ユミルに隠された最大の謎「ユミルの民」とは?その正体を徹底分析!【進撃の巨人】

ソバカスこと長身で大ざっぱな姉御キャラのユミル。苗字や出自が不明など何かと謎が多い彼女とストーリーの伏線「ユミルの民」について分析しました。

ユミルのプロフィール

出典:http://ciatr.jp

身長\t172cm

体重\t63kg

年齢\t17歳(14歳で第104期訓練兵団へ入団)

出身\t不明

誕生日\t2月17日

CV\t藤田咲

公式人気投票\t第1回:11位・第2回:14位

黒髪で長身の少女で、そばかすと特徴的な鋭い目つきをしている。

原作では男性的な外見だが、アニメでは女性らしい見た目になっている。

「トロスト区奪還戦」ではクリスタ・レンズと同班であった。打算的で世間ずれしたきつい言動が多い。

個人としての戦闘技術はかなり高く、本来なら104期上位十名入りは確実と目されるほど(10位以内に入らなかったのは、クリスタを憲兵団に入ることのできる10位以内に入れるために、周囲を蹴落としながら調整していた為)。また洞察力が異様に鋭く、他者が普段隠している心理の裏側やその背景を的確に嗅ぎ当てる嗅覚を持つ。

出典:http://dic.pixiv.net

登場当初は名前すらわからずファンからはとりあえず「そばかす」と呼ばれていたユミル。女性にしては高身長ですらりとした、クラスのちょっと不良な男の子を思わせる外見です。

性格は外見のイメージ通りずる賢く、兵士としての実力はあるものの手を抜いているような印象です。また、サシャを使いっぱしりにしたり男子をおちょくるなど仲間内でも姉御的な上から目線キャラになっています。

出典:http://kyojin-miyabi.com

サシャにパァンをあげるクリスタを見ていたユミル。厳しい口調でクリスタの偽善を責めると共にサシャを子分としてゲットしていました。

この頃から「喰えないキャラ」の片りんをのぞかせていましたが、名前が登場するのは37話、コミックスでは9巻まで名前不詳でした。

出典:http://singekinokyozin555.blog.so-net.ne.jp

過去を多く語らないユミル。実は巨人化の能力を持っていました。60m級のベルトルトと比べると5m級と小さく、ライナーのような特殊能力は持っていません

巨人化した姿は人間の時の面影がなく、コニーが言うには「ブス」で女型の巨人のような美しさもないような気がします。

60年間知性のない巨人として壁の外をさまよっていたようですが超大型巨人が壊した壁からこっそり侵入し、人間として暮らし始めました。ユミルは本名のようです。

【最大の謎】ユミルの民とは?

出典:http://blog.goo.ne.jp


ユミルの民は進撃の巨人のイルゼの手帳に出てきた言葉です。リヴァイたち調査兵団が壁外遠征で見つけた遺骸のそばに手帳が落ちていました。

手帳を記したのはイルゼという兵士です。彼女が遭遇した6m級の巨人は人間であるイルゼを食べようとはしませんでした。そればかりか巨人は話し出したのです。「ユミルの民」「ユルミ様」「よくぞ」今まで巨人がしゃべることは知られていませんでした。

巨人は土下座のような格好で敬意を表していたのですが、突然苦しみだします。自分の顔の肉を引きちぎって何かの衝動に耐えています。

我慢できなくなった巨人はイルゼを食べてしまい、手帳が残されました。

イルゼの手帳からわかったこと

出典:http://shingeki-netabare.info

・巨人には簡単な言葉ならしゃべることができ、意思疎通も可能なタイプがある。

・巨人はイルゼに敬意を表し、殺してしまったものの遺体の全てを食らったわけではなさそう。また、食べたいという衝動を我慢していたと思われる。

・イルゼという黒髪の女性兵士の顔にはわかりにくいけれどそばかすがある。ここで注目したいのがそばかすです。イルゼにもユミルにも黒髪でそばかすという特徴があります。このことから「ユミルの民は黒髪で顔にそばかすがある」という仮説が立ちます。

また、イルゼとユミルはどちらも女性です。ユミルの民とはユミルという巫女(女リーダー)を頂点とした民族だったのかもしれません。

ユミルとクリスタの関係性

出典:http://onirs.tumblr.com

原作では男性的な外見だが、アニメでは女性らしい見た目になっている。

「トロスト区奪還戦」ではクリスタ・レンズと同班であった。打算的で世間ずれしたきつい言動が多い。

個人としての戦闘技術はかなり高く、本来なら104期上位十名入りは確実と目されるほど(10位以内に入らなかったのは、クリスタを憲兵団に入ることのできる10位以内に入れるために、周囲を蹴落としながら調整していた為)。また洞察力が異様に鋭く、他者が普段隠している心理の裏側やその背景を的確に嗅ぎ当てる嗅覚を持つ。

そして物語が進むにつれ、クリスタに対しての思いと、彼女自身の秘密が明かされる。

出典:http://dic.pixiv.net

ユミルはなにかとクリスタと行動を共にしています。言動が百合っぽく一部で話題になりました。

ユミクリで検索すると二次創作のSSやイラストがたくさんヒットします。同性同士の身長差萌え…!

