美風藍との夢小説あるあるって?乙女ゲーム本編だけでは満足できない人向け!

クールでミステリアスなアイドル「美風藍」との夢小説のあるあるとは?ファンが作るのだから乙女ゲームより糖度高め!藍ちゃんとの甘い日常を探してみました!

作品紹介

うたの☆プリンスさまっ♪シリーズ(ゲーム版)

出典:http://utapuriallstar.seesaa.net

「うたの☆プリンスさまっ♪」、通称「うたプリ」は株式会社ブロッコリーから発売された乙女ゲームが始まりである。その後、アニメ化や続編ゲーム、ラジオなど様々なジャンルで制作され、人気を博している作品である。

本編のゲーム版ではキャラクター達がアイドルを目指してアイドル&作曲家養成学校。早乙女学園に入学し、卒業オーディジョンで成績を残しシャイニング事務所に所属することを目標に頑張っているアイドルの卵と、作曲家志望の主人公がペアとなり卒業オーディションを目指しつつ、徐々に惹かれあっていくというゲームである。

続編では見事シャイニング事務所に所属したアイドル達は個人活動をしている。主人公は作曲家として事務所に所属しつつも、ペアのアイドルと恋愛関係を保ちながら、新曲をつくりつつ、アイドルの成長と2人の関係の親密化を向上させていく

本テーマのメインである、美風藍はメインキャラクター達の先輩アイドルという立場である。主人公の作曲家と曲制作をしながら、恋愛関係を目指すゲームの根本はその他と変わらない。

うたの☆プリンスさまっ♪シリーズ(アニメ版)

出典:http://www.cafereo.co.jp

「うたの☆プリンスさまっ♪」はゲーム版とアニメ版で設定が異なっている。ゲーム版は個人活動のアイドルに対して、アニメ版はグループ活動のアイドルなのだ。

作曲家の主人公、アニメ版では七海春歌と同級生組のアイドルは学園を卒業後、ソロ活動ではなく、「ST☆RISH」というアイドルグループでの活動がメインとなる。もちろん、その中でソロ活動も行っている。

それと同様に、美風藍が属する先輩組もゲームのようにソロ活動のアイドルではなく、「QUARTET NIGHT」というグループ活動をしている。その中でソロ曲やグループソングが存在している。

うたプリの人気は声優さんの人気度とともに、キャラクター達があたかも現実世界にいるかのように扱われていることである。公式Twitterがあったり、コラボ商品があったり、広告モデルに起用させたりと様々な所で意外と目にすることができる。

また、声優さんがキャラクターとして行うライブが大人気であり、ライブグッズは完売、チケットに至っては入手困難の代物である。こんな人気のあるキャラクター達とゲーム本編では恋愛をし、アニメ版ではアイドル達の友情と成長、春歌への伝えられない恋愛感情を楽しむことができる。

美風藍

プロフィール

出典:https://twitter.com


美風藍「A.I/二人のモノグラム」。アップテンポも好きですが、藍ちゃんは切ないバラードを伸びやかな声で歌いあげてもらうと、こっちまで切なくも幸せを感じることができる曲。美風藍 3月1日生まれ、年齢15歳、身長178cm、体重、血液型不明、得意な楽器はシンセサイザー、ニックネームは、「あいちゃん」「アイアイ」など。

ミステリアスな雰囲気の美青年アイドルとして作品初登場時には既にアイドルとしてデビューしている。アニメ版、ゲーム版共にマスターコースの来栖翔四ノ宮那月担当する先輩

性格は、クールで毒舌。 私生活は謎に包まれているが、マスターコースでの先輩ぶりは強く、指導内容も厳しいため那月や翔も最初は苦労していた。見た目は綺麗で可愛く15歳という年齢もあってすこし幼げな感じもあるが、毒舌のため会話にかわいらしさは基本的に存在しない。そして、口喧嘩で勝てる気もしない

その正体は、博士によって作られたソングロボ、アイドルロボであり、そのために機械的だったり、感情がのっていない無機質な話し方をする。本人は感情という気持ちの動きに興味が強く、主人公や仲間たちとの人間関係を構築していく上で少しずつ感情を理解していく。

担当声優は蒼井翔太さん。透明感のある声で美風藍のキャラクターを彩り、透き通る歌声を披露している。

藍ちゃん大人気!みんなのTwitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

美風藍との夢小説

藍ちゃんとの恋愛

出典:http://prcm.jp

美風藍との夢小説には基本的に何個かの禁断、タブーが前提としてある。それはアイドルとの恋愛、そしてロボットである美風藍という存在との恋愛の難しさ。そんな藍ちゃんと隠れつつ、たまには公の場で2人の関係を親密にしていく夢小説はドキドキされっぱなしである。

夢主人公の設定として多いのは、公式同様な作曲家で美風藍とのペアという関係の女の子同じアイドルとして活躍している女の子という設定が多い。

もう一つは人外という設定も美風藍ならではで多く見ることができる。藍がロボットのために、夢主人公も同等の存在になるためには人間じゃないほうが妄想が進んだりするのかもしれない。

長編になると、ロボットの藍が恋愛とい感情を少しずつ知っていくというストーリーが多い。公式設定でも感情を少しずつ学んで、感じていく藍はやっぱり恋愛感情も知識でしかなく、自分の中に起こる感情に戸惑いながら、夢主人公が少しずつ気になっていくという流れだ。

そんな藍ちゃんだからこそ、愛するという感情を知った藍は恋人関係になると、結構大胆な言動や行動が多い気がする。感情を知った藍には独占欲や嫉妬という感情も学んでいるのだ。ロボットなのに人間同様に様々な感情表現する藍はファンからするとキュンキュンだろう。

公式じゃみれない!キスの先のお話

出典:http://www.utapri.com

夢小説は基本的に、ファンのファンによるファンのための作品である。そのため作者の自己満足的な作品、作者の好きな設定やストーリーが多い。だからこそ、人気作品は多数の夢小説があり、読者は楽しむことができる。

そして、ファンの手で作られた夢小説は、公式では描けない設定やシーンでも作って楽しむことができる。恋人関係まではゲーム本編でも恋愛エンドを達成していれば成り立つことができる。イラストにはそれぞれのキャラクターとキスするシーンもある。

しかし、夢小説はキスのその先だって読めちゃう。キャラクター愛を爆発させたファンの力は本当にすごい。様々な設定、シチュエーションで純粋にイチャイチャからの甘い話だったり、嫉妬や独占欲からの強い欲望の表現だったり、時にはちょっと危ない内容だって生みだしてしまう。

もちろん、糖度は高くなる一方だ。逆にイジメる立場になって、普段では見られないような美風藍の姿を妄想で楽しむという方向だってある。

さらに、キスのその先はベッドシーンばかりではない。将来の話という妄想までが形になる。藍と結婚をして、子供に恵まれ、幸せな家庭を築くという夢小説だって楽しむことができる。

ベットーシーンや将来など、ファンの愛が詰まった色々な作品は、乙女ゲームでは物足りない人も満足させる作品があるはずだ。

さいごに

出典:https://twitter.com

いかがでしたか?

乙女ゲームでは満足できないような人はぜひ夢小説で藍ちゃんとの恋愛やみんなとのドタバタの生活を楽しんでみてください。藍ちゃんはロボットなので、恋愛感情を夢主人公といることで知っていくお話しが多いです。これはゲームを一緒ですが、その先はファンの夢が詰まってます。

色々な感情の藍ちゃんと色々なシチュエーションを楽しんでみてください!きっとキュンキュンのストーリーがたくさんあって、時間があってもあっても足りない日々になりますよ。