鳥山明が起こした伝説とは?鳥山明のここが凄い10選!

Drスタンプ、ドラゴンボールと数々の偉業を残してきた鳥山明。そんな鳥山明の後世に残る偉業をまとめてみた!

鳥山明プロフィール

出典:http://rr.img.naver.jp

ペンネーム:鳥山明

誕生日:1955年4月5日

出身:名古屋

デビュー作:ワンダーアイランド

代表作:Drスランプ、ドラゴンボール

少年ジャンプを代表する伝説的漫画家であり、年収30億以上ともいわれている。

そんな鳥山明の伝説を、嘘か本当か分からないような驚くべきものまでまとめてみた。

鳥山明伝説その1―Drスランプ最高視聴率36%

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

鳥山明の代表作である「Drスランプ」。

なんと歴代アニメ視聴率第4位! 鉄腕アトム、ちびまる子ちゃん、サザエさんに並ぶ順位で平均視聴率も22.8%!

この他にも「Drスランプ」では単行本初版220万部!(当時では超異例)

「バイちゃ」「ほよよ」「「んちゃ」等の流行語も生み出した。

鳥山明伝説その2―ドラゴンボール

出典:http://topicks.jp

Drスランプでも数々の伝説があるが、ドランゴンボールはもっとすごい!簡単にどDBの伝説をまとめると

・ジャンプ本誌アンケート800/1000票獲得

・視聴率10年間平均20%越え

・↑フランスでは87.5%記録

・DVDの売り上げ300万枚、アメリカでは2500万

・ゲームにおいても国内で100万本以上、海外でも累計1500万本以上!

ざっと並べただけでもこれほどの伝説がドラゴンボールには存在する。

他にもOP曲が130万枚売れた等の逸話もあるらしい!(一説には170万枚)

鳥山明伝説その3―DB終了秘話

ドラゴンボールは実は元々、もっと前に終わる予定だった漫画!

それは単行本17巻の亀仙人のセリフからもうかがえる。↓

出典:http://midomidomidorihaaoi.com

これはもうDBの連載を鳥山明は辞めたかったのだが、編集部が頼み込んで続けた、という話だそうだ。

セル編が終わった36巻でも亀仙人は同じことをいっており、実は鳥山明的には強さでいうならフリーザーが限界で、これ以上強さを演出できない、と言っていた逸話もある。

しかし、それでも書き続け、更にそれが大ヒットしてしまったのはもはや天才だからとしかいいようがない。

DBの連載終了に関してはジャンプ編集部だけでは決められず、各業界のお偉いさんまで集まって会議をしたという話もある。

漫画業界以外にも大きすぎる影響を与えていたようだ。

鳥山明伝説その4―鳥山明専用道路開通

出典:http://topicks.jp

これはあくまでも逸話だが

鳥山明はその当時、不便な地元(愛知)から東京に引っ越しを考えていたらしい。

しかし、そうすると鳥山からの多額の税収が入らなくなる!と考えた地元行政側が、鳥山の自宅から当時の名古屋空港まで道路を作った!という逸話。

もちろん冗談、もしくはただの噂なのだろうが、そんな噂が立ってしまうくらい影響力が大きいことは間違いない。

鳥山明伝説その5―実は22才から漫画を描き始めた!

出典:http://jumpsokuhou.com

伝説の漫画家鳥山明は、本当に小さい頃から漫画を描いていたのだろうな、とう思う人も多いだろう。

だが↑の画像の通り、鳥山明がはじめて漫画をかいたのは22才の頃!しかも当時無職!

無職といってもしばらくはデザイナーとして仕事はしていたようだが、しかし一時期ニート同然だったとは驚きである。

当時にしては遅い方で、今の感覚ならば27歳ごろから書き始めた、というようなものらしく、実際尾田栄一郎は22才当時ワンピースを書き始めている。

今では億万長者と考えると、人生分からないものである。

鳥山明伝説その6―ドラゴンクエストシリーズ

かの有名ゲーム「ドラゴンクエスト」

そのデザインを担当しているのが鳥山明なことは、知らない人はいない程有名な話だ。

ドラゴンクエストは全世界で5000万本以上を出荷。国内でも最新作9が累計430万本!今でも多くの人が新ジリーズを楽しみにしている。

実はモンスターのラフ画堀井雄二が行い、それを鳥山明がイメージを膨らませてデザインしており、その結果が以下の通り!

