史実になぞらえてお頭こと桓騎の末路を考察してみた【キングダム】

キングダムで次期六将の一人と目されている、超絶クールでサディストなお頭、桓騎。何考えてるんだか分んない残酷さで多くのファンを悪の道に誘い込んでいます。最新話の黒羊攻めでもその魅力をいかんなく発揮しています。でもね、史実によるとお頭に残されている時間はあまりないのです。

お頭桓騎ってどんな人?

野盗、野盗とさげすまれるが、その実力は折り紙付き

出典:http://www.amazon.co.jp

自らの出自が野盗上がりというだけでなく、その軍の編成も従属させた野盗集団をかき集めたもの。ともすればバラバラになりかねない部隊を、その強烈なカリスマ性でまとめあげ要所要所の戦いで大きな戦果をあげています。

特に主力部隊を囮とし、自らが先頭に立ち小部隊で敵陣深くに潜入する戦術を得意とし、多くの将軍や軍師の裏をかき葬ってきました。自ら危険を冒すことをいとわない姿勢が桓騎の魅力でもあります。

カリスマ性を支える残虐性

出典:http://ameblo.jp

しかし実力もさることがながら、桓騎の真の魅力はその過度の残虐性にあるといってもよいでしょう。捕虜に火をつけて高笑い、のこびり挽きでじわじわいたぶる、重要人物でもすぐに殺っちまおうとする、それも涼しい顔で微笑を浮かべながら・・・(目は笑ってない)

しかし悪のカリスマというべきか、魅了される人が続出です。

現在は飛信隊とともに趙に侵攻中!

秦将桓騎VS趙将慶舎!!

出典:http://soz.matchupp.com

最新話は西暦紀元前238年ごろ。桓騎は飛信隊を傘下に5万8千の兵を率い趙・黒羊丘に侵攻。迎え撃つ趙軍は中華随一の本能型将軍:慶舎を筆頭にした兵7万。今まで謎に包まれていた桓騎軍の全容が徐々に明らかになりますが、その無統制・無秩序ぶりに信たちは味方にも翻弄されてしまいます。

野蛮かつ残虐な桓騎軍と対照的な正統派:紀彗軍

出典:http://soz.matchupp.com

慶舎に匹敵する軍才をもつと思われる敵将:紀彗に率いられる趙軍はスマートかつ的確に兵が動き、しかも互いに強い信頼関係で結ばれているという、まるで主人公が率いるかのような軍隊。

移動する無法地帯!極悪桓騎軍

出典:http://soz.matchupp.com

ひるがえって桓騎軍。歩兵が略奪した宝石をぶら下げてたむろしてるし、遊女はいるし、ランカイみたいなやばいのを集めた部隊はあるし、正に悪!極悪軍団です!!これ主人公の敵軍だったら絶対負けるパターンですが、これが味方なのだから難しいところ・・・

激戦必至!邪道VS王道の戦いから目が離せない!!

出典:http://soz.matchupp.com

戦いは激戦を極め、野盗の戦と正攻法、奇策、謀略、力押し、知略が目まぐるしく展開し正に一進一退の状況。信はほとんど活躍していません(笑)そんな中、桓騎はいまだ動かず涼しげに戦局を眺めています。
何かやらかしてくれそうで期待しちゃいますね♪

さらば桓騎・・・その命運はあと5年!?

黒羊の戦いでは無事だったみたいだが・・・

出典:http://ameblo.jp

この戦いの結果はまだ分かりませんし、歴史書にもその記載はありません。ただ、この後の歴史には桓騎の名が登場し続けるので、少なくとも死ぬことはありませんでした。恐らく、引き分けか、あとの敗北につながる禍根をのこしたか・・・

お頭負けます・・・負けちゃいます(泣)

出典:http://p.twipple.jp

はい、実は桓騎のお頭、黒羊の戦いから5年後、紀元前233年の趙との戦いで敗北します。それも敗死。けちょんけちょんですね。いきがってたわりには大したことねぇなーって感じです。でも、その死にはちょっとした謎が残されます・・・ただでは死なない、さすがお頭!

桓騎、敗北への道

趙方面軍として

出典:http://soz.matchupp.com

キングダムではすでに次期大将軍候補と言われている桓騎。しかし史実で登場するのは紀元前237年、将軍として兵を率いた記録は翌年の紀元前236年からです。この年、桓騎は王翦、楊端和とともに趙を攻めているので、原作は黒羊の戦いから桓騎を趙方面軍に位置付けていくのだと思われます。

しかし、王翦とはお互いに無視しあって、楊端和とは皮肉を言いあう、ギスギスした空気が目に見えるようです(笑)

鬼(龐煖)のいぬまに趙をかすめ取る

出典:http://blog.livedoor.jp

仲は悪そうですが実力はある3人、そして策略も大好きな3人、趙の三大天・武神・龐煖が燕を攻めている隙に破竹の勢いで趙の城を陥落させていきます!その数、なんと9城!!龐煖が救援に戻ってきたときには既にどうしようもない状態で、趙の滅亡へのカウントダウンが始まります

桓騎、本領発揮!最後の大花火!!