出典:http://prcm.jp

ユミルとクリスタの出会いは兵団入りより前になります。どさくさに紛れて壁の内部に侵入したルミルは孤児と身分を偽り教会の世話になっていました。

その頃に壁の秘密を担う一族であるクリスタの存在を知り、クリスタの訓練兵団入団に合わせてユミルも同じ道を選びました。

最初は興味本位だったようですがユミルとクリスタが似た境遇だったこともあり、かけがえのない存在になったようです。クリスタに危害が及びそうになった時、ユミルは2回とも自分の命をかけて守っています。1回目はライナーらと共に籠城した塔で、2回目はエレンと共にさらわれた件です。

ユミル自身の命よりもクリスタの命を優先する彼女は、クリスタやエレンたちが知らない壁の秘密などを知っているようです。

一方クリスタもユミルが大切な存在であり、離れ離れになった直後は憔悴していました。クリスタはユミルとの約束で自分の本当の名前を名乗り生活しています。

巨人化したユミルがライナーたちを襲った?

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

巨人化能力を持っているライナーとベルトルト。実は彼らにはもう1人仲間がいました。本当は3人でウォール・マリアを襲撃する予定だったのかもしれません。

その仲間がどうなったかというと、ユミルに襲われて死亡したようです。詳しく本編を追っていきます。

出典:http://shingeki-kyojin.com

進撃の巨人16話で訓練兵のエレンたちが会話しているシーン。ベルトルトとライナーは巨人だったのですが、ここでは自らの出自を偽って話しています。

ベルトルト「僕とライナーはウォール・マリア南東の山奥の村出身」「壁が壊された連絡より先に巨人が来た」

この話の中で真実なのは巨人に襲われたということだけでした。

出典:http://3f.ldblog.jp

ユミルはなぜ巨人化を自分の意思でコントロールできるのでしょうか?47話でユミルが元々知性のない巨人として壁外をさまよっていたことがわかりました。壁外で巨人のユミルとライナーたち3人組がかち会っていたのです。

ユミルは人間の状態のライナーの仲間を捕食しました。仲間はただの人間ではなく、巨人化能力を持っていたと思われます。

そしてユミルは巨人化の能力をコントロールし人間として暮らすことができるようになりました。

知性のない巨人巨人化をコントロールできる人間を捕食すると、コントロール力が移り変わるようです。

出典:https://www.youtube.com

進撃の巨人39話、40話、47話の全てをつなぎ合わせるとライナーたちの仲間を襲ったのが巨人状態のユミルだったことがわかります。

仲間の名前は別マガ連載当初ベルリックとなっていましたが、コミックス収録時にマルセルへと差し変わっています。

ベルリックとベルトルトだと響きが似ているからボツになったのでしょうか?もしくは名前がベルリック・マルセルマルセル・ベルリックなのかもしれません。

ユミルの正体は高貴な令嬢?

出典:http://topicks.jp

ユミルが実は貴族ではないかという説があります。詳しく考察していきたいと思います!

出典:http://matome.naver.jp

進撃の巨人47話でユミルは「クリスタと自分が似た境遇であった」ことを回想しています。この境遇とは貴族を指しているのではないでしょうか?

クリスタは貴族出身です。父親が貴族でしたが母親が妾だったことで、妾の子として冷遇されていました。父からも、母からも、祖父母からも。

ユミル自身も40話で「存在するだけで憎まれた」から「大勢の人のために死んであげた」という過去を回想しています。

ユミルもクリスタのように貴族出身で、周囲から愛されずに暮らしていたのでしょうか?

出典:http://ameblo.jp

ユミルは「死んであげた」と言っていますが、実際は知性のない巨人として60年壁外をさまよっているので死んではいません。この死んだとは何を指しているのでしょうか?3つの仮説を立ててみました!・周囲から憎まれて人間性が死んだ。

ストレートに考えるならこうかな、と思いました。周囲から憎まれていたならしかるべき愛情は受けられなかったと思います。周りから優しくされたことがなかったので、優しい言葉がわからず、粗暴な言い方で同期と付き合っていたのかもしれません。

どんな人にも優しい気持ちで接することができるクリスタにユミルが強く惹かれる理由もわかるような気がします。・無知性巨人になること=人間としての人生が終わる=死んだ。

無知性巨人としてさまよっていた60年間は「終わらない悪夢を見ているようだった」というユミルのセリフがあります。人間として生きていたユミルの人生は巨人化したことで終了した、だから死んだ、と言っても差し支えないと思います。・実際に死んだあと巨人になる方法がある。

もしかしたら進撃の巨人の世界で人間が無知性巨人になるには一回死ぬ必要があるのかもしれません。もしくは、いくつか方法があって、死体を無知性巨人にすることができるとか。

一旦無知性巨人化してしまったら、巨人化能力をコントロールできる人間を食べるしか生き返る方法がないので、人間を見つけたらとりあえず捕食している、とか。
ちょっと話は脱線しましたが、とにかくユミルとクリスタは同じような過去を持っているようです。それが貴族の令嬢という立場かどうかはわかりません。みなさんはどう思いますか?

まとめ

進撃の巨人の最大級の謎「ユミルの民」についてユミルの出自もまじえてまとめてみました。クリスタと別れて行動することを選んだユミルですが、今後二人が再び会える日は来るのでしょうか?また、クリスタに生き抜いて欲しいというユミルの願いは叶うのでしょうか?今後のストーリーが気がかりです!