くせになる?水樹奈々の歌い方を徹底分析してみた

声優アーティストとしても人気の水樹奈々さん!独特な歌い方についてまとめてみました!

水樹奈々って?

出典:http://laughy.jp

水樹奈々(みずきなな)

誕生日 1980年1月21日(現在36歳)
出身  愛媛県
血液型 O型
身長  153cm
愛称  ななさん、なな様など

声優アーティストのトップランナー、水樹奈々さん!声優としての実力ももちろんありながら、歌がめちゃくちゃ上手なんです!見た目も若々しくてかわいい、大人気の女性声優さんです。そんな水樹さんの今までの経歴をまとめました。

もともとは声優を目指していたわけではないのですが、幼少期から歌のレッスンをしていたそうで、エレクトーンを習っていたり、習字をやっていたり、親御さんから熱心に教育されていたそうです。

中学のころに東京の芸能事務所に所属し、芸能界を目指す専門のコースがある堀越高校に進学。芸能コースの学生はみな芸能事務所に所属していて、すでに本格的に活動している生徒もいるのですが、水樹さんは歌に加え学業も手を抜かずにこなしていたそうです。

しっかり者のイメージがある水樹さんですが、真面目に勉強していたというのも容易に想像できますね。

高校在学中に、代々木アニメーション学院にも通いはじめたそうで、かなり忙しい高校生活を送っていたのだと思われます。高校と養成所を無事に卒業すると、1998年にテレビアニメ、2000年に歌手デビューを果たします!声のトレーニングを昔からしていたおかげか、多くの作品の主要キャラクターを演じ、一躍人気声優の仲間入りをしました。

歌手としても、声優として初めて東京ドームライブを行い、紅白歌合戦に6年連続出場を果たすなど、声優アーティストという活躍のかたちをつくっていった先駆者として有名になっています!まだまだ「声優初」のことに挑戦していってほしいですね。

出典:http://laughy.jp

主な出演作

【NARUTO】日向ヒナタ

出典:https://twitter.com

大人気少年漫画『NARUTO』の、日向ヒナタ役です!

『NARUTO』は、『週刊少年ジャンプ』の看板漫画として長きにわたって愛されてきた作品です。忍者をテーマにしているので、アメリカやフランスなど海外での人気も高い本作。忍たちの白熱のバトルシーンや、師との絆や仲間との絆、友情などの要素が胸を熱くする、青春アニメです。

バトルシーンは、原作者の岸元斉史先生の画力が光っていますが、アニメ版でも躍動感が素晴らしく、ダイナミックな技や巧みな戦術が見応えあり!水樹さん演じるヒナタは、気弱で優しい少女。激しく戦う忍には、けして向いているとはいえない性格です。

しかし、好意をよせるナルトの強い心に影響を受け、徐々に真っ直ぐな信念をもった強い女性へと変わっていきます。優しい少女のなかの強さをうまく表現しているのが印象的な役といえるでしょう。

【黒執事Ⅱ】アロイス・トランシ―

出典:http://matome.naver.jp

次はこちら。『黒執事Ⅱ』の主人公のひとり、アロイス・トランシー!人気アニメ『黒執事』の第二期で、アニメオリジナルキャラクターとして登場するアロイスを演じています。

『黒執事』は、主人公シエル・ファントムハイヴが過去に受けた屈辱を晴らすため、悪の貴族として裏社会の闇をさばいていき、復讐を目指すというストーリー。シエルは復讐のための力を得るため、魂と引き換えに悪魔と契約し、執事としてそばに仕えさせています。

ダークな世界観と、シエルと悪魔のセバスチャンの関係が面白い作品です。アロイスは、シエルと同じように悪魔と契約した少年。

水樹さんは、アロイスが最も印象深い少年キャラクターと言っていますが、見た目のきれいさからは想像もつかない汚い言葉つかいをするからだとか。聞いただけでは水樹さんと気付かないくらいの、違和感ない少年声が素敵ですね。

歌い方が特徴的!


他にもたくさんのアニメに出演し、歌手としても人気な水樹さんですが、歌い方に特徴があるんです。それもそのはず、幼少期から歌のレッスンをしていたのは、水樹さんのお父さんが演歌歌手として育てていたからなんです。ポップスを演歌っぽい歌い方で歌うから、特徴的に聞こえるんですね。

クセが強いですが、パワフルな歌声が魅力的ですね!こぶしがきいています!

T.M.Revolutionさんとのコラボもしています。お二人とも個性が強いですが、見事に調和して逆にバランスがいいですね。

出典:http://trendman02.blog.so-net.ne.jp

そんな水樹さんにファンは、、
声がいい上に、歌が上手く、おまけにかわいい水樹さんの人気ぶりがうかがえますね!

出典:http://matome.naver.jp

出典:http://ticketcamp.net

出典:http://qwe.jp

最後に

出典:http://natalie.mu

いかがでしたでしょうか?演歌っぽい歌い方が癖になる水樹さん。今後も幅広く活躍してほしいですね!