史実だけでなく薄桜鬼の土方歳三もイケメンすぎる!?その魅力を徹底解析!

オトメイトから発売された大人気乙女ゲーム「薄桜鬼」。幕末を駆ける最後の武士、新選組といえば有名ですね。その中でも新選組副長・土方歳三の名前は聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか?薄桜鬼の大人気キャラ・土方歳三についてまとめてみました!

薄桜鬼って?

オトメイトの大人気乙女ゲーム!

出典:http://matome.naver.jp

「薄桜鬼」はオトメイトから2008年に発売された、大人気乙女ゲームです。2008年に第1作目を発売以降、大人気で現在も新たなゲームが発売されており、アニメ化もされました。

ストーリーの時系列は史実に沿って構成されていますが、史実には登場しない「羅刹」「鬼」が登場します。新選組で生活を共にする主人公も、オリジナル要素ですね。

幕末に吸血鬼要素を見事に融合されており、最後まで武士として生きようとする新選組の姿に、多くの人が涙したりドキドキしました!

土方歳三とは?

新選組・鬼の副長!

呼び名:近藤さん限定で「トシ」、他の隊員からは「土方さん」「副長」、風間から与えられた鬼としての名前「薄桜鬼」

CV:三木眞一郎
身長:172cm
好物:たくあん
弱点:本人は飲まないだけだと言っていますが、実はお酒にかなり弱い。
性格:自分にも他人にも厳しい事から「鬼の副長」と言われていますが、実は根はかなり優しい。荒くれ者の集まりをまとめるため、わざと嫌われ役を買って出ている。

アニメでは主に土方ルートを辿っており、主人公的キャラクターです。新選組局長の近藤さんの事や新選組の事が絡むと、自分の事を一切考えなくなるほどの人物です。

土方歳三の魅力を考えてみた

①そのイケメンぶり

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

実際の史実での土方歳三も「かなりのイケメン」として有名ですね。写真を見ても、そのイケメンぶりがよくわかります。乙女ゲームですからもちろん見た目は大切ですよね(笑)

初期は新選組の隊服に身を包んでいますが、明治維新に近づくにつれて長かった髪をざっくりと切り、和装から洋装になっています。原画を描いているカズキヨネさんの画力が光る、黒髪美男子ですね。

②その男気が凄い!

出典:http://netaokita.jugem.jp

女性が好むイケメンと、男性が好むイケメンってちょっと違いますよね?女性が好むイケメンは男性からすると「なよっとしててちょっと苦手」という意見も少なくありません。

土方歳三は男性ファンも少なくなく、「乙女ゲームだから見ない」という食わず嫌いをしなかった人は、「土方歳三カッコよすぎる!」と評価する男性も多いですね。

作品内でもその男気は認められており、「隊規を破ったら切腹」という厳しい掟を隊員に守らせても、誰もが「土方さんには叶わない」と認めています。

また、その男気は新選組の隊員だけでなく、主人公・雪村千鶴にも発揮されています。自分の身がいくらボロボロになろうと新選組のために走り続けるその姿は、女なら誰もが惚れてしまいますね!

③己の信念を貫く!

誰もが一度決めたことを貫きたいと思いながら、苦境に立たされるとつい、自分の信念を曲げてしまいそうになりますよね。でも、土方さんは絶対に自分の信念を曲げることはありません

貫ぬきゃ誠になるはずだ!」それが土方さんの言葉です。武士として生きたいという気持ちと、時代が武士を必要としなくなっている…その葛藤の中でも決して自分を見失うことはありません。

④弱さもきちんと持っている

近藤さんが身代わりになり、土方さんは新選組を率いて撤退することになりました。近藤さんは斬首刑となり、土方さんは己の無力さに打ちひしがれます。このシーンは涙無しでは見られませんね!

強い心を持ちながらもその心は冷たいものではなく、きちんと弱い所も持っています。しかし、どんな時でも人に頼ったり逃げることはせず、一人で耐えるその姿は…悲しく映ります。

⑤たまのデレがたまらない!

普段は副長としての立場を重んじて、軽はずみな言動をすることはまずありません。だからこそ、主人公に対する姿勢も「守ると約束したから」というものでした。しかし、話が進むと共に土方さんもデレるシーンが…。

普段デレたりしない土方さんだからこそ、デレるシーンはかなりドキッとしますね!主人公の事を想い一度は目の前から去りますが、再会してからは「もう離さねぇ」という発言も!

