【アニメ2期?】月刊ヒーローズ連載『マジェスティックプリンス』次号で重大発表!?【マジェプリ】

月刊ヒーローズ連載中の『マジェスティックプリンス』(原作アニメ:創通、フィールズ、漫画構成:綾峰欄人、作画:新島光)が、次号の5月号(4月1日発売)で重大発表の告知がされました。これは・・・もしかして? 気になるその内容をチェックしましょう!

3ポイントまとめ

☑ 月刊ヒーローズ連載
  『マジェステックプリンス』に特報!

来月号で重大発表!
  3月末にはイベントも!

☑ ファンの間では、
  アニメ2期か?の声も。

『月刊ヒーローズ』 4月号より

出典:http://nijicolle.blog.jp

 新プロジエクトが進行中!
次号5月号(4月1日発売)にて詳細発表!

これは・・・アニメ2期か?

これは、もしかしてアニメ2期が発表なのでは?
というのも、3月26日・27日に開催される『AnimeJapan2016』で、特別ステージが決定しているんですよね。
最初ステージ情報を見た時に「なんで、”マジェプリ”(本作の略称)のステージがあるんだ?」と不思議に思っていたんですが、アニメ2期なら納得です。
丁度、イベントの日と発売日が近いですし、結構可能性は高いと思います。
・・・パチスロの発表だったりとかね?(あるある)

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

≪ザンネンステージ in AnimeJapan2016≫

■ 開催日時 : 2016年3月26日(土)10:05~ 

■ 会場: 東京ビッグサイト「AnimeJapan2016」会場 BLUEステージ

■ 出演声優 : 浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香

出典:http://www.mjp-anime.jp

『マジェスティックプリンス』 とは?

2013年公開のオリジナルロボットアニメ

出典:http://mjp-anime.jp

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』(ぎんがきこうたい マジェスティックプリンス)は、動画工房およびオレンジ制作による日本のロボットアニメ。略称は「MJP」、「マジェプリ」。2013年4月から9月にかけてTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都ほかにて放送された。全24話。

『月刊ヒーローズ』2012年10月発売号にてアニメプロジェクトが発表され、公式サイトにてプロモーション映像が公開された。

キャッチコピーは、「ザンネンだっていいじゃない」。

監督には『刀語』・『ヨルムンガンド』の元永慶太郎、キャラクターデザインには『機動戦士ガンダムSEED』・『蒼穹のファフナー』の平井久司、シリーズ構成には『けいおん!』の吉田玲子が参加している。メカニックデザインには谷裕司、森木靖泰、渡辺浩二、アニメーション制作には動画工房とオレンジがそれぞれ参加しているが、オレンジにとっては単なるCG制作作品ではなく初元請制作作品でもある。

東宝が立ち上げた新レーベル『TOHO animation』の第1号作品。これまで東宝はアニメ作品に主に配給で携わってきたが、本作では製作として企画段階から本格的に携わっている。2012年4月に設立したアニメ事業室の下、将来的には少子高齢化や人口減少の環境下での劇場公開に見合うヒットを見据えた次世代戦略の一環として、本作の企画は進められた。音楽レーベルも独自に設立するなど、映像面だけでなく音楽面での戦略も欠かしていない。

企画が立案されたのは放送開始の4年前であり、元永は「ガンダムやエヴァではないロボットアニメを」との要望と彼のロボットアニメ作品への参加実績から起用されたが、起用自体は平井や吉田の方が先であった。平井によるキャラクターデザインや吉田による日常会話は元永を喜ばせ、彼が安心してデザインやストーリーを一任する理由となっている。谷、森木、渡辺によるメカニックデザインはMJP、地球、ウルガルの各陣営で明確にデザインを分けたいという元永の要望からであり、それぞれの動かし方も変える趣向が凝らされている。

『月刊ヒーローズ』との連動も企画当初から決定しており、放送開始に先行して連載が開始されている。

2013年10月にNewtype×マチ★アソビ アニメアワード2013メカデザイン賞を受賞。

出典:https://ja.wikipedia.org

ネットの反応