑さんですが、こういった和モノもデザイン出来てしまうなんて凄いですね。

美形な男性キャラから美女、死神?のようなキャラまで『小畑ワールド』全開です!!

出典:http://tw.weibo.com

続いてはトムクルーズが実写映画を演じる事で話題にもなった『All You Need Is Kill』のイラスト。『何度も死んでは蘇る』というストーリーを表現されているのか、串刺しになっている主人公の姿です。

機械のパーツパーツが細かくて、凹み具合まで見事に描かれていますね。

おまけ

出典:http://tweez.net

『スターウォーズ』のアナキンとパドメを描いた一枚です。これにも脅威の画力を見せつけらましたね。小畑版『スターウォーズ』も一度見てみたいです。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した画集・イラスト画像やTwitter、ネットなどを見ても分かるとおり小畑健さんは『圧倒的な画力』の持ち主でした。

現在連載中の『プラチナエンド』でも画力の高さを見せくれることでしょう。