⑥付いて行きたくなる!

土方さんの最大の魅力は、その器の大きさだと思います。隊員も「この人に付いて行きたい」と思って新選組入ったのだと思いますが、女性から見ても「どこまでも付いて行きたい」と思えるほどの器の持ち主です。

吸血鬼という設定があったりして、「これ、武士じゃねーし!!」と一瞬思うかもしれませんが、その生き様は確実に武士のそれと言えるでしょう!

土方歳三の名言~武士として~

土方さんは数々の名言を残しています。その中から、土方さんの男気がわかる名言をいくつかご紹介します!

「死にてぇ奴は勝手に死にゃあいい。俺は死にたいなんて思っちゃいない!少なくともお前は必死に生きようとしてねぇ!」

「戦をなめんじゃねーぞ。身勝手な理由で喧嘩を吹っかけておいて、討ち死にする覚悟も無く尻尾をまいた連中が武士らしく綺麗に死ねるわけねーだろうが!」

「お前ら、戦をしにきたんだろ。死ぬ覚悟くらい持ち合わせてるはずじゃねーか」

「俺は終わりなんざ求めてねぇんだよ。生きていたいからあがき続ける。それだけだ」

「冗談でもなんでもねぇ。伊達や酔狂でこんなもの(刀)抜けるはずねぇだろ。新選組のためならばどんな罪でも被って地獄の鬼にでもなってやるさ! 」

「生き急いでるわけじゃねーよ。ただ必要とされるものが多かっただけだ。新選組が理想とする武士の道は険しいんでな」

「新選組を葬り去るだと!?そりゃあ、俺一人で抱えるには重くて重くて仕方なかった荷物だけどよ、だが、てめぇらごときに葬られちまうと思うとむしずが走るぜ」

「てめぇの命をかけることに迷いはねぇが、かける場所を間違えちゃいけねぇ」

「いい加減我慢ならねぇ。腰抜けの幕府も、邪魔くせぇてめーら鬼も。女一人守れねぇこの俺も。まがいものだと?それがどうした。俺たちは今までも散々武士のまがい物として扱われてきたんだ。だけどな、何があっても信念だけは曲げねぇ。まがいものだろうがなんだろうが、貫きゃ誠になるはずだ!」

「命を懸けてなにかを成し遂げようとしてるやつと死にてぇやつを一緒にするんじゃねぇ!」

土方さんの名言は多すぎて、男性から見ても考えさせられる名言がとても多いです!武士としての心意気は現代でも通じるものがあるかもしれません。

土方歳三の名言~男として~

先ほどは武士としての土方さんの名言をいくつかまとめましたが、今度は男としての名言をいくつかまとめてみました。

「お前が俺の元を離れてから分かったことがある。お前が俺のそばからいなくなると一人で立つことさえ辛く感じられた。俺はお前に救われていたんだろう」

「女に言わせてばかりじゃ格好つかねぇな。俺が誰より守りたいのはお前だ。俺はお前に惚れてるんだろう。新選組を率いる勤めさえ終われば死んでもかまわないと思っていたが、生きたいと思う理由ができた」

「(土方さんはいつもそうです。一人で苦労を背負い込んで、自分ばかり辛い思いをして)それが俺の役割だ。俺にできる問題なら俺が苦労すればいい」

「お前がそばにいてくれるから…今の俺は生き続けたいと思えるんだ」

「これ以上俺たちに縛られるな。お前はお前の未来を探せ。そして生き延びろ」

「お前はこれからも俺のそばにいろ。逃げようとしても離さねぇから覚悟しとけ」

名言だけ見ても、土方さんの男らしさがわかりますねー!女性なら誰もがキュンキュンしてしまうのではないでしょうか!?

土方さんがカッコよすぎる!

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com


土方さんのMADです。ぜひ、見てみてください!

最後に…

土方さんは男の中の男!

いかがでしたか?薄桜鬼の大人気キャラクター・土方歳三の魅力をざっとまとめてみましたが、カッコよすぎませんか?土方さん男性から見ても男らしいので、女性なら誰でもキュンキュン!

こんな彼氏欲しい!」と思いながら「こんな上司欲しい!」って思いますね。薄桜鬼はまだまだ続くシリーズなので、これからも目が離せそうにありませんね!