出典:http://matome.naver.jp

出典:http://matome.naver.jp

こうして見てみると、改めて鳥山あってのドラゴンクエストであることがよく分かる・・。

鳥山明伝説その6―自作を絶対パチンコにしない

出典:http://www.minapachi.net

現在パチンコではエヴァンゲリオン北斗の拳化物語等、様々なアニメがパチンコになっている。

だが、これまで鳥山明の作品は大ヒットしているにも関わらず、どれ1つパチンコになっていない。

それについて鳥山明はインタビューにて「漫画のキャラは僕の子供のようなものです。子供をパチンコに売るようなことは絶対にしない」と言ったそうだ。

自分の考え出したキャラに対する鳥山明の愛を感じるエピソードだ。

この他にも、若くビンボーな頃になけなしの5千円で惨敗した、といった話もあるらしい。

鳥山明伝説その7―編集を漫画に登場させる?!

出典:http://www.rakuten.co.jp

鳥山明の才能を見出したといっても過言ではない敏腕編集「鳥嶋和彦」

実は彼をモデルにしたキャラがDrスランプに登場していた。

名前はマシリト!

マシリトはDrスランプの悪役キャラであり、実は鳥嶋(トリシマ)を逆に呼んだことで「マシリト」となったそうだ。

実は最初にかいた悪役が嫌な奴にみえず、そこて鳥嶋編集が「一番嫌いな奴をイメージしろ!」といった結果、嫌な奴として鳥嶋和彦をモデルにしたそうだ!

他にも仲がいい漫画家桂正和(代表:ウイングマン)をDrスランプに「田舎者」として登場させ、桂の方も都会人のようにふるまうキャラに「Mrマヤリト」を登場させている。

鳥山明伝説その8―行き会ったりばったりがおもしろい!

出典:http://matome.naver.jp

鳥山明は、元々細かく展開を考えて作品を作る派ではないそうだ。

そのため自分でもどうなっていくのか分からない点もあり、DBでも悟空がサイヤ人という設定はまったく考えてなかったらしい。辻褄合わせがうますぎるともいえる。

下書きに上乗せしながら展開が変わってしまうこともあり、完成形が自分の思ってたものと違くなってしまうこともあったという。

「普通ならこう!」という発想を逆手にとって、読者の創造をブッ飛ばすことが多く、DBにて悟空がなかなか天下一武道界で優勝しなかったのもそのためらしい。

ファンから「ベジータを殺さないで!」という意見をもらってわざと殺したりと、なかなか天邪鬼な所もあるようだ。

鳥山明伝説その9―ネームなんてかかない

出典:http://ciatr.jp

普通漫画というのはネーム下書きペン入れの3工程。

そこにトーンを貼ったりなんて色々あるのですが、鳥山明はネームは描かないそうです。

「3回も書くのは面倒」といった理由らしく、初代担当編集の鳥嶋時代からそのようで、二代目編集は最初から下書きがきて戸惑ったそうな。

だがスーパーサイヤ人が金髪なのも髪を黒く塗るのが面倒、などの理由らしく、しかし結果的にそれが良い方向に向かっていることは間違いない。

鳥山明伝説その10―同業界人からベタ褒めされるその技術

出典:http://mc.matome-complate.com

鳥山明の技術は素人も知る所ですが、やはり同じ業界人たちにはそのすごさがもっと理解されているようだ。

漫画界の神様とでもいうべき手塚治虫も、「ちょっと上手すぎるよね」「彼は僕の後継者」 といっており、その他にも

荒木飛呂彦「鳥山先生の絵は、漫画家からするとちょっとした発明のようなもの」
井上雄彦「鳥山先生の絵は漫画家からすると魅力的すぎるんですよね。」
いしかわじゅん「漫画としての絵という意味で言えば、鳥山以上に上手い漫画家はいない」

というベタ褒め具合。

あの働かないことで有名な冨樫義博も「嫉妬するほど上手い」 、ワンピースの尾田栄一郎は「神様」と言ったそうだ。

元々デッサンを学んでおり、そのおかげでゴチャゴチャしそうな絵もスッキリと描けているようだ。

じっくり見ずとも、キャラが何をしているのか分かるというのも大きな魅力だろう。

鳥山明伝説に対しての反応!

https://www.youtube.com/watch?v=WmLiiav35rQ

鳥山明伝説は、アラレちゃんやドラゴンボールを読んだことがなくても知っている人がほとんどだろう。

動画サイトにはこんなまとめ動画もあったので、ぜひ見て頂ければ、よりそのすごさが分かることと思う!

以下には「鳥山明」に対するTwitterの反応をまとめてみた。

最後に

鳥山明伝説10選、いかがだっただろうか。

漫画の技法一枚絵のうまさ話しの考え方等、鳥山明には10選どころではない伝説が数多く存在する!

今では働いてなくても年収10億なんていわれる億万長者だが、ドラゴンボールの新シリーズアニメ等も放送されているため、今後も活動を心待ちにしたい。