出典:http://www.plurk.com

こののち数年は呂不韋が政により、ついに自害させられるなど一波乱あったため大きな戦いはなかった模様です。そして紀元前234年、満を持して桓騎が趙に侵攻します。書物によっては「大将」の記述があるので、お頭もついに大将軍になったのかもしれません。

この年の戦いは平陽の戦いと言われ、秦が攻めた城はわずか2城でしたが10万の人が殺されたと言われており、戦国時代で死者数が多い戦いの一つでもあります。

桓騎軍、城内の民間人も殺ってますね・・・

結局、イケメンでまともな奴が勝つのか・・・

出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

ところがどっこい趙にはあの男がいました!先の合従軍戦で秦を滅亡寸前まで追い込んだ、もう一人の趙三大天・李牧。北方から帰還し、桓騎軍に大勝します。

翌紀元前233年、桓騎は再度軍を興し趙に侵攻しますが、またしても立ちふさがったのは李牧。桓騎は完膚なきまでに叩きのめされ敗死したとも、敗走後、誅殺されたともいわれていますが、どちらにしろ桓騎の名はこの戦いを最後に、二度と歴史書に記されることはありませんでした。

良いイケメンと悪いイケメンなら、良いイケメンが勝つのですね・・・お頭・・・

桓騎は生きていた!?それもあの男の名を借りて

死んだ?殺された?出奔した?お頭、どこへ消えた?

出典:http://www.logsoku.com

しかしながら桓騎の最後は歴史書でも謎めいており、敗死したとも殺されたともいわれており確かなことは分からないようです。一部の記述に「走」という文字があることから、どうやら敗戦後に秦を出奔したというのが近年の有力な説

何もかも捨てて、野盗に戻ったのならばカッコイイですが、出奔説にはオマケが付いています。

樊於期を名乗り、秦王政の暗殺に加担

出典:http://kingdom-chuukatouitsu.com

なんと桓騎は敗戦後、燕に出奔し名を樊於期と改めるのです。そして紀元前227年、燕の刺客・荊軻の秦王暗殺のためにその身を犠牲とし、自らの首を切り落として生涯を閉じるのです。

でも、樊於期・・・原作でもすでに登場しているし、悪人としては桓騎よりかなり格が落ちるような気もします。キングダムでは桓騎=樊於期説はとらないのではないでしょうか?

また、あの桓騎が自分の身を犠牲になんてするでしょうか?自己犠牲の精神とは程遠い、あのお頭ですよ?

考えられる桓騎の最期3パターン

李牧に敗れて戦死

出典:http://carphiroshimacarp.blog.fc2.com

原作の流れを見ていると恐らくこのパターンでいくのではないかと思われます。現在の黒羊の戦いでは趙の紀彗軍の良い人ぶりが桓騎軍と対照的に描かれており、お頭が酷いことをする予感がひしひしとします(笑)

恐らくここで桓騎の悪逆ぶりが強調され、趙の恨みをかい、信を中心とした秦軍や王にも疎まれ、李牧との戦いでは援軍もなく討たれるのではないでしょうか?とどめを刺すのは、黒羊の仇として桓騎を狙う紀彗

樊於期ではなく刺客・荊軻として秦王政の命を狙う!


中国ドラマ『始皇帝暗殺 英雄 荊軻』より何となくありそうなのが、樊於期の首を土産に荊軻として秦王の前に立つというストーリー!燕に取り入って小悪人・樊於期の首を切り落とし、火傷で人相を変え、秦への使節に紛れ込む。

そして秦王の眼前で「お前の選んだ道は俺以上の屍で満ちあふれている。野盗の俺と王のお前、そこには何の違いもない。ただの人殺しのクズだ!」って言うと、お頭っぽくて良くないですか?(笑)

野盗に戻って悠々自適。何にも縛られることはない

出典:http://2nisoku9.com

個人的な希望を言えば、李牧に敗北した後、部下を連れて元の野盗に戻るというストーリーがありそうな気もします。残虐なことももちろんするけれど、秦の圧政から逃げてきた人たちを迎え入れていくような、実はいい奴っぷりを発揮するという(笑)

いつもの何を考えているのか分からない涼やかな目で仲間の野盗たちを見ている、そんな桓騎の姿を想像するのも楽しいのでは?

ただでは死んでほしくない!悪のカリスマ、桓騎のお頭!

単なる脇役キャラではおさまらず、主人公まで食いかねない魅力を醸し出す桓騎のお頭!史実では残された時間はあまりありませんが、キングダムの世界ではどのような役割を演じていくのでしょう?華麗に散るのか、それともあっと言わせる大どんでん返しがあるのか?今後の展開に要注目です!!

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com