御幸一也が怪我をした瞬間のシーンとその後の活躍をまとめてみた【ダイヤのA】

野球漫画『ダイヤのA』のイケメン捕手御幸一也。キャプテンで正捕手、そして4番という重要なポジションの御幸は秋大会のある試合で怪我をしてしまいます。その怪我をした瞬間のシーンとその後の活躍をまとめてみました。これをみればさらに御幸を応援したくなりますよ!

御幸一也とは

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

御幸一也とは、寺嶋裕二さんが連載している野球漫画『ダイヤのA』の登場人物です。『ダイヤのA』といえばこのキャラ!と真っ先に名前が挙がるのではないでしょうか。トレードマークは眼鏡!野球をしているときはスポーツ眼鏡をかけてコンタクトをしているらしいです。御幸は公式でイケメンと言われているほど顔が整っているようですね。

ズバズバと歯にモノ着せぬ物言いをするため「性格が悪い」とほかのキャラクターに言われることもありますが、投手の成長のために自ら嫌われ役をかっている点も。

2年生から正捕手で、実力は他校の監督や選手の間でも「天才」と呼ばれるほど。特に肩の強さは全国でもトップクラスで、瞬時の判断と矢のような送球でほとんどの盗塁を阻止しています。

物語の中心人物で3年が引退してキャプテンに、そして4番を務めます。そんな攻守で要で、存在感のある御幸ですが、秋大会のある試合で怪我をしてしまいます。

誕生日        11月17日
所属         青道高校 2年生
ポジション/背番号 捕手 / 2
投打         右投げ左打ち
身長 / 体重      179cm / 71kg
血液型        B型

御幸の怪我

対戦高校って?

出典:https://www.google.co.jp

御幸が怪我をした試合とは秋大会準決勝の成孔(せいこう)学園戦です。成孔学園は正捕手の枡以外の選手ほとんどが体格がよく、選手一人一人がホームランを量産出来る程の長打力を持っています。

渡辺いわく「王谷とは違い、引き付けて押し込むタイプ」で、変化球にもコンパクトに対応できるスイングスピードとパワーで総合得点数が45点という重量打線。バットの芯を外しても、力で持っていってしまうため、クセ球使いの沢村にとっては天敵扱いとされているまさに超攻撃型の高校

三回戦までコールドで進み、ベスト8常連の仙泉学園を力でねじ伏せベスト4まで上がってきた高校です。

小川とのクロスプレー

そしてその成孔学園の実質的エースが小川 常松(おがわ つねまつ)です。このときは1年生でいい素質を持ちながらメンタル面が未熟で野球に真摯に取り組めていませんでした。身体は193cm、95kgの巨漢です。

青道戦では2回途中から登板し、青道ペースだった試合の流れを断ちます。そして同じ一年生投手である青道の沢村・降谷から刺激を受けて試合中に徐々に才能を開花し始め、打撃・守備の両方で尻上がりに調子を上げていきました。

それと同時にこれまで自身になかった野球への情熱を持つようになり、野球を甘く見ていた自身への反省・勝利への欲求をもちます。「勝ちたい」という強い気持ちから、9回の勝ち越しのチャンスの際に強引なクロスプレーを仕掛けてしまったのです。
勝ちたいという気持ちはわかりますが、だからといって相手にけがをさせるようなプレーをした小川の行動は非難が集まるのは当然ですね。小川が突っ込んでくるタイミングはアウトでした。アウトのタイミングで突っ込んでくるということはキャッチャーにけがをさせようとしていると「危険行為」として退場させられても仕方ない行為です。

明らかにこの態勢はホームベースを踏むのではなく、邪魔をする敵を倒す行為ですよね。走ってきた巨漢の小川に押しのけられた御幸。大丈夫なのか!?

