ちょぼらうにょぽみの描いた東方イラスト画像をまとめてみた

「あいまいみー」や「不思議なソメラちゃん」でおなじみの漫画家ちょぼらうにょぽみ先生による東方Project関連のイラストをまとめてみました!

ちょぼらうにょぽみとは

出典:http://matome.naver.jp

4コマ漫画をメインにシュールな作風で多岐に渡って活躍している漫画家。性別は女性。既婚者で一児の母でもある。

2005年7月9日発売の『もえよん』2005年8月号にて漫画家デビュー。

代表作は「野乃本魔法拳」の使い手・野乃本 ソメラを主人公にした4コマ漫画「不思議なソメラちゃん」、同じく4コマ漫画で漫画研究部に所属する女子高生の愛、麻衣、ミイ達の日常を描いた「あいまいみー」

「ひだまりスケッチ」や「けいおん」に代表される日常系4コマ漫画とは一線を画すぶっ飛んだ展開中毒性のあるキャラクターで注目を浴び、テレビ番組「人志松本の○○な話」において「未来の4コマ漫画」 として紹介される。

TVアニメ化された上記の2作品のほか「弱酸性ミリオンアーサー」「まいてはいけないローゼンメイデン」「ダンまち4コマ そもそもダンジョンにもぐるのが間違いではないだろうか」など人気作品のスピンオフも手掛ける。

 「チョボっとLOVE」というサークルで二次創作活動もしており、非商業誌ではちょぼらうにょぽみの略称チョボにょぽ名義でも執筆することも。同人作品においても独特のシュールギャグ路線は変わらずファンの支持を得ている。

本まとめでは二次創作の中でも特に作品数の多い「東方project」の画像を紹介していく。

ちょぼらうにょぽみによる東方イラスト集

「pixiv東方マガジンvol.4」の表紙になったイラスト。「東方輝針城」のボスキャラを中心とした賑やかな集合絵に仕上がっている。合同誌「東方素可覇裸王消虎 vol.2」の表紙イラスト。ガーリーに描かれた主人公の魔理沙の周りに散らばる霊夢と歴代作品のキャラたちが可愛らしい作品。C78にて無料配布されたグッズの絵柄その1。ご存知「おそ松さん」のイヤミの国民的ギャグ「シェー」をする幽々子。グッズの絵柄その2。こちらはビートたけしのギャグ、コマネチをする橙。
グッズの絵柄その3。お笑いコンビテツandトモによる懐かしのネタ「なんでだろう」を披露するパチュリーとアリス。
同人誌「チョボっ東方 ZERO」の表紙に使われたイラスト。鮮やかな黄色の背景にポップな配色のアリス、パチュリー、てゐ、うどんげが目を引く一枚。

顔文字のような顔をして4人の後ろを舞うルーミアにも注目だ。「愛 燦々と」というタイトルのイラスト。ファンからは「きれいなちょぼ」と評されるほど一見して普段のシュール路線は顔をひそめている…が、にょぽみ先生の作品に登場する可愛くデフォルメされた橙は「うきゃぱー」以外の台詞を発さない。シュールである「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」をもじったタイトルの同人誌「俺の嫁がこんなに酷いわけがない」シリーズの表紙。フリルたっぷりに愛らしく描かれた霊夢と魔理沙にやられて思わず手にとってしまいそう  
「俺の嫁がこんなに酷いわけがない」シリーズ3作目の表紙。2作目までとは打って変わってデフォルメされた橙とルーミア、ロリ化された幽々子と対照的に心なしか原作よりグラマラスに描かれた萃香が詰め込まれたちょぼらうにょぽみワールド全開のものになっている。「ドドドドドドッ」とだけコメントが添えられて投稿されたモノクロのイラスト。 他の魔理沙とは違い男らしく滝行をする姿も味がある。原作では絶対にお目にかかれない一コマである。最後に紹介するのは数ある東方作品の大半で主人公として活躍する霊夢と魔理沙が肩を並べて「東方緋想天」をプレイしている様子が描かれた一枚。殺伐とした弾幕バトルの合間にもしかしたらこんなイベントが起きているのかも…と想像すると楽しい。

Twitterの反応

最後に


&index=1&list=PLsHA74V3bmZ5H7GtXoqW1eenDdHTJoB65いかがだっただろうか?ここに紹介したのはネット上で公開されている作品のほんの一部なので、ぜひともちょぼらうにょぽみ先生本人のサイトを訪れたり同人誌を手に取ったりしてお気に入りの作品を見つけて欲しい。

ちなみに現在Webアニメ版「弱酸性ミリオンアーサー」が絶賛配信中である。東方から入ったにょぽみファンの方もそうでない方も必見のおもしろさ。

これからもちょぼらうにょぽみワールドから目が離せない!