出典:https://www.google.co.jp

御幸の気迫にあふれた顔。こちらも負ける気はないと威圧するこの顔がかっこいいです。小川のクロスプレーにたいして御幸は突っ込んでくる際に驚いた顔をしていましたね。負けたくないのはわかるが、こんなプレーをお前はするのかと無言で非難しているのでしょうか。

出典:https://www.google.co.jp

御幸は球を落とすことなく、キャッチャーミットに収まったボールを高く掲げます。観客の歓声が球場に響きました。

怪我を自覚する御幸

出典:https://www.google.co.jp

さて、身をていしてブロックした御幸。「どこか痛いところは?」と部長や監督に心配されてベンチに下がり、御幸は「全身が痛いっす」と笑いながら答えました。よかった大丈夫なのかなと安心したところでプロテクターを外そうと体を伸ばした時、やはり身体に痛みが!

出典:https://www.google.co.jp

痛みを我慢している御幸。目こそメガネの反射で見えませんが、汗がたらりと垂れているのがわかります。

怪我をした後の活躍

成孔学園、勝負を決めた御幸のサヨナラホームラン

早く怪我について言えよ!!御幸に思い、そしてだれか気づけと歯がゆい思いでいっぱいだった読者はたくさんいたのではないでしょうか。しかし、御幸はそのまま交代することなく延長戦の攻撃へ。ですが、そこで降谷が「汗すごいですね」と御幸に言います。

おっ!?降谷勘付いたのかと思いきや「そろそろ点とってやらねぇと お前ら投手陣に申し訳なくてよ」というさらっとかっこいいことを言ってながす御幸。

出典:https://www.google.co.jp

延長10回裏、成孔学園のバッテリーがいままで勝負することを避けていた御幸が打席に入ります。ですが、御幸の反応は悪い。

もしかしてバットを振る気がないのではとここで勝負を仕掛けてきた小川ですが、御幸は「成長した投手達を甲子園の舞台に立たせてやりたい」という思いを込めた気迫のサヨナラホームランを放ち、青道を勝利へと導きました。かっこよすぎる!!https://youtu.be/r2gRb8D5Lp4御幸のサヨナラホームランを動画でもどうぞ

交代しても大丈夫なように静かに準備をする御幸

出典:https://www.google.co.jp

どうにか成孔学園に勝ち、翌日は決勝戦。その際、降谷は負傷のため病院にいくことに。降谷は「御幸先輩は行かなくていいんですか?」と尋ねます。しかし、御幸は「なんで?」ととぼけ、次の決勝戦の相手の試合をみたいと返しました。

おいおい、病院行った方がいいんじゃ!?怪我を我慢すると取り返しのつかないことになってしまいます。御幸の怪我はどんな状態なのでしょう。御幸がどうしてこんなに怪我を隠すのか。それは監督の進退が決まる大事な試合だからでしょう。秋大会に優勝し、監督がやめることを阻止しようといったのは御幸です。ここで出ることができないでしょうね。

それにエースである降谷も本調子でないのです。ここで御幸までも出ることができないとなれば、チームは動揺することは間違いないでしょう。しかし、もし試合で交代することになっても大丈夫なようにさりげなく小野にキャッチャーをさせることに。まあ、試合以外の身体の負担を減らしたいという思いもあるのでしょうが。

決勝の因縁の薬師戦

出典:https://www.google.co.jp

決勝の薬師戦に出場する御幸ですが、打席での不振に苦しみます。バットで打つ動作なんか脇腹ひねるから、絶対に痛いでしょう。うすうす御幸の不調に勘付いていたものも多かったのですが、決定的なゾノの言葉により、御幸の怪我がみんなに知られることになりました。

そこで御幸は監督の片岡に判断を委ねて、ベンチ裏で医者の触診を受けた後プレーを続行。9回表ツーアウトから内野安打!!打つだけでもつらいでしょうに出塁したあと一塁からわき腹の痛みを押して激走し逆転のホームを踏みました。そして御幸は最後、優勝の瞬間までマスクを被り続けたのです。

おわりに

出典:https://www.google.co.jp

御幸の怪我をした瞬間のシーンとその後の活躍についてみていきましたが、どうでしたか?御幸の怪我のシーンは痛々しいですし心配で目が離せませんでした。しかし、その後の御幸のカッコよさにしびれましたね。

これからも御幸は活躍してくれることでしょう。今度はもう怪我をしないよう祈りつつ、御幸の活躍を見守りましょうね。